さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

カテゴリ: さとびごころが読める場所


vol.45が出来上がりますと、お届けや発送の活動に入ります。
原則ですけども、お取り扱いスポットや定期購読、サポーター様へ第一弾。
お世話になっている方々へが第2弾となることが多いです。
その間に、直接お届けする方々がいます。これは発行時のスケジュールの都合によって、お届けしたり発送したりが随時変わってきます。

ここ数日は、お取り扱いスポットやサポーターになってくださっている方を訪問しております。 

まめのんき(お取り扱いスポット)

前の号(vol.44)の特集で倉本酒造さんを取材・執筆してくれた田村ゆきさんのお店「都祁の自然食品屋まめのんき」さんが出店しておられる 「大和高原ひのでマーケット」(毎週金・土日営業)には、バックナンバーが揃っています。
IMG_2954
元美容室だった空き店舗を、住民の方とともに改装して地域の交流&ショッピングスポットとして改装が進行中。木の壁に変身している最中です。「さとびごころ」って、POPを書いていただけて、嬉しいです!

接客中のゆきさん。
IMG_2955
大和高原は茶所だけに、いろんなお茶が並んでいます。お茶だけでなく、豆から挽いて淹れてくださる本格的なコーヒーが100円ですよ。
100円!!!! ありがたい。陶芸作家米田みゆきさん作のカップでいただきました。
そして、まめのんき名物コロッケ。オーダーしたら揚げてもらえますので、熱々のホクホク。80円。

IMG_2957
食べるべきです。

そうこうしてる間に、vol.40の特集「持続可能家族農業」でご紹介した羽間農園の羽間一登さんも、コロッケをお求めに。偶然の再会に喜びました。そしてさとびもご購入(カンパです、ありがとうございます)くださいました。息子ちゃんの元思(もとを)ちゃんも一緒。
IMG_2958
 今までは警戒され泣かれまくっていましたが、今回はぎりぎりカメラ目線を頂戴いたしました!
IMG_2959
追伸 取材時のもとくん。(記事中の写真右は妻の瞳さん)
IMG_2964





竹西農園遊茶庵(サポーター)


大和高原つながりで、田原地区にあります竹西農園さんもサポーターです。以前の投稿でランチをご紹介しました。その時いただいたほうじ茶の炊き込みごはんを再現したくて、お茶を買いました。
IMG_2953
日本茶カフェ「遊茶庵」に併設されたショップで購入できます。
春らしいディスプレイ。コバノミツバツツジでしょうか???(あてずっぽうです)
IMG_2952
農園を案内する展示用のパネル。
IMG_2951
 
いつもフラットに接してくださる竹西多香子さん、サポーターになっていただいています。ありがとうございます。
IMG_2949



ARCH Shorenji(サポーター)



大和高原から少し(車で30分ほど)足を延ばすと、名張市のカフェARCH Shorenjiさんがあります。スイーツとかき氷が人気!甘いものが普段はあまり得意でないわたしも美味しくいただけるスイーツを楽しみに、お届けに行ってきました。
IMG_2960
オーナーの玖村さん、カメラを向けるとさっと本誌を持ってくださるのです。
IMG_2962
イケメンの元ラガーマン(マスク中ですが)。現在は映像制作のお仕事もされています。この一年、コロナのことがきっかけとなってお店の移転や新しい事業のスタートなど激動でした。でもアスリート出身のガッツとコピーライター出身のクリエイティブ力で、ご活躍です。さとびごころも見習って、もうちょっとガッツを出していかないといけないな!思わせていただいております。

玖村さん「VOICYって知ってますか。ユーチューブに変わるのでは?と言われている音声メディアです。動画って、何かしながらっていうのが向いてないけど、音声だけなら聴きやすいと人気がでています。
阿南さん(部員のほうです)、釣りの話をしゃべったら、『24時間釣りに浸りたい!』という人が聞かれるんじゃないですか???」

VOICY、知りませんでした。部員に検討してもらいます!


