さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

カテゴリ: vol.38

秋も深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか

遅くなりましたが、バックナンバー38号をアップしました。今年の夏を思い出しながら、または来年の夏が近づいてきたら、もう一度開いてみてください。

38号アップ

http://satobigokoro.org/archives/1704

特集ページは、まとめて読めるようにしました。
その他の記事は、目次からリンクしています。
連載は、過去も遡って読めるようになっています。
お暇なときに、さとびのサイトへお立ち寄りくださいませ。

現在発売中は39号(特集 街路樹考察)です。宜しくお
願いします。

早くも今年も残り少なくなってきましたね。編集部は冬号に向けて、またそわそわしてきました。
次号(40号)が出る頃は、来年。体も心も温まる温泉をテーマにします。

クスリに頼らないで、自分の本来の免疫力を高めて健康に暮らしたいと思ったら、
まずはとにもかくにも、体を冷やさないことが肝心です。
湯治と言う言葉がありますね。温泉には、本当に治す力があるのではないでしょうか。 
自宅のお風呂とは少し違う温泉ならではの癒しを求めて地元旅がしたくなるような
特集になるといいなと思います。

更新してくださった皆様、ありがとうございます。  

発送の時、定期購読の期限が切れる方にご案内をしています。
いつも、「更新していたらけるかなー」、と少しだけ思うんです。
だから、更新していただくと、とても嬉しい。
読み続けたい(応援したろ、とか)と、思っていただけるような
雑誌になりたいと思います。精進します。


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

オノ暮らし蛍

連載 第3回 今日も晴々(ハルバル)オノ暮らし
小野晴美(オノ暮らし主宰 山の家harubaru運営)

下北山村で「人と自然に優しい素敵暮らし」を手作りする小野夫妻が主宰するのが「オノ暮らし」。
下北山村は、奈良県の南東部の県境にある奥深い山里です。地域おこし協力隊としてこの村に移住してきた二人には、その風土あっての、人の暮らし方や守り育てられてきた自然へのリスペクトと感謝があります。今回はそんな気持ちを綴ってくれました。

オノ暮らしはいつでも進化しています。第2回の連載では、夫マサハルさんがセルフビルドのカフェ作りに挑戦していることが書かれていましたが、今回は、ひよこを飼い始めました。いえ、記事掲載時には、ひよこだった雛たちは、今ではトサカが現れるまでに成長し、山の家ハルバルから出てくる野菜クズなどを旺盛に食べています。

山里だからこそ実現できるオノ暮らしには、山里に住んでいなくても受け入れたい考え方と実践がたくさん含まれていますので、さとび読者の皆様にはきっと共感していただけるのではないでしょうか。

写真は、「山の家harubaru」の庭先で今年見られたホタル。ここはビオトープになっており、6月には、村内でもとりわけたくさんのホタルの舞が見られます。パーマカルチャーの畑があったり、広葉樹が植えられていたり、鶏小屋があったり、建設中のセルフビルドカフェもあります。しかも、さとびごころ のバックナンバーもリビングルームに並べてくださいっています!!!山の家harubaruに、一度お泊りになってみてはいかがでしょうか。予約状況はオノ暮らしHPでチェックできます(これまたハンドメイドなスケジュール表で)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載 山と今日から始まる物語#02
谷茂則(一般社団法人大和森林管理協会)

前回から連載が始まりました、山と今日から始まる物語、通称ヤマトキョー。
谷林業の谷さんが、奈良県の森林について経営、管理をおこなう法人(愛媛大学名誉教諭の泉英二理事長)を設立されたことを機会に、その理念や活動について執筆していただいています。

(谷さんのこれまでについては「ドタバタ」のほうで書いていただいています。)

今の政策が国産木材の増産を強く求める方向に向かっていることはご存知でしょうか。
林業の中でも素材生産業に光が当たり、一見正しいことのように見える「安定供給」が実現されれば、せっかく積み上げてきた森林資産を一気に伐採してしまうのではないかという恐れを感じると谷さん。


豊かな循環サイクルを作り上げるのか、資産を取り崩すのか、森林林業関係者の選択にかかっているとし、自然に寄り添い最大限に活かしながら生きていくシステムを創ることに一つの答えがあると語ります。

