さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: 取材の周辺

編集部が協力させて頂いております「明日の奈良の森を考える学習会」通称あすならもり。
毎号、あすならもり便りとして、奈良県森林総合監理士会会長の杉本和也さん(さとびごころ のライターでもあります)にレポートを連載して頂いています。
あすならもりの始まりについては、さとびごころ バックナンバー33号に掲載されていますので、よろしければお読みください。下記を含む39号までの便りは、こちらからお読みになれます。

satobi-33-20-21



回を重ねること13回の2月9日、奈良が誇る林業家であり、全国で森づくり・地域づくりの講師として活動されている岡橋清隆氏を満を持してお迎えしました。

岡橋清隆様


杉本さんによる、一足早いレポートが同会のブログにアップされています。

第13回 明日の奈良の森を考える学習会  明日の奈良の森を考える学習会もおかげさまで13回を迎える。今回は、奈良県が誇る「壊れない道づくり」でお馴染みの清光林業相談役の岡橋清隆さんにご講演をお願いした。現在の林業や森林所有者や林業に従事しているものを取り巻く状況、何よりも大切な持続可能な森林の維持。そんな貴重なお話をいただいた。山檀那と呼ばれる家系の岡橋さんが「私の人生も残り少ないが、私はこれから山守になる」と宣言された。日本各地で若い担い手に森を守り森林資源の価値を上げるための道づくりを布教されてきた岡橋さん。本当に心打たれる良いお話が山盛りでした。遠方より多くの方々もご参加いただき本当にありがとうございました。 (杉本)



岡橋清隆さんが元所属されていた清光林業は、奈良県の大規模山林所有者でありながら自社林を管理し(奈良県では山を管理するのは山主から委託を受けた山守が行うものであり、山主自らが森林管理をすることはイノベーティブなことでした)、未来を見据えてヘリコプター集材に頼らない壊れない道づくりに取り組み、やがてその道は奈良型作業道と呼ばれるようになりました。その時から、道づくりの現場に立ち、今では後進の育成にも尽力されているのが岡橋さんです。

岡橋さんの息子さんである一嘉さんも、同じ道を進み、今では起業されています(株式会社アルベロクオーレ)。

さとびごころ が清光林業時代の一嘉さんを取材した記事がこちらです。

道を作るのに支障となる木にも価値を置き、土、水、草を生かし、山を傷めずに、収益を生む林業のあり方に強く共感して取り上げました。
全国的に進んでいる皆伐型の林業とは異なります。

を下の方へドラッグしていただくと、もう少しクリアな記事があります。
 
編集部あなんも、谷林業谷茂則氏のお引き合わせで岡橋さんとご縁をいただき、少しゆっくりとお話させて頂いたことがあります。山主でありつつ森林を直接管理することは、初めの頃は周囲の理解を得られなかったということでした。今では山守の数は激減し、昭和時代のような純然たる山守制度は崩れています。そしてその中で、谷さんのような次世代山主が明日の奈良の森を模索し、答えのない問いに向かって奮闘中なのです(さとびごころ ではこれを見守りたいと、連載して頂いています=十四代目林業家ドタバタイノベーション奮闘記)そして、奈良県森林総合管理士会とともに「明日の奈良の森を考える学習会」をスタート、この取り組みに今少しずつつ共感が広まりつつあります。

次号(vol.41 2020 spring)では、今回のあすならもりのことも取り上げますので
森愛ある皆様、ぜひご注目ください。 







パーマカルチャーという言葉、この頃耳にすることはありませんか。
パーマ=いつまでも
カルチャー=文化

*パーマカルチャー:永久の、持続的なと農業及び、文化を合わせた言葉。自然と共生する自立的かつ持続可能な暮らし方、またその仕組みづくりの手法や哲学を表す。農的暮らしを基盤に、農林水産、建築、環境、福祉、健康、地域作りなど、暮らしに関わる多岐の分野を領域とする。


