さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

カテゴリ: vol.43


自然の色と手作りの服
シガセイサクショ展示会のお知らせvol.43特集扉

さとびごころvol.43 特集でご紹介したシガセイサクショさんの服を実際にご覧いただける展示会を企画しました。当日は試着やオーダーもできます。服だけでなく雑貨なども並びます。雑貨はその場でお買い求めいただけます。

自然素材の布から縫製し、お山で育てた植物で草木染めして、店舗を持たずに販売まで手がけるシガさんの自然にも人にもやさしい作品をぜひお手にとってみてください。

シガさんも編集部も在廊していますので、読者の皆様とお会いできますことを楽しみにしています。


日時:4月18日(日曜日) 11時から15時まで
〒631-0036  奈良市学園北1-11-2
入場料:無料
予約:不要

ラインナップ…
・ラック 1台分のブラウス パンツ スカート ワンピース
・ハンカチ 靴下 レギンス  腹巻き 肌着 布ナプキン など
4:18服

4:18雑貨



※アンジュールさんの通常の営業はございませんが、喫茶のみオーダーいただけますので、おくつろぎください。


************************************************************


編集部によるイベント活動です。シガさんの草木染めワークショップにつづき、展示会。
さとび女子の皆様には特におすすめ!
さとびごころvol.43とバックナンバーも少し持っていこう。








このエントリーをはてなブックマークに追加

100年住みつづけたい奈良のための地域づくりマガジン
さとびごころのvol.43をウェブで公開しました。

こちらからお読みになれます。

目次
のテキストをクリックしていただくと、該当の記事に飛びます。
 
vol.43コンテンツ

特集は、「自然の色 手作りの服」

自然素材の布から服を縫製し、山で育てた植物で草木染めによる染色を施し、
店舗を持たずに販売まで手がけているシガセイサクショの取り組みを通して、
自然の素材と色、手作りの服の質感を、誌上で楽しんでいただけます。

紙の雑誌の在庫もまだありますので、

発送先、ご希望の号、冊数をご記入いただきますと
折り返しご連絡したうえで、発送いたします。


ウェブでは2015年から2020年までに発行されたバックナンバーを公開しています。
さととびごころの足跡をごらんいただくことで
本誌の姿勢を読み取っていただければ幸いです。



自然にも人にも やさしい世の中になったらいいなあ。
 

そう感じていらっしゃるみなさまには、きっとお楽しみいただけると思います。
気に入っていただけましたら、定期購読(年2500円)で編集部とつながってください。
また、応援していただける方は、サポーター(年5000円)になってください。

FBページもございます。いいねを押していただけましたら
励みになります(^^)
現在588人の方から押していただいています。
1000になったら夢みたいだなあ! 

今年から、ご登録いただいている方を対象に
イベントのご案内をしてまいります。

これからも、さとびごころを宜しくお願いいたします。
 


このエントリーをはてなブックマークに追加


0825恵古箱でシガセイサクショ
最新号のvol.44の話題が続いていますが、
ひとつ前のvol.43の特集で登場いただいたシガセイサクショ さんの
展示会を4月に、奈良市内で行うことになりました。
今のところ、ブログだけのお知らせとなります。

まだまだwith コロナが続くと予想されますので、
何らかの工夫をしたいと思っていますが、
奈良市内での展示会はめったにありませんので
この機会に、特集でごらんになったシガさんの
普段着のための草木染め服を
お手にとってゆっくりとご覧ください。
販売もあります。

服だけでなく、雑貨品も並ぶことでしょう。

4月
奈良市内。

今はまだ、ここまでしか発表できませんが、
3月になりましたら、詳しいご案内をいたします。

シガセイサクショ さんにご関心のある方、
ぜひ楽しみになさってください。

さとびごころvol.43も、あります。バックナンバーもお持ちします。
編集長阿南もオープンからクローズまで現地にいますので
この機会にぜひお会いしましょう。

関連記事


さとびごころバックナンバーvol.43 をウェブで公開しました。特集は「自然の色 手作りの服」

このエントリーをはてなブックマークに追加

vol.43の企画記事でご紹介した、奈良県での田んぼダムの取り組み。
土木技術職の経験のある方や環境保全に興味のある方などからは、反響をいただきました。

vol.43 田んぼダム記事

(画像は記事の一部です)


