さとびごころ編集局のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集局からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: 最新号ができました。

31-表紙


秋も深まる今日このごろ、、、いかがお過ごしでしょうか。
さとびごころ31号ができました。

近日中にHPでも公開します。http://satobigokoro.org/
冊子でお読みになりたい方は、地域研究会俚志までご連絡ください。
このごろ、品切れするようになって参りました。ご希望の方はお早めに。。。
satobigokoro@gmail.com


また、奈良市内のみとなりますが、啓林堂奈良店様、豊住書店様、ベニヤ書店様でも
扱っていただいています。お近くの方は、どうぞ。。。


Vol.31  2017 autumn

特集   ジビエと獣害

04    プロ中のプロと信頼される観光とともに生きる猟師 天川村・阪口正さん   
05    マイクロ・ジビエプロジェクトで猟師の育成に伴走する 天川村・植村正和さん 
06    地元の加工ジビエが地産地消カフェの看板メニューになるまで 
     上北山村・原口清隆さん 土田祥代さん 
08    猟師との信頼関係が生み出す絶品のジビエ料理 
     奈良市・西岡正人さん(リストランテ・リンコントロ)
10    「獣害」がもたらした山腹崩壊、森林の後退、農作物被害の実態を俯瞰する
      —吉野・五條からの報告— 神野武美(フリージャーナリスト)
14    ジビエを味わってみませんか
   リストランテ ペック/ 映山紅/ジビエール五條/中華料理たんぽぽ/「おいしいならジビエ提供店」
    

[企画取材]
20    この人の話がききたい
    人形作家みちやすさんが
    森のねんどにこだわる理由


[コラム]
24    のまはら農園の面白い日々
     吉野の会便り
25    醤油小噺
     京終かいわい散歩
26    さとび的読書さんぽ
      一問一答 
27    編集後記   
     さとびごころ販売・配置スポット

[連載] 
15    《「講」から地域自治を考える》 第13回 近世における村落自治と講・宮座 北井弘
16    《森とともに生きる》十四代目林業家 ドタバタイノベーション奮闘記 第6 回 谷 茂則 
18    《地域ブランド大国ドイツ》 第7回 新刊書籍『第二帝国』(上下巻)を編纂して 柳原伸洋
19    《家族野菜のある食卓》 椿尾ごんぼのキンピラ 協力 三浦雅之&陽子
22    《暮らしの自然療法》 その7 秋の実り薬膳ごはん クレメンツかおり


[information]
23    さとびインフォメーション  


運営の交替につきまして

先日の交流会でもお知らせしましたとおり、さとびごころは次号からオフィスエルインクによる運営に変わることになりました。オフィスエルインクは、小さな編集工房です。さとびごころ創刊から編集に関わり、21号からは編集のとりまとめをしてきました。「水と緑と土」をキーワードに、人や自然にやさしい地域社会づくりための活動をしています。
これまでの編集委員の皆様とはご縁が途切れることなく、執筆者として登場していただくことになりますが、新しい顔ぶれを招きつつ、リニューアルしたさとびごころをお届けできるよう、また、あたらしい読者様との出会いを重ねていけるよう、努力しますので、よろしくお願いします。
(オフィスエルインク代表 阿南セイコ)





30


ごぶさたしております。前回の投稿が5月でしたから、なんとお久しぶりでしょう。

その間も、こつこつ、さとびごころづくり活動。
そして、やっとのこと30号が出ましたのでお知らせいたします。

今回のコンテンツ。

Vol.30  2017 summer

特集   奈良とお茶(編集局で手分けしてやりました)
04    プロローグ 茶のふるさと 農学博士 寺田孝重  
06    野の花で活ける無法庵の茶花 古美術・友明堂の御主人 田中昭光さん 
07    市民や観光客も参加できる古都奈良での大茶会 珠光茶会 
08    もうひとつの茶所を行く 吉野郡(十津川村・大淀町)
09    大和高原で「やまとみどり」を再び 奈良市(田原地区)
10    気軽にお茶を楽しむ
     ならまちで「静けさを楽しむお点前」を/高山思いのコミュニティづくり
    茶がゆを食べる/茶の湯体験 

