〈さとびごころ32号(2018 冬) 特集「地酒で味わう奈良」より〉

「金鼓」は、蔵のある香芝市を中心に奈良県内でファンの多い銘柄でした。
その蔵が一度は閉じられ、次世代蔵元杜氏によって蘇り、
蔵の名前を冠した銘柄「大倉」シリーズにも取り組まれています。

奈良県神社庁からの委託を受けてお神酒をつくる蔵でもあります。

satobi32-8-9

さとびごころHPでお読みになれます。
こちらからどうぞ