さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: 記事の紹介

編集部が協力させて頂いております「明日の奈良の森を考える学習会」通称あすならもり。
毎号、あすならもり便りとして、奈良県森林総合監理士会会長の杉本和也さん(さとびごころ のライターでもあります)にレポートを連載して頂いています。
あすならもりの始まりについては、さとびごころ バックナンバー33号に掲載されていますので、よろしければお読みください。下記を含む39号までの便りは、こちらからお読みになれます。

satobi-33-20-21



回を重ねること13回の2月9日、奈良が誇る林業家であり、全国で森づくり・地域づくりの講師として活動されている岡橋清隆氏を満を持してお迎えしました。

岡橋清隆様


杉本さんによる、一足早いレポートが同会のブログにアップされています。

第13回 明日の奈良の森を考える学習会  明日の奈良の森を考える学習会もおかげさまで13回を迎える。今回は、奈良県が誇る「壊れない道づくり」でお馴染みの清光林業相談役の岡橋清隆さんにご講演をお願いした。現在の林業や森林所有者や林業に従事しているものを取り巻く状況、何よりも大切な持続可能な森林の維持。そんな貴重なお話をいただいた。山檀那と呼ばれる家系の岡橋さんが「私の人生も残り少ないが、私はこれから山守になる」と宣言された。日本各地で若い担い手に森を守り森林資源の価値を上げるための道づくりを布教されてきた岡橋さん。本当に心打たれる良いお話が山盛りでした。遠方より多くの方々もご参加いただき本当にありがとうございました。 (杉本)



岡橋清隆さんが元所属されていた清光林業は、奈良県の大規模山林所有者でありながら自社林を管理し(奈良県では山を管理するのは山主から委託を受けた山守が行うものであり、山主自らが森林管理をすることはイノベーティブなことでした)、未来を見据えてヘリコプター集材に頼らない壊れない道づくりに取り組み、やがてその道は奈良型作業道と呼ばれるようになりました。その時から、道づくりの現場に立ち、今では後進の育成にも尽力されているのが岡橋さんです。

岡橋さんの息子さんである一嘉さんも、同じ道を進み、今では起業されています(株式会社アルベロクオーレ)。

さとびごころ が清光林業時代の一嘉さんを取材した記事がこちらです。

道を作るのに支障となる木にも価値を置き、土、水、草を生かし、山を傷めずに、収益を生む林業のあり方に強く共感して取り上げました。
全国的に進んでいる皆伐型の林業とは異なります。

を下の方へドラッグしていただくと、もう少しクリアな記事があります。
 
編集部あなんも、谷林業谷茂則氏のお引き合わせで岡橋さんとご縁をいただき、少しゆっくりとお話させて頂いたことがあります。山主でありつつ森林を直接管理することは、初めの頃は周囲の理解を得られなかったということでした。今では山守の数は激減し、昭和時代のような純然たる山守制度は崩れています。そしてその中で、谷さんのような次世代山主が明日の奈良の森を模索し、答えのない問いに向かって奮闘中なのです(さとびごころ ではこれを見守りたいと、連載して頂いています=十四代目林業家ドタバタイノベーション奮闘記)そして、奈良県森林総合管理士会とともに「明日の奈良の森を考える学習会」をスタート、この取り組みに今少しずつつ共感が広まりつつあります。

次号(vol.41 2020 spring)では、今回のあすならもりのことも取り上げますので
森愛ある皆様、ぜひご注目ください。 







パーマカルチャーという言葉、この頃耳にすることはありませんか。
パーマ=いつまでも
カルチャー=文化

*パーマカルチャー:永久の、持続的なと農業及び、文化を合わせた言葉。自然と共生する自立的かつ持続可能な暮らし方、またその仕組みづくりの手法や哲学を表す。農的暮らしを基盤に、農林水産、建築、環境、福祉、健康、地域作りなど、暮らしに関わる多岐の分野を領域とする。


 農山漁村文化協会(農文協)から1993年に こんな本が出版されています。
『パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン』
パーマカルチャー:ビルモリソン他
今から27年前にすでに提唱されていたこのような考え方は、一般化するというより先進的な人たちの間で広まるにとどまっていたように思います。日本はバブルの残像の中にあって、お金に夢中でしたし、農的な暮らしから都会的な暮らしへ塗り替えていくことの方が重要視されていました。
 
けれども、はやり3.11以降でしょうか、多くの人が目を覚ましたように、中でも未来を担う若い人たちが自然の尊さや社会の歪みに気づき始めました。どうすればいいのか?どうありたいのか?その鍵は農的暮らしに?