[企画取材]
16    《もうひとつの働き方》
     会社員を辞めずに起業。
     クラフトビールで地域貢献を。 
  ゴールデンラビットビール 高橋健さん

20    《この人の話がききたい》
     知的障がい者サッカーで
    「もうひとつのワールドカップ」を目指したい。
  奈良クラブバモス代表・監督
  知的障がい者サッカー日本代表コーチ
  お話をうかがった方=嶋将平さん

[寄稿]
23    大地と共に、自分たちも変わっていける。
  『とようけのもり』の暮らしづくりと「大地の再生」
     フリーライター 小久保よしの



[連載] 
12    《地域包括ケアを考える》
      ナイスケアサポートに学ぶ 信頼される運営とは (有)ナイスケアサポート
14    《森とともに生きる》十四代目林業家 ドタバタイノベーション奮闘記 第5 回 谷 茂則 
18    《地域ブランド大国ドイツ》 第6回 ドイツの茶文化とグローカル性 柳原伸洋
19    《家族野菜のある食卓》 ドイツ豆の胡麻和え 協力 三浦雅之&陽子


[コラム]
24    のまはら農園の面白い日々
     吉野の会便り
25    醤油小噺
     京終かいわい散歩
26    さとび的読書さんぽ
     オフィスキャンプ代表坂本大祐とエルインク阿南セイコの一問一答 
27    編集後記   
     さとびごころ販売・配置スポットなど



表紙イラスト/伊藤 満
ロゴ/坂本大祐
表紙取材地/橿原市


少部数限定発行で、お手に届きにくいマガジンですが
啓林堂書店奈良店様、豊住書店様、ベニヤ書店様でお取り扱いいただいております。
お近くの方は、ぜひ!500円です。


さとびごころHPでも近日中に公開します。
読むだけ、の方もどうぞ。

追記 さとびごころ30号はこちらで公開しています。
   
 特集 http://satobigokoro.org/archives/611
 その他 http://satobigokoro.org/archives/630









さとびごころ29号を電子化していただきました。
読みやすくごらんいただけます。
よろしければ、どうぞ!

ebook29

http://satobigokoro.org/wp/ebooks/satobi29/index.html

これからも毎号電子化できるかどうかは、今のところ決まっていません。
今回は共同プリント様のご協力で、できました。ありがとうございます!

ぺらぺらとめくって読めるようになっていますので
ご興味のあるところだけでも見つけていただけたら幸いです。

さとびごころは、少部数発行で、販売スポットも少ないため
編集局に直接お問い合わせいただきますと確実です。




毎号ドタバタしながらも、また新しい号を出すことができました。

(頑張っても頑張っても完璧なものにはらず、折れそうになることがあるのはここだけの話)

今回もご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

奈良でつくる奈良のための奈良のマガジンとして、
限られた紙面ではありますが、今回も渾身の編集です。

29表紙



表紙の絵はいいねえ、といつも言っていただいています。
作者さんは、それを糧に描いてくださってますので、しかと伝えます。

今回の特集は「地域に居場所を」
フリージャーナリストの北井さんが県外の三つの事例を紹介してくれました。

退院してからも高齢者のケアを続ける富山県南砺市の例。
貧困の連鎖をたちきるべく地域で学習を支援する滋賀県野洲市の例。
高齢者を施設から地域へ返す取り組みをする新潟県長岡市こぶし園の例。
奈良からはこども食堂の一例として「たわわ食堂【子ども・居場所食堂】を運営する溝口さんに
お話をうかがい、奈良の居場所プロジェクトも紹介しました。

地域サロン訪問のコーナーでは、
バックナンバーで紹介したこともあるNPO法人サロンドキッズネットさん。
最近、さとびライターとして赤丸急上昇の嶋田貴子さんの取材です。

(話が前後しますが、前回のこのコーナーでご紹介した
「まんま」さんも、地域の居場所でしたね。)

