さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

タグ:縄文

水田3

最近、雑談ばかりですみません。
雑談だったら書けるんですよ。

立派な文章は、さとびの執筆陣におまかせしております。
わたしは、雑談担当です(学識者ではございませず) 。
お気楽にお読みくだされば。。。 

今日はお米の話です。
日本人のお米の消費量が減っているという話をよく聞きますね。

過去50年で半減とのこと。たしかに、パンもパスタもラーメンも、みんな大好きで
お米だけを食べていた時代ではなくなっています。

我が家でもいろいろ食べます。けれど、「基本はお米」を大切にして、
意識してお米を食べたいなと思っています。

民族の文化と食べものはリンクしています。
日本人は海苔を食べますが、多くの外国では食べなかったとか。
(近年は SUSHIブームで人気だそうです) 
逆に言えば、日本食が消えたら日本人らしさも消えるんじゃないでしょうか。
稲作は弥生時代に日本にもたらされた、とかつて習いましたが
稲作そのものは縄文時代からありました。
ただ、水田ではなく、陸稲(焼畑)だったようです。
それも、いっきに水田化したのではなく、たしか中世くらいまでは
田んぼの中にまだらに水田と陸稲が混在している遺跡も見つかっています。
最古の稲作の証拠が、岡山県朝寝鼻貝塚で検出されたプラントオパール(約6000年前)です。
主食ではなかったかもしれませんが、縄文人もお米を食べていました。
それほど、お米と日本人のつながりは古いのです。 
(参考:「稲の日本史」佐藤洋一郎)
  

そんなお米の消費量が減る一方で、世界では「和食」が高く評価されています。
日本人が和食から離れて、欧米化した食生活ばかりになるのは、残念。
しかし、日本人って「何でも興味を持つ」ところも良いところだと思っていますので
食生活の多様化によって、お米以外の消費が増えるのも悪くはないのですが
お米から離れきってしまうのは、残念なのです。

ちなみに、同じように、日本語も大切にしたくて。
言葉の由来って、案外気にせずに暮らしていますが、特にやまとことばの意味や
ひらがなの意味を知っていくと、先人のものの考え方が詰まっていて
それが今もわたしたちを救ってくれているように思え、
どんなにカタカナが増えても、決して消えないようにしたいと思うのです。
それどころか、もうすこし勉強したほうがいい、日本人の自分でさえ。




みんながお米を食べると、田んぼが守られます。
田んぼというのは、水を貯める人口栽培装置で、食料生産という意味にとどまらず
災害の緩和や景観づくりや、生物多様性などのさまざまな恩恵を
もたらしてくれるものです。
それでいて、完全栄養食品を生んでくれるのですから、こんなにありがたいものはないなと。

災害の緩和のことは、本誌でも「田んぼダム」の記事の中で
農家のこせがれさんに語って頂いておりますので、ちょっとお読みくださいませ。

 
  

  
わたしの妄想としてましては、県民はまず県産のお米を食べるようにしたらどうかと思うのです。
食べることによって、環境が守られる。いい環境から食べ物が生まれる。
その恩恵を、そこに暮らす人が授かる。
よって、わたしもお米は知り合いの農家の方から直接購入しています。
だって、「日本人のコメの消費量が増えました!でも全部輸入品です!」
なんていう未来には、まったく魅力がないですもの。身土不二です。

 

こういうのも地域づくりなんじゃないかなーと。
こんなご縁を結べるのも、大都会ではなかなか無理ですよね。
地方の暮らしって、すばらしい。

 

そんなわけで、主食となるお米が生まれる田んぼについて、知ってるようで知らなかったような
ちょっと詳しいお話を、次号vol.45から連載していただくことにしました。

最近は、農的な体験を望む人が増えているようです。
田んぼが季節の移りかわりに伴って風景を変えていく意味を知るのも
心豊かにしてくれるのではと思います。

忙しい毎日であればこそ、ごはんと味噌汁。
一汁一菜のシンプルな食事でいい、体にもよくて、地域にもいい、
お米を食べる生活を楽しみたいと思います。 




   
このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽかぽかした天気が続いたと思ったら
ここ数日は冷蔵庫の中にいるような寒さです。

もうすぐ、春らんまん。あと少し。

先日、縄文特集の話をしましたので少し続きをします。
興味のある方はおつきあいくだされば。。。


縄文時代は、いつどのように始まったのかという素朴なことを考えますと
日本列島の誕生と関係があるようですね。 
この点が死角になって、理解がぼんやりしていたことに気づきました。

