さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: 記事の紹介

毎回多彩なゲストを招き、明日の奈良の森を考える集い。発行元のエルインクも運営に関わり、途中からさとびごころ でもレポを連載し、回を重ねてきました。今回で、もう10回目です。
 木材活用については東京オリンピックのメイン会場など、公共施設の木造化・木質化が一般的にも広く知られるようになっていますが、この木材の「出口(川下)対策」は 森林を護り、山村で生活している人々や森林所有者、いわゆる「川上側」にどれだけ潤いをもたらしているか?木材活用=森林資源の有効活用=山村の生活の安定にはまだまだ課題が多いと考えます。  本日はアトリエフルカワの古川氏に設計者の視点から、シンプルで無駄がなく経済的な木の活用術のヒントのお話をいただきました。


(今回はキッチンの手伝いが重なり バタバタしておりまして失礼しました) いつも2、3ヶ月おきに開催していますが、次回は異例の翌月開催。 主催者の杉本さんの強力プッシュで、奈良の森林ジャーナリスト田中淳夫さんのご登壇です。以前、21号特集「100年前の奈良」で、「100年前の吉野林業」についてご執筆いただきました。さとびごころ ともご縁のある先生です。
 今回の講演は8月7日に発行された田中先生の最新刊「絶望の林業」をテーマにお話いただきます。このテーマで本を書かれた経緯や、今の日本の林業や森林施策への不安。そんな中にも次の世代の林業に希望が見えるか?
書籍だけでは読み取れない田中淳夫先生の「森林愛」を直に感じていただける講演会になろうかと思っています。あなたは今の林業や森林で起こっていることを、傍観しているだけで良いのですか?  まずは、講演会に参加し、書籍を購入し、読み、次に行動を起こしましょう。


お申込み受付が始まっています。こちらまで。
https://naraforester.wixsite.com/asunomori-11 


それぞれの人に、行動する方法があるはずで。。。 林業や木材の分野外の方にも、山で起こっていることを知っていただく機会になるかと思います。編集部も勉強します。どんな行動が可能か、探しに来ませんか。

ハチ

連載 種生む花 #05  「昆虫少年」三浦雅之&陽子


さとびごころ が出会う人たちの中に、「子どもの頃は昆虫少年だった」という率が高いのです。

今の子どもたちは、昆虫と遊んだりするのでしょうか。
塾に追われていないかな?ゲームの方が好きかな?

自然にも人にもやさしい感性を育むため、夏休みはぜひ
昆虫が生きているような場所へ 連れて行ってあげてください。

昆虫少年といえば、三浦さんです。
管理人(わたし)は知っています。
昆虫の話になると、ワクワクスイッチがオンになる人であることを!

そこで今回は、三浦さんの好きな昆虫ベスト5を伺いました。
一つだけ、おしらせします。第5位は、ミツバチ。
その理由は?そして4位から1位は?

続きは、さとびごころ が届いたらお読みくださいね。


 

ドタバタ
奈良県有数の山林所有者である 谷林業 谷茂則さんによる、次世代山主が目指すドタバタイノベーションの連載も12回目。
初回は、vol.26(2016 summer)でした。子ども時代に、お年玉を数えるのが楽しかったそうです(文中から察するにかなりの、、、)。吉野林業の最盛期の最後を見た世代に当たる谷さんが、今までどんな風に山と向き合い、行動してきたのかを寄稿していただいています。バックナンバーでの連載はこちら。

「山主」という遠い存在と縁が生まれ、リアルな気持ちや考えを知る機会を得たことは、さとびごころ にとっても学びが多く、ありがたいことだと思っています。

12回目は、前号に続き「架線集材」のお話。あれでもない、これでもない、と次々と「やってみる」を続けていた頃(ある意味、今でもそうなのですが)。

参考 架線集材って何?(高知県の例)

前回から今回にかけて文中に登場する人の一人、久住さんは、元谷林業の社員さんでした。退職される直前まで、前任としてこのコーナーで連載(vol.22からvol.25)していただいていました。(この連載を始めた頃は、後に谷さんにも書いていただくことになるとは思っていなかったものです)久住さんは今では、古民家を改修した拠点「森ある暮らしラボ」を明日香村に開かれています。ちなみに、その様子は33号の特集「住み継ぐ暮らしとまち」で取材させていただきました。共々、お世話になっております。

谷林業といえば、「チャイムのなる森」というイベントで知っている方もあるかもしれません。今回はまだ「チャイムのなる森」まではいきませんでした。次号あたりでしょうか???


38-kikaku-ayu
さとびごころvol.38 (2019 summer)特集連動企画記事
「おかえり 僕の大好きな鮎」

料亭などで出てくる川魚、鮎。食べたことはあっても、どんな魚なのか、どこにいるのか、今では良く知らない人も多いのではないでしょうか。
今回記事を書いてくれたのは、下北山村で1、2を争う鮎釣り名人(ということは取材の後で知ったのですが)の北直紀さん。鮎について、鮎釣りについて、それが川の環境とどう関わっているのか、鮎愛溢れる文章を綴ってくれています。

釣りの好きな人が、いつまでも釣りをして楽しむためには
魚が生き生きと暮らせる環境と一蓮托生、という側面があります。
そんな人が  地域の川の語り部となっていただければ、編集部は喜びます。
鮎を取り巻く環境は年々悪化していると言われますが、、、。
いつの日か、放流(※)をしなくても天然のがウヨウヨと泳ぐ川を
再生できる日が来るのでしょうか。

※ 鮎釣りスポットでは、鮎釣りシーズンになると養殖の鮎が放流されています。
あゆ漁業の解禁状況について(奈良県HP)