奈良県は、吉野林業という山を生かしながら経済を作るシステムが構築された場を持ちます。
取り返しのつかない皆伐一辺倒でない森の経営や管理が行われていくとしたら、編集部も望むところでありますので、ヤマトキョーの活動を通して、奈良の森の現在を追っていきたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

天神祭

連載 GOMIGEN 最前線 #04

 天神祭ごみゼロ大作戦 市民の力で大きな成果

北井弘(ごみ減量ネットワーク主宰)

大阪の天神祭では、2016年の調査で、60トン発生したごみのうち、40%がリサイクル可能であることがわかりました。その翌年は、14箇所のスーテーションにボランティアスタッフが立つと、お客さんが例外なく快く協力してくれたそうです。そして昨年は、資源物の回収が3.7トン、リユース食器の回収は96%に。これらが100%市民の力で始まったとのこと。大阪市民、やりますね。

ごみ減量ネットワークを主宰している北井弘さんは、さとびごころ の創刊時からお世話になっているジャーナリストさんでもあります。2号の特集「ごみゼロへの挑戦」を執筆され、今ではつとに有名になった徳島県上勝町、福岡県の大木町、神奈川県の葉山町などの例をいち早く紹介してくださいました。
ご自身でも、「ごみ減量ネットワーク」を主宰され、全国で講演活動もされています。
特集の最後に、


「この運動を進めていくにあたっては『鳥の目(社会の仕組みを動かそうとする活動)』と『虫の目(一人一人の活動)』の両方を備えた取り組みが不可欠だ」
 


「(日本での脱ごみ焼却の動きが芽生えつつあり)この小さな芽がすくすく育って10年後には大きな花をつけ始めることを、私は固く信じているし、そのために力を尽くしていきたい」
 

と、書き記しておられました。
そして、10年が過ぎました。北井さんの信念は変わっていません。
まだまだかもしれませんが、ごみを減らすことへの意識は確かに高まったと思います。少なとも、ソーシャルな活動が各地で活性化していることは確かです。さとびごころ も、こうした動きへの追い風でありたいと思います。

イベントは、たくさんの人が集まるので、意識づけにも役に立ちそうですね。そもそもごみを出さない、リユースする、リサイクルする、この原則でライフスタイルが変化していくといいですね。 

虫の目活動として、わたくし、遅ればせながら(過去に挫折経験のある)ダンボールコンポストを始めました。今はユーチューブが何でも教えてくれますから、自分にあったやり方を研究することができます。やってみると、これが意外にも楽しくて、毎日コンポストの蓋を開けて混ぜています。これをもちまして、我が家の野菜クズは消えることになりました。楽しいエコロジー、あなたも興味のあるところから始めてみませんか。
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ハチ

連載 種生む花 #05  「昆虫少年」三浦雅之&陽子


さとびごころ が出会う人たちの中に、「子どもの頃は昆虫少年だった」という率が高いのです。

今の子どもたちは、昆虫と遊んだりするのでしょうか。
塾に追われていないかな?ゲームの方が好きかな?

自然にも人にもやさしい感性を育むため、夏休みはぜひ
昆虫が生きているような場所へ 連れて行ってあげてください。

昆虫少年といえば、三浦さんです。
管理人(わたし)は知っています。
昆虫の話になると、ワクワクスイッチがオンになる人であることを!

そこで今回は、三浦さんの好きな昆虫ベスト5を伺いました。
一つだけ、おしらせします。第5位は、ミツバチ。
その理由は?そして4位から1位は?

