さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、発行のお知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: 次号以後のこと。

季節によりそう食養生vol.42

42号からの新連載 季節によりそう食養生-夏-

旬の食べ物には、そのとき摂るべき要素が自ずと含まれているものです。旬を問わずに食べ物が手に入る時代なればこそ、体を元気にしてくれる食の知恵を取り戻したいですよね。

夏号からは、「菜食ごはん休日ダイヤ」の三瓶歌奈子さんに、「食で命を養う」ことを感じさせてくれるエッセイ&レシピを連載していただきます。


三瓶さんは、宇陀市の店舗の運営ののち、4月からは食養アドバイザー、ケータリング等の活動をされています。

夏号がおてもとに届くころ、夏の土用(7/19〜8/9頃)に入ります。季節によりそい、食養生してみてください。わたくし、三輪そうめんを確保、スタンバイいたしました!




-----------あなんのメモ--------

宇陀市の人気カフェ「菜食ごはん休日ダイヤ」さんがクローズになると聞いたのは今年の春。

店主の三瓶歌奈子さんから「これからは、料理教室なども考えています」とお聞きしていました。

夏が近づき、お願いしていた連載の原稿が美しい写真(編集部の撮影では、なかなかこうはいきません)と共に届くと、プロフィールには「食養アドバイザー」とありました。新しい活動が始まったのを確認して、嬉しくなっています。。


歌奈子さんは、もともとはグラフィック系の職にあった方。ご自身の体調のことが原因で、食を勉強され、オーガニックレストランで経験を積まれていた頃、3.11が起こります。しばらくののち、やはり体調に不安があったために、移住を検討されました。そして、奈良県の移住体験ツアーをきっかけに奈良への移住となったのでした。仲間といっしょにお米づくりなど、農的な活動もされています。
 

「菜食ごはん休日ダイヤ」さんは、古民家のたたずまいと、センスあふれるインテリアや食器などがよく似合う美しい店でした。これからの連載にも、歌奈子さんのセンスがたっぷりと反映されるのではないかと、楽しみにしています。

歌奈子さん、これからもよろしくお願いします。 





近自然の川づくり水制

綺麗な川ですね。高知県の伊尾木川という川です。


手前に三角形をした石の集まりのようなものが見えますね。これを「水制」と言います。


護岸による影響で、それまで蛇行していたみお筋(水深が深いところ)が直線的になり、同時に川底も単調になってしまうことがあります。

この流れは、自然の復元力だけではなかなか元に戻りません。


この川では、治水面で必要な既存の護岸を残しながら川の瀬と淵を再生することが試みられました。

これに使われたのが水制です。


水制は、かつては、治水や舟運の目的に使われていたそうです。


これによって、流れの向きを変えたり水の勢いを調整したりするそうです。



なんで、これで水の流れや勢いが変わると思いますか???
この夏、川遊びをされることがあったら、あるいは、お近くにさらさら流れる水路などがあったら、

(水が流れていることが必要です)

その流れの中に、石をひとつ置いてみてください。ゲンコツくらいの大きさでないと
わかりにくいかもしれません。 

水の流れが石にぶつかり、そのぶつかったところは石を通り過ぎるところでクッと流れが早くなっています。


これを、写真のように配置すると、水制の先端のほう、、、川の中央近くで水がぶつかり、
クッと早くなるのです。白波がたっていますよね。

早くなったら、どこかで遅くなります。それが(水制を通り過ぎたところの)岸辺のほう。。。

こうして、水の流れや川底の状態も多様になっていきます。

水の流れがゆるやかな場所は、魚の休憩地にもなりますし、水棲昆虫も暮らしやすい。


生態系は、食物連鎖でつながっています。
底辺の生き物が生きやすいほど、それを食べる生き物が生きやすくなります。
だから、虫やコケや貝や草、多様な生き物が 生きられる場所が豊かな川です。
その生態系のてっぺんに、わたしたち人間がいるのです。


近自然河川工法の普及に尽力された福留修文氏は、生態系の底辺の生き物に対する
思いやりがありました。と、わたし(あなん)は、約30年くらい前、お人柄に直接触れて感じていました。

