さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

カテゴリ: さとびお取り扱い店


vol.45が出来上がりますと、お届けや発送の活動に入ります。
原則ですけども、お取り扱いスポットや定期購読、サポーター様へ第一弾。
お世話になっている方々へが第2弾となることが多いです。
その間に、直接お届けする方々がいます。これは発行時のスケジュールの都合によって、お届けしたり発送したりが随時変わってきます。

ここ数日は、お取り扱いスポットやサポーターになってくださっている方を訪問しております。 

まめのんき(お取り扱いスポット)

前の号(vol.44)の特集で倉本酒造さんを取材・執筆してくれた田村ゆきさんのお店「都祁の自然食品屋まめのんき」さんが出店しておられる 「大和高原ひのでマーケット」(毎週金・土日営業)には、バックナンバーが揃っています。
IMG_2954
元美容室だった空き店舗を、住民の方とともに改装して地域の交流&ショッピングスポットとして改装が進行中。木の壁に変身している最中です。「さとびごころ」って、POPを書いていただけて、嬉しいです!

接客中のゆきさん。
IMG_2955
大和高原は茶所だけに、いろんなお茶が並んでいます。お茶だけでなく、豆から挽いて淹れてくださる本格的なコーヒーが100円ですよ。
100円!!!! ありがたい。陶芸作家米田みゆきさん作のカップでいただきました。
そして、まめのんき名物コロッケ。オーダーしたら揚げてもらえますので、熱々のホクホク。80円。

IMG_2957
食べるべきです。

そうこうしてる間に、vol.40の特集「持続可能家族農業」でご紹介した羽間農園の羽間一登さんも、コロッケをお求めに。偶然の再会に喜びました。そしてさとびもご購入(カンパです、ありがとうございます)くださいました。息子ちゃんの元思(もとを)ちゃんも一緒。
IMG_2958
 今までは警戒され泣かれまくっていましたが、今回はぎりぎりカメラ目線を頂戴いたしました!
IMG_2959
追伸 取材時のもとくん。(記事中の写真右は妻の瞳さん)
IMG_2964





竹西農園遊茶庵(サポーター)


大和高原つながりで、田原地区にあります竹西農園さんもサポーターです。以前の投稿でランチをご紹介しました。その時いただいたほうじ茶の炊き込みごはんを再現したくて、お茶を買いました。
IMG_2953
日本茶カフェ「遊茶庵」に併設されたショップで購入できます。
春らしいディスプレイ。コバノミツバツツジでしょうか???(あてずっぽうです)
IMG_2952
農園を案内する展示用のパネル。
IMG_2951
 
いつもフラットに接してくださる竹西多香子さん、サポーターになっていただいています。ありがとうございます。
IMG_2949



ARCH Shorenji(サポーター)



大和高原から少し(車で30分ほど)足を延ばすと、名張市のカフェARCH Shorenjiさんがあります。スイーツとかき氷が人気!甘いものが普段はあまり得意でないわたしも美味しくいただけるスイーツを楽しみに、お届けに行ってきました。
IMG_2960
オーナーの玖村さん、カメラを向けるとさっと本誌を持ってくださるのです。
IMG_2962
イケメンの元ラガーマン(マスク中ですが)。現在は映像制作のお仕事もされています。この一年、コロナのことがきっかけとなってお店の移転や新しい事業のスタートなど激動でした。でもアスリート出身のガッツとコピーライター出身のクリエイティブ力で、ご活躍です。さとびごころも見習って、もうちょっとガッツを出していかないといけないな!思わせていただいております。

玖村さん「VOICYって知ってますか。ユーチューブに変わるのでは?と言われている音声メディアです。動画って、何かしながらっていうのが向いてないけど、音声だけなら聴きやすいと人気がでています。
阿南さん(部員のほうです)、釣りの話をしゃべったら、『24時間釣りに浸りたい!』という人が聞かれるんじゃないですか???」

VOICY、知りませんでした。部員に検討してもらいます!