続きは、さとびごころ が届いたらお読みくださいね。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドタバタ
連載 十四代目林業家のドタバタイノベーション奮闘記
谷茂則(谷林業株式会社取締役)


奈良県有数の山林所有者である 谷林業 谷茂則さんによる、次世代山主が目指すドタバタイノベーションの連載も12回目。
初回は、vol.26(2016 summer)でした。子ども時代に、お年玉を数えるのが楽しかったそうです(文中から察するにかなりの、、、)。吉野林業の最盛期の最後を見た世代に当たる谷さんが、今までどんな風に山と向き合い、行動してきたのかを寄稿していただいています。バックナンバーでの連載はこちら。

「山主」という遠い存在と縁が生まれ、リアルな気持ちや考えを知る機会を得たことは、さとびごころ にとっても学びが多く、ありがたいことだと思っています。

12回目は、前号に続き「架線集材」のお話。あれでもない、これでもない、と次々と「やってみる」を続けていた頃(ある意味、今でもそうなのですが)。

参考 架線集材って何?(高知県の例)

前回から今回にかけて文中に登場する人の一人、久住さんは、元谷林業の社員さんでした。退職される直前まで、前任としてこのコーナーで連載(vol.22からvol.25)していただいていました。(この連載を始めた頃は、後に谷さんにも書いていただくことになるとは思っていなかったものです)久住さんは今では、古民家を改修した拠点「森ある暮らしラボ」を明日香村に開かれています。ちなみに、その様子は33号の特集「住み継ぐ暮らしとまち」で取材させていただきました。共々、お世話になっております。

谷林業といえば、「チャイムのなる森」というイベントで知っている方もあるかもしれません。今回はまだ「チャイムのなる森」まではいきませんでした。次号あたりでしょうか???
このエントリーをはてなブックマークに追加


38-kikaku-ayu
さとびごころvol.38 (2019 summer)特集連動企画記事
「おかえり 僕の大好きな鮎」
北直紀(さとびライター 下北山村在住)

料亭などで出てくる川魚、鮎。食べたことはあっても、どんな魚なのか、どこにいるのか、今では良く知らない人も多いのではないでしょうか。
今回記事を書いてくれたのは、下北山村で1、2を争う鮎釣り名人(ということは取材の後で知ったのですが)の北直紀さん。鮎について、鮎釣りについて、それが川の環境とどう関わっているのか、鮎愛溢れる文章を綴ってくれています。

釣りの好きな人が、いつまでも釣りをして楽しむためには
魚が生き生きと暮らせる環境と一蓮托生、という側面があります。
そんな人が  地域の川の語り部となっていただければ、編集部は喜びます。
鮎を取り巻く環境は年々悪化していると言われますが、、、。
いつの日か、放流(※)をしなくても天然のがウヨウヨと泳ぐ川を
再生できる日が来るのでしょうか。

※ 鮎釣りスポットでは、鮎釣りシーズンになると養殖の鮎が放流されています。
あゆ漁業の解禁状況について(奈良県HP)

  
もう一つの企画記事は、前号からの続きです。
人工林の皆伐跡地に、広葉樹の森を育てよう。という天川村のプロジェクト。
無事にスタートし、キハダの赤ちゃんが芽生えました。

キハダの赤ちゃん




FB情報によりますと、特集で出てきた「八千代の森」さんが、
この天川村のプロジェクトで作業道作りに関わることになられたとのこと。
 
読者の皆さん、この夏は天川村へも行きたくなってきませんか。
(わたしはそろそろ、ご無沙汰している弁財天へお参りしたくなってきました、、、)
このエントリーをはてなブックマークに追加

38森のねんどの物語

さとびごころvol.38 (2019 summer)森のねんどの物語05

毎号、表紙をめくると、森のねんど作家、みちやすさんの作品が載っています。森のねんどの物語の連載のページです。5回目となる今回は、この春オープンした森のねんど研究所のはなし。
住み手を失った古民家が、みちやすさんの工房兼地域の拠点として生まれ変わろうとしています。

前回のさとびこカフェの会場にもなった場所。
その写真も、ちらっと載っています。(参加された方しか意味がわからないようになっていますが!)