アトリエ宝来(サポーター) 


また、最近とてもおしゃれなHPを開設された アトリエ宝来さんも、サポーターです。運営会社ソルナクリエイト社長の大川さんは奈良の事情にもお詳しく、勉強させていただいています。
クールな雰囲気なのに、どうやらハートはめちゃ熱い方なのではないかと、思い始めています。
部員とは、釣りの話でも盛り上がります。。。
アトリエ宝来大川さん
アトリエ内に置かれた丸太のスツールは、背もたれのようなハンドル付き。これなら移動も楽ですね。

奈良市内に山林を所有されており、次の世代のことを考えるとどうしたものか…とのことでした。
山林所有者の方の共通のお悩みです。大川さんは放置せず、草刈りをしたりわらびを植えたり、何か活用を模索されているようです。「炭焼きを取り入れてはどうでしょう」と話題にしましたら、「面白いね」とのことでした。こんな会話から、何か可能性につながるといいなと思います。

もうしばらく、お届け活動は続きます。お届け先のみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。お会いする度に、いつも何か学びがあり、充実したひと時をいただいています。それが明日のさとび作りになっていきます。




次号(vol.46 夏号)の準備にも取り掛かっていかなくては。
春らんまんから、初夏へと季節も移っていくでしょう。
時間の流れ方が早すぎて、あっという間に高齢者になりそうで、わたしはあと何ができるんだろうと焦ることもありますが、ライスワークもライフワークも、地道に取り組んでいくのみです(^^:)







 




 





このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころのサポーターをしていただいております
竹西農園 遊茶庵さんを訪ねました。
IMG_2784


竹西農園さんは、20年近く前からお茶の有機栽培に取り組んでいらっしゃいます。
18年前からは、日本茶が楽しめるカフェを開かれました。
薪ストーブのある、素敵な空間です。
IMG_2797
IMG_2796

予約制でランチ(季節のメニュー・2500円)も楽しめます。

わたしたちが頂いたのは、レンコンづくしのメニュー。
竹西さんはお料理上手。家庭的でありつつ、プロの味。

IMG_2788
レンコン団子
IMG_2789
炒り大豆とともに焙じ茶で炊いたごはん(真似したい!)
IMG_2791
大根と干し柿の酢の物
IMG_2793
レンコンの春巻きと白和え
IMG_2795
お味噌汁、お漬物
IMG_2798
焙じ茶ゼリー生クリーム添えのデザート。

味わいも、空間も、時間の流れも、満足できますので
たっぷりと時間をとって、お出かけになられることをお勧めします(^^)



煎茶、ほうじ茶など、お茶のお話やこれまでの歩みなども伺い、
(また担い手の不安を抱える現状のことや、畑サポーターに助けられていることなども)
つい長居をさせていただいたうえに、
煎茶のレッスンまで受けさせてもらいました。
IMG_2800

煎茶のお話は、長くなること間違いないので、またの機会にご紹介しますね。
驚いたのは、数回淹れても味が変化して美味しくいただけたこと。
竹西農園さんならではの「煎のたつ」お茶の実力を感じました。

竹西農園さんのお茶は、まほろばキッチンなどの店舗でも購入できますので
見かけられたらぜひ一度お求めいただき、お手元のお茶と飲み比べてみてください。


竹西農園さん&竹西さんご夫妻には、
33号の企画記事「援農という選択」でもお世話になりました。
この記事にある畑サポーターの取り組みは、その後発展し、
テレビ等でも紹介されて、登録者は100人を超えているそうです。
(毎回参加される方と、そうでない方を含めて)

取材した後で、活動が萎んでしまったら残念ですが
元気に続いていること、竹西さんたちも新しい繋がりができて
意義を感じていらっしゃることを知って、嬉しく思いました。


竹西多香子さんとともに(かなり嬉しそうですね、わたし)。
IMG_2804
ありがとうございました!!また訪ねます!

竹西農園
奈良県奈良市中之庄町458  TEL 0742-81-0383
 




 


  
このエントリーをはてなブックマークに追加


IMG_2050
43号の特集でご協力いただいた シガセイサクショさまのご縁で
大阪市内に読める場所ができました。

環状線玉造駅という市内のどまんなか、ビルやマンションが立ち並ぶ
駅から徒歩すぐ(1分?2分?)のところに
タイムスリップしたような長屋ゾーンがあるのです。

IMG_2051
室内の様子。


その一室を拠点に活動されているのが
たすきがけ事業所」 さん。今月、取り組みのひとつ「まち農家」という活動において
シガセイサクショ さんの染め服が見られる・買える イベントが行われました。
(43号 11ページでご案内しました)

そのとき、シガさんが持ち込れた本誌をご覧になった方たちから
「この場所に置いてほしい」というお声があり
代表の宮内博子さまから「設置場所に立候補したい」という
嬉しくもありがたいメールをいただきました。