 農山漁村文化協会(農文協)から1993年に こんな本が出版されています。
『パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン』
パーマカルチャー:ビルモリソン他
今から27年前にすでに提唱されていたこのような考え方は、一般化するというより先進的な人たちの間で広まるにとどまっていたように思います。日本はバブルの残像の中にあって、お金に夢中でしたし、農的な暮らしから都会的な暮らしへ塗り替えていくことの方が重要視されていました。
 
けれども、はやり3.11以降でしょうか、多くの人が目を覚ましたように、中でも未来を担う若い人たちが自然の尊さや社会の歪みに気づき始めました。どうすればいいのか?どうありたいのか?その鍵は農的暮らしに?

そんなことを考えているとき、それを本気で実行しようとする若者たちに出会いました。それが小野夫妻です。

信じた通りに行動してみよう、学びながら、自分の手で理想の暮らしを実現してみようとする姿を見て、連載をお願いしたのです。彼らは地域おこし協力隊として下北山村に住むことを決め、一つ一つ、ビジョンを形にして来ました。

ラッキーなことに村からの勧めもあり、ゲストハウスを運営することに。それは 夫妻の名前(ハルマサ&ハルミ)からとって、ハルバルと名付けられました。野菜を育て、鶏を飼い、ゲストハウスの隣接地には、セルフビルドのカフェも(本当にセルフで!)建設しています。

あたらしいあり方を求める二人を受け入れた村の度量にも注目です。

vol. 39で最終回を迎えた連載「今日も晴々小野暮らし」では、世界の各地を旅した経験や村で暮らす日々を綴っています。全回まとめていますので、ぜひお読みください。 


今日も晴々オノ暮らし

そして地域おこし協力隊の任期を過ぎても村を拠点として活動を続ける二人に会いに、ぜひゲストハウスハルバルを訪ねてみてくださいね。

48244229_511045992715893_3933963973237407744_n


小野夫妻
 

オノ暮らしHP

さとびごころ が読める場所 天の川温泉のすぐ近くにある天川弁財天。
あなんはプライベートでも昔からよくお参りする神社ですが、
節分祭に参列したのは初めてでした。
連載(「14代目林業家ドタバタ イノベーション奮闘記」)ライターの谷さんから急にお誘いいただき、貴重な機会を得ました。
(車なしでは行きにくいところであり、運転ができないあなんは、乗せていただけるとあって、『行きます!』と即答でした)さすがは天川弁財天、駐車場には、県外のあちこちのナンバーが並んでいました。スピリチュアリズムに関心の高い人たちに人気がある神社ですが、そんな雰囲気の方もいらっしゃいました。

11時ごろから、宮司さんの挨拶の後、祝詞が奉じられ、 参列者の中から来賓者の玉串奉納。全員で般若心経を読経。そして「鬼は内」「福は内」と唱える豆まき。

「鬼は内」。いいですよね。

このあと、庭で護摩に火がつけられました。


天川弁財天節分祭_2842
 

ヒノキの葉をかぶせてあるので、煙が立ち上ります。

天川弁財天節分祭_2843

それが幻想的で、空を見上げて見とれました。
 
次第に火が大きくなり、護摩木がくべられました。天川弁財天節分祭_2847

「水と緑と土の豊かさを未来へ」わたしが願いを書いた護摩木もその中にあったことでしょう。

お神酒、恵方巻き、ぜんざいの振る舞いもあり、有り難くいただきました。地元の方がお作りになっているようです。とっても美味しかったです。

節分祭の朝の天川村は、いつにもまして清い空気に包まれているように感じました。

さとびごころ には、天川村の森のことはよく登場します。
天の川温泉やみずはの湯では、さとびごころ が閲覧できますので、天川村へ行かれたらお立ち寄りください。




2月1日、あなんも主催の一員となって農の交流会に参加してきました。

これは、さとびのサポーターである方(Sさん)と意気投合して「やりましょう」 ということになったものです。題して、「堀口製茶さんを囲んで未来の農業や農村を語る意見交換会」!
わたしはエールと賞賛を送るばかりで、何もしてないに近いのです。
ですが、満員御礼でした。(Sさん の日頃の信頼関係に敬服)

