さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。 http://satobigokoro.org/ https://www.facebook.com/satobico/

カテゴリ: さとびイベント


先日(1月9日)、奈良文化会館小ホールで
「さとにきたらええやん」
という映画の上映会があり、行って来ました。
あらんの家さんは、さとびごころ22号(2115夏)でも紹介させていただいて以来、
ご縁があります。

3回に分けての上映にいずれもたくさんの来場者があり
「居場所」への関心の高まりを感じました。

奈良での居場所づくりは、まだこれからという段階にあると言われています。
でも、その必要性を感じる人たちは増えているのかもしれません。

ここで、居場所つながりのお知らせを。。。


------------------------ --------------------------



さとびごころ発行人の大浦さんには、「奈良介護保険研究会」という
もう一つの活動があります。

そして、大浦さんを交えて最近始まったのが 
奈良「地域の居場所」プロジェクト。

このふたつが共同主催してフォーラムが行われます。

奈良の居場所フォーラム2016
私たちがつくる私たちのサロン

1月15日(祝)13:00〜
東大寺総合文化センター金鐘ホール
前売り500円 当日800円


お問い合わせは、さとびごころメールsatobigokoro@gmail.comでも
受け付け中ですので、ご関心のある方はぜひ。

表

裏

(あ)


さとびごころ次号の特集は道をテーマにしています。

これに連動して、大和郡山市にある
「七曲道」を歩いてみる、という取材を予定しており、
ご希望の方がありましたら(平日ですが)
いっしょに取材に参加しませんか?
というお知らせです。

日時:11月21日(月曜日)午前10時からスタート

集合:松尾寺口バス停(マップ

JR小泉駅から近鉄郡山駅を結んでいるバスで、どちらからでも乗車できます。

協力:大和郡山市環境をよくする会(代表磯三男さん)

持ち物:お弁当持参

コース:集合場所で、軽く全体説明。そこから七曲道を通って松尾寺まで。松尾寺でお弁当を食べながら、磯さんの説明を聞きます。現地で流れ解散。

募集人数:10名程度(先着順)

取材のポイント:七曲道の古代から昭和にいたる物語や七曲道を復活させた取り組みについて

申し込み方法さとびごころ編集局またはこちらまで、件名を「七曲道参加希望」としてメールしてください。(メールのみでのお申し込みとさせていただきます。ご了承ください)

その他

【電車をご利用の方へ】午前9時にJR大和小泉駅に集合されると、途中の道も案内していただきながら集合場所まで歩きます。

【車で来られる方へ】いったん集合場所付近までお越しください(10時までに)。近くの神社付近に車数台は留めるところがあり、そこまで同会の方に案内していただけます。

【松尾寺でのお弁当について】十分なスペースがあり、お寺のご理解もあるとのことです。いっしょに食べると交流が楽しくなるかも!ということで、お弁当タイムを設けました。よろしくお願いします。

【雨天の場合】中止します。参加される方には、直接ご連絡します。不明の場合は、090-2061-6844(阿南)までご連絡ください。

七曲道については
さとびごころ秋号でもご紹介しています。
七曲道

寒くなってくる頃ですので、暖かくしてご参加くださいませ。

お会いできるのを楽しみにしております。


快晴の5月22日、東吉野村にて、大人と子どもたち約20人で
谷幸三先生の楽しい川遊びネイチャーウオッチングを楽しみました。

ざるで川岸の落ち葉がたまっているところをすくい、
落ち葉や砂利を川にもどしながら
残った部分をよく見てみると・・・
小さな生き物たちが見つかります。

それをバット(トレー)に移して観察します。

おたまじゃくし、昆虫の幼虫、魚のあかちゃん、
たくさん見つかりました。
谷先生は、どんな生き物でも名前を教えてくれます。
子どもたちは、だんだんと引き込まれていきます。

中には虫が苦手だったはずのお子さんもおられましたが
いつのまにか夢中で生き物探し。

IMG_1811


IMG_1814

お子さんだけでなく、お父さんも夢中です。

IMG_1817

IMG_1847


生き物観察のあとは、先生の楽しくホットなレクチャー!

IMG_1849


IMG_1848

そして、ひとつひとつの生き物たちのDNAがどんなに大切か、というお話を聞き、
そっと川に戻しました。

IMG_1865


東吉野の川の水は「きれいな水」
きれいな水のところには、多種類の生き物がおり、
きたない水になるほど、単種類で多数の生き物がいるそうです。

貴重なガイドも頂けました。(本当は1冊100円なのですが・・・)
谷先生の手になる精密な生き物のイラストがまとめられています。
IMG_1843



最後にみんなで。。。

IMG_1868

ご参加のみなさまからは、「子どもの頃、こんなふうに遊んだことがあまりなくて、自分自身も楽しかった」「こんなにも多様な生き物が棲んでいたとは、驚いた」「うちの子は虫は苦手なはずなのですが、とても楽しんでいました」「谷先生のお話が最高に楽しかった」「また機会があったら参加したい」など、嬉しい感想をたくさんお聞きすることができました。

