さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

2021年01月

レンゲ

奈良県には、主に大阪方面から引っ越してきた人が多く住んでいます。
わたしたちも30年以上前になりますが、奈良県民デビューをしました。
当時はまだ、春になると田んぼが一面のレンゲに覆われていました。
その風景を見たとき、こんな地域で子育てしたいと思ったものです。
(今、レンゲはあまり見なくなりましたけど)

それでいて、都会へも直結。
奈良県は北部から中部に人口が集まっていますので、
それらの多くの人が大阪や京都へも出勤されています。
(その結果、奈良府民?と呼ばれる人たちがいます。)
そんな便利さも、魅力のひとつでしょう。
(わたしたちも、最初は奈良府民だったと今思い出す)

都市部へのアクセスも魅力ですが、
気候もおだやかさもいいのです。
台風がめったにきません。
ニュースが大騒ぎするような台風が接近していても、直撃しないのです。
冬は(市街地の場合)マイナス1度から3度くらい下がりますが、
昼間はポカポカとする日も多く(5度から10度)、過ごしやすい。
地震もあまりなく、あっても震度1とか2とか。。

高いビルが少なく、空があります。
(逆にいうと、他の地方都市へ行ったら高層ビルの多さを実感しますが。)
景観を守るためにも、高層ビルがないのはいい。

山や農地も日常の風景の中にあり、ほっこりします。
我が家の場合は、帰宅するときに正面に山が見えているんですけど
日々挨拶したくなるといいますか、見守ってもらっているような
気持ちになります。

お寺や神社が多く、観光地として有名でなくても大切にされています。
祈りの場所、聖なる場所がいたるところにあるということは
奈良県の自殺率の低さと関係があるのだとか。

人の気質も、おだやかだと感じます。
引っ越してきた人も、長年暮らすうちに、奈良の人に近づくように思います。
わたしなどは、激しいところでは住めないタイプですので、有難い。
地味であっても誠実に努力していれば、信じていただける、そう感じます。

せっかくの、そういういい場所なので
これからも 自然の豊かさがこれからも守られますように
これからも 人の心がギスギスしませんように
と、いつも願っているんですよね。

みなさんの、奈良の住み心地はいかがでしょう。
奈良に限らず、今暮らしているところには
いい面と、そうでない面が必ずあると思います。
「だからあかんねん!」という話は、日常入ってきやすいものです。
どうせ暮らすのでしたら、いいところもたくさん見つけて
地域を好きになったほうが、大切にできますよね。


100年住み続けたいような、素敵な地域にしていけたらいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5785
新しい号を発送するとき、「この号で1年の期限がきれる」方が
いらっしゃいますので、更新のご案内をしています。

何年やっていても、「更新してくださるかなあ」ということは思います。
更新していただくと、大変嬉しいです。 

忘れてましたーという方もありますので
振込がなくても、しばらくはお待ちするようにしています。
vol.44はお酒がテーマでしたので、この号だけ欲しいという方もありました。



「応援の意味で、少しだけ足して、切りのいい金額を振り込んでおきました」
とのメッセージに、とても励まされました。ありがとうございます。


あらたにサポーターになってくださる方からのメッセージもいただきました。



「さとびごころ」は以前から知っておりましたが、手に取る機会がなくて気になりながら未読でした。すいません。
ミニコミ誌の発行を継続するのは大変だと思いますが、応援しておりますので頑張ってくださいね!! 

この方は、制作のご経験のある方なのか、作り手のことを思っていただき、じわーっと嬉しくなりました。 ありがとうございます。頑張ります。


バックナンバーを2年分続けてお申し込みくださる方もありました。ネットで見つけてくださり、興味を持ってくださったそうです。



ものすごく面白いです。
今、住んでる●●県にもさとびこころさんのような地域づくりマガジンがあればと思いました。
2年通して読むと連載とコラムとインタビュー記事がつながっていてコミュニティを感じました。
次号も楽しみにしています。
なんと、お住まいの地域のもあればと?わたし、作りに行きましょうか????(笑)
大変嬉しいメッセージでした。ありがとうございます。 


購読料、サポーター料をいただくのが嬉しいだけはございません。エルインクが負担すれば、お金はなんとかやりくりできるかもしれません(エルインクは小さい事務所なので、これが倒れたら無理です。そのときは、ごめんなさい!)が、心のエネルギーが枯渇しても、作り続けることはできません。