それは、生態系のてっぺんにいる人間への思いでもありました。

自然のままならば、近自然河川工法を施す必要はありませんが、人間には利水・治水のため

どうしても川の工事が必要です。そのとき、
人間が自然のほうへ近づく思想に基づく技術をもって行おう、というのが
近自然河川工法。 治水・利水と環境が両立する川づくりの技術です。


生態系を守るとはどういうことかを教えていただき、
社会においても、弱い立場の人を大切にできない社会は

結局はてっぺんの部分も成り立たないのではないかと
置き換えて考えることができました。


わたしは、さとびごころの編集と発行を当オフィスから行うことになったとき、

必ずや近自然河川工法のことを取り上げたいと思っていました。

しかし、福留先生は、2012年にお亡くなりになっています。

福留先生ご自身にご寄稿をお願いすることはできません。

ですけれども、奇跡的な幸運のおかげで、福留先生の薫陶を受けた人がいることがわかりました。
それが、今回寄稿をお願いした有川崇さんです。

おそるおそる連絡をとり、高知へ行き、有川さんを訪ねました。

そして快く、寄稿を承諾していただくことができました。

こうして、前後編にわたる「近自然の川づくり」の記事ができました。
有川さんは、素人にも理解できるよう、近自然河川工法のほんのさわりの部分だけを
わかりやすい表現で苦心して原稿を書いてくださいました。

(通常は、河川設計のプロとして、専門的な言葉を駆使して難しい文書を作成されていることと思います)
あらためて感謝いたします。


そして、この記事を通して、身近な川、森の中を流れる渓流など、
いろいろな川を眺めるときに、生態系のこと、そしてやがてはダムを経て水道管を通して
蛇口から流れ出る水のことなどを思っていただけたら幸いです。



なお、有川さんを知るきっかけになったのは、下北山村で魚道が改修されるにあたり
その設計を福留先生の弟子と言われる人が設計されることになった・・・
という情報が舞い込んできたからでした。


この魚道のことは、バックナンバーで北直紀(今やさとび仲間)さんが書いてくれています。


http://satobigokoro.org/archives/1743  


夏号がお手元に届くまでの間、こちらの記事もぜひお読みください。
(筆者の鮎愛?が伝わるでしょう)



  


近自然の川づくり。夏号(後編)では、治水・利水と環境とが両立する心地よい川づくりに取り組む有川崇さんの寄稿で、実例とともにより詳しくご紹介しています。


夏号発刊まで、もうしばらくお待ちくださいね。

また、高知へ行きたいなあ。


有川さんの研究所

https://kinshizen-river.net/


春号は、夏号発刊のころ、ウェブサイトにアップします。こちらに前編が掲載されていますので合わせてお読みください。 

IMG_0655

あじさいの花が美しい季節です。梅雨の晴れ間には緑も、輝いていますね。
IMG_0700

写真はいずれも、活動中に「きれいだな」と思って撮影したものです。


コロナの件が落ち着きを取り戻す中、あちらこちらへ動きつつ
夏号の準備を進めています。

次回の特集は「美しい森」というテーマでお送りします。
美しい森の風景写真がたくさん!といういうようなものではありませず
森についていろいろと考察してみる内容となっています。
自然に近い森は、経済的にも環境的にも価値が高く、美しいのではないか
そう思って企画しました。

どうか、一人でも多くの方に読んでいただけたらと。。。

奈良を代表する林業家、岡橋清隆氏へのスペシャルインタビューも実現いたしました。

なんて、ここでひっそり書いているのがもったいないような
取材の時間を過ごさせていただきました。

これからさらに大詰めになっていきますけども、
楽しみにしていただければ幸いです。 

  

さとび41

毎年春が訪れます。人間が泣いたり苦しんだりしている時も
花は咲いてくれます。
今、桜が満開。次の雨が降ったら、散り始めるでしょう。
事務所の近くにも桜の木があり
一人でお花見をしました。  


