さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

カテゴリ: vol.36

今年1月に発行した36号の特集「縄文の奈良」でお世話になった松田真一先生の講演「縄文社会の秩序と体系」を聞きに行ってきました。

 Unknown

第84回企画展「祈りの考古学―土偶・銅鐸・古墳時代のまつり―」の関連イベントとして開催されたもの。100名の会場は満席でした。

石棒、土偶、耳飾りなど、明らかに実用品ではないものを高い技術で丁寧に作り上げた縄文人たちは、自然の恩恵とともに脅威とも寄り添う暮らしの中で、人智を超えた力を信じ、安全や繁栄などの願いを叶えようとしたことが伺えることを、豊富な例を元にお話くださいました。

企画展は明日まで。今なら間に合いますよ。

天理の街路樹は美しかったです。次号の準備も頑張らないと!

松田先生、お声かけいただきありがとうございました。

https://www.sankokan.jp/news_and_…/…/sp84_kanren_kinen2.html

 

さとびごころ 編集部のブログへお越しくださったあなたへ、簡単にご報告しますね。
録音はしておりませんでしたので、曖昧なところは書かないことにしますことを、お許しを。

縄文時代は狩猟採集が中心です。その点、緑が豊かで、生物も多様な日本列島ほど有利な場所はありません。自然をよく知り、活用する高い技術も持っていたからこそ、長い年月にわたって縄文時代を維持できたのです。
自然の恩恵を受けながらも、同時に脅威とも共存しなければならなかった縄文人たちは、いかにして願いを叶えようとしたのか、遺跡からわかることをお伝えするのが、今回の趣旨となります。

縄文時代には、意味や用途の理解ができない道具や特殊な遺構が多種、大量にあります。これらは、当時の精神文化を写したものです。

石棒。男性のシンボルを表していることは間違いないでしょう。女性の性器を彫刻したものもあります。石を丹念に磨き上げており、相当な手間をかけています。
 
土偶。草創期の土偶は顔や手足がありませんが、年代が進むとともに、顔や手足、服装の文様などが描かれるようになり、弥生時代には衰退します。有名な、遮光器土偶は、青森県の亀ヶ岡から出土したもので、その地が最も繁栄した時である晩期に作られました。エスキモーの雪メガネに似ているものをつけていることから遮光器土偶と呼ばれています。
土偶は、胸の膨らみなどから女性を表していることが定説ですが、「呪術的な意味を込めて故意に壊した」という説については、違うのではないかと思います。なぜなら、土偶でなくても破損はしていること、中空のものが破損のかけらの数が多いことなどから、自然に破損したのではないでしょうか。
また、当時の高い写実力、デザイン力からして、女性そのものを写実的に表現することは可能だったと思われるのですが、あえてこうした象徴的なデザインになっていることを見ると、女性そのものというより生命の誕生、超人的で超自然的なものをイメージしたのでしょう。

装身具(主に耳飾り)
骨や石から作られたものや土製のものがあります。土製のものは中期以後に多く、一箇所から何千個も出土することもあります。耳は、対面した時にすぐに目に入ってくる位置なので、ここに装身具をつけることで出自や未婚既婚など個人の属性を表し、識別をしたのではないかと思います。ピアス式に、耳たぶに穴を開けてはめ込んで使っていたようです。最初は小さなものをはめて、だんだんと大きなものに変えていったのです。

土面
後期から晩期、東北方面から多く出土されます。顔に被って演技や踊りを演じたことが予想されます。

抜歯
ほとんどの人骨から、健康な歯を故意に抜歯していたことがわかります。犬歯や切歯が多い。成人、結婚などの通過儀礼と関わると思われます。

この他にも(レジメによると墓地、環状列石、環状集落など)ありますが時間がなくなりました。大切なことは、これらの祈りや儀礼行為は、決して思いつきや場当たり的に行われたのではなく、祈る対象や目的が明確です。儀礼は綿密に整えられ、その社会が共有する厳格な原則に基づく信仰体系が存在していました。秩序ある精神文化が醸成され、成熟した時代だったのです。