谷茂則さんの連載「十四代目林業家、ドタバタイノベーション奮闘記」は
奈良を代表する林業家岡橋清元さんについて
敬意をもって綴られています。

ドイツの地域ブランドを紹介する連載「地域ブランド大国ドイツ」は
今回はワインと福祉との意外な関わりを。

三浦雅之・陽子さんにご協力いただいている「家族野菜のある食卓」では、
よど豆が登場しました。

自然療法を暮らしに生かす連載「暮らしの自然療法」は
花粉のシーズンにみんなが嫌がるスギとヒノキのアロマ効果について
教えてくださっています。

そして、今回は特別に寄稿をいただいたのは、
児童養護施設出身の映画監督、向井啓太さんの手記です。
「生まれた境遇にとらわれない機会を」
社会的養護のもとで育つ若者たちに、地域も温かい目線を向けませんか。

企画取材では、
天川村の新しいムーブメントになりそうな
「天下村で薪ボイラーによる温泉事業がスタート」のお話。
これから初夏にかけて出かけるときは、天川村、じゃないでしょうか。

また、春らしく「紅をきらめかせる月ケ瀬の烏梅」も紹介しています。

「のまはら農園の面白い日々」「吉野の会便り」「醤油小噺」「京終かいわいさんぽ」
「さとび的読書さんぽ」OFFICE CAMP東吉野の坂本大祐さんに聞く「一問一答」のコラムもお楽しみに。

ネットでもご覧いただけます。
http://satobigokoro.org/

「やっぱり冊子で見たい!」という方は
ぜひ読者メンバーになっていただき、編集局をご支援いただければ幸いです。


余談ですが、最近身の回りで体調を壊す人が多いようです。
(かくいう筆者も先ごろ発熱してダウンしました)
皆様も、どうかご自愛を。










28

ご報告が少し遅くなり、すみません。さとびごころ28号ができました。

http://satobigokoro.org/からも読めます。


特集は「奈良の街道」。
表紙のイラストは偶然ですが「道」っぽい絵になっております。
なんとなく陽がさしている感じがおだやかですね。

今回も渾身の編集です。(前号も言ってましたが 笑)


県内のあちらこちらに道標が残っていますね。
国道のような車がたくさん行き来する道から少しはずれたところに
細く蛇行する道があり、両側に家が並んでいるようなところも
各地にあります。それはきっと旧街道ですよ。
そんな街道のある場所や由来、往時の様子、、、
知っているようで知らないことを
ご紹介しています。



・肘塚(かいのづか)はならまちの南玄関=上海道 
・今の景色に重ねて思う日本人の祈りの道=伊勢街道
・街道の交わるところ=八木札の辻
・橘香る街道の復活を夢見て=橘街道
・市民の手で甦った古道・七曲道=特集連動企画七曲道あるきレポート


地域サロンを訪問するシリーズは「コミュニティスペースまんま」さんへ。

谷林業・谷茂則さんの連載「十四代目ドタバタイノベーション奮闘記」は3回目です。
なぜか林業家の家に生まれてしまった谷さんが、想定外にも林業に取り組み
奮闘する手記です。今回は清光林業様とのご縁が詳しく語られています。

現実の谷さんは、ここからかなり進んだところを奮闘中です。
連載何回目で現在に追いつくのでしょうか?乞うご期待。

企画取材(ひとつめ)は、奈良モノがたり調査。このブログでもご紹介しましたね。

連載「『講』から地域自治を考える」は、日本人の自治精神に触れられます。

連載「地域ブランド大国ドイツ」は、観光と歴史のお話。
筆者は柳原伸弘氏。楽しみつつ、考えさせていただけます。

連載「家族野菜のある食卓」は、農家レストラン粟の三浦夫妻のご協力で作る
大和伝統野菜を育てる小さな農をご紹介するページです。
今回のテーマは「下北春まな」。こんなエピソードがあったとは、というお話です。

企画取材(ふたつめ)は、
二人の女子がマルシェに出店してみた体験をレポート。
大量生産・大量消費とは違う買い方を考えました。

連載、近代農学部の北井忠男先生による「奈良の文化と生物多様性」は
ついに最終回です。
かわいい淡水魚「ペタキン」の棲息を通して
生物が多様に生きていける環境の大切さを教えてくださいました。

自然な療法を暮らしに生かす知恵を紹介してる連載「暮らしの自然療法」は
「冬の薬膳まんじゅうと冬野菜のスープ」。
まんじゅうと言ってもスイーツではありません。
レンコンや山イモなどをすり下ろして丸め、油で揚げたもの。
筆者も、少し簡易な材料で作ってみましたが、ほんとに美味しい!
寒い季節におすすめです。