この観察会のもようは、さとびごころ夏号(7月発行)に掲載されます。
きれいな水に棲む生き物たちのお話、ぜひ読んでみてくださいね。

ご参加くださったみなさま、谷先生、お世話になったOFFICE CAMP東吉野さま、
ありがとうございました。

なお、駐車場でご迷惑をおかけした丹生川上神社さま、大変申し訳ございませんでした。。。


さとびごころでは、これからも時々、セミナーや楽しいイベントを通して
読者のみなさまが交流できる場を作れたらと思っております。
そのときは、またご案内しますね。






このたび、次号の特集にからめて、イベント企画しました。
水の美しい東吉野村の川で自然観察。楽しい一日にしたいと思います!

小さな集まりですが、関心のある方に情報がとどけばと思います。


初夏の清流で遊びませんか?
楽しさダントツの「谷先生」が案内してくださいます。

講師 谷幸三氏
(一般社団法人 淡水生物研究所 理事 / 環境科学博士)
(おもしろく楽しく自然観察させてくれる先生です)


5月22日(日曜日)
東吉野村 丹生川上神社周辺
開催時間13時から(16時頃まで) 現地集合
定 員 約30名(先着順)お子様OK
参加費 1,000円(中学生以下無料)+テキスト代100円

お問い合わせ・お申し込みは
<a href="satobigokoro@gmail.com">satobigokoro@gmail.com</a> まで!

参加ご希望の方は上記までメールください。
場所がわかりにくい方、電車バスで来られる方のために、別途集合場所を設定する予定です。お申し込みのあった方に個別にご案内いたします。
FB以外でも募っておりますため、定員になりました場合にはご容赦くださいませ。

【谷先生の自然観察会のようす】
子どもたちのハートをキャッチするのが上手です。お子様連れの方もお楽しみいただけると思います。子どもさんに清流を体感させてあげてください。
川上村の音無川の観察会 2015年9月11日

東大寺裏の細流 2014年7月9日

集合場所の丹生川上神社付近のようす

IMG_2410

丹生川上神社の近くには旗が並んでいます
IMG_2411

美しい水です
IMG_2412

階段があり、降りやすくなっています
IMG_2414


今年は暖冬で、寒さに弱い管理人にとってはありがたいのですが、
それとは別に、冬の朝などの冷たい空気に触れるのは、体が清浄化されるような
すがすがしさがあって、好きであります。

アウドドア遊びは春・夏のイメージが強いものですが
冬は蚊にさされないのが魅力で、昔は極寒キャンプ遊びなど、
よくしたものでした。

雑談ばかりですみません。編集局にお知らせがとどきましたので
ご紹介します。
以前さとびごころでご紹介した地域おこし協力隊の一人、
竹中雅幸さんからの、イベント情報です。

ご興味のある方、参加されてみてはいかがでしょうか?

それでは、どうぞ。


エコツアー in 川上村! 冬のイベント情報

川上村地域おこし協力隊 竹中 雅幸

以前、俚志vol.19特集「地域おこし協力隊活躍中」に掲載していただきました、川上村地域おこし協力隊の竹中と申します。大学山岳部で登山を始め、卒業後は登山ツアー専門旅行社に就職。2014年6月に、着地型の観光に携わりたくて、そして山に住んでみたくて川上村へやってきました。
2015年4月より、川上村においてエコツアー事業に取り組んでいくプロジェクトとして、「川上村エコツアー推進プロジェクト“山遊び塾 ヨイヨイかわかみ”」を始めました。現在はモニターツアー期間中で、毎月違うタイプの様々なエコツアーイベントを行っています。今回は冬の間のイベントをご紹介させていただきます。よければぜひ、川上村に遊びにきてください。

★1月のイベント
「冬の天然洞窟探検ツアー~こうもり観察会と“おくどさん”体験~」

日時:平成28年1月31日(日)
集合:10:00 川上村役場前
解散:15:00頃 川上村役場前
料金:大人5,000円/こども2,500円
対象:小学生以上

観光地化されていない天然の洞窟をご案内。NPO法人東洋蝙蝠研究所理事・細川慎太郎さんをお招きし、洞窟内で越冬するこうもりの生態や観察のマナーについて学びながら洞窟を探検します。その後、創業130年の老舗旅館・朝日館にて、昔ながらの“おくどさん”(カマド)を使った炊飯体験を行います。

★2月のイベント
「氷瀑めぐりツアー」

日時:平成28年2月7日(日)
集合:10:00 川上村役場前
解散:16:00頃 川上村役場前
料金:大人5,000円/こども2,500円
対象:小学生高学年以上

大小さまざまな氷瀑を求めてのスノーハイキング。林業地である川上村ならではの工夫"木蝋"で暖をとったり、ご飯をつくったりもします。昔ながらの生活の知恵を楽しみながら学びましょう。冷え込みの厳しいこの時期ならではの、冬の恵みを楽しみます。