そんなことを考えているとき、それを本気で実行しようとする若者たちに出会いました。それが小野夫妻です。

信じた通りに行動してみよう、学びながら、自分の手で理想の暮らしを実現してみようとする姿を見て、連載をお願いしたのです。彼らは地域おこし協力隊として下北山村に住むことを決め、一つ一つ、ビジョンを形にして来ました。

ラッキーなことに村からの勧めもあり、ゲストハウスを運営することに。それは 夫妻の名前(ハルマサ&ハルミ)からとって、ハルバルと名付けられました。野菜を育て、鶏を飼い、ゲストハウスの隣接地には、セルフビルドのカフェも(本当にセルフで!)建設しています。

あたらしいあり方を求める二人を受け入れた村の度量にも注目です。

vol. 39で最終回を迎えた連載「今日も晴々小野暮らし」では、世界の各地を旅した経験や村で暮らす日々を綴っています。全回まとめていますので、ぜひお読みください。 


今日も晴々オノ暮らし

そして地域おこし協力隊の任期を過ぎても村を拠点として活動を続ける二人に会いに、ぜひゲストハウスハルバルを訪ねてみてくださいね。

48244229_511045992715893_3933963973237407744_n


小野夫妻
 

オノ暮らしHP

デザイナー皆川明氏のブランド 「ミナ ペルホネン」が提案する心地よい暮らしの店が南青山にあるcallです。
そこに奈良の福祉施設が作る「こっから豆腐」が並んでいます。
こっから豆腐




一見つながりにくそうな 二つの要素の隙間を埋めるため、編集長あなんが事と次第を聞いてきました。

社会福祉法人こぶしの会が運営するコミュニティワークこっからの、ありのままでありつつ、一歩前を目指して勇気を出した物語。

常務理事の古木氏とは旧知の仲なので、身内感満載で恐縮ですが、さとびつながりの気のおけなさと思ってお目こぼしください。

法人の名前は「こッから」で、豆腐の名前は「こっから」です。校正のとき、注意しました!
読んでいただけたら嬉しいです。そして、こっから豆腐、美味しいので、お見かけになったら食べてみてくださいね。




取材のとき、豆腐を買いました。豆腐を製造するだけでなく、商品を包んでくれるのも、清算をしてくれるのも、「仲間」です。それはそれはゆっくりと、だけど間違えずに、やってもらいました。
取材でお世話になった職員の田村さんが、それを見守ります。
これは、商売ではないのだなあと思いました。豆腐工房は、ちゃんと商品として認めてもらえてcallさんに並んでいるけれど、製造や、消費者との対面は、「福祉の現場」なのでした。市場(社会)と、福祉の現場をつなげる時に、どうしても必要になってくる部分を職員さんがフォローされています。
豆腐職人になって、美味しい豆腐を届けて、社会とつながり貢献することは、健常な人にとっては就職かもしれないけれど、「仲間」たちにとっては、もっとそれ以前の、、、存在証明。その支援を仕事として選んだ職員さんたちの力は、黒子となっていて表には見えてきませんが、大切な要素です。

奈良で活躍するフォトグラファー、都甲ユウタさん。
全国誌からローカルな媒体まで広く活躍されています。
都甲ユウタさん
(写真はFBページからお借りました!)


淡水魚好きを自称されており、さとびのアーカイブも読んでくださっていたそうです。

「奈良の文化と生物多様性」近畿大学の北村忠生先生に書いて頂いてた連載
(主人公はニッポンバラタナゴ)



そんな都甲さんに、淡水魚愛を書いてもらうと連載をお願いしたところ、相談されたのは「息子のことを書いてみたい」というものでした。
記事にあるように、都甲さんの息子さんには発達障害があります。都甲さん自身は、それを極端に心配したり気に病んでいるのではなく、親としてともに育っていこう、そして愛情を持って見守っていこうという気持ちなのですが、原稿として書くには戸惑いもありました。

発達障害のあることを、今ではオープンにする人も増えてきました。
けれど、隠す親御さんやご本人もいらっしゃいます。
一口に発達障害と言っても、様々なケースがあり、一括りに語ることはできません。
深刻な悩みを抱えている人もいます。
それは、障害の内容や周囲の人との関係性によっても変わってきます。
軽度な場合は、周囲に分かりにくく、それゆえの生きづらさが生まれることもあります。
隠したい人には、その心のままにそっと寄り添いたい。
オープンでいこうと思う人にはそれを肯定し、 理解を深めたい。