治水といえば、山の谷間に流れる川ををコンクリートで固めて
堰き止めるダムを作る方法がほとんどです。
けれど、コストや環境への負荷を考えると、これからは田んぼダムのように、
自然にも人間にもメリットがある、または人間への負荷が少ない、という方法が
もっと広まってほしいと編集部は願います。


同じような取り組みが、7月の九州豪雨で反乱した球磨川の治水対策にも取り入れられるそうです。

12月30日の読売新聞オンラインで配信され、Yahoo!ニュースになったのが下記の記事。
リンク切れになる前に、転載させていただきます。


独自】熊本・球磨川治水対策、県「田んぼダム」整備方針…数百円の調整板で川の増水防ぐ
7月の九州豪雨で氾濫した熊本県・球磨川の治水対策について、熊本県は来年の梅雨時期に向け、球磨川流域で200ヘクタール規模の「田んぼダム」を整備する方針を固めた。田んぼダムは大雨時に一時的に水をためる治水対策で、実現すれば、九州では最大規模。流域全体での取り組みとするため、市町村ごとに20~30ヘクタール程度の水田で導入を目指す。


 田んぼダムは、大雨時に水田の排水口に小さな穴の開いた調整板を取り付ける。川への排水を抑制して増水を防ぐ機能がある。板の費用は数百円でも済む。新潟県で始まった治水対策で、農林水産省によると、東日本を中心に取り組みが広がっている。国土交通省が18日に公表した球磨川の流域治水案でも、田んぼダムがメニューの一つに挙げられていた。

田んぼダム読売新聞記事関連画像


 熊本県が、球磨川上中流域の10市町村に実施を打診し、おおむね了承を得たという。調整板購入や排水口整備の費用は県が補助する方針。200ヘクタールで15センチの雨水をためた場合、単純計算で30万トンの貯留効果が期待できる。また、一部の水田では、遠隔操作で一斉に排水量を調整する「スマート田んぼダム」を採用することも検討する。

 県は2年間のモデル事業として取り組み、さらに面積を広げたい考えだ。県幹部は「すぐに取り組める上、『みんなで地域を守る』という防災意識の向上にもつながる」と期待している。

 田んぼダムに詳しい新潟大農学部の吉川夏樹准教授(農業水利学)は「面積が広いほど効果が見込めるため、流域全体で取り組むことに意義がある。取り組みが持続するための仕組みづくりも重要」と話している。 
本誌で記事を執筆してくださった「農家のこせがれ」さんも、嬉しそうでした。
vol.43は、来年にはウェブにアップする予定ですので、手元に本誌をお持ちでない方は後ほど、そちらでもお読みいただけます。
(共感していただけましたらぜひ定期購読で応援してください)



農家のこせがれさんによると、田んぼダムは上記の記事にあるとおり
新潟県で始まった取り組みだそうです。

新潟県に行かれたことはありますか。奈良県民から見ると、田んぼがとにかく平べったくて広い!!
この信濃川流域は、昔から水害とともにあると言っていいほどの地域でした。
現地の人から、「昔の農家は腰まで浸かって田植えをしていた」と聞いたことがあります。
その悩みから生まれたアイデアのようです。

奈良県は新潟県のように広大な田んぼも、信濃川のような大きな川もないのですが、年々集中豪雨化していく気象変動のことを考えて、田んぼダムの取り組みが行われています。
しかし農家や都市住民の理解が必要なため、一部にとどまっているようです。

さとびごころを通して、田んぼダムへの理解が進むといいなあと編集部は思っています。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_8691
志賀規子さんと出会った頃について振り返ってみますと、志賀さんもまだ「シガセイサクショ 」としての活動をスタートして間もない時期だったそうです。その頃は当方も、発行元になってさとびをつくるとは想定していなかった時期でした(編集委員の一人ではありましたが)。 