今回は、絵師さんが、かわいらしい表紙を描いてくださいました。
取材地は「甘樫 の丘ですか?」と尋ねる方がありましたので
絵師さんに確かめると、その通りだそうです。

 

今回の特集は、家をテーマにしたのですが、
偶然にも外出を控えるべき事態に遭遇し
家で過ごす人も多いことと思います。
自宅が楽しく居心地がよく、自然の豊かさを取り入れ、
環境にもやさしいものだったら、、、という想定で
3人の方のアイデアや取り組みを紹介していただいています。

トップには
建築家の方に、想像上の家を描いていただきました。
編集部が申し訳なくなるほどの力作が載っていますので
41号が届いたら、たっぷりお楽しみください。

発送開始になりましたら、続報をお伝えします。


追伸

購読のお申し込みがうまく届かなかったケースがあったことがわかりました。
該当の方には大変失礼なことになってしまい、申し訳ございません。
原因を調べ対策をしているところです。

もしもの場合は、発行元のエルインク(あなん)までご連絡ください。
info@office-l-ink.com
こちらは正常に受信できております。


追伸の追伸 近所の桜

IMG_0260

IMG_0262

IMG_0259







 



 

  

40号

今年も残すところ、今日限りとなりました。

年末ギリギリまで40号の準備で動いていた編集部ですが、今日からはお正月モードに入ります。(^^;)。

次号の特集は予定を変更し、農をテーマにしました。年明け中旬には、メンバー(定期購読の方、サポーターの方)のみなさまのお手元にお届けいたします。

2018年から当オフィスエルインク(発行人がフリーで活動する屋号です)が発行することになり、FBページを立ち上げました。少しずついいねをいただく度に、励まされました。今年も一年、ありがとうございました。


昨年は、SDGSのことが語られている記事を多く見かけました。

国際的には、地球環境の危機について正面から向き合う動きが活発になっているように感じます。

日本はダメだという記事も見ますが、政治などの表舞台とは別に

人々の暮らしの中には、日本人が培ってきた自然と共生する文化が農山村を中心に受け継がれているとも感じます。

現代を生きるわたしたちには、きっと、その才能があるはずです。

人口が減っていく、未体験ゾーンに突入する時代。

今生きている人のほとんどは戦後の文化しか知りません。わたしも含めて。

何事にも、今までとは違う考え方、取り組み方が必要になってきます。

そのヒントは、空から俯瞰するような視座と、足元から考える姿勢の中に見つかるのではないでしょうか。


自然と文明が調和する未来を「今自分たちが暮らしている場所」に立って夢見ながら、これからもコツコツと編集活動を続けて参ります。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。


https://www.facebook.com/satobico/

39

絵師さんからは2パターンでてきたのですが
これにしました。秋の実りの風景。
田んぼの絵が多く、バックナンバーと似ていて、すみません。

表紙のイラストは 多くの方からご好評いただいております。

特集のテーマは「街路樹考察」
街路樹をテーマに、数名の方からご寄稿いただきました。
美しい街路樹のある街は、そこに暮らす人を表しているそうですよ。

今回は、編集長の体調不良もあり、少し遅れ気味に進行しましたが
現在のところ印刷中です。もうすぐお届けします。
定期購読メンバーの方、サポーターの方を優先させていただいてます。

これから発送の準備、そして冬号の準備に取り掛かります!



  

世間はお盆休みモード。
奈良市内は、観光客で賑わっています。
台風も近づき、中止になったイベントもあるそうですね。
今のところは嘘のように、いい天気です。

秋号(39号)の打ち合わせに、森のねんど研究所を訪ねました。

IMG_7098

あいかわらず、気持ちが安らぐ場所です。
IMG_7089

IMG_7088

IMG_7095

IMG_7097
私の大好きなおじいさんも、笑っていました。



今日はここでランチをいただきました。
IMG_7075

庭に面した場所に、キッチン道具が並んでいます。
IMG_7090

IMG_7070

こちらは、ホワイトガソリンでなく、安価な灯油で火を使えるように改造したのだそうです。
「災害時に、活かせるかなと思って」(みちやすさん)
いつ何時も、工夫すること、作ることが、好きな人。しかも、可愛く。