1時半から3時までの講演でしたが、縄文特集経験のおかげでおっしゃることがよくわかり、1時間半もかかったとは思えないほどに、時間切れになりました。松田先生も、お話されたいことがたくさんあったのか、ついつい時間配分を忘れてしまわれたようで、レジメの全てまではかないませんでした。


ここからは勝手なつぶやきです。
縄文の遺跡は、特に後期以後のものは本当に美しいです。造形にエネルギーが感じられ、まるで植物が意思を持って成長するような力を感じます。 その力が祈りだったのでしょうか。
縄文時代は全てが手作り。今も手作りする時、たとえ下手でもなんでも、祈りがこもるような気がしませんか。編集も「編む」という文字が含まれる通り、原稿の一つ一つ、言葉の一つ一つ、画像の一つ一つを編むような作業です。祈りや願いを込めて取り組みたいと思います。
現代にあっても、私たちの中に「祈る心」があることは変わらないと思います。ただ、現代人は祈る心がありながらも「非科学的だと切り捨てるべきなのだろう」という意識があり、縄文人は心の底から信じていた、もしかしたらそれは現実とリンクしていたのだろうと思います。
しかし、人間の意識の力の物理的な作用も解明されつつある時代、心をどのように保つことが大切か、縄文人たちの祈りを思いながら「人智を超えた何か」については、しっかりと心に留めていたいと思いました。










このエントリーをはてなブックマークに追加



ちょっとソモソモ話をしてもいいですか。
このブログをお読みになっている方は、おそらく読者の方だと思いますので、
細かいことを書いても通じるのではないかと。

さとびごころをやるようになってから、いろいろと繋がりが広がってきたのだなあとシミジミしているところなのです。

さとびの人気連載「十四代目林業家ドタバタイノベーション奮闘記」(冬号では残念ながらお休みです)でお世話になっている谷茂則氏からかかってきた電話がきっかけとなり、「明日の奈良の森を考える学習会」をやろうということになりました。奈良県森林総合監理士会の杉本さん(今やさとびのライターさんですが)にお声かけして、2017年3月からスタート。

その3回目(2017年7月開催)のゲストに、自伐型林業の風雲児(?)中島健造氏をお招きした時のこと。下北山ご一行様がお越しになられました。行政関係の方もよくお見えになる学習会ですが、連れ立っていらっしゃることは稀なので、インパクト大。
その中に、若々しい青年職員がいました。北さんです。(この出会いにピンときて、北さんを紹介することにしたのです。「北直紀さんが森林から始まる下北山村づくりに取り組むまで」(vol.32 2018.winter)

当時は、2018年からのリスタートに備えて、新しいコンセプトを作ってやっていこうという準備中。北さんの記事は、新しい編集部の切り口を表すものでもありました。

話は続きます。取材で訪れた下北山村へ行ってみると、大変に魅力的(その訳を書き始めたら長くなりますのでカット)で、個人的にも通うようになりました。下北山を訪ねたというより、北さんを通して見えてくる下北山村が輝いて見えたのかもしれません。ご縁ですね、これは。。。

そろそろ、この投稿に関係した話になってきます。

下北山村に通ううちに、紹介していただいたのが小野夫妻。「地域おこし協力隊として、来てくれたんですよ」。会ってみると、価値観の通じるところが大きく、たまげるやら嬉しいやら。
奥さんの小野晴美さん(はるちゃん)には、寄稿もお願いすることになりました。「下北山村の『土曜朝市』が5年の間に創りだしたもの」(vol.35 2018 autumn)

そうした交流の中で、小野夫妻の考え方や取り組みを深く知るようになり、ぜひ連載をお願いしたい!
ということで、始まった新連載がこれです。

今日も晴々オノ暮らし。

そのコンセプトが「人と自然に優しいステキ暮らし」だそうです。打ち合わせたわけではありませんよ。

さとびごころに込められたその思想に触れた時、自分たちの胸の中とまさに同じ!と静かな興奮が沸き起こりました。

ありがたい。嬉しい。次の時代を牽引する世代である若い夫妻が、こんなふうに考えて実際に、楽しくやっている姿に触れられることに、喜びと希望を感じています。

ぜひ、読んでみてください。この機会に購入されませんか?
ウェブでは、4月頃に公開となりますので、その時にでも。

さとびごころは、編集部が直接取材して感動したことだけをお伝えしています。これからも、そのスタンスは大事にしていこうと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加