コラムはこのようなラインナップ
・のまはら農園の面白い日々 (新連載)
・吉野の会便り
・醤油小噺 
・京終かいわい散歩
・読書散歩
・オフィスキャンプ東吉野代表坂本大祐とエルインク阿南セイコの一問一答

一問一答ではロングライフデザインについて聞きました。
モノは愛用していっしょに年をとりたいですね。

興味のあるところがありましたら
お手にとってみてくださいませ。

編集局から読者メンバーやサポーター、取材でお世話になった方への
お届けが始まっています。まだの方、もうしばらくお待ちくださいね。

また、お取り扱いいただく書店がふえました。ベニヤ書店さまです。
また、うだ夢想の里さまにも置いていただけるようになりました。

ありがとうございます。


おわびと訂正
28号 25P 京終かいわい散歩 八木けいこさんは 大八木けいこさんの謝りでした。
おわびして訂正いたします。




秋も深まりました。
ご無沙汰していた更新を。

10月になり、さとびごころ(2016秋)号ができました。

satobi28

特集は「人をつなげる『本のある場所』」ということで
表紙のイラストは天理大学の図書館になっております。

今回も渾身の編集です。下版すると、バタンキューするほど頑張ってます。
一人でもいいから、誰かの心に届くと嬉しいなあ。。。

本のある場所としては、他にもたくさんあるとは思うのですが
さとびごころがつながることのできた
いくつかのスポットを訪ね、
どんな人がどんな思いでその場所を運営されているのか
そこからどんなつながりが生まれているのか
というところに着眼してお伝えしています。

・人文系私設図書館ルチャ・リブロ
・とほん
・bunko cafe 木の子
・ちちろ
・よもやーろ×啓林堂書店奈良店
・ながらよい×町屋貸スペースぼたん
・一箱ふるほん+あるふぁ市(大門、京終、とみ山の三つの玉手箱)
・京阪奈情報教育出版
そして、特集バージョンの「読書散歩」つき!

地域サロンを訪問するシリーズは「うだ夢創の里」さんへ。

谷林業・谷茂則さんの連載「十四代目ドタバタイノベーション奮闘記」は2回目です。
なぜか林業家の家に生まれてしまった谷さんが、想定外にも林業に取り組み
奮闘する手記です。山林所有者の生の思いに触れられるのは、
さとびごころだけかもしれません(笑)

全国誌「ソトコト」の特集でも取り上げられ(こちら)、
その取り組みは広がりを見せています。
バックグランドのストーリーとして、この連載を一緒に読んでいただくのが
おすすめです。

企画取材(ひとつめ)は、十津川材でつくったあCLTビルの紹介を。

連載「『講』から地域自治を考える」は、日本古来のクラウドファンディングに触れていますよ。

連載「地域ブランド大国ドイツ」は、図書館と出版文化のお話。
筆者の柳原氏、特集に合わせて書いてくださったような。

連載「家族野菜のある食卓」は、農家レストラン粟の三浦夫妻のご協力で作る
大和伝統野菜を育てる小さな農をご紹介するページです。今回のテーマは「八ツ頭」

企画取材(ふたつめ)は、奈良市内で玩具店を営みながら
経営スタイルや生きかたが自然体の社会貢献そのものである
「株式会社いち屋」さんを紹介しています。

連載、近代農学部の北井忠男先生による「奈良の文化と生物多様性」
かわいい淡水魚「ペタキン」の棲息を通して
伝統文化と生物の多様性はつながっていることを
紹介してくださいました。

自然な療法を暮らしに生かす知恵を紹介してる連載「暮らしの自然療法」は
クレメンツ先生が「秋のスパイスカレー」を教えてくださいました。
カレー好きの方、自分でスパイスのブレンドをしてみませんか。

コラムはこのようなラインナップ
・七曲道を知っていますか。
・吉野の会便り
・醤油小噺 
・京終かいわい散歩
・十津川プロジェクトとつぶろ
・オフィスキャンプ東吉野代表坂本大祐とエルインク阿南セイコの一問一答