月日がたち、特集で草木染めの服について取り上げたいと思ったとき、やはり志賀さんのことが思い出され、コロナで外出自粛ムードが広まる中で、コンタクトをとってみますと、その後着実に自分たちらしい道を進んでいらっしゃることがわかりました。
 

さとびで記事になるまでには、わりと「数年」がかかっていたりします(笑)。
「やっぱり、そうしよう」と感じるものがあったときに、お願いすることが多いのです。


43号は、いつもよりも「女子的」な、めずらしい機会になると思いましたので、いつにも増してさとびづくりを楽しみました。取材中に草木染めを体験させていただき、これはぜひ他の人にも味わってもらいたいと、記事の中で小さく(コロナに配慮し参加可能人数を控えめに設定)ワークショップのお誘いをしたところ、数人の方から参加希望の声があり、11月22日の晴れた日曜日、すがすがしい志賀さんのお山で実現しました。

草木は何にするか、あらかじめ打ち合わせしておき、参加者の希望をもとに山桜に決まり。
IMG_8693
 
志賀さんが、下処理をしたグッズをたくさん用意してくださり、トートバック、エコバック、ストール、ハンカチなど、みなさんが好みの素材を選びました。触媒として鉄とミョウバンを用意してくださり、同じ山桜であっても、触媒が異なると色合いも異なるという「わあー」っという体験もできました。
ワインカラーのようなブラウン系。
オレンジがかったピンク系。
両方染める人もありました。

IMG_8695
シガセイサクショ の染め職人(?)でもある巧督(こうすけ)さんが、朝から染液の準備をしてくださっていました。山桜のチップを煮出し、濾したものが染液です。コーヒーのような色。
IMG_8720
白い素材を液に浸けて染み込ませます。

絞って、触媒につけて、


IMG_8743

もう一度染液につけて煮て温めると、しっかり染まります


煮出している間に、ランチを。
編集部のほうでシチューを用意しました(ご好評いただきまして、ありがとうございます^^)。

シチューです


煮出したものを、もう一度すすいで、干します。

IMG_8729


IMG_8745
志賀さんにもたくさん手伝っていただき、恐縮です。
11月とは思えないようなポカポカした天気で、水も空気も冷たくなく、気持ちいいワークでした。

干してます


お山を散歩させていただき、デザートにみかんの木から直接実をとって食べたり、志賀さんの完成した作品を見せていただき、おもわず欲しくなって購入する人が続出したり。お山ならではのワークショップを皆が楽しみ、草木染めを教わる以外のたくさんの幸せを感じることができました。

最後に功督さんがコーヒーを入れてくださって、ほっこり。


草木染めの発色は、秋の紅葉のように、晴れやかなのに鮮やかすぎずないやさしさがあります。
シガセイサクショ さんの服は、すべて規子さんがミシンで縫い上げたものが染めてあります。
 
ワードローブの一部に、手作りの草木染め服が加えることで
自然がくれるワンダフルな体験を、日々の暮らしの中に織り込みたいと思いました。


PS ここだけの話
今回のWSが好評であったため、冬に、市街地で、再び開催することになりました。
(お山でのワークショップは、11月を最後に冬の間は開催されません)
その時は、志賀さんの手作り服も少し展示していただけそうです。

今決まっているのは 1月17日(日曜日)ということだけ。
詳しく決まりましたら、FBやこのブログでご案内しますが、興味のある方はご予定をあけておかれますことをおすすめいたします(^^)。

みなさんにも草木染めのワンダフル体験をしていただけましたら嬉しく思います。

PSその2

まだ、まったくの思いつきにすぎませんが、来年から雑誌に関連した小規模なイベントを行っていこうかと考えています。上記の企画は、その第1回目になるかもしれません。これまでも、直接口コミでお誘いして交流する機会を持つことがありましたが、クローズなものがほとんどでした。これからは、読者の方や、未来の読者の方にもう少し来ていただきやすいような場を作れたらと。。。(どうしたらいいんでしょう??)
 
