さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: さとびお取り扱い店

世間はお盆休みモード。
奈良市内は、観光客で賑わっています。
台風も近づき、中止になったイベントもあるそうですね。
今のところは嘘のように、いい天気です。

秋号(39号)の打ち合わせに、森のねんど研究所を訪ねました。

IMG_7098

あいかわらず、気持ちが安らぐ場所です。
IMG_7089

IMG_7088

IMG_7095

IMG_7097
私の大好きなおじいさんも、笑っていました。



今日はここでランチをいただきました。
IMG_7075

庭に面した場所に、キッチン道具が並んでいます。
IMG_7090

IMG_7070

こちらは、ホワイトガソリンでなく、安価な灯油で火を使えるように改造したのだそうです。
「災害時に、活かせるかなと思って」(みちやすさん)
いつ何時も、工夫すること、作ることが、好きな人。しかも、可愛く。

IMG_7094


 IMG_7093

ご飯が炊けました。カレーをいただきました。

森のねんど研究所には、さとびごころ やみちやすさんのコンセプトブックも置いてあります。

IMG_7071

森のねんどの物語は、さとびごころ とも相性のいいものです。
捨てられるはずの木屑がねんどになり、美しい作品に変わって価値を生み出しています。
木屑以外の素材もすべて自然素材なので
最後は土に還ることができ、一切の有毒物を出さない。


森のねんどづくりは、新しいマテリアルを開発することという目的にとどまりません。
森のねんどの物語の始まりから終わりまでが、
環境や自然と調和した社会のあり方をメッセージするもの。
適切な規模の経済を作り、やさしい社会へシフトしていこうという
提案がこもっています。

環境を汚すかわりに社会にいいことをしようというのではなくて
環境(自然)にも、社会(人)にも 優しさのあるメリットをうむ
あり方を そもそも 作っていくことが求められている・・・
というところでは、いつも話が合います。 

みちやすさんの作品が与える感動が
そんなあり方へ続く扉を開ける鍵の一つになったらと思いますし
さとびごころ もそれを伝える媒体になれたらと思います。 

森のねんどの物語、さとびこころでの連載は秋号も続きます。

http://森のねんど.com 





 







  

アンジュルさんDSC_2051

最近、お取り扱いスポットになっていただいたアンジュールさんから、「バックナンバーも置きたい」とおっしゃっていただき、届けてきました。

お店の中の、とてもわかりやすい場所に置いてくださっており、感謝にたえません。
写真の中で、34号と36号が抜けているのは、すでに旅立っていったからだそうです。

改めて、店主の曽我部咲さんに伺ってみると、SNSで見かけた表紙に一目惚れして、HPを訪問してくださり、内容も気に入ってくださり、お申し込みいただいたとのことでした。

これからは、23号からのバックナンバーをこちらのお店でご覧いただけます。場所は、近鉄学園前駅からすぐ近くにありますので、大変便利です。

この暑い時期のオススメの行き方は、北口を出て正面にあるショッピングモール「パラディ学園前南館」へ入り、渡り廊下を通って北館へ渡り、北館の出口正面にある道を渡ってすぐ右です。日傘なしで行けますよ。
道を渡るまでは、お店が見えません。入り口前まで行ってから、小さな看板が見えるのです。

昭和レトロな、感じのいいロゴですよ。
(純喫茶のイメージで作ったそうです。バッチリです)

「行列のできるお店や、予約で満杯のお店にならなくてもいいかなと思っているんです。見つけた方が来てくださったら十分だと思っています」と、控えめ。「一人一人のお客様に丁寧に対応していけば、きっと好きになってくれる方ができると思ってやっています」(近所の方が、ここが気になっていたとおっしゃって、次々とご来店されているようにお見受けしましたが)

好きだなあ。また行きたくなります。



さとびごころ は、編集関係者や取材させていただいた方、執筆いただいた方など、直接関係のある方を通して口コミをお願いしていますが、こうして、全くの外側からファンになっていただけるのは珍しいことでございまして、感動しています。

アンジュールさんのご紹介はこちら


8月中旬は、長期お休みされますので、ご来店の際はお確かめくださいね。



ある日編集部に舞い込んだメールは、「近々オープンする予定の雑貨とカフェのお店で取り扱いたい」という嬉しい内容でした。


そのお店が、今月2日にオープンされたばかりのアンジュールさん。できたてのさとびごころ を持って行ってきました。


 学園前駅の北口から徒歩直ぐの便利さです。パラディというビルの北隣にあります。学園前といえば、ビルばかりだと思っていましたが、パラディに隠れて、緑の多い住宅地がここのあたりだけ残っています。