興味のあるところがありましたら
お手にとってみてくださいませ。

編集局は次号にむけて準備を始めています。
そのかたわら、お世話になった方に秋のお届けをしています。

今回ご紹介した場所や関係する方にお会いになることがありましたら
「さとびごころ、読みましたよ」なんて
会話のきっかけになれたら、このうえなく嬉しいです。







今回も少し遅れ気味で、すみません。
ただいま印刷中です(汗)。

読者メンバーの方、サポーターの方には、順次お届けしてまいります。

26-hyoushi w400

今よりも川と人が近かった頃のことを思いだして(若い人の場合は、想像して?)いただけそうな特集です。そして、もう一度川と親しんでみませんか、ということで、5月に行った「谷先生といく 川遊びネイチャーウオッチング」のレポートも載っています。

今回から、新連載、谷林業の谷茂則さんによる「十四代目林業家 ドタバタイノベーション奮闘記」が始まりました!現在進行中の大いなるプロジェクトが、そもそものところから綴られていきます。
山主のサイドからの発信。レアだと思います。
山を持つ人、山で働く人、木の仕事をする人、木を使う人、、、つまり「みんな」で、奈良の山を元気にする繋がりが生まれたらいいな・・・と思います。

その他の記事もぜひ。

ウェブでもご覧いただけます。
http://satobigokoro.org/

最新号の25号(2016spring)をHPで公開しています。

こちらから特集をご覧になれます。
こちらから、その他のページをご覧になれます。

このたびのみちやすさんの口絵は、、、
25contents

春先の、明るさを増した陽射しに、これからの希望を感じていただければと
こちらを選んでみました。


発行部数がごくわずかですので、皆さまに読んでいただける機会がとても少ないマガジンでした。
これまでも特集だけはウェブで公開していましたが、24号からは全ページを公開することにしました。

たくさんの方のおかげで発行できています。
執筆いただいている方は、いつも大切なエネルギーを注いでくださっています。
そこで、少しでも関心のある方と出会いたいと思いまして
出かける先々で、「こんなことをしております」と紹介するようにしております。
先日は、「一度見かけたときから気になっておりましたので、定期購読しますね」と
おっしゃっていただきまして。
大変嬉しく思いました。

コツコツ継続していきますので
これからもよろしくお願いいたします。

追伸

熊本で大きな地震が発生しましたことにつきまして、
被災された皆様に見舞い申し上げます。
3.11と奈良を特集したばかりでした。
たちまち、支援の動きが広まっています。
わたしたち一人一人ができることをしましょう。
今日一日を精いっぱい生きることも、その一つですね。。。



25-hyoushi w400

できました、と書いてしまいましたが正しくは印刷中です(^^;)
まもなく、おとどけできると思いますので
ぜひ読んでみてください。

今回もお世話になったみなさま、ありがとうございました。
後日、ウェブでも公開しますので
そちらでお手軽に読んでいただくこともできます。

取材させてくださった方、ご執筆くださった方、
ご支援してくださる方、
みなさんに感謝しています。

25号から創刊7年めになります。
発行人の大浦さんの編集後記をどうぞ。

希望と不安の2016年度が始まった。世界全体がおかしな状況にあるとの報道が連日伝えられている。
 団塊の世代の責任としてより良い地域を創造し残したいとの思いもあり、7年前に「俚志(さとびごころ)」を発刊し、そして様々な出会いを通じて未来への希望が奈良の地にもたくさん芽生えているとの確信を得ているが、一方でこれら芽生えの動きより速い速度で、未来を作り出す原動力である「民主主義」が形がい化し始めている。こんな時わたしたちはどう行動すればいいのだろうか。
 今考えられる答えの一つは、将来を担う世代とその子供たちと共に「幸福な未来」を想像しつつ日常を生きることだと思っている。「さとびごころ」もそのツールとして発行し続けたいと願っている。
 奈良の地に失望し移住を考えたが、地域をよくしたいと頑張っている人たちとの出会いによりこの地で生きることにした。地球全体を意識しつつ地域でつながる活動を続けていきたい--------これが創刊から7年目を迎えての感慨である。