アトリエ宝来(サポーター) 


また、最近とてもおしゃれなHPを開設された アトリエ宝来さんも、サポーターです。運営会社ソルナクリエイト社長の大川さんは奈良の事情にもお詳しく、勉強させていただいています。
クールな雰囲気なのに、どうやらハートはめちゃ熱い方なのではないかと、思い始めています。
部員とは、釣りの話でも盛り上がります。。。
アトリエ宝来大川さん
アトリエ内に置かれた丸太のスツールは、背もたれのようなハンドル付き。これなら移動も楽ですね。

奈良市内に山林を所有されており、次の世代のことを考えるとどうしたものか…とのことでした。
山林所有者の方の共通のお悩みです。大川さんは放置せず、草刈りをしたりわらびを植えたり、何か活用を模索されているようです。「炭焼きを取り入れてはどうでしょう」と話題にしましたら、「面白いね」とのことでした。こんな会話から、何か可能性につながるといいなと思います。

もうしばらく、お届け活動は続きます。お届け先のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。お会いする度に、いつも何か学びがあり、充実したひと時をいただいています。それが明日のさとび作りになっていきます。




次号(vol.46 夏号)の準備にも取り掛かっていかなくては。
春らんまんから、初夏へと季節も移っていくでしょう。
時間の流れ方が早すぎて、あっという間に高齢者になりそうで、わたしはあと何ができるんだろうと焦ることもありますが、ライスワークもライフワークも、地道に取り組んでいくのみです(^^:)







 




 





このエントリーをはてなブックマークに追加

21-0413-ベニヤ書店様
奈良市内周辺の書店様に45号をお届けしました。
写真は、ベニヤ書店様。

お届けの際に、前の号の清算をさせていただくのですが、
44号(特集 地酒で味わう奈良2)は、よく売れたそうです。
ベニヤ書店様、「わたしも一冊欲しい」とおっしゃってくださいました。
ありがとうございます!
やはり、日本酒は人気があるのでしょうか。

人気を狙う柄でもないのですが、、、人気にあやかって
水源地や田んぼのこと、農のことなどに
関心を持っていただけたらというのが編集部の願いです。

今度の特集はどうかな? 
どんな方が興味を持ってくださるのかな?
「のめり込んで読んでしまいました」と、おっしゃってくださる方がありました。
こんな記事を目にする度に、力をいただいています。

45号読者様より

 
  
ぜひ、お手にとってみてください。  

書店様でのご購入は、定期購読でなく、好きな号だけ買いたいという方におすすめです。


啓林堂書店奈良店様(近鉄奈良駅すぐ)
豊住書店様(東向北商店街)
ベニヤ書店様(東向北商店街)

宜しくお願いします。

vol.45はただいま発送の準備中です。
お早く届く方、直接お届けに伺う方、少しお時間をいただく方があると思いますが
月末までには行き渡るようにしますので宜しくお願いします。

(発行日を過ぎてから行き渡るというこの習慣を改善したい。次号こそは改善したい)  






このエントリーをはてなブックマークに追加

アマテラスさん

パワースポットとしても知られる大神神社のすぐ近くに拠点を持ち、
ベランダ発電など、エネルギーの小さな自給の実践と普及活動をされている
ア・マ・テ・ラ・ス の寺前さんからご連絡いただき、
44号からお取り扱いしていただけることになりました。
IMG_2512

写真がぶれました。。。。ごめんなさい。

寺前さんは、4月24日に開催されるアースデイの実行委員長もされてます(大役!)。


今年はさとびごころも協賛させていただくことにしましたよ。

100年、、、とか?キーワードも重なってますね(^^)

アースデイのときに配布されるパンフレットのどこかに
さとびごころのロゴが掲載されるでしょう。
アースティにお越しになるような方の目に
止まると嬉しいなと思います。


NOTEもされてます。
太陽の光の恵みであまねく照らす、、、そんな願いがこもった屋号ですね。

note 始めました。よろしければサークル「日拝倶楽部」にご参加ください。 https://note.com/369amaterras

ア・マ・テ・ラ・スさんの投稿 2020年6月20日土曜日
このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころを書店でお求めになれるのは、
近鉄奈良駅周辺のこの3店です。

たまたま出会ってくださっても嬉しいですし、
毎号その店で買うことにしている、、、という方もあるようです。

まず駅から一番近いのが啓林堂書店奈良店様。
啓林堂書店様
 
特集に登場の登酒店さんをご存じだそうですよ。


駅から北へ、信号を渡って東向き北通りに入っていただくと、豊住書店様。
豊住書店様
いつも路面に置いてくださっています。本当にありがたい!!
これまでのさとびは薄すぎて、縦に置くと前にタラリ、、、となりがちでしたが
今回からすこしシャンとしましたので、見つけてみてくださいね。

そして、豊住様から奥へ進んだところになるのがベニヤ書店様。
「いつも買いにこられる方がおられます」とお聞きしています。
どんな方なんでしょう?ありがとうございます。
ベニヤ書店様