IMG_7094


 IMG_7093

ご飯が炊けました。カレーをいただきました。

森のねんど研究所には、さとびごころ やみちやすさんのコンセプトブックも置いてあります。

IMG_7071

森のねんどの物語は、さとびごころ とも相性のいいものです。
捨てられるはずの木屑がねんどになり、美しい作品に変わって価値を生み出しています。
木屑以外の素材もすべて自然素材なので
最後は土に還ることができ、一切の有毒物を出さない。


森のねんどづくりは、新しいマテリアルを開発することという目的にとどまりません。
森のねんどの物語の始まりから終わりまでが、
環境や自然と調和した社会のあり方をメッセージするもの。
適切な規模の経済を作り、やさしい社会へシフトしていこうという
提案がこもっています。

環境を汚すかわりに社会にいいことをしようというのではなくて
環境(自然)にも、社会(人)にも 優しさのあるメリットをうむ
あり方を そもそも 作っていくことが求められている・・・
というところでは、いつも話が合います。 

みちやすさんの作品が与える感動が
そんなあり方へ続く扉を開ける鍵の一つになったらと思いますし
さとびごころ もそれを伝える媒体になれたらと思います。 

森のねんどの物語、さとびこころでの連載は秋号も続きます。

http://森のねんど.com 





 







  

カレンダー

早いもので、今年も半分を過ぎました。早過ぎませんか?(年齢のせいでしょうか??)
7月はさとびの発行月です。ただいま、印刷工程に進んでいます。
今回の特集は「川で遊ぶ!」。

水の源、渓流での遊びをご紹介しています。「川っていいなあ」と思っていただければ幸いです。

今回は、アウトドアガイドとして、また山守として活動している山下淳司さんに協力していただき、「そ、そ、そんなことするの?!」と、思うような川遊びを紹介してみました。

2


わたくしは、アクティブな遊びはもう体力的にも気力的にも難しいのですが
「ただそこにいる川遊び」が大好きです。
特に、街中の暑さから逃れて山里へ行き、清流に足を浸しているだけでも幸せです。
体に溜まった電磁波のようなものが、デトックスできる気がします。
水際に、椅子を持ち出して、お気にりの文庫本などを読んでいるのも最高。
外で食べるご飯も最高。バーベキューなどしなくても、お弁当を持っていくと
とんでもなく美味しく感じます。 
そんな時は、大勢の人がワイワイしている場所よりも、静かな場所が好ましく。
そんな場所を探すのがひと苦労ですが。。。  
(もし見つけても、教えてあげられない 笑) 

我が家には、幸いにも無類のアウトドア遊び好きおりまして、
夏になるとあちこち 出かけるのですが
(あ、出かけるのは「年中」でした)
その距離は昭和から平成にかけて、どんどん遠くなってきました。

都会の人が「綺麗!」と喜ぶ川に、天然鮎はもういない、、、というのが現実です。
奈良で伺ってみると、「昔は湧くほど鮎がいた」と言う声を頻繁に聞きます。
昔といっても江戸時代ではなく、ほんの何十年前か前のことです。
 

ですけれども、これからです。これから、また新しい希望が生まれていくのだと思います。
とても長い年月がかかるかもしれませんが。

鮎であれば、天然の鮎が育つ環境を人が手助けすれば
毎年稚鮎を購入して放流するコストは減るのではないでしょうか。。。
自然環境を人工的に変えた分だけ、手がかかります。
一度介入したら、最後まで手をかける必要があります。
それを、自然の摂理に合わせる分だけ、人も自然も、豊かになれないでしょうか?
というふうなことを、さとびごころ は思います。 

それは、アウトドア遊び人の願いでもあります。
山下さんは、いま森の守り手としても活動中。
そして、将来の夢は、、、。

夏号で語っていただきました。
P6120196


皆さんも、今年は川と仲良くなってみませんか。 
渓流に行くだけが「川と仲良く」 とは限りません。
あなたの街を流れる川を、一度ゆっくり眺めてみてはいかがでしょうか。 