雑誌は、読者のみなさんと紙面を通じてつながるという、間接的で縛りのないところが魅力ではあるのですが、読者の方と直接出会ってみたいという思いが、じわじわとこの3年間の間に芽を出してきています。人と出会うことがどんなに素晴らしいことか、痛感しているのです。
 
ご購入を希望される方には、ネットでお申し込みいただくという面倒なご負担をおかけしていますが、イベントでは直接お渡しできます。
取材のエピソードや楽屋話などもお話しできたら楽しいのでは?

地域づくりは人がポイント。人と人が出会う化学反応から面白いものが生まれると、3年間の活動を通して肌で感じています。編集部も、そのための、もしかしたら小さな偶然をおつくりできるのでは?
もしそうなったら、この上なく嬉しいことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン さとびごころ vol.43ができました。

 43表紙

発刊後は、郵送する方、直接お届けに行く方などによって、少しずれがございますが
みなさんのもとへ旅立ちますので、よろしくお願いします。

お配り活動は、FBページでもお伝えしております。
できるだけ編集部の動きをお伝えできたらと思っています。


ありがとうございます!

志賀さんご紹介ありがとうございます

まだまだ、お届けしきれていない方もありますが、もう少しお待ちくださいませ。



奈良市に3箇所あります書店様へもお届けしました。
お店でご購入希望の方は、啓林堂書店奈良店さま、豊住書店さま、ベニヤ書店さまへどうぞ。


奈良市以外にも置かせていただける書店がありましたら
ぜひご紹介いただけないでしょうか。(担当者がすぐに参上します!)
書店が減っています。さみしいことです。
書店の棚で、運命の本と出会う、、、みなさんもご経験ありませんか。
書店は、人生を変える偶然が生まれる素晴らしいところ。
さとびを置かせていただけたらなあ。。。。 



その傍ら、、、冬号の準備も進めています。
また、バックナンバーのHPへのアップも、もうすぐです。

案外、ゆっくりしてる暇はないものですね(^^)



このエントリーをはてなブックマークに追加

連載 季節によりそう食養生 秋

IMG_0521


43号では、玄米のレシピが登場します。

玄米はいいと知りながら、踏み込めなかったり、挫折したことのある人にはぜひ読んでいただきたい内容となっております。


編集部内でも、「やっぱり玄米にする!」という声があがっています。(玄米を食べるなら、はやり有機栽培のものが欲しくなりますね)


今回の紙面では、写真が少し小さめになってしまいましたので、三瓶歌奈子さんに提供いただいたおいしそうな写真を、このージでもお楽しみください。このおにぎり、食べたいですね。天辺に少しだけ黒ごまがついているところが、なんとも美味しそう。玄米と黒ごまは、実によく合いますよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「風は奈良から」で取材したその場で体験したくなってしまった墨のワークショップへ、早速行ってきましたので、ご紹介しますー。 FBよりも、少し詳しくお伝えしますね。
IMG_1725


公式のご案内はHPでチェックなさってください。
https://kinkoen.jp/experience/ 


錦光園さんを訪ねたら、ぜひともチェックしたかったのがこちら。伎楽面をデザインした「香り墨」です。香るインテリアとしての墨ですが、もちろん使えます。使うのがもったいなくなりますが。

IMG_1729


墨は何からできているかご存知ですか。油(松油、菜種油、胡麻油、鉱物油などがあります)を燃やして集めた「煤」、接着剤としての「膠」、「香料」を練り合わせ、固めてじっくりと乾燥させたものが墨になるんですね。 


IMG_1730
 

そんな墨の歴史、製法などのお話をまずお聞きします。墨が伝わったのは飛鳥時代、国内で作られるようになったのは奈良時代だそうです。煤や、煤の集め方、香料などの代表的な種類も教わります。大量生産品は廉価な鉱物性の煤が使われますが、昔ながらの作りでは菜種油からとった煤がよく使われてきました。江戸時代の奈良は菜種油の産地でもありましたよね。

上の写真の中央に、蓋のある器が見えていますよね。この器の中で油を燃やし、蓋に煤をつけて集めるのです。大量に必要ですので、この器を100個くらい並べて煤を集めたのだそうですよ。

握り墨体験では、あらかじめ材料を混ぜたものを用意してくださっています。墨は工芸品でもあるなあと感じるのは、この木型。
IMG_1732
木型を掘る職人さんは、すでにもうあと一人しかいません(涙)。