さとびごころ は、都甲さんのそのままの気持ちを受け止め、連載していただくことにしました。
美しい写真には、都甲さんの思いが込められているように感じます。

第1回目は、親として現実を認識するところから始まりました。そして

これからの生活で、もしかしたら自分の特性で悩む日が来るかもしれない。
そんな日が来たら、息子に伝えたいことがある。
それをここに書いていきたいと思う。
日々、規格外の成長をする君の写真と一緒にね。 
  

 エッセイの最後は、このように綴られていました。

これからの連載を、温かく見守ってください。そして、都甲さんの語り口に少しクスッと笑いながら読んでみてください。

No.02は 現在発売中のvol.40で お読みください。
 

2月になりました。 そろそろ春一番でしょうか。

コロナウイルスなど弾き飛ばすためにも、免疫力をつけたいですね。それにはやはり、毎日の食と心の余裕ですね。

さとびごころ の編集をしていますと、取材がきっかけで気があってしまうことが度々あります。
杉浦農園さんを初めて訪ねたのは雪の日、エルインクが発行元デビューした32号の取材の時でした。
特集「地酒で味わう奈良」の取材中、風の森(油長酒造)の酒米を育てている農家さんがいること、油長さんや酒店、料飲店さん(風の森ファン)の人たちが集まって田植えや草刈り、稲刈りを手伝う活動「秋津穂の里プロジェクト」が始まったことなどを知りました。その農家さんが杉浦農園ガンバファームを運営する杉浦さんでした。

「一人でやっています」との一言に驚き。

プロジェクトのことは特集内のコラムでお伝えしましたが、もっとゆっくりお話をお聞きしたくなり、後に特集になりました。

農家でない人が就農するときは、自然環境や社会のあり方に対する自分なりの考えや志を持っていることが多いです。杉浦さんも、里山の再生という大きなビジョンに向かって力を尽くして取り組んでいる人でした。

そんな杉浦さんは、酒米だけでなく野菜づくりもされています。野菜は事業としては成り立ちにくいとのことですが、有機栽培されたものは味がいいのでフランス料理のお店に求められるなど、ファンもいます。中でもニンジンに人気があるようなことを、どこかで読んだことがあるような気がします。

さて、タイトルの件ですが、学園前にある自然食品店かんとりぃさんは「さとびごころ が読める場所」になっていただいており、毎号お届けしており、個人的にもあの島根県の木次パスチャライズ牛乳が買える店として赤丸付きのお店です。

カメラを向けると、ひょうきんになる店長さん。





ある日の会話で、店長さんが「もっと奈良の野菜を扱いたいけど、よく知らないんですよ」とおっしゃるので、(あれ、さとびごころ をお送りしているのだけど?と思いつつ、案外みなさんご多忙でお読みにならないのだと悟りつつ)「杉浦さんをご存知ですか?御所の有機農家さんです。詳しくはバックナンバーをご覧ください(やはりさとびのことは言わないと)」と、記事をお勧めしました。

店長「御所ですか。よく通るところなので仕入れに行けますね」 との一言に食いつくあなん。

杉浦さんにも連絡をしたところ、あっという間にお店に杉浦さんのニンジンが並びました。

杉浦農園さんの人参_2809


あまりの素早さに、お二人に脱帽です。

さとびごころ に関わってくださる方たちのいい繋がりが生まれることは編集部としてはこの上ない喜び。これからも、小さなチャンスを作っていけたらと思います。


あなんの余談

現在発売中の40号から、杉浦さんのコラム連載が始まりました。「杉さんの里山再生考察録」です。一人で始まった農業のその後とビジョンを語っていただきます。24ページを見てください!

こんなサイトがあります。

sustainably


http://sustainably.jp

さとびごころ には、「GOMIGEN最前線」という連載があります。執筆していただいているのはフリージャーナリストでごみ減量ネットワーク主宰の北井さん。その北井さんの記事にも登場する『プラスチックフリー生活』という本を翻訳された服部雄一郎さんという方がいます。


服部さんはこんな本も翻訳割れています。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』!
ゼロウエイストホーム

(自前の本なので傷んでいますねーすみません)

服部さんは、北井さんのお知り合いでもあり、つながりを感じる方です。この、服部さんが運営されているサイトが、先述の http://sustainably.jpです。

ごみを減らした方がいいのは、もう誰でも認めていることだと思います。
あとは、それをできるだけ楽しく幸せな気持ちでやれるか。我慢したり罪悪感を感じるのではなくて、
「こっちの方が素敵」と思えるようなアイデアを取り入れられるか。

