さとびごころ編集局のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集局からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

カテゴリ: 京終玉手箱

「京終玉手箱」―古本市+α(アルファ)

日時 313日(日)11時~16

場所 JR万葉まほろば(桜井)線の京終(きょうばて)駅前広場

申し込みと問い合わせは「京終玉手箱」事務局0742-27-6538(夢りんご)
http://ameblo.jp/kyobate-eki/
(以下は事務局のFaceBookからの引用に加筆しました)
 無人の京終駅に賑わいを!

京終駅は、JR奈良駅からローカル線を桜井方面に乗って1つ目の駅です。今は無人駅ですが、かつては、卸売市場やテイチクレコードの本社も近くにあって、奈良町の南玄関として、人の乗降だけでなく、大和高原から高野豆腐などを運んだ奈良安全索道(貨物用ロープウェイ)の終点などとして、貨物駅としてもにぎわいました。
「京終玉手箱」は、一箱の古本を持って、京終駅に集う、本好きの人、賑わいを楽しみたい人の集まりです。 「本」と「プラスα」 ということで、一箱の古本と自分の好きな何かを組み合わせて持ち込むのもOKです。
 ということで、人気のお店は(順不同??)・・・ 本と、おにぎり+お弁当  本と、ホットコーヒー  本と、大和野菜  本と、ペットウェア  本と、大和茶  本と、アクセサリー  本と、手作りケーキ/クッキー  本と、雑貨 e.t.c.
人気の参加者は 馬頭琴演奏 紙芝居 軽音楽 京終せんべい飛ばし大会 京終おもちゃ箱(前回初登場)
 春には、何か始めたい! いっしょに楽しみを作ってみませんか! 「京終玉手箱」の蓋を開けるのは貴方です! お待ちしています!


2016
年開催予定日は以下の通りです。

313日(日)

612日(日)

911日(日)

1211日(日)

京終しか煎餅とばし

フェイスブックで、しか煎餅とばし大会のお知らせがありました。
京終玉手箱と同時に開催されるもようです。

以下転載させていただきます。上記の問い合わせ先となっております
ゲストハウスならまちのオーナーで安西 俊樹さんの投稿より・・・





京終玉手箱で入浴券???

今日は、奈良県立大の学生さんが、夏休みにもかかわらず京終駅周辺の戸別訪問をしてくれています。

*********************
私たちは、無人駅となっている京終駅に賑わいを作りたいと思っています。
9月13日(日)に、京終駅で「京終玉手箱」という名前の古本市をします。
そして、地元でできた大きなせんべいを飛ばす「京終せんべい飛ばし大会」をします。是非参加してください。

せんべい飛ばし大会では、せんべいを遠くに飛ばした方に景品を出しています。もし、プレゼントしても良いなと思われる景品がありましたら、寄付頂けたらありがたいです。
**********************

有難いボランティア活動です。

このようにして京終駅周辺のお店を回りますと、多くのお店の方より、「頑張ってや!」と、声がかかります。

真新しいおもちゃ
自分で作ったアクセサリ
タオル

そして、頂きました! お風呂屋さんからは入浴券を綴りで寄付して頂きました!

お志、ありがとうございます。

京終駅の近くには、徒歩で行けるお風呂屋さんが5つもあります!

京終玉手箱では古本市+アルファを楽しんで頂いて、

せんべい飛ばしの後は・・・・、
 お楽しみ!
 是非一風呂浴びて頂くようお勧めします!

みなさんの温かい志に、感謝!


俚志の発行元である地域研究会俚志が協賛している
京終玉手箱。


その第6回が6月7日、JR京終駅前で開催されました。

だんだんと、人が増えているとのことですよ。
出店したり、ふらりと寄ってみたりされてはいかがでしょうか?

京終玉手箱

玉手箱コーヒー屋


ふだんのJR京終駅内は、静かで落ち着ける場所。
まほろば線は上下ともに1時間に2本くらいしか電車が通りません(笑)

当ブログ管理人はよく利用しています。
発車よりわざと早めに駅について、本を読んだりメールを見たりするのを
なかなか気に入っています。

そういえば、先日ホームにて、こんなものを見つけました・・・。
ベンチに手編み風の座布団が敷いてあるのですが・・・。

IMG_0339


なんだか、にっこり。


kyobatetamatebako

編集局のある京終で古本市♪ 俚志編集局も協賛しています。

【まほろばステーション 一箱古本市+あるふぁ】

3月8日(日曜日)11時から16時

JRまほろば線 京終駅前

出展者の募集も随時行われていますので お問い合わせください。

お問い合わせ先:京終玉手箱事務局 0742-27-6538 

今年1月に俚志編集局が京終に移転してから
地域でのおつきあいが生まれています。

5月からJR京終駅前で始まった
京終玉手箱もそのひとつ。
地域のみなさまが、京終を盛り上げようと
企画されています。
(本家は大門玉手箱!)

次回は11月16日(日曜)。

京終玉手箱1026


京終駅は、レトロな駅舎が魅力的。
17号では俚志の表紙になりました(^^)
satobi-vol17

この駅前の広場で
一人一箱に古本を入れてゆるく販売するのに加えて
古本以外のブースやイベントも
行われるというものです。
お近くの方は、お立ちよりくださいませ。

来年度も予定されているそうです。
随時出展者も募集されているので
興味のある方はお問い合わせなさってみては。

事務局 http://ameblo.jp/kyobate-eki/




 

↑このページのトップヘ