さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

カテゴリ: vol.35



農業や林業の世界では、高齢化と後継者不足のことが心配されています。
跡を継ぎたい人がいない。若い人は都会で就職。
その一方で、外部から農業や林業に転じてきた人たちには、
「儲かるから」「安泰だから」という以外の動機で取む人が多いように思います。

大きく儲かることや、安泰であるかどうかを横においても
「これがしたい」という人たち。
険しい道のりでも、乗り越えようとする人たち。
杉浦さんも、その一人です。

取材したことの全てが原稿になるわけではなく、
載せなかったことの中にも心を動かされた部分があります。

なので、さとびごころは杉浦さんや
「杉浦さんのような人たち」にエールを贈りたいと思います。

関心をもつこと。購入すること。人と話すこと。
なんでも、無理なく楽しくできることをやるだけでいいと思う。

当日のメニューには、杉浦農園の野菜がふんだんに取り入れられました。
「これ、すっごいおいしい!」「全然ちがう」の声も会場のあちらこちらで聞こえました。


お酒の会にご来場くださったみなさんに、これきっかけに、
杉浦農園さんのことを知っていただけたら
嬉しく思います。

共催いただいたぷろぼの食堂さん、ありがとうございました。
次は、杉浦農園マルシェ(?)をしましょう(^^)




このエントリーをはてなブックマークに追加

35号(2018秋)でご紹介した杉浦農園さま。
発行後、FBページでご紹介いただき、ありがとうございました。

杉浦農園さんのシェア

杉浦農園さまのFBページはこちら


32号の特集「地酒で味わう奈良」での出会いから、今回の特集につながりました。
ちょこっとご紹介しています。
IMG_20181205_074547

あれから一年です。リスタートしたばかりの頃でした。

一人で無農薬栽培をされていると聞き、「一人で?」と驚きました。
無農薬栽培に取り組む人たちと出会ってきましたが
人出不足に苦しみつつ人には言わずに頑張っている人が多かった。
杉浦さんも我慢強く努力されていました。
援農のしくみが農家にも都会に住む人にも
喜びをもたらすのではないかと、この特集を企画しました。


来年から2年目が始まります。
さとびごころのある人に、届きますように。
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20181102_104630

編集部のあなんです。
11月になり、朝晩が冷えるようになりましたね。
先月末、35号の特集で紹介している「美しい多地区の田園風景を楽しむ会」さん主催の稲刈り体験に参加してきましたので報告します。
近鉄笠縫駅から南西方面に徒歩15分くらい、多神社のあるところが多地区です。わかりやすい営農組合の建物が建っています。ここが集合場所。楽しむ会の拠点でもあります。
DSC_0352

農村の将来を考えて、都会で暮らす人に農に親しんで欲しいとの思いで開かれている体験イベントだけあって、会場には会の取り組みを示す展示もありました。

あなんの稲刈り体験としては、10月初旬の杉浦農園の稲刈りボランティアにも参加してきましたので今年2回目。杉浦農園は、実際の収穫を手伝うものでしたが(どれだけ役立てたかは?ですが 汗)、こちらは体験を主にしてます。

 この地区では、ほとんどの稲刈りはすでに終えているのですが、イベントのために稲を残してくれているのでした。参加者は都会から情報を得て集まった家族連れや関係者をあわせて100名ほどのにぎわいでした。オリジナルのピザ釜があり、薪やオガライトが燃えていました。(暖かいので、ついつい近づくわたし)

ここで、稲刈りを全くしたことのない人のために、説明がありました。

稲は田植えのときは、小さな苗ですが収穫の頃には大人が一掴みできるほどの束になります。これがごはん一膳分なのだそうです。「農家が丹精こめて育てているので、それを知って食べてもらえたら嬉しいです」と、代表の大倉さん。
一束を掴んで、カマを手前に引くようにして刈ります。ゴシゴシしなくても大丈夫。手間に引くのがコツだそうです。10束程度をまとめて縛り、はざかけしていきます。

さあ、いよいよ一人ずつカマを貸してもらい、田圃へ。農家のおじさんやおじいちゃんたちは先生です。婦人会のみなさんは、後ほどみんなが頂くおもてなし料理の準備中。素人ばかりの参加者たちの稲刈りは、きっとプロの方からみると不揃いだったり刈り残しがあったり、問題だらけだったかもしれませんが、そこは「体験」が主目的なので何でも教えてくれました。

わたしが「へー」と思ったのは、束の縛り方。縛ったのは初めてです。なわで巻いて結ぶのかな?と、思いませんか?やってみると、ちぎれたりなわの長さが足りなかったり、うまくいかないんですよ。
おじいちゃんが教えてくれました。その手際の良さに感動。くるっと巻いて、両側をひねりあわせ、さらにねじって巻いた輪にねじ込むのです。それをかざかけする。
「これで、落ちてけーへん」。
なるほど!しっかりしています。
DSC_0355