このサイトは、楽しそうですね。服部さんはセンスのいい方なのでしょうか。写真の撮影に配慮が感じられて、それに導かれるように読んでみたくなります。真似してみたいことから取り入れてみませんか。

(ひのきのお風呂蓋、いいですね。)

サステイナブルな生活は、ミニマリスト的な暮らし方に通じるものが感じられます(イコールとは申しませんが)。ミニマリスト達は、自分にとって本当に必要なもの、大切にしたいものだけを選び、そのほかのものは手放していきます。そして、モノが少ないので掃除がしやすく、整頓され、目にも美しい暮らしを営むのです。ですから、物を選ぶ目がシビアです。結果的にごみのリデュースにつながると思います。

本当に気に入っているものと長く仲良く暮らす。安くてもすぐに気に入らなくなってしまうのでは、お金も資源もかわいそうですね。それには、自分は何を望んでいるのか、という自問が必要で、これがまた心の掃除にすごくいいなあと思います。価値観の棚卸しですね。このあたりのことは、さとびでも取り上げてみたいと構想中です。(構想中だけならたくさんあります!)

GOMIGEN最前線」にも、毎回ワンポイントアイデアが掲載されていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。


あなんの余談

ただいま発売中の40号の「GOMIGEN最前線」では、あの!上勝町の今が伝えられています。
上勝町は 徳島県の中央部に位置する人口約1400人の小さな町です。ごみ焼却場がなかったことから、「ゼロウエイスト(ごみゼロ)宣言」を早くも2003年に表明していましたが、この頃さらに注目率が上がっています。北井さんも2011年の旧さとびごころ(俚志)で上勝町の取り組みを紹介しています。
上勝町では、ごみを徹底的に分別していますが、住民にとってそれは面倒ではないのだそうです。その訳は?さとびごころ40号も読んでみてくださいね。




 

オノ暮らし蛍

連載 第3回 今日も晴々(ハルバル)オノ暮らし
小野晴美(オノ暮らし主宰 山の家harubaru運営)

下北山村で「人と自然に優しい素敵暮らし」を手作りする小野夫妻が主宰するのが「オノ暮らし」。
下北山村は、奈良県の南東部の県境にある奥深い山里です。地域おこし協力隊としてこの村に移住してきた二人には、その風土あっての、人の暮らし方や守り育てられてきた自然へのリスペクトと感謝があります。今回はそんな気持ちを綴ってくれました。

オノ暮らしはいつでも進化しています。第2回の連載では、夫マサハルさんがセルフビルドのカフェ作りに挑戦していることが書かれていましたが、今回は、ひよこを飼い始めました。いえ、記事掲載時には、ひよこだった雛たちは、今ではトサカが現れるまでに成長し、山の家ハルバルから出てくる野菜クズなどを旺盛に食べています。

山里だからこそ実現できるオノ暮らしには、山里に住んでいなくても受け入れたい考え方と実践がたくさん含まれていますので、さとび読者の皆様にはきっと共感していただけるのではないでしょうか。

写真は、「山の家harubaru」の庭先で今年見られたホタル。ここはビオトープになっており、6月には、村内でもとりわけたくさんのホタルの舞が見られます。パーマカルチャーの畑があったり、広葉樹が植えられていたり、鶏小屋があったり、建設中のセルフビルドカフェもあります。しかも、さとびごころ のバックナンバーもリビングルームに並べてくださいっています!!!山の家harubaruに、一度お泊りになってみてはいかがでしょうか。予約状況はオノ暮らしHPでチェックできます(これまたハンドメイドなスケジュール表で)。

連載 山と今日から始まる物語#02
谷茂則(一般社団法人大和森林管理協会)

前回から連載が始まりました、山と今日から始まる物語、通称ヤマトキョー。
谷林業の谷さんが、奈良県の森林について経営、管理をおこなう法人(愛媛大学名誉教諭の泉英二理事長)を設立されたことを機会に、その理念や活動について執筆していただいています。

(谷さんのこれまでについては「ドタバタ」のほうで書いていただいています。)

今の政策が国産木材の増産を強く求める方向に向かっていることはご存知でしょうか。
林業の中でも素材生産業に光が当たり、一見正しいことのように見える「安定供給」が実現されれば、せっかく積み上げてきた森林資産を一気に伐採してしまうのではないかという恐れを感じると谷さん。


豊かな循環サイクルを作り上げるのか、資産を取り崩すのか、森林林業関係者の選択にかかっているとし、自然に寄り添い最大限に活かしながら生きていくシステムを創ることに一つの答えがあると語ります。