こうした暖かいメッセージに支えられて、また次の号に向かっていくことができます。

みなさま、本当にありがとうございます。みなさまのような方たちによって、
自然にも人にもやさしい世界が広がっていきますようにと、
これからもわたくし自身が学び、成長しながら企画しお届けしていきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

100年住みつづけたい奈良のための地域づくりマガジン
さとびごころのvol.43をウェブで公開しました。

こちらからお読みになれます。

目次
のテキストをクリックしていただくと、該当の記事に飛びます。
 
vol.43コンテンツ

特集は、「自然の色 手作りの服」

自然素材の布から服を縫製し、山で育てた植物で草木染めによる染色を施し、
店舗を持たずに販売まで手がけているシガセイサクショの取り組みを通して、
自然の素材と色、手作りの服の質感を、誌上で楽しんでいただけます。

紙の雑誌の在庫もまだありますので、

発送先、ご希望の号、冊数をご記入いただきますと
折り返しご連絡したうえで、発送いたします。


ウェブでは2015年から2020年までに発行されたバックナンバーを公開しています。
さととびごころの足跡をごらんいただくことで
本誌の姿勢を読み取っていただければ幸いです。



自然にも人にも やさしい世の中になったらいいなあ。
 

そう感じていらっしゃるみなさまには、きっとお楽しみいただけると思います。
気に入っていただけましたら、定期購読(年2500円)で編集部とつながってください。
また、応援していただける方は、サポーター(年5000円)になってください。

FBページもございます。いいねを押していただけましたら
励みになります(^^)
現在588人の方から押していただいています。
1000になったら夢みたいだなあ! 

今年から、ご登録いただいている方を対象に
イベントのご案内をしてまいります。

これからも、さとびごころを宜しくお願いいたします。
 


このエントリーをはてなブックマークに追加


0825恵古箱でシガセイサクショ
最新号のvol.44の話題が続いていますが、
ひとつ前のvol.43の特集で登場いただいたシガセイサクショ さんの
展示会を4月に、奈良市内で行うことになりました。
今のところ、ブログだけのお知らせとなります。

まだまだwith コロナが続くと予想されますので、
何らかの工夫をしたいと思っていますが、
奈良市内での展示会はめったにありませんので
この機会に、特集でごらんになったシガさんの
普段着のための草木染め服を
お手にとってゆっくりとご覧ください。
販売もあります。

服だけでなく、雑貨品も並ぶことでしょう。

4月
奈良市内。

今はまだ、ここまでしか発表できませんが、
3月になりましたら、詳しいご案内をいたします。

シガセイサクショ さんにご関心のある方、
ぜひ楽しみになさってください。

さとびごころvol.43も、あります。バックナンバーもお持ちします。
編集長阿南もオープンからクローズまで現地にいますので
この機会にぜひお会いしましょう。

関連記事


さとびごころバックナンバーvol.43 をウェブで公開しました。特集は「自然の色 手作りの服」

このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころを書店でお求めになれるのは、
近鉄奈良駅周辺のこの3店です。

たまたま出会ってくださっても嬉しいですし、
毎号その店で買うことにしている、、、という方もあるようです。

まず駅から一番近いのが啓林堂書店奈良店様。
啓林堂書店様
 
特集に登場の登酒店さんをご存じだそうですよ。


駅から北へ、信号を渡って東向き北通りに入っていただくと、豊住書店様。
豊住書店様
いつも路面に置いてくださっています。本当にありがたい!!
これまでのさとびは薄すぎて、縦に置くと前にタラリ、、、となりがちでしたが
今回からすこしシャンとしましたので、見つけてみてくださいね。

そして、豊住様から奥へ進んだところになるのがベニヤ書店様。
「いつも買いにこられる方がおられます」とお聞きしています。
どんな方なんでしょう?ありがとうございます。
ベニヤ書店様

伝票を記入している A が写っていますね。
こちらも路面に置いてくださっています。ありがとうございます。
居並ぶメジャーな雑誌の合間で、恥ずかしそうな佇まいだなあと、いつも思います。
ベニヤ書店様2
特集に登場の王隠堂様をご存知だそうです。