住宅兼眼科の診療所だった建物の診療所部分を改修され、7月2日にオープンされたばかりです。眼科医のお嬢様であり店主である曽我部 咲さんから、オープンまでのいきさつを伺っていると、少し涙ぐんでしまった。。。

「こんなお店にお取り扱いいただけるなんて、幸せだな」と思います。


改修された空間が素敵です。

アンジュール
 

店主の咲さんは、学生さんと見紛うほどの可愛らしい方でした。
アンジュール1
5歳のお子さんがいらっしゃいます。

窓辺でコーヒーをいただきました。
アンジュール3

店内には、眼科医のお父様がお使いになっていたレンズケースや薬棚も。
アンジュール5
アンジュール2

かわいいブローチを見つけました。
アンジュール4

バックナンバーも閲覧できるようにしてくださるそうです。
ありがとうございます。

営業時間や地図などはこちら。

学園前駅北側パラディ―北隣,jpg

 改修されたのは、国産材・県産材を使った木の住まいを設計されるフロントデザインさん。建築家の岩城さんは、偶然にも、明日の奈良の森を考える学習会(「あすならもりだより」として、さとびごころ に連載中)でもしばしばお会いする、お知り合いの方でした。
フロンドデザインさんのブログから、改修のステップを見ることができます。
「おうち好き」の方! ご覧になりませんか。

秋まっしぐらですね。
日が暮れると窓の外から
虫のなきごえが聞こえるようになりました。



さて、奈良市ならまちにある、キャッシュレス無人書店、
ふうせんかずらさんをご存知でしょうか。
8月のオープン以来、たちまち話題になっています。

http://narabook.space/

こちらのお店で、さとびごころを
お取り扱いいただけることになりました。

このような素敵な場所で、誰かがさとびごころに出会っていただけたら
このうえなく嬉しいのですが。。。


ふうせんかずら1


ふうせんかずら2

また、ふうせんかずらさんでは
レンタルスペースとしての受付けも始まっているそうです。
そのお知らせとして、使われていた写真が、これ、これですよ。

ふうせんかずら3

なんということでしょう!! このように厚遇していただいたのは初めてです。

机の上にある3冊は、さとびごころですね。ですよね。
ふうせんかずらさん、ありがとうございます。
ここで、何かみなさんと集えるようなことができれば、、、、と
妄想癖がでてきます。

早くTさんにお会いしたいです。

さとびごころでは、お取り扱いいだけるスポットを募集中です。
5冊〜買い取り。
10冊〜買い取りまたは委託。
卸価格 400円です。(2018年9月現在)

書店様だけでなく、会社や喫茶店、小商い、個人様からのお申し込みも大歓迎。
さとびごころを読みたいな、応援したいな、
と思っていただける方がいらっしゃいましたら、
ぜひとも、よろしくお願いいたします。

http://satobigokoro.org/contact

にて、ご連絡をお待ちしております。

仲間のぶんもいっしょに買おう〜。なんて、いかがでしょう。


自然にも人にもやさしい奈良を。
さとびごころ秋号、鋭意制作中です。
みなさま、どうかよろしくお願い致します。



ぷろぼの食堂


さとびごころは流通を通っておらず、販売している場所も非常に限られております。
一般の方にお買い求めしていただきやすいのは、やはり書店など
店頭に置かれているところかと思います。


少しずつ、そのようなスポットができてきました。

まず、創刊当時からお取り扱いくださっているのが豊住書店様。
〒630-8214 奈良県奈良市東向北町25
0742-22-8500


最近お取り扱いが始まったのが、啓林堂奈良店様。
〒630-8225 奈良県奈良市西御門町1 浅川ビル
0742-20-8001

そして、
27号の特集のご縁で、お取り扱いくださるようになったのが、とほん様。
〒639-1134奈良県大和郡山市柳4丁目28
080-8344-7676

つい最近始まったのが、ぷろぼの食堂様。
〒630-8115 奈良県奈良市大宮町3丁目5-41 ぷろぼの福祉ビル1F
0742-81-3335

また、発行元にご連絡いただきましても
お送りさせていただきます。
http://satobigokoro.org/
(トップページ左下のほうに、フォームがあります)



創刊当初は、お知り合いの方にサンプルとしてお渡しするほうが多かったのですが、
このごろは「どこで買えますか」とお声かけいただくことがあり
「え、買ってくださるんですか!!」と内心驚きながら(?)
編集局へのお問い合わせをご案内しています。

そんなとき、このお店で買えますよ、とお伝えできるのは嬉しいことです。


それにともなって、責任も増すと思っています。
ゆっくり成長するさとびごころですが、どうか応援していただければと。。。

↑このページのトップヘ