今回も、編集局からみなさまにご紹介したいこと、満載です。

特集は 画像にあるとおり、奈良の古民家の利用・活用術。フリージャーナリストの神野さん、
コミュニティーライターの西久保さんがペンを奮ってくださいました。奈良のすてきなリノベーション例がいろいろと登場しますよ。

地域包括ケアを考える」のコーナーは、大和山市の中島院長先生から、ケアマネさんとお医者さんのコミュニケーションをとろう、という記事。大浦さんの思い入れのこもっているシリーズです。

そして今回から、新連載で 近畿大学の北川忠夫先生から生物多様性について考えてみるページができました。

森とともに生きる」のコーナーは、一年間続いた久住一友さんの連載最終回。谷林業を退職して久住林業として独立され、夢に向かう思いがつまっています。

特集でも執筆していただいた西久保智美さんには、毎号「ならの『ものづくり』を訪ねて」というコーナーを担当していただいています。今回は、宇陀市にある「虫花風」さんをご紹介いただきました。

講から地域自治を考える」のコーナーは、フリージャーナリストの北井弘さん。講や宮座のなりたちについて紹介してくださっています。

また、前回まで「ドイツの地方自治」を執筆してくださっていた柳原伸洋さんの新連載が始まりました。今回からは「地域ブランド大国ドイツ」。連邦国家として、地域ごとの特色があるドイツの、地域ブランドのものがたりを楽しく綴ってくださり、これからが楽しみです。

そして「家族野菜のある食卓」ということで、毎回、清澄の里粟の三浦雅之さん&陽子さんのご協力を得て大和野菜のレシピもご紹介しています。

暮らしの自然療法」は、イージーに病院や薬に頼るより、自然治癒力を高めたり自然のちからをいただいたりできるようにとの思いで企画しています。自然療法森の学校、クレメンツかおり先生が、美しくて美味しいコールドプレスジュースのことを教えてくださいました。

25号だけの企画取材として、
今回は「奈良型作業道を訪ねて。」を企画しました。
ライターの赤司研介さんを、吉野林業地で、自然の法則に沿って作られる林業のための道・奈良型作業道にご案内し、実際に歩いてみた感想を書いていただいたり、清光林業の岡橋一嘉さんを編集局の阿南セイコが訪ねて思いをうかがっています。
奈良型作業道は、機会がありましたら、ぜひみなさんも視察(観光地ではないため、誰でも気軽に入れる場所ではないのですが)されてみてください。

コラム」にも変化があります。
「すてられそうなものを今の暮らしにもう一度」というテーマで、1年間連載してくださった恵古箱のメグさん、最終回でこれからの活動について語ってくださいました。
新しく、「吉野の会便り」が始まりました。
「さとび的読書さんぽ」は、読書家の嶋田貴子さんの語り口がいい感じ。
「京終かいわい」は編集局のある京終の魅力あるスポットを大浦さんが訪ねています。
十津川村を盛り上げようと活躍する学生さんのコラム「とつぷろ。」もあります。
今回から、ひっそりと、編集局阿南セイコが、今いろいろと話題になっておられるOFFICE CAMP東吉野のデザイナー、坂本大祐さんにお聞きしたコラム「一問一答」も始めました。


年々、少しずつ、さとびごころも成長できてきているのかな、と思います。
一人でも多くの方に愛されたい願いつつ、お届けします。







24-hyousiw400

毎年この時期になると阪神・淡路大震災のことが思い出されますが、
2011年からは、これに加えて春の訪れを感じる頃には東日本大震災のことを
思わずにはいられなくなりました。

今年は5年を迎えるにあたり、
3.11と奈良について考えてみました。


今回からは、HPで全ページをPDFで公開することになりました。
特集とその他のページに分けてアップしています。


特集をご覧になりたい方はこちらへ。
http://satobigokoro.org/archives/332

その他のページをご覧になりたい方はこちらへ。
http://satobigokoro.org/archives/346

(目次ページもアップしています。ご興味のある記事がありましたら、ぜひ)

今回の目次ページもみちやすさんのハートフルな作品が
飾ってくれています。いつもありがとうございます。





追伸・・・・

「やっぱり冊子で読みたい」方は、編集部にメールください(^^)/









↑このページのトップヘ