新元号も発表になり、令和の時代が幕開けとなりますね。
これからのすべては「平成最後の」になりますね。

4月10日発刊のさとびごころ37号も、平成最後。

表紙はこんなかんじ。
絵師が2枚の絵を送ってくれたのですが、
空の色がよいなあと思って、こちらにしました。
37


次回の特集は、「しあわせな老い」です。
親の世代を介護する人。自分自身がそろそろ老いを感じている人。
まだまだ先のことだけど、高齢社会になっていく未来をどうとらえるか、考えている人。
いろんな方に、しあわせな老いのイメージを描いてもらえたらと思って企画しました。

このブログをご覧の方だけに、FBに先駆けて
内容をお知らせしまーす。

37特集コンテンツ
映画「人生フルーツ」は、雑木林のある住宅地開発を提唱した(だけどできなかった)建築家夫妻の物語。周囲の何人もから「あれは良かった」と聞きます。しあわせな老後を考えるきっかけになる作品ではないかと思って、プロローグに。さとびでは初執筆となる若林さんにお願いしました。

そして、農村と山里で 笑顔で暮らすおじいちゃんやおばあちゃんを
奈良で大活躍のライターさんである赤司くん、西久保ともちゃんにお願いして
取材していただきました。(お二方とも、バックナンバーで何度も執筆をお願いしてきました。いつもありがとうございます)
どちらも、作物を育てていらっしゃることと、笑顔とは無関係ではないと思うのです。
何かを作る、育てる、手をかけて、結果を楽しむ。
そして、見えないものに感謝する。
そういうことが、しあわせな老後には大切だと思えてなりません。

また都市部では、「誰もがお世話になるかもしれない」老人ホームをとりあげました。
介護のプロでもあるライターいおりちゃんの目線による文章をどうぞ。

ここで暮らすお年寄りの表情が、やわらかいのが大変印象的でした。
文中では出て来ませんが、編集部が取材に同行する中で、スタッフ数人の方に立ち話で
「ここでの仕事、いかがですか」とお声かけしました。
取材中ということもあるかもしれませんが
「ここで働かせてもらえるのは、ありがたいです」
という声が多かった。とかく厳しいと聞くことが多い介護の現場。
こまやかなサービスのためには、スタッフの水準も高いものが求められるのではと思いますが、利用者に配慮するだけでなく、介護する側の人たちの待遇面にも配慮されています。

寿命が伸びても、ベッドで管につながれているのは残念です。
できるだけ楽しく、老いを受け入れながらも健康でありたい。
それは、国の負担を減らすことにもなるのですから、しあわせな老後は社会貢献だと思います。

読者の皆様、今回もどうぞお楽しみに。
さとびごころ37号を、よろしくお願いいたします。








35号(2018 autumn)が最終チェック段階になりました。

今回の表紙はこんな絵。。。ときどき、線路を描きたくなる絵師さんです。
特集のタイトルが被るので、実際にはかなり隠れます。。


35


バックナンバーの34号(天川特集した夏号)も、もうすぐウェブ解禁いたします。


現在のところ、最新号の発行とほぼ同じタイミングでひとつ前の号を公開しています。
有料のマガジンなのに、なんで公開するの?と聞かれることがございます。
たしかに、、、ウェブで読まれた方が、購入してまでお読みになるでしょうか?
アホか?と思われることと思います。

ですが、さとびこころを知っていただきたいのと、
有料で購読される方は、まだまだとても少なくて、

渾身の記事がバックナンバーとして隠れてしまうのは

なんとも惜しい!のであります。
さとびの記事はすべて書き下ろしです。
志で執筆してくださる方からの、ラブレターなのです。

無料で読むだけの方がおられてもいいのです。

さとびの気持ちが伝わるなら、嬉しく思います。

そして、もしこんなマガジンを応援してくださいますれば、

ぜひ定期購読(HPフォームより)のお申し込みをしていただければ

編集部は大変はげまされます。
よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