そこで、ご注文いただいた号を持って訪ねてきました。

その日は、ラッキーなことに週1回の場所を開いていらっしゃる日。
玄関からすぐの間にパン(※下記)や自然食品、シガさんの雑貨などが並び、
奥の間では「お茶でもどうぞ」という会話があったり、
ほっとしながらくつろぐお客様があったり。
近所の方が訪ねてこられるようすを見ていますと
この場所に来ることを楽しみにしていらっしゃるのがわかります。

IMG_2054
この日販売されていた「なりとパン」さんの商品を求めるご近所にお住まいのお客さまと、
対応中の宮内さま。寄り合いどころのような会話が弾んでいました。


都会の中にある隠れ家のような場所。
今は限定的に開かれています。(閉じつつ開く感じでしょうか)


なぜここに?こんな場所が?詳しくはHPをご覧になってみてください。

IMG_2056


ここにいらっしゃる方たちに
本誌を読んでいただけるのを嬉しく思います。

丁寧な誌面にありたい姿、生き方が見えて、
癒され、励まされています。
とのメッセージをいただき
大阪市内でもさとびの記事を読んでいただけること、
編集部の思いが届いたことに、こちらこそが励まされました。

サイトで情報をチェックしていただき、機会がありましたら
訪ねてみられてはいががでしょうか。

たすきがけ事業所
〒537-0025 大阪府大阪市東成区中道3-16-2

※  まち農家で取り扱われているパンは 「なりとぱん」。大阪から丹波篠山に移住され、現地でも大阪でも大人気の伝説のパン屋さんだそうです。引っ越されたあとも、こちらで週1回、なりとぱんが買えることになっています。
参考サイトhttp://hitotokoto.com/naritopan/








 
このエントリーをはてなブックマークに追加

五條市内にあらたに、さとびを置いていただくことになりました。

HPからのお申し込みがあり、42号とバックナンバーを多数(いっきに24部も)ご購入いただいた「山里カフェ一本の樹」様。定期購読もしていただきまして、そのうえカフェに置いてくださるとのことで、お礼をかねて行ってまいりました。


絶景スポットです。

IMG_1093

川沿いの道から看板をたどって山の上へぐんぐん登っていくと、ごく普通ーーー!の民家がありますが、その脇を入っていくのです。すると、こんなふうにカフェがあります。
IMG_1092

お店に入ったら、目の前にディスプレーしてくださっており、感激。
IMG_1074

お隣のニュースは、「Local Life Jurnal 特別号」に紹介された同店の記事です。

IMG_1073
こんなところにも、縄文特集。

 

店主の岡本様は、もと中学校の先生。定年後にNAFIC(なら食と農の魅力創造国際大学校)で学び、卒業後にご自宅を改装して2019年にお店を開かれました。
大和当帰や素麺、ジビエなど地域色溢れる素材を用いたメニューや酵素ジュースが揃っています。 
IMG_1079

ランチは2種類。どちらも、化学調味料の味が一切ない感じのやわらかくてコクのある味わいです。

IMG_1083

IMG_1082


お店の窓からも、この景色が楽しめます。改装するときに、この窓を作ったそうです。大正解。

IMG_1084

大和当帰に一目惚れされた岡本さんは、店内に大和当帰ドリンクも置いておられます。

IMG_1088

 地域では、立派な家があるけれど住む人がいなかったり、学校が統合されて子どもたちの姿やチャイムの音が消えてゆきます。 そんな中で、岡本さんの元お仕事仲間や、偶然に見つけた人がこの店を目指してやってきます。親しげな会話が生まれる安らぐ場所になっているんだと感じました。 

「わたしね、本当は、退職したらひとりぼっちになるのはさみしいな、、、っていう自分の都合から、カフェをして人に来てもらいたいなって思ったの。そしたら、NAFICの看板を見つけて、興味を持って訪ねてみたら『あなたのような方のための学校ですよー!』って、言われました。もともと、あきのの湯で大和当帰の温泉につかってすごくいい!って思っていたし、わたしの故郷で作られた素麺も使いたかったし、組み合わせてメニューを考えました。娘がウクレレをしているので、音楽もできる場にと、、。
地域のため、とか、交流のため、とか、後から気がついたらそうなんだなーって感じなんですー」(岡本さん)

お店が賑わっており、ご迷惑にならないように帰りましたが、次に行くときはさらに、たくさんのお話ができたらと思います。一本の樹さん、ありがとうございました。
IMG_1091
 