歴史の時間に、「旧石器時代、新石器時代、縄文時代」のような
ことを習いましたけれど、そのときの地形や気候の変化がどうだったのかついては
あまり記憶にないと思いませんか?
(勉強熱心でなかったことがバレてますね)

日本列島は、もともと、「大陸の一部」だったのです。
びっくり。

次号で地質のことを特集しますけれども、執筆をお願いする人たちにとっては
1+1=2 くらい当たり前のことなのでしょうけれど
普段の生活でそんなことは考えていませんものね。

2万年前までは氷河期。このとき、列島はまだ大陸とつながっていました。
だから日本でもナウマンゾウが見つかったりしているのは、
陸続きだったからこそ。その獲物を追いかけて人間もやってきたはず。
大阪平野でも、闊歩していたそうです(『奈良県の縄文遺跡』)
  
巨大な獲物を石槍等で捕って食べる、、、なんとすごいことを。
食べるとは、生きるとは、過酷であったと思わざるを得ません。
当時は火山活動がさかんだったと言われています。
九州の旧石器人は火山噴火で死滅したとか。。
それでも、温泉の出る場所は、どんなに魅力的だったことでしょう。
ボイル料理ができるじゃないですか。
(ちなみに湯の峰温泉で作る温泉卵は我が家で人気。脱線しました)

ナウマンゾウの像。
野尻湖パーキングエリアナウマンゾウ
お借りしましたhttps://www.honda.co.jp/dog/highway/jyoshinetsu/kurohimenojiriko/down/

2万年前の地図

わかりやすいのでお借りしましたhttps://www.kiifudoki.wakayama-c.ed.jp/tenji/zyosetuten-kyuusekki.htm


時の流れとはすごいもので、縄文時代が始まる頃には温暖化したそうです。
大型獣は絶滅。日本列島は大陸から切り離されました。
さあ、どうするか。

このとき、海水が陸地まで入り込んできます。
内海だった日本海に対馬海流が流れ込んできます。
南には黒潮が流れてきます。 

これによって、暖かくなった日本列島の森に変化が起こり始めました。
それまで全国的に針葉樹に覆われていたものが、、、
西日本は照葉樹林帯、東日本は広葉樹林帯、北海道や高い山には針葉樹林。。。
これが今もある日本の森の姿。そこにいる獲物がイノシシや、シカをはじめ
タヌキ、ノウサギなどの中小のすばしっこい動物なのです。
これを弓矢で狩猟しました。 


ですから、博物館などで縄文時代の石器を見ますと
指先くらいの小さな三角形の石鏃(せきぞく・石を原料にしたやじり)が並んでいます。
さとびごころvol.36掲載の、山添村歴史民俗資料館でも、このように。
(身近な資料館・博物館で見てみてください) 
山添村民俗資料館石器
それまで(旧石器時代)は、石槍がメイン。
縄文時代になったら、弓矢がメイン。



以降縄文時代の人々は、弓矢の改良や縄猟などの狩猟方法に一層磨きをかけることになった。 (『奈良県の縄文遺跡』の中から「コラム2  動物相の変容と狩猟具」)


縄文時代の前に日本列島の地形や気候の変化あり。では、その前はどうなっていたのか。いや、もともとはどうなのか?そして、奈良県は今、その歴史とどうつながっているのか?

と、興味が広がりまして、次号vol.45では「地球の歴史と奈良の地質」という特集を計画しております。これはちょっと、好みが分かれるテーマであろうとは予想しておりますが、今の生活を送るのに一見必要なさそうな話題のようでも、風土と人のつながりについて思いをめぐらせる機会になると思いますので、お読みいただけたら幸いです。執筆をお願いしている二人も、今はりきって取り組んでくださっています。
 

 今回も、『奈良県の縄文遺跡』「コラム2  動物相の変容と狩猟具」を読みながら、自分にわかる範囲の雑談をまじえてお届けしました。
次の縄文雑談では、漆の話(上記の本では「コラム3」)をしてみたいと思います。
縄文話の好きな人がおられましたら、ご連絡ください。お茶しましょう! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

当オフィスがさとびごころの発行元になることが決まったころ(楽屋裏では2017年に内定してました)
リスタートしたら是非ともやってみたい!と決めていたのが縄文です。

vol.36で実現しました。

 