伝票を記入している A が写っていますね。
こちらも路面に置いてくださっています。ありがとうございます。
居並ぶメジャーな雑誌の合間で、恥ずかしそうな佇まいだなあと、いつも思います。
ベニヤ書店様2
特集に登場の王隠堂様をご存知だそうです。

「あ、知ってる人が出てる」というケースが珍しくないのも
ローカルマガジンならでは、です。
なんだか嬉しくなってきます。

さとびごころってどこで売ってるの?と聞かれたら
ぜひこちらの書店様をご紹介くださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡本みちやすさん。
今や、奈良ではすっかり有名なのではないでしょうか。
森のねんど、という吉野杉箸の廃材から生まれる木屑を粉にして粘土にした素材で、人形を作ることで森(=自然)を生かした社会の価値をメッセージして いらっしゃいます。
作品を見るだけでも、それは伝わってきますが
実際にお話をさせていただき、森思い・自然思いと知ってからは「これはさとび的!」と、ずっと連載させていただいます。
初掲載は、当オフィス阿南セイコがさとびごころのメジャーチェンジにとりかかった思い出の号、21号

21contents-main

なつかしいです。
ロゴも変更し、フルカラーにするなど、少しでも読んでいただけますようにと頑張っていました。
その目次をかざる写真として、21号からみちやすさんの作品を紹介するようになりました。

この時の特集「100年前の奈良」は、今読み返しても面白く、また再編集してとりあげてみたい気持ちが湧いてきます。)

2018年、当オフィス発行になった32号からは、「森のねんどの物語」という連載になり、いっしょに記事作りを始めました。それからお互いの性格?もよくわかり、本音トークがしやすくなっていきました。
話していて盛り上がるのは、いつも「もっと自然に沿った世界をどうつくるか?」みたいなテーマになってしまいます。。。
satobi32-2-3
32号みちやすさんの連載ページ

今年の春、「森のねんど研究所」(大和郡山市井戸野町)がオープンしてからは
この場所のいろんなシーンをご紹介する「森のねんど研究所から」という連載を始めました。
それも、次号でまたひとつの区切りを迎えます。
春からは、どう変化するか楽しみにしていただければ(^^)


記事づくりのためもあって、定期的に研究所(という名のみちやすさんの工房であり、常設展示場であり、接客空間でもあります)を訪ねます。ここでの、わたしたちの会話も編集して公開したら、なかなか面白いコンテンツになるかもしれません(^^)(読みたい人がいるかは謎ですが)

 

今回は、みちやすさんはまるで大正ロマン風にイメチェンされてまして。
いつもはカジュアルなスタイルですが、このごろは着物がお気に入りだそうです。

焚き火テーブルの火は火打ち石でつけてくれました。


過日の訪問者さん(この方もさとび関係の方でした)から差入れのあった里芋をゆでて、あぶって、ちょっと飲みました。

みちやすさん


そばにあるもの、置かれたもの、飾られたものが、いつもながらいい景色です。

EC074529-73AF-4382-8BDE-0573935E8714

みちやすさんが手にしているびんに入っているのは(写真上)
ねんどで造形するときに欠かせないヘラ。
必要なものが、美しく置かれている、、、、このセンスはどうしたら吸収できるのか、
いつもそればかりを思います。

次回の記事は、(変更があるかもしれませんが)森のねんどバー。
研究所内にバーを開くのがみちやすさんの小さな夢です。(大きな夢もたくさんありますが)

候補地(空間)はこちら。
2B00838B-1820-4F5D-8C02-BD0C53D6B252
  
  すでに、カウンターがそれらしき雰囲気を作り出しています。

みちやすさんのつくる造形を通して
言葉や理屈を超えて、「大切にしたいもの」「かけがえのないもの」が伝わっていきます。

本誌との志も似ていますので、これからもなにかいっしょにやれたらなあと思います。

次号のさとびごころは44号、来年1月10日発行の予定です。 





このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。100年住み続けたい奈良のための地域づくりローカルマガジン「さとびごころ」を編集するさとびこ編集室です。



今年オープンされ、さとびごころのお取り扱いスポットになってくださった
ひのでマーケットさん。さとびもマーケット体験させていただいたところです。
https://www.facebook.com/大和高原ひのでマーケット-577641285654120/

オープン早々に、お取り扱いの件でお声かけいただきました。ありがとうございます。

針インターチェンジから近い場所(奈良市針町2514-1)にあります。


大和高原ひのでマーケットは、大和高原で生まれたおいしいもの・すてきなもの・たのしいことを発信するお店です。 つくり手さんのかおが見える、ヒトとヒト、ヒトとモノ、ココロとココロをつなぐ、のんびりほっこりマーケットです。