お腹が満足するランチと素晴らしい眺望をお目当てに、ぜひどうぞ。三密を避ける配慮をされていますので、ご予約がおススメです。 

五條市西吉野町屋那瀬311 
TEL  0747-32-0481 


ps 野菜の副菜も、めちゃ美味しかった!家庭的でまろやかな味ですー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お食事処 あきの
奈良で多様な事業を展開されている 市川さんに会いに大宇陀 お食事処 あきの に行きました。

大宇陀温泉あきののゆ館内のレストランです。7月3日にリニューアルオープンされ、たくさんの祝福の花が並んでいました。リーズナブルな価格なので、おさいふにやさしいですね。温泉から出てきた人や地域の方たちで、大変賑わっていました。
 
久しぶりにご夫妻の笑顔が見れて良かったです。さとびごころを読める場所になっていただきました。
これからも宜しくお願いします。

115779742_647139719233094_9056100299582816503_o


113378147_647139819233084_4378837977302625171_o

大宇陀温泉あきのを利用の際は寄ってみてください
市川 真由美 (Itikawa Mayumi)
阿南 誠子 (Seiko Anan)
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前コラムで連載をお願いしていたこともあるメグさんが店主をしてる恵古箱さん。さらに以前には、「PEOPLE」というコーナーでご紹介したことがあるのも、今となっては懐かしいです。

116111161_646243275989405_3031038313931456712_n
109971055_646243195989413_685529043180291627_n
110331976_646243162656083_6314736754096470945_n


今もずっと、さとびを置いていただいています。
ランチは体にやさしくて、前日まで少し疲労していたのが、元気になれました。予約がおすすめ。


109971055_646243075989425_6078983797534455339_n
115848888_646243095989423_228671869139278184_n
110749670_646243122656087_982662558266765572_n


奈良県葛城市新庄392-3
0745-43-7602
木~土 11:00~17:00 🅿️3台
現在店内飲食営業のみ
奈良めしスタンプラリー参加店
8/8(土)臨時休業致します
LINE公式アカウント始めました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

42号のお届けに、さとびごころが読める場所になっていただいてる清澄の里粟さまを訪ねました。
粟2


こちら読んでくださった方が先日、定期購読をお申し込みくださいました。Wさん、ありがとうございます。



 粟1
何度訪ねても手をぬかず、野菜の説明をしてくださる三浦さんです。

一度お聞きしたことでも、記憶があいまいになっていることもあるので
いつも再認識させていただいてます。


三浦さんとは、編集長・阿南とともにホストとなってゲストをお招きする企画
「風は奈良から」を連載しています。
 

粟10


今回は、ひさしぶりにランチを頂きました。何度も頂いているのに、仰け反るくらい美味しくて、何故?!野菜がこんなに美味しいのか?!ほとんど「謎」のレベルだと思います。細胞が喜びます。

粟4

粟5

粟6


粟7

粟8

粟9

粟11



本店のほかに、ならまち店やcotocot(=さとびをご購入いただけます)もありますが、こちら本店は「素材の味をそのまま生かした」ところが特徴なのだそうです(でも、、、味付けもすごくいいんです。やさしい味なのにコクがあって。食べていただくほかありませんが、写真でご紹介しました)。

 粟3

偶然にも、何故かどこまでも話の合う若者との嬉しい出会いもあり、楽しいひとときでした。


食事のあとは、記念撮影。ヤギのペーターくんとともに。ペーターくんは、粟の広報部長として

カメラにも人間にも、非常に慣れていらっしゃいます。

特殊なまでに、おとなしいヤギだそうで、全てのヤギがこんなにも人懐っこいわけではないそうですよ。

粟13

店をオープンされるのと同時期に、ヤギが暮らし初めていました。子ヤギが生まれるたびに、うまく引き取り手がみつかり、今ではここ出身のヤギたちが、三浦さんとご縁のある数々の場所へと旅立って、可愛がられています。ヤギと人間の関係は7000年前にもさかのぼるとのこと。可愛いだけではなく草を食べてくれたり、糞が肥やしになったり、また、ミルクを搾乳したり、どうしても食に飢えるときは食料になることもあったそうです。昭和30年代までは、どこの農家にも一緒に暮らす家畜がいて、関西では牛が(関東では馬が)農作業を担っていました(本誌42号の連載「風は奈良から」に関連記事)。