「あ、知ってる人が出てる」というケースが珍しくないのも
ローカルマガジンならでは、です。
なんだか嬉しくなってきます。

さとびごころってどこで売ってるの?と聞かれたら
ぜひこちらの書店様をご紹介くださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

巻末のSATOBI COLUMN で連載中の「杉さんの里山再生考察録」は、
杉浦農園の杉浦英二さんが、サラリーマンをやめて
御所市で杉浦農園ガンバファームを開き、里山再生を目指す物語。

今回は、「脱・一人農業」というテーマ。
風の森の酒米の栽培を要望されたことから始まった秋津穂の里プロジェクトのお話が出てきました。
さとび読者さんの中にも、このプロジェクトに関わっている方もあるかもしれません。

以前の投稿で、「杉浦農園・杉浦さんが農家酒屋に!」
という記事を載せましたが。。。

その締め切りが今月1月15日となっており、
vol.44がお手元に届く頃には、すでに終了しているはずだったのですが、
来年も行われるそうですので、応援の意味でご紹介しています。
農家酒屋




秋津穂の里プロゲクトの延長線上に、こうした農家酒屋への発展があります。

おめでたいことに、「ほぼ完売」ということです!パチパチ。

20日を過ぎたころから、申し込んだ方への発送が始まり、 
読者の皆様からも「買いましたー」「届きましたよー」というお声をいただきました。
きっと、完売に貢献できたと思いますよ(^^)

ただ農業をするためだけでなく、里山を再生し守っていくことを目的として
活動を始めた杉浦さん。混沌とした取り組みが、だんだんと共感者を集め、
面白い展開になってきたようです。

しかし、ボランティアを集めることで一人農業を脱出しかけた矢先に
コロナ禍が襲ってきたので、これからどうしていったらいいのか
まだまだ大変な時期が続くのではないかと思います。

それらも、この連載の中で振り返る時がくると思いますので、
引き続きお読みくださいね。

お米の文化、田んぼの価値や意味、自然との共生。
今回の特集のテーマとも重なるコラムとなりました。

vol.44のSATOBI COLUMN、ぜひ、ページを開いてみてください。
 



  

  



このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2475

隅々までたっぷり読んでいただけるさとびごころ。
巻末はコラムページです。
連載8回目になった草野みなみさん(みなみちゃん)による「愛菌家みなみの日々是好菌」は
お読みになっていますか。
抗菌ではなくて、好菌ですよ。

母となったみなみちゃんの子育てコラムですが、
冬号では、コロナの影響で町中に広がった殺菌と消毒について
「その影響を受けるのは新型コロナウイルスだけではありません」と
控えめながらもきちんとした意見を述べてくれました。

もちろん、必要な場合はあります。

ただ、常在菌まで殺してしまうことを忘れないでということ。

風邪をひいたら風邪薬。
熱が出たら解熱剤。
感染症には殺菌消毒。

その前に、免疫力を高めることがどれだけ認知されているでしょう。
忙しい毎日、増える加工食品、たまるストレス。それだけでも免疫力は下がります。
そこにコロナ。。。そのほうが怖いのです。

免疫細胞のほとんどは腸で作られ
それを活性化してくれるのは腸内の菌ですよね。

だから「好菌」。
かだらを温め、化学物質の少ない食事をとり、繊維質など腸にいい食べものを意識して
味噌、醤油、みりん、梅干し、納豆、お漬物など和食にたっぷりな発酵食品をとり
朗らかに過ごすこと。これらが大前提ではないかと思います。
みなみちゃんの連載には、常在菌への愛にあふれる
暮らしぶりが載っていますよ。 

菌を通して世界平和を唱えるみなみちゃん。
暮らしや食べ物、健康のこと、思いやりまで
いろいろと気づく機会になりますので、
編集部はこれからもみなみちゃんに連載をお願いしたいと思っています。

44号も、ぜひお手にとってみてください。 



阿南の雑談

ウィズコロナの時代になってしまい、人と会うことが難しい場面が増えました。
変わって増えているのがオンライン会議やオンラインイベントです。
これは、コロナがあってもなくてもいずれは普及するものと思いますので、
この機会に多くの人が馴染んでいけるのはいいことではないでしょうか。
しかし人はやはり、メールやオンラインだけでなく
直接お会いして感じる波動のようなものや、非言語コミュニケーションからも
深く感じとっているものだと思います。
要件だけ、言葉だけで繋がっているわけではない部分、
それは大切にしたいと思っています。