  
もう一つの企画記事は、前号からの続きです。
人工林の皆伐跡地に、広葉樹の森を育てよう。という天川村のプロジェクト。
無事にスタートし、キハダの赤ちゃんが芽生えました。

キハダの赤ちゃん




FB情報によりますと、特集で出てきた「八千代の森」さんが、
この天川村のプロジェクトで作業道作りに関わることになられたとのこと。
 
読者の皆さん、この夏は天川村へも行きたくなってきませんか。
(わたしはそろそろ、ご無沙汰している弁財天へお参りしたくなってきました、、、)

38森のねんどの物語

さとびごころvol.38 (2019 summer)森のねんどの物語05

毎号、表紙をめくると、森のねんど作家、みちやすさんの作品が載っています。森のねんどの物語の連載のページです。5回目となる今回は、この春オープンした森のねんど研究所のはなし。
住み手を失った古民家が、みちやすさんの工房兼地域の拠点として生まれ変わろうとしています。

前回のさとびこカフェの会場にもなった場所。
その写真も、ちらっと載っています。(参加された方しか意味がわからないようになっていますが!)

ここからまた、森のねんどの物語の続きが展開されていくように思います。
この場所がオープンするようになった経緯には、この地域を活性化したいと願っている地元の人たちとの出会いがありました。また、みちやすさんの取り組みに賛同し、ここで「森のねんどバー」を開いていこうという構想もあります。すでにワークショップ活動は始まっているようです。
みちやすさんを通して、もう一度人と自然(森)が調和する地域づくりについて
発信できそうな気がしています。

 

プラスチックフリー

さとびの連載で「GOMIGEN最前線」というのがありますが、夏号で「プラスチックフリー生活」という本が紹介されています。その著者の方の記事がありましたので、シェア致します。

『プラスチック・フリー生活』実践者に聞く、脱プラスチックのヒントは「心地よく暮らすこと」



プラスチックの深刻な汚染がだんだん認識されてきました。

最初は「知識」ですよね(私のきっかけは、友達からの口コミでした)。

身の回りにあまりにもプラスチックが多すぎて、あれもだめ、これもあかん、とがんじがらめにな気持ちになってしまいそうなこと、ありませんか。心地よい暮らしのための自分にできる小さな一歩を重ねて行けたらいいですね。

義務感からでなく、お気に入りの自然素材(最後は土に還るもの)を増やして、だんだんと入れ替えていけたらなあ。。。





1.17と3.11の前後には、切ないニュースが増えます。
今年もこの日を迎えました。

1.17ではボランティアについて、また3.11では
この社会の仕組み全体について根本から考えなおすようになりました。
この日を忘れないだけでなく、社会がもう変わっていくしかないことを思い、
自分もその一素粒子になれるようにと、毎年祈ります。

昨日見た報道では、仮設住宅への支援が打ち切られる町で、復興住宅(高層の集合住宅)へ引っ越し、孤独死する人がいることや、故郷へ戻ったもののまわりに人はなく、呆然と暮らす人たちが描かれていました。
どちらも高齢者です。災害がくるまでは、イキイキと地域で活躍していた人たち。
「みんなで田植えをしたんだよ。土手を作るのも協同で。家族みたいなもんだった」とおじいさんが語りました。その田圃には、もう稲はありませんでした。
行政の支援はなかなか全員にくまなく行き届きません。
そこで地域の主婦のみなさんが見回り活動をされていたのが印象的でした。

「友だち」と思える人が近くにいることの大切さと、
どんな時でも、自分たちの手で何かを作る(する)ことの大切さを感じました。




vol.37の準備が進んでいます。
今回の特集は「しあわせな老い」。80歳、90歳まで生きる人が多くなっていくこれからの時代、
老いにさしかかる人、親の介護が始まった人にとっても「しあわせな老い」を考えることが大切かなと思って企画しました。
4月の発行です。ぜひお読みになってみてください。

また、旧編集部の時代に、「3.11と奈良」というテーマでの特集が組まれました。
2016年の発行なので、今と事情が変わっている部分もありますが、こちらからお読みになれます。
3.11と奈良









このコラムの取材は、毎号制作が大詰めになったころに行うようにしてまして
あなんにとっては、編集の区切りのようになっています。
一問一答ができたら、校了は近い。

最近、あちらこちらに出かけることが多くなっただいちゃんから
その目線で見えたものをしばらく紹介していくことになりそうです。
今回は、鳥取県の智頭町。
「ほっんまに、感動した。絶対に行ったらいいっすよー」と、おっしゃっていました!



どちらも、旧編集局時代から続くコラムです。

話言葉で軽やかに綴られた文章が、
雑誌にいい後味を残してくれると感じてます。

これまでの連載(一部)が読めるようになりました。
吉野の会だよりはこちらから
読書さんぽはこちらから
春号が出たら、発売中の35号も加わりますよ。



執筆の渡部みなみさん(みなみちゃん)は、かつて地域おこし協力隊として奈良県にやってきた人。
今では下北山で暮らしながら、愛菌家として活動しています。
この頃、あちこちでみなみちゃんの名前を聞くことが増えたような気がします。
上記のとおり、とうとう小倉ヒラクさんと対談とは。

32号の特集で、奈良の地酒を取り上げてから、あらためて微生物の役割の奥深さ、大切さを感じてきた編集部が、こんな連載をスタートできて嬉しく思います。

さとびコラムでは、これまでも発酵をテーマにしたコラムを続けてきました。
バックナンバーの片上さんのお話も、楽しくておすすめです。
醤油が愛しくなり、食卓に和食が増えちゃいますよ。

↑このページのトップヘ