見よう見まねの稲刈り体験。なんとか進みました。
DSC_0353

予定時間がくると、そこで修了して、こんどは再び会場に戻って、おもてなしです。
このおもてなしの準備を考えると、ありがたさがじわじわきます。(自分でもイベントをしたことがあるわけですが、あんなことも、こんなことも必要だっただろうなあと想像してしまう)
新米のおにぎり、当地でとれた小麦で作った団子の入った団子汁。自分でつくって焼いてもらうピザ。おなかいっぱいになります。参加者の多くは、子どもさん連れのファミリーなので、大人も子どももわくわくしていました。
DSC_0359
各テーブルにサーバーが置いてありますよね。
この中には、あったかい麦茶が入っていたのですが、その香ばしい美味しさにプチ感動!
「どこで買えますか?」と、思わず聞きました。
多地区の特産品は、道の駅で買えるものも多いので、おそらく道の駅ではないかと予想したのです。
しかし返事は「売ってないんです。イベントのために、頑張って煎ったんですよ」。
なんと。ご苦労様です。ありがたいです。いっそう美味しく感じました。ペットボトルの麦茶しか飲んだことのない人に、一口飲ませてあげたい味でした。

とある少年の戦利品。
DSC_0357


かえるくんですよー。

DSC_0356

大事に育ててくれるかな?

わたしも最後に、おいしいものをいただきました。
新米おにぎり。ごはんつやつや。
DSC_0365

団子汁。鶏肉のつみれいり。出汁に工夫がなされていたそうです。これがまた、美味しくて、帰り道に同じような材料を買って、その日の晩ご飯で真似してみました。(味は真似できませんでした )
DSC_0364

一日、あたたかいおもてなしをしていただき、大変楽しいひとときを過ごすことができました。

今、おしゃれなマルシェが流行しているように感じます。それは、かわいいものが好きなあなんも、嬉しいことです。

でも、この日は、ガーランドも、黒板に書いたチョーク文字も、カフェも、ライブも、何もなくて、ただ地元の方のあたたかいおもてなしと、野菜や特産品が並べてあるのと、生きものに出会える田圃があるだけの、だからこそ心のあたたまる思いのするイベントでした。

なわの括り方を教えてくれたのは、昔の農法(牛で耕したり、草や糞を肥料にしたりする)を知るおじいちゃんでした。今はコンバインがしてくれます。こんな知恵もイベントを通して伝えられて行くのが、嬉しいと感じました。

多地区は、車の運転ができないあなんでも電車で行ける、近くにある田舎。

現代という時代にあわせて、変化するところは変化するとして、太安万侶の時代から続くこの地の田園風景が受け継がれていってほしいと思いました。そして、次は、多神社にお参りにいかなくちゃ(まだ行ってないの?ってつっこまれそうですが)と、思いながら帰ってきました。





このエントリーをはてなブックマークに追加

35号ができあがり、ほっとしたのもつかの間、
郵送や配達を頑張りました。
一部を残しておりますが、ほぼ完了いたしました。

書店やお取り扱いスポットからご購入の場合は
もうすこし時間がかかるかと思いますが
ぼちぼちと、並ぶことでございましょう。
お見かけになったら、お手にとってみてください。

陳列いの一番は、ぷろぼの食堂さん。
35号プロボ食堂へ

フリーペーパーと間違えて、お持ち帰りされる方があるらしいとのことで
一冊ずつ袋に入れることになりました(笑)

薄いので、誤解されるのでしょうか。
100ページくらいを目指して頑張ります。
(遠い目標)

どの記事も渾身の書き下ろしです。
読者の皆様、次の号がでるまで、ゆっくりとお読みくださいませ!

さとびごころは、「読みたい人」に届けるためもあり、
また経費をまかなうためもあり、有料にしています。
お金を払ってまで手にしてくださったお一人お一人に
いつも感謝しながら制作しています。
ありがとうございます。

32号から登録お申し込みの方は、更新の時期となりました。
ぜひ引き続きよろしくお願い致します。

HPでは、ひとつ前の34号がお読みになれます。

さとびごころは、今年はこの号が最後になります。
あっという間に、年末がやってくることでしょう。
リスタートから1周年を迎えます。
一年の流れが、だいたい分かり、
「もっとこうしていきたい」という案も
いくつか見つかりました。
少しずつですが、進んでいきますので。