コロナに配慮して、ゆったりとした予約受付をされていますが、緑の美しいこの季節にこそ、ぜひともおすすめしたいお店です。


さとびごころをゆっくり読んでいただけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

天川村の続きです。
苗木たちやトラフグ君にさよならしてからは、みずはの湯を訪ねました。
みずは1


天河大弁財天神社や天川温泉(*)を超えてさらに奥へ、天川天和の里(*)も超えて、キャンプ場が並んでいるゾーンも超えると見えてきます。
みずは2

川と山を眺めながら、静かにくつろげる温泉です。デッキでは、統括の小島さんがお仕事中でした。
みずは4

「みずはの湯は少し離れた場所にあるので、もっとたくさんの人に知ってほしいし、いろいろと盛り上げ方を考えてます^_^」デッキでヨガ?なんて、よさそうですね。

みずは3

コロナのこともあり、まだまだとても静かだった温泉につかりつつ、ここだけはこんなふうに静かな場所ではいられないものかと、身勝手な希望が浮かんできました。

 
通常は、さとびごころが読める場所ですが、いまはコロナへの配慮から雑誌類は引き上げてあります。また並ぶ日をお待ちしています。

 
静かに温泉を楽しみ、これからのことなどぼんやりと考えたい方は、今ならみずはの湯がおススメです。

 
PS:(*)にも、本誌を置いていただいております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山添村。名前はご存知かと思いますが、実際に行かれる機会はありますか。

奈良県の北東部、三重県との県境に位置する高原の村である。 夏は冷涼、冬は厳寒。自然情緒豊かな県指定の名勝神野山は 四季折々に美しい姿を見せる。北東部を名張川が流れる。

名阪国道が通り、路線バス天理市三重県伊賀市(旧・上野市)と結ばれる。(WIKI)

その地域の健康のためにあるのが野村クリニック。こちらの院長様である野村先生のお名前は、しばしば伺うことが多く、いつかお目にかかってみたいと思う方でした。それが、このたび、実現。
役場の近くにある現在のクリニックとは別に、そこから徒歩で少し歩いた場所に、野村医院オールドクリニックというレトロで美しい建物があり、地域のみなさんのコミュニティースペースとして活用されているとのことです。

野村医院オールドクリニック

野村医院オールドクリニック2

外観、建具、窓枠、資料類、古時計など、ひとつひとつが美しく残っています。


野村医院オールドクリニックについて

明治時代の医療建築物として、有形登録文化財となった。
明治期、大正期、戦前の、医療器具や数々の資料を保管展示する。
現在は、近在の方々のコニュニティーハウスとしても活用されているばかりでなく、コンサートや各種のイベントなども行われている。

41号でご登場いただいた下浦さんもいっしょです。
夕方から話しはじめ、気がついたら深夜。クリニックを案内していただいたり、ヒストリーをお聞きしたり、自然環境のこと、村のこれからのことなど話題はつきませんでした。
さとびごころも置いてくださることになり、またひとつスポットが増えました。

こちらで、いつか、企画ごとを行うことがあるかもしれません。
村思いの地域の方との出会いがありそうな予感です。。。さとび主催や共催で行うことがありましたら、ぜひお越しくださいね。自動車でないと、なかなか行きづらいところですが。。

FBページ「好き!山添」でご紹介いただきました。ありがとうございます。

山添村は、36号の特集 縄文の奈良で、大川遺跡、桐山和田山遺跡、北野ウチカタビロ遺跡、山添村歴史民俗資料館などをご紹介しました。奈良の縄文遺跡としては欠かせないスポットが点在しています。

記事はこちらでご覧いただけます。

もともと三つの村が合体してできた村とのことで、伊賀上野寄り、名張寄り、奈良市寄りと、
場所によって少しずつ違いがあるそう。磐座も多く残っていますし、いろいろと興味が湧く村です。
これからも、しばしば訪ねながら記事を企画していけないかなと考えています。

野村先生、下浦さん、ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころが読める場所(NEW!)


アトリエ宝来様

アトリエ宝来2

アトリエ宝来2

 アトリエ宝来の運営会社ソルナ・クリエイト株式会社の大川健&郁子様

同社のオフィスもアトリエ内にあります。

 


61日にオープンされたばかりのアトリエ宝来様。早速さとびごころが読める場所になってくださいました。


ありがとうございます。三角屋根が印象的な建物は、もと画家さん(故人)のアトリエでした。奈良県産材を活かしてリニューアルされ、新しい仕事場の提案として見学も受け入れていらっしゃいます。詳しくはHPをごらんください。


1Fのギャラリーでは、レンタルスペースとしての利用も可能とのことですので、いつかさとびもここで勉強会してみたいかも。。。垂仁天皇陵のすぐ近く、とっても清々しい場所です。


http://cc-soluna.com/author/cc-soluna


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