さとびごころ では、自然と接する産業である農業や森林業(林業に限定せず広い意味で)には日頃からとても関心があります。「日本の」としてでなく、自分たちが暮らしている奈良という場所での農業や森林業については、あまり知られていないのではないかと思いますし、自分自身も調査取材の連続です。

そんなとき、未来の農や農業を語る交流会を開いて、盛り上げていきたいというSさんと話していて、さとびごころ を編集していく上で貴重な機会となると考えました。農家の皆さんと実際に知り合い、お話を伺い、友交をかわし、新しいアイデアを産んでいけたらと妄想しています(何事も、最初は妄想だと思っていまして)。

場所は、奈良の木をふんだんに使った木造ビル・ぷろぼの福祉ビルと、その1階の食堂になりました。

ゲストとして、鹿児島県志布志市で広大な茶園を経営されている堀口製茶さんをお招きし、イノベーティブな取り組みについて、情熱溢れるお話を伺いました。「広大な茶園でスマート農業が積極的に取り入れられており、先進事例として注目されているだけでなく、地域全体の幸せを意識して経営されているところもゲストとしてお招きしたい理由だった」とSさん。奈良県でお茶作りに取り組む若い人たちや、地域づくりと農との掛け合わせた活動をされている方たちなど、約40名が集い、交流会を楽しみました。

ノーカル-1

これはスペシューム光線ではありません。お茶=Tea の、「T」のポーズです。(堀口さん提唱!)

ノーカル-2

農家さんからは、食材の提供もありました。

あすかルビー
ノーカル_2833

農家のおかあさん手作りのジャムシリーズ。レアチーズケーキにトッピングして食べました。
ノーカル-ジャム

レアチーズケーキ


さとびごころ vol.35 で紹介した 多地区(田原本町)からは、やすまろうどん!

やすまろうどん

地元産の小麦から生まれた 全粒粉のうどんです。つるんとした食感が特徴。
食堂で、チャンプルーにしてくれました。これが好評。ゆで時間は6分がコツらしいです。
やすまろチャンプルー_2831

また、店長が下北春まなを取り寄せました。トレトレの直送です。ソテーになりました。

ノーカル春まな_2825


生きることは、食べること。食べるものは農から生まれます。
加工食品であっても、材料は農産物。
農無くして、生きることはできません。

その農を、美味しく、楽しくいただきながら明日の奈良の農を考え、語り、交流するこんな企画を、これからも継続して行うことになりました。

次回は4/4(土曜日)。およそ2ヶ月おきに、第1土曜日の開催となりそうです。
定員は40名まで。それ以上になると、どうしてもバタバタしてしまうため、先着順40名までとなりますので、ご興味のある方は、募集が始まったらお早くお申し込みください。

募集のお知らせは、FBやこのブログでもお伝えする予定です。

さとびごころ では、明日の奈良の森を考える学習会=あすならもり にも参画していますが、これで農の学習会にも関われることになり、ときめいています。
水と緑と土の恵み豊かな100年住み続けたい奈良へ。
さとびごころ らしい編集、これからも頑張ります。




















 

2月になりました。 そろそろ春一番でしょうか。

コロナウイルスなど弾き飛ばすためにも、免疫力をつけたいですね。それにはやはり、毎日の食と心の余裕ですね。

さとびごころ の編集をしていますと、取材がきっかけで気があってしまうことが度々あります。
杉浦農園さんを初めて訪ねたのは雪の日、エルインクが発行元デビューした32号の取材の時でした。
特集「地酒で味わう奈良」の取材中、風の森(油長酒造)の酒米を育てている農家さんがいること、油長さんや酒店、料飲店さん(風の森ファン)の人たちが集まって田植えや草刈り、稲刈りを手伝う活動「秋津穂の里プロジェクト」が始まったことなどを知りました。その農家さんが杉浦農園ガンバファームを運営する杉浦さんでした。