来年1月、冬号では2年前から「出番待ち」をしていた
縄文をテーマに取り扱います。
ぜひ楽しみにしてください。








このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころ35号(2018 autumn)ができました。

これから順次、お届けしてまいりますので
よろしくお願いいたします。

satobi35


satobi35-02

 [特集 農がつなぐ人と土]
   
05 ひとりでやらなくていい。あきらめない無農薬栽培。
----杉浦英二さん   
小原いおり (フリーライター)

10 農村地域は博物館!大人や子どもたちに農地の多様な価値を伝えたい
----美しい多地区の田園風景を楽しむ会
阿南セイコ  (さとびごころ編集部)


[企画取材 山村の朝市]

12 下北山村の「土曜朝市」が5年の間に創りだしたもの  
寄稿 :小野晴美さん(下北山地域おこし協力隊 NPO法人サポートきなり)

[連載]

02 森のねんどの物語 「捨てられない割り箸を」2 文 :みちやす×編集部

14 《森とともに生きる》
十四代目林業家 ドタバタイノベーション奮闘記 第10回 谷 茂則

16 《地域ブランド大国ドイツ》 
第11回  地域ブランドを支える知のインフラとしての博物館 柳原伸洋

17 《自然の声に耳をすませて》 vol.02 秋の雨音 クレメンツ カオリ
 
18 《種生む花》 #02 家族野菜のこと 三浦雅之&陽子

20 《あすならもり便り》 03 森林経営管理法とどう向き合うか? 杉本和也

24 ルチャ・リブロ的土着人類学研究室   (最終回) 青木真兵

26《GOMIGEN最前線》
#01サルベージパーティーでフードロスを楽しく解決!  北井 弘(新連載

[SATOBICO TIE UP] さとびごころ×ぷろぼの(新企画
 
22 無農薬よもぎ栽培事業は、僕にとって偶然ではない仕事。
塚月聡一さん(社会福祉法人ぷろぼの)   
小幡直子(奈良新聞記者)

[コラム]

27 明日の下北山村考察録(最終回!) 北  直紀 | 吉野の会便り 中東洋行 
28 醤油小噺 片上裕之 | 京終かいわい散歩 大浦悦子   
29 さとび的読書さんぽ 嶋田貴子
30 一問一答 構成  阿南セイコ
SATOBICO GOODSのご案内  2019カレンダーセット

31 編集後記・さとびごころが読める場所
このエントリーをはてなブックマークに追加

35号(2018.autumn)でご紹介する杉浦農園ガンバーファームさんによる
秋津穂の里プロジェクト。
油長酒造「風の森」を「無農薬栽培の秋津穂」で作る、昨年から始まった取り組みです。
人手がかかる栽培方法なので、
酒好き(風の森好き)のボランティアたちが、田植え、草取り、稲刈りに参加するものです。

さとびごころも、取材させていただいたご縁で
今年6月からボランティアとしてプロジェクトに参加しています。

穂が実った杉浦農園の秋津穂の里ゾーン。
杉浦農園がつくる秋津穂の3分の1がここで栽培されています。
あいかわらず、疎水の美しさに目を奪われます。

秋津穂の里2

快晴に恵まれました。
秋津穂の里1

田植え、草取りは取材がらみでしたが、
稲刈りは秋号には間に合わないタイミング。
そのぶん、ゆったり楽ませていただきました。

午前9時半、約束の時間になると集合場所に人が集まってきました。
秋津穂の里6

油長さんや杉浦さんからのあいさつ。今日のイベントの説明がありました。

「もっと農業のやりやすい平坦な場所で米を作ることもできるはずなのですが、
中山間の農業は山と里の間にあって、自然を守りながら行うものです。
そんな中山間の農業に価値があると思って、ここでやっていますし、
それをお伝えしていきたいと思っています」と杉浦さん。

油長酒造からも、社長はじめざっと5〜6人のスタッフの方が参加され
いっしょに汗を流しました。
このイベントは、油長さんの協力、集合場所のスペースをお借りしている方、
駐車場スペースを解放してくださり、
後ほどみんなでランチをいただく庭も解放してくださる菩提寺さま、
いろんな方の協力でスムーズに進行していますし、
そんなふうに、周りの協力をとりつけることのできる杉浦さんだから
できるんだろうなあ、と思います。


秋津穂の里7

秋津穂のほうは、杉浦さんによると、今年の出来映えは思わしくなく
計画していたのより、収量が減ってしまうとのこと。
「すみません」とおっしゃるのですが、自然相手の仕事ですから。。。
秋津穂の里4

杉浦さんを悩ませたのは、イノシシの侵入。昨年から兆しはあったものの、
今年は、イノシシチーム(4〜5頭?)が電気柵を押し倒して侵入、
せっかく実った秋津穂を、ごっそり食べられてしまった場所もあったほど。
どうすればいいのでしょう?