奈良県は、吉野林業という山を生かしながら経済を作るシステムが構築された場を持ちます。
取り返しのつかない皆伐一辺倒でない森の経営や管理が行われていくとしたら、編集部も望むところでありますので、ヤマトキョーの活動を通して、奈良の森の現在を追っていきたいと思います。




天神祭

連載 GOMIGEN 最前線 #04

 天神祭ごみゼロ大作戦 市民の力で大きな成果

北井弘(ごみ減量ネットワーク主宰)

大阪の天神祭では、2016年の調査で、60トン発生したごみのうち、40%がリサイクル可能であることがわかりました。その翌年は、14箇所のスーテーションにボランティアスタッフが立つと、お客さんが例外なく快く協力してくれたそうです。そして昨年は、資源物の回収が3.7トン、リユース食器の回収は96%に。これらが100%市民の力で始まったとのこと。大阪市民、やりますね。

ごみ減量ネットワークを主宰している北井弘さんは、さとびごころ の創刊時からお世話になっているジャーナリストさんでもあります。2号の特集「ごみゼロへの挑戦」を執筆され、今ではつとに有名になった徳島県上勝町、福岡県の大木町、神奈川県の葉山町などの例をいち早く紹介してくださいました。
ご自身でも、「ごみ減量ネットワーク」を主宰され、全国で講演活動もされています。
特集の最後に、


「この運動を進めていくにあたっては『鳥の目(社会の仕組みを動かそうとする活動)』と『虫の目(一人一人の活動)』の両方を備えた取り組みが不可欠だ」
 


「(日本での脱ごみ焼却の動きが芽生えつつあり)この小さな芽がすくすく育って10年後には大きな花をつけ始めることを、私は固く信じているし、そのために力を尽くしていきたい」
 

と、書き記しておられました。
そして、10年が過ぎました。北井さんの信念は変わっていません。
まだまだかもしれませんが、ごみを減らすことへの意識は確かに高まったと思います。少なとも、ソーシャルな活動が各地で活性化していることは確かです。さとびごころ も、こうした動きへの追い風でありたいと思います。

イベントは、たくさんの人が集まるので、意識づけにも役に立ちそうですね。そもそもごみを出さない、リユースする、リサイクルする、この原則でライフスタイルが変化していくといいですね。 

虫の目活動として、わたくし、遅ればせながら(過去に挫折経験のある)ダンボールコンポストを始めました。今はユーチューブが何でも教えてくれますから、自分にあったやり方を研究することができます。やってみると、これが意外にも楽しくて、毎日コンポストの蓋を開けて混ぜています。これをもちまして、我が家の野菜クズは消えることになりました。楽しいエコロジー、あなたも興味のあるところから始めてみませんか。
 


松本先生

あすならもり 05   明日の奈良の森を考える学習会レポ

地球温暖化と森林・林業・木材産業

講演:近畿大学教授 松本光朗先生

杉本和也(奈良県森林総合管理士会会長)
 

発行元のオフィスエルインクも運営に関わっている、あすならもり。先ごろ(8月18日)、第10回を行いましたが、38号では第9回のレポートを紹介しています。最近SDGsが認識されるようになり、また度々異常気象が報じられるなか、地球温暖化のことも後回しにできない雰囲気が高まっています。
松本先生は2017年まで森林総合研究所の研究者を務められ、地球温暖化対応の推進にあたられた方です。
講演のダイジェストを杉本さんが伝えてくださっています。



松本先生の言葉の中に、「人工林への過度な期待は禁物」ともありました。一方ではコンクリートなど(製造過程で二酸化炭素を排出するもの)の使用を減らしたくない、と言う国の考えがあり、森林へ負担させる方向になりがちなのだそうです。


やはり森林に頼るだけでなく、社会全体がエコロジカルな方向へ向かうべき時だと言うことを、地球は言いたいのではないでしょうか。

雑記:今年4月ごろ、「仮に全ての空き地に植林した場合、植えられた木は毎年『世界中で人為的に排出される二酸化炭素(CO2)などの炭素』を上回る量の炭素を吸収してくれるという研究結果が報告されて」いると言う記事もネットで流れていました。山だけでなく、空き地に森ができたら、、、、私などは喜びます。(植林活動ボランティア、しますけど、、、、)



参考 :「パリ協定」のもとで進む、世界の温室効果ガス削減の取り組み① 各国の進捗は、今どうなっているの? https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/pariskyotei_sintyoku1.html 

↑このページのトップヘ