さとびごころに共感いただいた法人や団体と、いっしょにページを作る企画がSATOBICO TIE UPです。

昨年の秋号からスタートしましたが、最初に手をあげてくださったのが社会福祉法人ぷろぼのさん。
理事長とは昔からおつきあいがあり、編集人(あなん)の考えるところ、やってきたこと(たいして何もしていませんが、、、)を見てくださっていたためか、(おそらく援助に近いかたちで)申し込んでいただきました。

それならば、良い記事を作り、さとびとの重なりの部分を伝えていこうとテーマにしているのが「農と福祉」です。障害ある人の就労と農を連携する取り組みは、少しづつ広がっているようですが、農業をお手伝いするという形がほとんどです。それに対して、福祉法人自らが農の分野に出て行くというところが「ぷろぼのさんらしさ」と言えるでしょうか。

秋号に続き、冬号でもタイアップしてくださり、登場してきたのがこの方。ちょっと変わった経歴と、あたらしい価値観を生き方で表現しているようなところが面白い人です。彼の取り組み(面白いからやっていること)の中には、さとびでも紹介したいことがまだまだありそうなので、タイアップを離れても追跡していこうと思います。(すでにある企画が進行中)

ぷろぼのさんとのタイアップは、春号でも続きます。

「さとびごころで紹介されたい!」と、お考えの方はぜひご相談ください。
人にも自然にもやさしい、人が幸せになるために自然の摂理を味方につけて生かし、犠牲にしない、そういう取り組みをされている方、お待ちしています。

http://satobigokoro.org/contact
このエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま発売中の36号でお世話になった松田真一氏に、

さとびごころをお届けするため氏が特別顧問をお務めになっている天理参考館へ

(松田氏は二上山博物館の館長もされています)。

国内外から集められた民俗資料、考古資料が展示されています。



3階の「世界の考古美術」では、ラッキーにも松田氏のミニ解説つきで縄文の美しいものたちを見ました。図録でしか見たことのなかったものにいくつも出会えました。(もう一度、こんどはもっと浸りに行きたいと思います)1階と2階には世界の生活文化が展示されています。



松田氏が縄文時代の専門家になられたのは、若い頃、大川遺跡(36号特集でご紹介)の発掘に携わられたことがきっかけだそうです。
「当時は縄文の専門家がいなかった」「仕事上でであったテーマを調べるうちに、それが面白くなっていくのが考古学なんですよね」と。


そんな松田氏のおかげで、奈良の縄文について手がかりを得た編集部でした。「松田先生、ありがとうございました」

DSC_0854


IMG_20190131_143109

左の人は、ぼけてるくらいで丁度良いです。

松田先生、すみません!


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

HPでは、バックナンバーを公開しておりますが、
こちらでは、最新刊の36号の内容をご紹介しています。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加



36号の紹介を始めてしまいました。
始めたからには、やりとげよう。

先日は、みちやすさんの連載を、取材先の磯崎さんが投稿してくださっていました。


これからは、当面特集のご紹介をしていきます。

興味を持っていただけましたら幸いです。(つづく)

このエントリーをはてなブックマークに追加

36-


3連休はいかがお過ごしでしたか。

編集部は発送作業やお届けをしているうちに、あっという間に過ぎました。その合間に、みちやすさんの個展へ(お届けをかねて)出かけたりなども。

大和郡山市同泉町の町家物語館1周年企画「町家と本と森のねんどの物語」展示
大好評につき、1月20日まで期間延長されましたので、お出かけになってみては!!
https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/kankou/event/info/005318.html


みちやすさんファンの方と思われるカメラマンの方がさとびを買ってくださり、別の人でライターの方とお会いしましたが、こちらはすでにいつも豊住書店さまで購入してくださっているそうです。

嬉しかったです。

ほんとに、嬉しいです。

まだあと数軒、お世話になった方にお届けにいきます。

さてここで、おそらくこのブログをお読みの方には申しあげるまでもないですが、
さとびごころでは毎号、表紙の裏にみちやすさんの連載を掲載しているほか、
過去に企画記事でヒストリーを紹介しています。なぜなら、みちやすさんは本当に森思いの人だからです。阿南セイコ、何年か交流させていただき、その森思いは演出ではないことを感じ取りましたので応援しています。いえ、応援しなくてもあの作品力はきっと多くの人の心をつかむと思いますが。

「自然にも人にもやさしい  自分たちが暮らす地域」へのアプローチは、アートやクリエイティブや、さとびごころのように読み物を通しても参加できると思っています。そんな思いの通じる人たちの心をつなぐマガジンになりたいと思って、日々企画を考えております。

春号や夏号のことも進めなくては!