ひので1

ちょっと話がそれますが、編集部あなんは、「TE toTEプロジェクト」というものも、ひっそりやっておりまして、(次の開催はかなり先の予定ですが)そのコンセプトが
作り手と使い手が出会って信頼関係になっていくことを目指しているんですけども
それ以来「作り手」とか「使い手」とかいう言葉に反応します(^^)

いい言葉ですよね。メーカーとか、作者とか、消費者とかいうよりも、
ぬくもりを感じますね。

ひのでマーケットさんも、「つくり手さんのおかおが見える」マーケット。
人の縁や大和高原地域の希望、楽しみを生み出したいという気持ちで
運営されているのが感じられる場所です。
こんな場所で、さとびもぜひ、買ってください(^^)

この場所で、あさって11月29日に、ほっこり確実なイベントがあるんです。
身内企画で申し訳ないのですが、阿南遼介(阿南家長男)という歌うたいに「歌ってほしい」とお声かけいただき、出演をコーディネートしまして、ちょっとしたライブをしてもらいますのと、

ひので2
 
アマゾンで視聴 -Gypsy-SunnyDays
アマゾンで視聴 Thumbnail

これまた身内企画で申し訳ないのですが、阿南雅昭(阿南家隊長)が
ワンデイシェフ(シェフという言葉が似合いません!)をします。
「阿南家食堂」です。隊長は、オファーがあると張り切って料理を作る習性がございます。
メインメニューは、自家菜園で収穫した大根を使って「おでん」。

ひので3-大根を持つ阿南隊長

夫婦二人で畑を耕し、虫から守り育てた人生初収穫大根です。

編集というと、机に向かってキーボートやマウスをさわったり
窓に向かって「うーーーん、どうしよう」と考えたりする時間のほうが多く、
時々体を使って何かしたくなります。

イベントのお誘いをいただくのは大歓迎です。

会場は広いところではございませんので、若干閉じつつ開くイベントであり、
大規模な告知もございませんが、もし奇跡的にこの記事をごらんになった方がありましたら
ひのでマーケットさんに、ぜひどうぞ、おいでください。
多少なりとも、阿南家と接点のある方でしたら
いつものように楽しいひとときをお届けできると思いますし、 
初めての方でも、アウェイ感がないようにお迎えしたいと思っておりますので
お気軽にどうぞ。

阿南家食堂は、準備の都合上、予約制です。きっと、おいしい、はず!
ひのでマーケットさんにご予約くださいませ。28日までのご連絡であれば対応します。
さとびのブログにそう書いてあったとお伝えください(^^)


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


前回の記事「マーケットに出かけてみる」を体験してきました。

まず、誘われるがままに参加したところ、不明だったことが整理されました。
主催は、「ひのでマーケット」さん。そしてこの日のイベントタイトルは
「ハンパモノ市」ということです。

さとびも、立派なハンパモノ?と認めていただいたようです(^^:)
お誘いいただいたのが、マーケットの運営者でもあり、出店者でもあり、
さとびごころのお取り扱いスポットでもある「まめのんき」さんということで
ご機嫌よろしく行ってまいりました。




あいにくの雨模様からのオープンでしたが、
主催者さんの日ごろの信頼関係のたまものか、一人また一人と
途絶えることなく訪れる人があり、
小さなマーケットは、あたたかい会話が溢れて、賑わいました。
いつしか雨もやみました。

さとびは、陶芸作家の木村あかねさんのとなりに
スペースをいただきました。
ひので2



ひので3

 イベント後は、お店でそのまま販売されるようですので、ぜひのぞいてみてください。

その他のスペースにも、服、コーヒー、雑貨など気になるお店が並んでいましたが、
そっと遠くから見てるだけだったりして、、、次回からはきっと、お話しに行こうと思います。

なんと、さとびを知ってるとおっしゃる方や、お買い求めいただく方もありました。
また、知り合いに偶然出会うこともしばしばで。
きっと、まめのんきさんとさとびはもともと、近しいゾーンに存在しているのかもしれません(^^)

イベントの最後のほうで 羽間農園(vol.40 特集で取り上げさせていただきました)さんもいらしてました。


マルシェといいましてもいろいろな種類があり、大規模なものや長い行列ができるものなどもあります。
今回は、ひのでマーケットさんという小さめの店舗内で行われた小さめのマーケットでした。
そのぶん、口コミで集まった人たちが知り合いが多く、なごやかな空気。
この、人が交流することのほうに意味のあるマーケットなのだと思います。(もちろん、売り上げもあげてほしいんですけども ^^)