このとき、お世話になった松田真一先生の著書が『奈良県の縄文遺跡』 (青垣出版発行 2017年)。

IMG_2563


タイトルのとおり、奈良の縄文遺跡が87箇所も紹介されています。
これをバイブルとして、「縄文の奈良2」 をやってみたくてしょうがいないんです。
先日は建国記念日がありまして、ひとつの国として世界一長く続いていることに
喜びと誇りを感じていましたが、神武東遷どころではない昔から
この奈良でも自然と調和しながら人々が暮らしていたことを思うと胸がときめきます。

この本の面白いところは随所に挿入された13のコラムです。
特別な専門知識がなくても、十分わかるように書いてあり、
奈良だけでなく、先生の研究による全国の事例をひもときながら
縄文文化への理解の助けとなる
楽しいコラムになっています。

その中から、「コラム12 動物の中のイヌ」をご紹介したいと思います。

奈良では 特集でもご紹介した橿原遺跡(橿原陸上競技場のあたりです)から
イヌの出土があります。奈良県では少ないそうですが、
全国には人との関係を知る手がかりとなる出土例があります。

イノシシやシカの出土では、「食べた」「骨などを活用した」ことがわかりますが
イヌの場合は「埋葬」されているのがほとんどなのですね。
(日本でも一部ではイヌを食べていたそうですが、、、ドッキリ)
全身の骨が、きちんと折りたたまれて埋葬されており、解体した(食べた)跡ではないそうです。

それも、成人男性との結びつきが強い。
狩猟犬だったようですね。



ちょっと横道にそれますが、
縄文時代の前はというと、マンモスなどの大型獣を追いかけて
人々は列島にやってきたと言われています。
その後の気候変化で、マンモスなどは絶滅し、
かわりにすばしっこい中小動物が獲物になりました。
特にシカとイノシシ。(今も同じでしょう??)
日本中に森が繁るのも、この頃です。
これにともなって狩猟の仕方も変わり、 弓矢が導入されます。
石鏃という、三角形の小型の石器がたくさん出土し始めます。
「おれ、狩猟してくるわ」と、弓を持ってイヌを連れて
森の中へ出かけていったんでしょうか?縄文人も。 

イヌは、ただの道具として見られていたのではなく、
愛情を持って共に暮らしたと思われるのは、
骨折したところが治癒した骨を持つイヌが見つかっているから。
怪我をして狩猟犬としてはお役御免になった後も飼われていたということ。
珍しい例としては、埋葬された男性がイヌを抱いた状態だったそうですよ。
(名古屋市 大曲輪(おおぐるわ)貝塚) 

今回は、編集部員に無類の犬好き(成人男性)がいるため、
この話を取り上げてみました。

これからときどき、この本のコラムの中から話題を取り上げて
ご紹介していこうかな。
いつか、「縄文の奈良2」ができる日を夢見て!

よろしければ『奈良県の縄文遺跡』、お買い求めになってみてください。






  
このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ春号(vol.37 2019 spring)が発行になりますので、バックナンバーの36号をアップしました。


satobi36-02-03

http://satobigokoro.org/archives/1407


読みたい記事をクリックしてください。

縄文特集、新連載、人気の連載などなど、お楽しみいただけると思います!

冊子としてお手元にいかがですか。少し在庫がありますのでぜひぜひ編集部まで!(HPにフォームがあります)
少部数発行ですので、一定期間が過ぎると在庫がなくなることがあります。定期購読もおすすめです。

36-


この号からの新連載をご紹介すると、、、、
今日も晴々オノ暮らし---世界一周のハネムーンを終えたカップルが選んだ移住先で、自分たちが望む暮らしを作ろうとしています。
明日の曽爾村考察録---曽爾村役場職員の高松さんからのお便りがスタート。
愛菌家みなみの日々是好菌---愛菌こそ世界平和へ続く、というみなみちゃんの菌ある暮らしの知恵をどうぞ。

三浦雅之&陽子さんには、縄文特集を意識して、ホピの人たちとのエピソードを伺いました。三浦さんたちが新婚旅行でインディアンの集落に滞在したことが、今の活動の原点であることは以前から伺っていましたが、今回、それが他ならぬホピ族の人たちであったことには、ちょっと感動しました。
ホピの人たちのメッセージのことも、思いながら読んでいただけると幸いです。


谷茂則さんの「(通称)ドタバタ」は、おやすみです。37号で復活していますので、お楽しみに。

この号からリニューアル2年目となりました。
これからのさとびごころ、ぜひ応援してください。人にも自然にもやさしい未来を地域に。


37号発行はもうすぐです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