36お届け






このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部 阿南です。

縄文が気になりだしたのは、2016年。
どうしても三内丸山遺跡にいかなくては。 と、まず現地へ行って下調べ。
当時は旧編集部時代でしたが、会議で提案すると「面白いね」と言ってくださったのが フリージャーナリストの神野さんでした。 その後もちょくちょく「縄文やりたいね」との思いは続き。

神野さんから「松田真一さんという人がいる」と教えて頂きました。 二上山博物館館長で、『奈良県の縄文遺跡』(青垣出版 2017年)の著者です。 (実は、学術的な内容で、すいすい読みこなせるような実力はないのですが)

一方で 現編集部としては 
2017年は、2018年からのリスタートを意識してシュミレーションの一年となり
2018年はリスタート初年として(編集以外のことについて)経験を積む一年に。
その間も、「縄文時代って何?」という思いで、 資料を読んだり見学に行ったりを続けました。

昨年秋には、「まず、松田先生を訪ねよう」と、
神野さんといっしょに二上山博物館を訪ねました。
そして、縄文時代を見直す意味について、
何か通じるものを感じることができました。

縄文文化の遺物はどうしても東日本のものが注目されがち、
「奈良」という切り口でどのように作っていこうか。
また、1万年続く縄文時代、何しろ長すぎる、
それを 限られたページの中でどんなふうに編集していこうか。
いろいろ検討していたところへ、松田先生から三つの遺跡をおすすめいただきました。

※ここで、ひとこと。縄文時代は、土器の形式によって6つに区分されています。 これは縄文を楽しむためにも、とても助かりますのでご紹介しておきますね。 草創期、早期、前期、中期、後期、晩期です。年代は諸説ありますので 東京国立博物館特別展「縄文-1万年の美の鼓動」図録をもとにします。 草創期が一番長くて、だんだん期間が短くなっていきます。
草創期 約13000年〜約9000年。
早期 約9000年前~約6000年前
前期 約6000年前~約5000年前
中期 約5000年前~約4000年前
後期 約4000年前~約3000年前
晩期 約3000年前~約2400年前



草創期から早期  として 大川遺跡(山添村)
早期から後期 として 宮の平遺跡(川上村)
晩期として 橿原遺跡(橿原市)

これに加えて、後期旧石器時代の話題として
二上山北麓遺跡を(香芝市)プロローグ的に載せました。

それぞれに、「そうだったのか」というコトが含まれていて
縄文時代の奈良を考えてみるための
アウトラインとなる情報になるのではと思います。

縄文時代がもっとも繁栄したのは中期頃からそれ以降。
多くの人がイメージする縄文文化はこの頃をさすのだということも
見えてきました。
そんなイメージと奈良との共通性や違いも感じられることでしょう。

また、日本人の日常の基層文化のほとんどが実は縄文時代に始まるいうことも
わかってきました。縄文は、弥生と入れ替わってすっかり消滅したのではなく
基層として、ついこのあいだまでは日常の中にたくさんありました。
ただ、わたしたちが学校で習うことはいつも政治史が中心であり
「中心」だけをピックアップして暗記することになります。
その時代時代の 名もなき人たちが何を信じて、どう暮らしていたかを
学ぶ機会が少ないために、見過ごされてしまうのですね。

特集の編集はいつも 登り坂を登るような体験です。
時にあえぎつつ 登り切ったときの気持ちを楽しみにしながら。
振り返ると、坂の途中に こぼしてきたものもあります。
この特集でやりきれなかったことも
これからの企画の中で、手や品が変わっても反映されていくものではないかと
思っています。

さとびごころ36号、来年になったらお届けします。
読んでいただけたら幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