また、気候や土のコンディションから、株分かれの進まないところも見られました。
秋津穂の里5

天候や獣害のダーメジ、課題点も、ボランティアに開示してくださいます。

さあ、田圃にちらばって、カマを手に手に、稲刈りです。
最初に杉浦さんの説明。
秋津穂の里8

「倒れてしまった稲は、イノシシの匂いがついているので刈らないでください」
と言われました。実のっている穂を見捨てるのが心苦しかったです。

手刈りした稲は、畦に集めます。

秋津穂の里9


昨年は、はざかけをしましたが、今年は、
「そんなことをしたらイノシシに食べられてしまいますので
直接コンバインにかけることにしましたー」

コンバイン登場。

秋津穂の里10
刈り取った稲をこの機械にかけると、
(この裏側がこうなっていて)
モミが集まります。
秋津穂の里11

わたしたちは、楽しみながら手刈りし、
午前中だけの作業で終わらせていただきましたが、
見た所、まだ刈り取る稲は残っていましたし、
コンバインにかける前の稲も、まだまだ、たくさんありました。
イベントを行うのには、それはそれで作業が増える面もあるかと思います。
わたしたちの作業が、どれだけ役にたったのでしょうか。
もてなして頂いてるようで、かえって、ありがたいほどです。

さらに、予約者には「おにぎりとイモ煮」のランチつき。
これも杉浦農園さんのほうで、準備いただいたもの。
油長さんからは、なんと風の森の差し入れ。
(相当な量でした、、、、なんて親切なのでしょう!!)

秋津穂の里13

杉浦農園は今、杉浦さんと海外からきて滞在中のボランティアだけで
運営されていますので、一人にかかる負担は大きいと思います。
しかし、きっとこれからは仲間が増えていかれるのではないかと思いますし
そうなるように、応援したいと思いました。

年末には、この特別栽培米を原料とする風の森が
出来上がることでしょう。
限定酒のため、たくさんは行き渡らないと思われます。
それがまた、
ボランティアに参加された皆さんには、
格別なお楽しみのようです。




















このエントリーをはてなブックマークに追加

35号(2018 autumn)が最終チェック段階になりました。

今回の表紙はこんな絵。。。ときどき、線路を描きたくなる絵師さんです。
特集のタイトルが被るので、実際にはかなり隠れます。。


35


バックナンバーの34号(天川特集した夏号)も、もうすぐウェブ解禁いたします。


現在のところ、最新号の発行とほぼ同じタイミングでひとつ前の号を公開しています。
有料のマガジンなのに、なんで公開するの?と聞かれることがございます。
たしかに、、、ウェブで読まれた方が、購入してまでお読みになるでしょうか?
アホか?と思われることと思います。

ですが、さとびこころを知っていただきたいのと、
有料で購読される方は、まだまだとても少なくて、

渾身の記事がバックナンバーとして隠れてしまうのは

なんとも惜しい!のであります。
さとびの記事はすべて書き下ろしです。
志で執筆してくださる方からの、ラブレターなのです。

無料で読むだけの方がおられてもいいのです。

さとびの気持ちが伝わるなら、嬉しく思います。

そして、もしこんなマガジンを応援してくださいますれば、

ぜひ定期購読(HPフォームより)のお申し込みをしていただければ

編集部は大変はげまされます。
よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先頃、特集ページの撮影に行ってきました。

カメラは、コッシーこと大越くん(紀伊半島の仕事さがしウェブマガジンkii編集長、でもあり)です。

これらは秋号の特集に掲載されますので、チェックしてくださいませ。

今回の主人公、杉浦農園の杉浦さん。


風の森の酒蔵、油長酒造さんを訪ねたり、
フレンチレストラン、ラミ ダンファンス アラメゾンさん(今だに、するっと言えません)の

オーナーシェフ、片山さんとお話したり。


35号特集1

杉浦農園(御所市)からの眺め

35号特集2

杉浦農園に注ぐ疎水


35号特集3

杉浦さん


35号特集4

実ってきた稲穂



35号特集5

2017年の秋津穂の里プロジェクトからできたお酒


35号特集6

油長酒造さん(御所市)




35号特集8
ラミ ダンファンス アラメゾンさん(五條市)


これらの写真がどのように編集されて出てくるか、お楽しみに。


杉浦さんのガッツには、敬服させられました。
でも、心が折れそうになったこともあることを、そっと打ち明けてもくれました。
杉浦さんと、奈良にほかにもたくさんいるはずの

杉浦さんのような人たちを応援するつもりで、作ります。
10月発行の、35号を、ぜひ手にとってみてくださいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