さとびごころ編集部のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。 http://satobigokoro.org/ https://www.facebook.com/satobico/

カテゴリ: はじめに

編集長よりのメッセージです。

「さとびごころ」は、100年住み続けたい奈良をキーワードに季刊で発行している小さな地域マガジンです。地域研究会俚志による創刊の2010年以来、編集を担当してきたオフィスエルインクが、2018年からは運営をバトンタッチされることになりました。これまでどおりの季刊ですが、この機会に少し新たな気持ちで発刊していきたいと思っています。

「自然にも人にもやさしい奈良」-----なんだか、ありきたりな言葉になってしまいますが、これがこれからのコンセプトです。

どんなに科学技術が進歩しても、今ある自然が健やかであり続けなければ100年後の幸福は考えられず、どんなに制度が出来ても顔の見える信頼関係や思いやりがなければ、孤立や分断を生んでしまう。
自然にも人にもやさしい地域づくりが求められています。

編集部では、ページ数も発行部数も限られた小さなマガジンなりの切り口を見つけてお届し、読後に自分たちが暮らす奈良をまたひとつ愛しく思えたり、誰かにやさしくなれたりするといいなあと願っています。また、よそ行きの奈良よりも、土着の奈良に寄り添う地域マガジンであることが「さとびごころ」の役目であるとも考えています。

なお、「さとびごころ」は一部をのぞき書店には並ばず、定期購読される方やサポーターの皆様に支えられているため、あまり知られていないことでしょう。ホームページでバックナンバーを公開していますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。そして、もし共感してくださる方がありましたら、応援していただければ幸いです。

                                           さとびごころ編集長  阿南セイコ

100年後・・・このブログをお読みなっている方は
きっとこの世にいません。

今ある地域や仕事の中にも、100年後には存在していないかもしれない
ものがあるでしょう・・・。

それでも残したいものがあるとしたら
それは、今を生きるわたしたちにとっても
大切な、大切なものだとわたしは思います。

また、100年前から今に続くものの中にも
失ってはならないもの
未来へのヒントになるものがあると思います。

水と緑と土、信頼と思いやり。

それぞれの人が今暮らしている場所を
愛する心が「さとび心」なのかもしれません。

奈良だけが100年住めたらいいのではないのですが、
わたしたちが今暮らしている場所は奈良。

そういう意味では、奈良に訪れる人を増やすため、、、よりも
今、奈良で暮らしている人のために作っています。

小さなマガジンは、まだほんの一部の人にしか
届いていませんが、
少しずつ努力を重ねて、
奈良で暮らす幸せをシェアできるような
マガジンになりたいと思います。

印刷部数に限りありますので
どなたでもお読みいただけるようwebでも公開しています。
http://satobigokoro.org/

冊子をご購入くださる方や、支援してくださる方に
支えられて発行できています。

行き届かないところ、
未熟なところ、
協力してくださる方に充分に応えられないところ、、、
課題も受け止めながら、
学びながら、チャレンジしながら、
編集していきたいと思っています。

さとびごころをよろしくお願いします。

編集人 阿南セイコ
 satobi@office-l-ink.com



2010年3月 創刊(地域研究会俚志発行)


2011年9月 編集会議制に

2012年4月 表紙リニューアル(9号)

2013年4月 表紙リニューアル イラストに(13号)

2015年4月 ロゴを変更 「俚志」から「さとびごころ」へ(21号)
       カラー化 スタート (21号)
       ホームページリニューアル(21号)
      編集をオフィスエルインクが担当

2018年1月 編集発行をオフィスエルインクに移管(予定)


バックナンバーの中には、アーカイブしておきたいものがたくさんありますので
ホームページにて、少しずつ掲載していけたらいいなあと思っています(思っているのは事実です!)。


31号までのさとびごころ
バックナンバー一覧







↑このページのトップヘ