高齢化の進む農村地帯に、なごやかな賑わいスポットが生まれようとしています。 

このマーケットは、当面のところ、金土の二日間の開店だそうです。
針インター方面にお出かけの際には、よってみてくださいね。

地図の乗っているイベントチラシを
もう一度、アップしておきましょう。

はんぱもん ひので


PS   さとびごころ編集長 阿南セイコの 阿南家からのお知らせですが、
    11/29 にこちらで、「阿南家食堂」という企画をやります。
    口コミであつまって、食べたり飲んだり、ライブを聞いたりというものです。
    定員に限りがございますが、そんなに人が殺到することはないと思われますので、、(たぶん)
    お近くの方、お時間のある方はどうぞ。
    お問い合わせはまめのんき様まで(HPに問い合わせフォームがあります)。
   
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

森のねんど造形作家の岡本みちやすさんの拠点、「森のねんど研究所」にvol.42をお届けしました。
いつも夢を語っているみちやすさん。夢の世界観が本誌とも通じるところがあり、連載をお願いしています。
vol.40(2020.winter)から連載している「森のねんど研究所から」では、日々変化しながら、様々な表情の空間が生まれていく様子をご紹介しています。
この日は、ズーム配信の試み中。いつにもまして、美しく空間コーディネートされていました!
115995956_646249849322081_802518155161230794_n
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポニーの里ファームさんへ

vol.37のコンテンツ「人工林の皆伐跡地に、広葉樹の森を育てよう『木の恵みと生きる陀羅尼助の郷、天川村の豊かな未来』プロジェクト事業」の記事で、紙面に登場されたポニーの里ファームさん。

この記事がご縁となって、本誌を快くお取り扱いくださるようになり、編集部は大変喜びました。

そして遅まきながら訪ねたのが今年1月。キハダの苗づくりが始まっていました。(詳しくはvol.37 12ページをチェックしてみてください^^)

ポニー2020.01
こちらでご覧いただけます

あれから半年。再び訪ねてみると、ハウスの中で生き生きと、所狭しとキハダが育っていました。

IMG_0946

もう少し根がしっかりと張ってきたら、天川村のプロジェクト予定地に植林されるとのことです。

このプロジェクトのことは、vol.37・38と連続で、奈良県森林総合監理士会代表の杉本さんにご紹介いただいていますが、今も、しゅくしゅくと進行中ですので、またおりを見て、お伝えしたいと思っています。

ポニーの里ファームさんは、薬草の里高取町で薬草の6次産業化、農村健康観光ツーリズム、農福連携をキーワードに、トウキの栽培やキハダプロジェクトに取り組んでいらっしゃいます。薬草はさとびにとっても大切にしたいテーマ。いっしょに企画する記事が、来年にはお伝えできる予定です(さとびの記事は、半年から1年くらいかけて熟成してお届けしております^^;)。どうぞ、お楽しみに。保科さん、お時間をいただき、ありがとうございました。

IMG_0945

追伸:キハダをインテリアプランツとして連れて帰りたくなったのですが、我慢しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

喫茶と雑貨 アンジュールさんへ

IMG_0925

さとびごころをお取り扱いいただいてるお店です。
カレーやキッシュなどの軽食もあります。
IMG_0929
店主の咲さんがセレクトされた雑貨も並んでいます。

IMG_0926
IMG_0928

こんなテーブルで話をしていると、時間のたつのを忘れそう。
IMG_0930
週に4日(火・水・金・土)のオープンです。

https://www.instagram.com/unjour_k_z/?hl=ja

実は、さとびごころ41号の10ページにも、窓枠のあるカウンター席が載っていますよ。見つけてください(^^)

あなんのつぶやき-------- エルインクという存在が無に等しい個人事務所から、さとびごころを発行するようになった頃、 突然知らない方から「さとびごころを取り扱いたい」とのメールをいただいた時の驚きと喜びを今でもよく覚えています。それがアンジュールさんでした。 
http://satobi.blog.jp/archives/1075211173.html

その時すでにvol.41号の特集は「自然にも人にもやさしい家」と決めていて、岩城さんにも取材をお願いしたいと構想していた頃。。。偶然にも、アンジュールさんも岩城さんの設計(リノベーション)によるものであったことは、なおさらご縁を感じました。 年齢不詳のかわいらしい店主の咲さん。本当にお花が咲いているような存在感の女性です。 学園前駅から徒歩すぐの、便利な場所にありつつも、窓の外は全部緑でカバーされており、静かで、落ち着ける店内。ご近所の方を中心に、愛されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