木型で墨を固めると、このように凹凸が現れます。ねんどはサンプル。
IMG_1733
  

使う木型にあわせて重さを測り
IMG_1737

練った墨を木型にはめて加圧します。
IMG_1738

 
墨匠の手技を目の前で見せてもらったら、ワークショップでは、木型は使わず、自分の手で握ります。
実際に墨を練らせてもらえますし、握って成形し、世界にひとつだけの墨を作って持ち帰ることができます。

IMG_1747


IMG_1749


ここでご注意、持ち帰ってもすぐには使えません。墨づくりは、「じっくりと乾燥」が必要でしたよね。ですから、ちゃんと桐箱に入れてもらえますので、開けず触らずこのまま3ヶ月くらい自宅で保管してから使ってください。使わず記念にしたくなるかもしれませんが!。。。お店では、1年以上をかけて、ゆっくりと乾燥されます。

知的にも楽しく、見て香って触って体験するひととき。少し遠ざかっていた墨との距離が近づき、硯や筆が欲しくなります。興味のあるかたは、ぜひ!

予約制です(錦光園HPからどうぞ)

ここからは、特別に見せていただいた工房の様子です。公開されているユーチューブ動画に出てくるシーンも見せていただきました。ワークショップのある場所の奥に、錦光園の工房があります。みなさんにかわって見てまいりましたので、墨づくりの工程についても興味をもっていただければ嬉しいです。

IMG_1751

これは膠を温めて溶かすところ。膠は動物のゼラチン質。常温ではカチカチです。

IMG_1753
6代目のお父様と、7代目の長野さんが並んで仕事される場所です。墨色に染まった工房は、聖域とも言える場所。身がひきしまりました。
練った墨が冷えると、膠が冷えて固まってしまい、加工しにくくなるため、昔の職人さんは膝と膝の間に墨を挟んで保温しながら、必要な量だけ取り出しては木型にはめる作業をしたそうです。

IMG_1754

IMG_1755

木型から出したばかりの墨は、まだプルンプルンしています。形を崩さないように、水分をとり、乾燥させなくてはなりません。

IMG_1756

木の灰に、新聞紙をしき、墨を並べ、その上にまた新聞紙をしいて灰を置くことで、灰に水分を吸収させます。この灰は使い捨てにはなることはなく、乾燥させて繰り返し使われます。長野さんの灰も、先代から引き継いで使っています。廃業した墨屋さんから譲ってもらった灰も、まだ使わずに置いてあるそうです。

水分をとっただけは、まだまだです。棚に並べて1年以上をかけてゆっくり、じっくりと乾燥。
IMG_1758

上は、乾燥中の墨です。乾燥が終わったら、磨きます。シュロの束のような道具で擦ると、あら不思議と思うほどに艶がでてきます。昔は、磨く専門も職人さんもいたほど。

注目の伎楽面の墨も並んでいました。

IMG_1760

 すっかり墨ファンになってワークショップを終えると、マイ書道セットを揃えたくなり、和紙や筆などを購入しました。実は、、、こちらの墨と硯は長野さんからプレゼントしていただいたものです。ありがとうございます!ここに感謝を表します。

墨、硯、筆、和紙、下敷き、これだけあれば、なんとなかなるかな。(水入れや文鎮は省略)

IMG_1773


これらを、いつでも使えるようにセットして、今わたしの部屋に置いてあります。長野さんのところの墨は、擦るとき硯にあたる感触が柔らかで、墨色が出やすいと感じました。好みの濃さになるまで墨を擦ります。いい香り。心を整えるために墨をする人がいると聞きますが、わかる気がします。

水を多めにして、薄く滲んだ文字にするのも楽しいものです。

なにしろ、書道は全くの苦手ですので、これで年賀状や絵手紙を書こうなどとは到底思っておりませんけれども、これを機に墨の感触、筆の感触を日々の暮らしの中で楽しみたいと思います。

みなさんもいかがでしょう。墨カムバック。

そういえば、もう一人の編集部員も、筆を購入していました。もしや、彼も墨カムバックするのでしょうか。




このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校で習字を習ったとき、墨をすりましたか?それとも墨汁だけ?
 