「一人でやっています」との一言に驚き。

プロジェクトのことは特集内のコラムでお伝えしましたが、もっとゆっくりお話をお聞きしたくなり、後に特集になりました。

農家でない人が就農するときは、自然環境や社会のあり方に対する自分なりの考えや志を持っていることが多いです。杉浦さんも、里山の再生という大きなビジョンに向かって力を尽くして取り組んでいる人でした。

そんな杉浦さんは、酒米だけでなく野菜づくりもされています。野菜は事業としては成り立ちにくいとのことですが、有機栽培されたものは味がいいのでフランス料理のお店に求められるなど、ファンもいます。中でもニンジンに人気があるようなことを、どこかで読んだことがあるような気がします。

さて、タイトルの件ですが、学園前にある自然食品店かんとりぃさんは「さとびごころ が読める場所」になっていただいており、毎号お届けしており、個人的にもあの島根県の木次パスチャライズ牛乳が買える店として赤丸付きのお店です。

カメラを向けると、ひょうきんになる店長さん。





ある日の会話で、店長さんが「もっと奈良の野菜を扱いたいけど、よく知らないんですよ」とおっしゃるので、(あれ、さとびごころ をお送りしているのだけど?と思いつつ、案外みなさんご多忙でお読みにならないのだと悟りつつ)「杉浦さんをご存知ですか?御所の有機農家さんです。詳しくはバックナンバーをご覧ください(やはりさとびのことは言わないと)」と、記事をお勧めしました。

店長「御所ですか。よく通るところなので仕入れに行けますね」 との一言に食いつくあなん。

杉浦さんにも連絡をしたところ、あっという間にお店に杉浦さんのニンジンが並びました。

杉浦農園さんの人参_2809


あまりの素早さに、お二人に脱帽です。

さとびごころ に関わってくださる方たちのいい繋がりが生まれることは編集部としてはこの上ない喜び。これからも、小さなチャンスを作っていけたらと思います。


あなんの余談

現在発売中の40号から、杉浦さんのコラム連載が始まりました。「杉さんの里山再生考察録」です。一人で始まった農業のその後とビジョンを語っていただきます。24ページを見てください!

1月19日の日曜日、のまはら農園様にお誘いいただき、新年会に参加させていただきました。


のまはら農園_2743


蕎麦打ち師匠に教わって、蕎麦打ち初体験もしました。

のまはら農園__2745


のまはら農園_0021

フォローしていただきながら、なんとか、やればできるものですね。


のまはら農園_2749

こちらの座敷でお昼ご飯、と少しお酒も!

のまはら農園_2747

のまはら農園__2750

 

のまはら農園の高橋周介さんは、さとびごころ バックナンバー(24号)でご紹介したご縁です。

vol.24特集 3.11と奈良

vol.24(2016 winter)奈良県被災者の会代表高橋周介さん


3.11を機に奈良に移住され、県内に避難されてきた方のサポートもされました。「みんな落ち着いてきていますよ」と聞いて、少しホッとします。避難された方にもお会いしました(※)。もうすぐまた3月がやってきますね。

のまはら農園様も、着実に発展されています。


高橋さんの作物は奈良コープさんでお取り扱いされています。春からは、のまはら農園特製の味噌の販売がスタートするそうですよ。高橋さんが育てた黒大豆が原料にな理、のまはら農園内に新設された加工場で製造されます。