★3月のイベント
「筏場道ハイキング~秘湯の野湯・五色湯を探せ!~」

日時:平成28年3月5日(土)
集合:10:00 川上村役場前
解散:16:00頃 川上村役場前
料金:大人5,000円/こども2,500円
対象:小学生以上

古道「筏場道」をたどるハイキング。筏場道が切り開かれた経緯、大台ヶ原や林業との関連を交えながら、江戸時代の湯治跡「五色湯」を訪ねます。

各ツアーの詳細・お申し込み・お問い合わせは、下記Webサイトをご覧ください。

山遊び塾 ヨイヨイかわかみ Webサイト





satobi-mise


こちら、さとびごころの交流スペース仮称「よりあい処」に設置されたばかりの照明です。

さとびごころの編集局が京終の古民家に移転して以来、改修を続けてきた交流スペースが、発展途上ではありますがひとまずみなさまをお迎えできる状態になってまいりました。最近は天井に照明がつき、部屋を暖かい光が照らしてくれています。ここらで一度、読者の方や執筆いただいた方、取材させて頂いた方達が出会い語らっていただくための交流会をしたいと思います。よろしければ予定を空けておいてくださいませ。

11月28日(土曜日)15時〜20時頃まで(出入り自由)
 
会費 飲む人1000円 飲まない人500円 

大浦編集長の手料理は確実に出てくるはずです。お酒の持ち込み歓迎。お気軽にお誘いあわせのうえご参加ください。ご参加予定の方は編集局までメールでお知らせいただけると助かります。


「よりあい処」は、JR京終駅から徒歩約3分。奈良交通バス市内循環北京終バス停から徒歩約1分。
おわかりになりにくい場合は、当日お電話くださいませ。
TEL 0742-94-6805(さとびごころ編集局)
MAPはこちら

5月25日(日曜日)、晴天にめぐまれる中、ナビゲーターの久保田 有先生のお話を聞きながら、平城宮跡〜佐紀古墳〜水上池周辺を歩きました。久保田先生は、もともと学校の先生でもあり、 自然観察指導員でもあり、歴史もお好き。 「ここだけの話」的な古代史のお話もお聞きできました。

ご参加くださった方から写真をお借りしました。 kofun-1
kofun-2
kofun-3
kofun-4
みなさま、お疲れ様でした。久保田先生、ありがとうございました。 イベント好きな編集長のこと、また、不意にどんなイベントが企画されるかわかりません。 そのときは、ぜひまたご参加くださいませ。 今月末には、編集局の引っ越しパーティーがあります。 日ごろ俚志でお世話になっている方とお会いできるかな。

俚志では次号(7月10日号)の特集に合わせて、イベントを企画しました。

 古墳ツアーお知らせ

東京の国立博物館では、特別展「キトラ古墳劇画」の展示が東京で行われていたり、奈良の作家さんが創作された古墳クッションがブレイクしていたりと、このごろ古墳の話題が多いような気がするのですが、偶然ながら俚志でも今回は古墳の特集をすることになりました。

日本自然保護協会の自然観察指導員でいらっしゃる久保田有(たもつ)氏にナビゲーターをお願いし、古代の人々に思いをはせつつ、自然観察スポットとしても魅力的な古墳を、いっしょに歩いてみようという企画です。ただいま、参加申し込み受け付け中。

【俚志古墳散歩♪のお誘い】
佐紀古墳周辺散歩  〜 悠久の歴史に思いをはせる
 
ナビゲーター:久保田 有さんより「奈良は、歴史的遺産があちこちにあり、観察会の場所がそのまま歴史と触れあう場所にもなります。古代の人びとが生きた自然環境にも思いを馳せながら、現在や将来の環境についても考える観察会になればと考えています。」

開催日:5月25日(日)
集合場所:平城宮跡資料館駐車場
集合時間:午前9時30分(昼食後解散)
 参加費:無料  定員30名 小雨の場合は決行します。 

行ってみよう!という方は、こちらまで。
俚志編集局 satobigokoro@gmail.com 

件名「古墳散歩申し込み」、お名前(グループの場合は代表の方)、人数、当日のご連絡先(携帯番号など)をお送りください。皆様とお会いできるのを楽しみにしています。



晴れますように…! 

 

今年1月から俚志編集局が京終界隈に移転しました。
そのお披露目(?)のパーティーが
事務所をシェアしているNPO法人「ほっとねっと」との合同で行われます。

日時 5月31日(土)11:30〜14:00
場所 済美ふれあい会館(JR京終駅下車すぐ)

立食形式の懇親会で、
会費 1500円

ご参加くださる方は5月25日までにご連絡くださいませ。
FAX 0742-94-6805
satobigokoro@gmail.com

大きな地図で見る

↑このページのトップヘ