墨が暮らしから消えつつありますが、奈良では全国の墨の9割以上が生産されており、全国に9つある墨屋さんのうち8つまでが奈良市内にあるのです。錦光園もそのひとつ。
 
vol.43(秋号)の対談連載「風は奈良から」では、ホストの三浦雅之さんからのご紹介で、東京から奈良にもどり錦光園 7代目を継承した長野睦さんをゲストにお迎えし、お父様が一度は廃業を決断されたところから始まった長野さんの取り組みについて、かなり踏み込んで(?)お伺いしました。
 


 
書道には、墨をするという心を整える時間があります。墨でしか叶わないそんな時間を、もう一度取り戻したくなる取材でした。

 


阿南セイコのメモ


実は、長野さんとは別の機会に以前にもお会いしたことがあり「握り墨体験」というワークショップ
も受けさせていただいたことがあったのですが、ゆっくりとお話をうかがうところまではいかずに時が流れておりました。

今回の取材で、奈良墨のことがより一層身近に感じられたこと以上に、長野さんのように思って家を継ぐ人がいるから奈良は続いていくんだということに心を動かされました(ネタばれするのは残念ですので、お読みいただければ!)


そして、あらためてぜひ錦光園という場所で、握り墨のワークショップを受けてみたくなったわたしは後日、錦光園を訪ねるのであります。それは、後の記事でまたお伝えしますね。

取材した場所は、雑誌では触れていませんが、錦光園さんのお隣にあるカフェ コジカさんです。三浦さんと長野さんはどちらもお酒にお強くて、どんどんお代わりをされていました(^^)コジカさん、遅くまで滞在してすみませんでした。おかげさまで取材を無事に終えることができました。
左から阿南、長野さん、三浦さん


 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日お伝えした記事の続報です。

自然に近い衣服を考える、次号の特集で、草木染めの服づくりをされているシガセイサクショさんを取材しています。

シガセイサクショさんは、葛城市に所有されている山の中で、草木染めの材料となるクリ、藍、オリーブなどを栽培されています。 
IMG_1538


人工林の多い山道の先に、別世界のようなガーデンが広がっていました。約10年前から移植してきた果樹やオリーブ、もともとあった広葉樹などが美しい景観を作っています。 
今は主にご主人が山の管理を。
そして奥様が、山で採取した植物から染めた服のデザインと縫製をご自宅でされています。

シガセイサクショ4

山の中で最も多く栽培されている樹木、オリーブ。


シガセイサクショ6

これが、あかねです。あかねは根を使って染色しますが、草はあまり知られていません。
もしそこにあっても気がつかないかもしれないほど、さりげない姿ですね。


シガセイサクショ7

畑で藍も育っています。シガさん流の藍染は、伝統的な方法とは少し異なっていて、
さわやかで明るいブルーに染まります。


こうした植物を紹介していただきながら、山を歩いてまわりました。



なぜ森を?
なぜ草木染めの服作りを?
シガさんの物語をうかがいました。
さとひごころ秋号でお伝えしますので、ぜひお読みくださいね。



取材中に、お手製のあんパンや加賀棒茶をいただいたり至福の時間を過ごしました。
 自分たちだけ、こんな思いをしてすいません!

シガセイサクショ1


実際に染色の体験もしました。栗(イガの部分の色を使います)を煮出して、トートバックを染色。

シガセイサクショ2

鉄分を含む水溶液(これが触媒)につけると、黒々とした色に変化しました。
シガセイサクショ3

左の、黒く見えているのが体験したものです(右は志賀さんの作品。同じ栗の液で染めていますが、触媒が変わると、このように全く違った色に仕上がります)。完全に乾いてからみると、いわゆるマロンブラウン色に仕上がっていました。大切にしますね。

シガセイサクショさんの山は非公開ですので、いつもの記事ように「ぜひ行ってみてください」とは言えませんが、編集部のコーディネートでワークショップをしていただけませんかと伺いましたら、笑顔でOKいただきました。興味のある方は、お声かけくださいね。











このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