援農の受け入れもされているので、一度参加させて頂こうかしら。


※ 実際に避難された方から直接、この10年間のことを伺いました。とてもポジティブな人で、笑顔がキラキラしておられました。が、ホットスポットと知らずに外出していたこと、その髪を洗わずに赤ちゃんを抱いていたこと、買って数年の家を諦めて関西に来てから何度も引越ししたこと、現地に仕事のあるご主人とは別居されていること、お金の面でも精神的にも大変なものを乗り越えてこられたことが伝わってきました。食べ物のこと、化学物質のこと、切実に気を使っていらっしゃいます。今は奈良の人となって、さとびごころ にも大変興味を持ってくださいました。(Nさん、これからも宜しくお願いしますね。)


あなんの余談


高橋さんの新年会で、さとびつながりのゆきちゃんこと田村由貴さんに会いました。vol.19の特集「地域起こし協力隊活躍中!」でわたしが取材した人です。それ以後も、折に触れてご縁があり、ご無沙汰していても、どこかで遭遇する人なのです。

vol.19(2014 autumn)地域おこし協力隊活躍中より

右の方が、当時のゆきちゃん。(左の加納さんとも、以前マルシェでお会いしましたっけ)今も、都祁にしっかりと根を下ろし、お嬢さんは少女に成長され、いろいろあっても前向きで、とても安心しました。実は、40号特集でご紹介した羽間農園さんのお米で、地元の酒蔵倉本酒造さんの醸造による特製の日本酒を販売しているのがゆきちゃんです。

 羽間さんちの天日干し自然栽培米純米酒 結

ゆきちゃんが運営するサイト都祁の自然食品屋 まめのんきさんでも、購入できます。ただいま在庫がほとんどないそうですが、4月からは今年バージョンのお酒が発売されるそうですよ。贅沢な日本酒ですね。ぜひ飲んでみてください。




 

miurasan

冬号の準備中です。

いつも連載をお願いしている三浦雅之さん&陽子さんご夫妻と打ち合わせしました。あなんとは旧知の間柄のため、打ち合わせよりも、ついつい話で盛り上がってしまうのですが。。。。

 

次号からは、三浦さんからのご提案で、少し趣向を変えての掲載となりそうです。さとびリーダーの皆様、お楽しみに。




hamanouen

 羽間農園さんへ。

冬号(vol.40 2020 winter)の取材で羽間農園さん(奈良市都祁南之庄町)を訪ねました。

休耕農地を開墾して自然栽培のお茶やお米、野菜作りに取り組んで12年。若い頃から知っているはまちゃんこと、羽間一登さん。2011年秋号(vol.7)で紹介させていただいた頃は独身だったけれど、今は可愛い奥様と赤ちゃんも一緒です。

少しもブレないで自分らしい生き方を貫き、周りの人たちにも愛されているはまちゃんのこと、再び紹介できることを嬉しく思います。どうぞ冬号をお楽しみに。。

追伸、羽間家では、ガスを引いてないそうです。
「え?どうしてるんですか」
「薪ですよ」(笑顔)
そんなところもはまちゃんらしい!のです。普段の暖房は、薪ストーブ。でも取材の時は、私たちのためにファンヒーターを出してきてくださいました。

台風19号の影響で、ギリギリまで開催されるかどうか危ぶまれた「風の森アキツホ特別純米 無農薬の米作り」は、予定通りの10月13日、今年も開催されました。
 

35号特集「農がつなぐ人と土」でご紹介した杉浦農園さんの取り組みです。編集部阿南も参加してきました。


証拠写真↓

阿南

田植えの時の幼かった苗が、株を増やして黄金色にお米を実らせました。ちょうど片手で握れるほどになったところを掴んで、カマでぐさっと刈りますと、ちょっと気持ちいい。でも、手刈りで全てを行うのは、人手のない現代では現実的には無理です。

