さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

タグ:下北山村

2018年の1月に発行したvol.32(ちなみに特集は地酒で味わう奈良)の中で
森林からはじまる村づくりを決意した若者を紹介したことがあります。

vol.32北さん森林からはじまる村づくり
https://satobigokoro.org/archives/819 




本誌では、生態系の豊かな自然の上に、初めて人間の文明も成り立つと考えてまして、
日本の自然を特徴づけ、独特の風土を生んでいる源は森林であると考えています。
その森林を支えてきた林業が衰退し山村の人口も高齢化と減少を続けています。 
そこで、林業界以外の人たちに、広い意味で森に関心を持っていただきたいとの思いから、
森に関する記事は毎号掲載しています。

そんな中で出会ったのが、上記の記事に登場してくる下北山村でした。
これ以来、北さんとは友交が続き、ほぼ毎月のように訪れています。

取材当時の北さんは、村役場の職員として自伐型林業に注目し、林業に関心のある地域おこし協力隊を募って活動を始めようとしていました。
そして、そんな彼らから「ユンボも動かせないような人に言われてもなあ」と、言われないためにも、ライフワークとして林業に取り組もうとしていました。
まだ、薪を割ってみた、くらいでしたけれど。

あれから3年。 

思ったようには進まないことのほうが多かったかもしれません。
林業から離れる人、村から去っていく人もありました。

その間に、北さんは猛烈に林業について学びました。
さとびの読者であれば、ご存知のはずの岡橋清隆さん(vol.42特集でインタビュー)や後継者である岡橋ー嘉さん(vol.25企画記事で紹介)を村の取り組みとして指導者に迎え
自伐型林業の代名詞ともいえる「壊れない道作り」のレッスンを開始。



自伐型林業 小さな林業とも言われ、環境負荷が少なく、大きな資本を必要としない生業としての林業。作業道を切り開きながら支障となる木を伐採し、出材したり道作りの素材として自然に返します。

ある日、「僕、山を買いました」というのです。
運良く、そのような巡り合わせがあり、手続きを経て、自宅の近くの山を購入することができました。
その山に道を通すことが、今彼の週末の活動になっています。
村に来たついでに師匠や友人が手伝ってくれることもあります。

わたしは、購入したばかりの森を見せてもらったことがあります。
捕まりながら歩かないと危なっかしい斜面に、かつて植林され、放置された杉や檜が立っていました。
さらなる昔にはどんな使い方がされていたのか、
あちらこちらに(山水を引いたようにも見える)石積みの跡もありました。

あの森はどうなっているんだろう。

そう思っているわたしの気持ちが通じたかのように、先日村を訪問したとき、案内してくれました。
よじ登るようにしか歩けなかった斜面に、踏むとやわらかい土の感触のある道ができていました。

A61A7FAC-2648-4832-9CD9-8F0647E9F9D9


F123299B-0529-406C-8E1F-6BE4C23C8E67


AFC55890-A6B0-4CC6-B3D6-59D5EFAC7AE7

自伐型林業で採用されている作業道「壊れない道」は、なめらかで、スニーカーでも歩けます。かつて、岡橋ー嘉さんに案内してもらった道を思い出させる「歩きたくなる道」ができつつありました。

道作りは、一歩間違えれば土砂崩れの原因になるかもしれません。この山の下には集落があります。
ルートの選び方、伐採する木の選び方と使い方、残す木の選び方、水の流れへの配慮、法面の処理、採算性、、。学んできたことを自分の山で実習です。仕事にもつながり、楽しくもある週末フォレスター活動。

わたし「この道ができたら、上まで歩いてコーヒーを飲みながら、しばらくそこにいたいわ」
北さん「コーヒーは鉄板ですよね」

「僕、山を買いました」の道作りも、森から始まる地域づくりも、まだまだ途中段階です。
いっしょにコーヒーが飲める日を楽しみにしています。

この森は私有地ですので、みなさんに「どうぞおこしください」とは言えませんが…
若い世代が地域づくりを夢見て林業に取り組むひとつの風景として
ご紹介いたしました。

この日は、ほったらかし家というゲストハウスに泊まりました。
その話は、また別の記事に。 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

パーマカルチャーという言葉、この頃耳にすることはありませんか。
パーマ=いつまでも
カルチャー=文化

*パーマカルチャー:永久の、持続的なと農業及び、文化を合わせた言葉。自然と共生する自立的かつ持続可能な暮らし方、またその仕組みづくりの手法や哲学を表す。農的暮らしを基盤に、農林水産、建築、環境、福祉、健康、地域作りなど、暮らしに関わる多岐の分野を領域とする。


 農山漁村文化協会(農文協)から1993年に こんな本が出版されています。
『パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン』
パーマカルチャー:ビルモリソン他
今から27年前にすでに提唱されていたこのような考え方は、一般化するというより先進的な人たちの間で広まるにとどまっていたように思います。日本はバブルの残像の中にあって、お金に夢中でしたし、農的な暮らしから都会的な暮らしへ塗り替えていくことの方が重要視されていました。
 
けれども、はやり3.11以降でしょうか、多くの人が目を覚ましたように、中でも未来を担う若い人たちが自然の尊さや社会の歪みに気づき始めました。どうすればいいのか?どうありたいのか?その鍵は農的暮らしに?

そんなことを考えているとき、それを本気で実行しようとする若者たちに出会いました。それが小野夫妻です。

信じた通りに行動してみよう、学びながら、自分の手で理想の暮らしを実現してみようとする姿を見て、連載をお願いしたのです。彼らは地域おこし協力隊として下北山村に住むことを決め、一つ一つ、ビジョンを形にして来ました。

ラッキーなことに村からの勧めもあり、ゲストハウスを運営することに。それは 夫妻の名前(ハルマサ&ハルミ)からとって、ハルバルと名付けられました。野菜を育て、鶏を飼い、ゲストハウスの隣接地には、セルフビルドのカフェも(本当にセルフで!)建設しています。

あたらしいあり方を求める二人を受け入れた村の度量にも注目です。

vol. 39で最終回を迎えた連載「今日も晴々小野暮らし」では、世界の各地を旅した経験や村で暮らす日々を綴っています。全回まとめていますので、ぜひお読みください。 


今日も晴々オノ暮らし

そして地域おこし協力隊の任期を過ぎても村を拠点として活動を続ける二人に会いに、ぜひゲストハウスハルバルを訪ねてみてくださいね。

48244229_511045992715893_3933963973237407744_n


小野夫妻
 

オノ暮らしHP
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