ここからまた、森のねんどの物語の続きが展開されていくように思います。
この場所がオープンするようになった経緯には、この地域を活性化したいと願っている地元の人たちとの出会いがありました。また、みちやすさんの取り組みに賛同し、ここで「森のねんどバー」を開いていこうという構想もあります。すでにワークショップ活動は始まっているようです。
みちやすさんを通して、もう一度人と自然(森)が調和する地域づくりについて
発信できそうな気がしています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

初夏のような6月だったと思っていましたら
梅雨のような7月を迎えていますね。

夏号が「もうすぐ出ます」と書いたきり、出ましたというお知らせをしないまま
今日に至りましたが、無事に出ております。

FBtopimge-size

編集しながら、川で遊ぶ写真をたくさん見まして、
爽やかな気分になっておりました。
今回協力していただいた山ちゃんこと山下さんには、
記事をお読みいただくと お分かりになると思いますが
「川で遊びつつ、森林と川とのつながりを本気で考えている方」でありまして、
さとび的に「合う!」と、お願いをしました。
美しい川のかけがえのなさをお伝えできればと願っています。
どうぞ川で遊びながら、体で感じてくださいませ。


その他の記事のことも、これから 部分的に 紹介していこうかと考えています。
さとびは、ぼちぼちとお手元に届きますので、それまでの?予習?にでも。
先にお届けできる方、少し遅れて到着する方、 いろいろと、、、ご了承くださいませ。

今月下旬には、書店にも並んでいることと思います。
あえて毎号書店でお買い求めくださる方があるようです。嬉しいです。

啓林堂奈良店さま(近鉄奈良駅すぐ)
豊住書店さま(東向北商店街)
ベニヤ書店さま(東向北商店街)
ふうせんかずらさま(ならまち音声館近く)

その他、さとびごころ をお取り扱い頂いているのは、、、

ダブルマウンドウッドワークさま(奈良市)
喫茶と雑貨アンジュールさま(奈良市)
株式会社HERSさま(奈良市)
地域研究会 俚志さま(奈良市)
ぷろぼの食堂さま(奈良市)
葉音さま(奈良市)
奈良県人権部落研究所さま(奈良市)
森のねんど研究所さま(大和郡山市)
奈良県立医科大学労働組合さま(橿原市)
奈良むつう整体院さま(橿原市)
森ある暮らしラボさま(明日香村)
株式会社総合農林十津川事務所さま (十津川村)

お近くにお取り扱いスポットがありましたら、どうぞお求めください。

さとびごころを「取り扱うよ!」という方は、
5冊(買取り)・10冊(買取りまたは委託)のご希望を添えて
お問い合わせフォームからどうぞ。
宜しくお願いします。

 
「さとびごころ が読める場所」ではお試し読みを。

販売はありませんが、各所に「さとびごころ が読める場所」があります。(ほとんど奈良県内ですが)お見かけになりましたら、お試し読みをどうぞ。

  
カフェやショップ、コミュニテイスポットを運営されている方で
さとびを置いてくださる方からのコンタクトも歓迎です。
まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。


バックナンバーはウェブでもお読みいただけます。

最近、春号をアップいたしました。 


編集部から直接いち早く、お届けできる定期購読 のすすめ

書店やお取り扱いスポットが近くにない方、定期購読をご希望の方、さとびをサポートしてくださる方もお問い合わせフォームからご連絡ください。HPのトップページに、申し込みフォームも置いていますので、ご利用ください。



どうぞ宜しくお願いいたします!

追記(あなんより)
今月、熊本県の球磨川へSATOBITABIに行ってきます。日本で初めてダムが撤去された場所へ。帰ってきたら、このブログでも紹介する予定ですが、より詳しく話を聞いてくれる人、話しに行きますので連絡ください。
 

 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

プラスチックフリー

さとびの連載で「GOMIGEN最前線」というのがありますが、夏号で「プラスチックフリー生活」という本が紹介されています。その著者の方の記事がありましたので、シェア致します。

『プラスチック・フリー生活』実践者に聞く、脱プラスチックのヒントは「心地よく暮らすこと」



プラスチックの深刻な汚染がだんだん認識されてきました。

最初は「知識」ですよね(私のきっかけは、友達からの口コミでした)。

身の回りにあまりにもプラスチックが多すぎて、あれもだめ、これもあかん、とがんじがらめにな気持ちになってしまいそうなこと、ありませんか。心地よい暮らしのための自分にできる小さな一歩を重ねて行けたらいいですね。

義務感からでなく、お気に入りの自然素材(最後は土に還るもの)を増やして、だんだんと入れ替えていけたらなあ。。。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