ただ、こうしてイベントとして体験させてもらえて参加者は楽しく、お酒を楽しみにできますし、

杉浦さんは、ぬかるんだ所はコンバインでは刈りにくいそうで、そこをボランティアがやることで助かるそうです。


途中の写真を撮るのも忘れて、黙々と集中してしまいました。


3枚の田んぼの稲の手刈りは、みんなでやると、ぐんぐん進み、

景色が変わっていきました。


終了後は「風の森と鍋の会食」。前日から杉浦農園さんが準備してくださったイノシシ汁をいただいたり、

油長さんが用意してくださった風の森を、存分に飲ませていただき、参加者はみんな嬉しそうでした。



来年40号からは、杉浦さんのコラムもスタートします。農を通して里山再生に取り組む杉浦さん(写真下)の考察録を、どうぞお楽しみに。


杉浦さん

杉浦さん、油長酒造の皆様、大変お世話になりありがとうございました。


杉浦農園さんや、風の森の特別純米を無農薬で栽培する取り組みを紹介した特集は こちら


なお、こうしている間にも被災され、苦しい思いをされている方々がいらっしゃることに、心からお見舞い申し挙げます。
1日も早く、安らかな生活が取り戻されますことを祈ります。 



明日なら1

すっかり涼しくなってきましたね。
台風の影響が報道されています。放置された森の木が倒れ、電気の復旧が遅れているなどの
報道もあります。。 林業は「業」である限り儲からなくなったら放置されてしまいますが、
災害のことを考えると環境保全としての林業の側面は放置できないことです。
そんな林業、30年近く森や林業を取材しておられる森林ジャーナリストの田中淳夫さんによると「絶望」なのだと言います。
今回のあすならもり (明日の奈良の森を考える学習会)は、先月出版された同タイトルの本「絶望の林業」をテーマに、田中さんをお招きして9月21日、奈良市で開催されました。あすならもり には、さとびごころ 編集部(オフィスエルインク)も、協力しており、毎回レポートを掲載しています。
次号(39号)は、第10回の古川氏のレポートになりますので、田中氏のお話は来年40号でお伝えすることになると思います。

今回の様子は、主催の森林総合監理士会のブログでも報告されています。

上記の通り、絶望の先の希望の方にウエイトが置かれていました。『絶望の林業』は、あえて当日会場で買い求め、せっかくですのでサインもいただき、読んでみました。こちらには、8割以上のページを割いて、なぜ「絶望」なのかが書かれています。

日本の林業が衰退した理由に、必ずと言っていいほど「安い外材に押され」という言葉が出てきますが、
それだけではないことなども書かれています。田中さんは、少し「人とは違った意見」を出す方なので、一方的に思い込んでしまいがちなところを、考え直してみる機会を与えられます。

希望の林業としては、吉野林業方式の話が出てきました。奈良県で暮らしていると気づきにくいのですが、吉野林業が生んだ方式は世界的に見ても優れていると、有識者の方たちからよく聞きます。現代にカスタマイズするには、どうしたらいいのでしょう。
収益は、「今そこにある資源」を商品にしていくのがいいと田中さんは言います。自然資源を対象とした場合は、マーケットインは合わないと。


編集部は、林業のプロの立場ではありませんが、環境としての森に直接関わる林業に関心を持ち続けています。それは、林業で稼ぐかどうかに関わらず、誰もが関係していること。

田中さんの言葉で言うと「森林環境の維持向上により、森林と人との恒久的な共生を図る」ことは、持続可能な社会づくりにどうしても必要なことだと思います。

どんな人たちがどんな思いで、「絶望」に抗い、取り組もうとしているのか、この奈良でのストーリーをこれからも紹介したいと思います。

お馴染みになってきた交流会。
奈良で森林に関わる人たちの顔ぶれが揃います。
明日なら3

利害関係をひとまず横に置き、生の人間関係から明日の奈良の森づくりのための、つながりが生まれていくことを願っています。

(写真は奈良県森林総合監理士会ウェブサイトからお借りました)


↑このページのトップヘ