そのためにも、人混みを避け、手洗いをし、体調を整え
笑顔で暮らしたいと思います。

さとびごころに関心を持ってくださる方がいらっしゃいましたら
ぜひお会いしましょう。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2472

さとびのお届けが、あともう少しで完了します。
まだお届けができてない方には、申し訳ございませんが、あと数日お待ちください。

森のねんど造形作家の岡本みちやすさんの拠点、森のねんど研究所は、
同じ奈良市内でもあり、新刊のお届けがてら通っている場所です。
すでにファンの方も多いかと思いますが、みちやすさんが作る人形は
実物を見ると意外に小さくて、写真に撮るとドラマのワンシーンを見るような世界観が生まれます。
呼吸や体温も感じられる作品です。

そんな人形を傍らにして、カウンターの向こう側で作品づくりの途中の手を止めて
「まあすわってください」と言うみちやすさん。


「たくさんの人がいる場所では、僕はなじめないこともあるんだけど
ここにいると人が訪ねてきてくれて、そういう人たちとはとても話がはずむんですよ」


わたし(セイコ)も、そういうところがなきにしもあらず。(ちなみにマサアキのほうは、どこでもいつでもへっちゃらです)

ですから(わたしの場合は)大勢の前で自分の意見をプレゼンするようなことはないのですが
人と話をするのは好きで、いつも話の方向は「こんなふうであったらいいですよね」
という内容になっていきます。



ちょっと飲みますか。
 

真冬の工房は、ファンヒーターで温まっていました。焚き火テーブルのある広い部屋もあるのですが、
今日は工房の小さな部屋で仕事中のみちやすさんを訪ねています。

どこからか、盃やとっくりが現れてきて、
みちやすさんが一升瓶からとっくりへお酒を注ぎます。そのとっくりを、わたしの盃に入れてくれて。

遠慮もなく(笑)ありがとうございますといただくのです。

わたしの戯言にも、「それは(考え方が)おんなじだ」となるのが面白くて。



最近思っていることは、自然に近い街。
自然に近い街は、自然にも人にもやさしいですよ。
(もしかしたら、それを見たくてさとびを作っているのかも)
原則となる考え方があるんです。
例えば、大きなショッピングモールを建てて地元の商店街が潰れていくのではなくて、歩いける距離にいろんな商店や役場や学校があり、そのユニットが複数集まっているのが都市。
その周りには、食料が安定供給される豊かな土壌の農地があるんです。その向こうは持続可能な森。
流通のグリーンコストも低くて、便利。地域にないものは地域外から買うんですけど、みんなができるだけ地域でお金を回そうと思っているんです。それが結局は自分たちのためにもなることを知っているから。
集約しすぎないで、小規模に分散して多様に存在するイメージなんです。

開発が制限された保護地域は美しいでしょう。そんな美しさを、開発OKのエリアにももたらせたら、いいなあ。 

今はどこの地域も、国道沿いに建物が建って、だんだんと農地が減って行ったり、唐突に住宅地開発されたりしますよね。
ある時代に、里山をつぶして大規模開発された住宅地も空き家が目立つようになってきました。その隣で、未だに開発が進んでいたりします。すでにある家や街を、手を入れて再構築していくほうがいいと思うんですけどね。。
もう少しグランドビジョンがあったらなあって思うんですよ。


 



そこには、当然ながら自然に近い川が流れていて。。。生物多様性も守られてる。
みちやすさん、自然に近い川の勉強をして、森のねんどでモデルを作ってくださいな。


わたしたちには「妄想は自由です」という合意がありまして、お互いに「そんなの無理だよ」とはならず
イメージが膨らんでいきます。



僕、つくりますよ。
 



じゃあ、その時はそれをメインビジュアルにして、記事を作りますね。読者のみなさんには、近自然工法のことを、繰り返しお伝えしたいなあと思ってるんです。
 


そして、あっという間に「帰らなくては!」という時間になるのです。
あ、次回の打ち合わせをするのを忘れました。次回からは、みちやすさんのエッセイ風の記事になります。作品の写真もしっかり載せるつもりですので、ファンの方はお楽しみに。

森のねんど研究所には、みちやすさんに縁のある人が入れ替わり立ち代り訪ねてきます。
そしていつも、こんなふうに夢の話で盛り上がっているのでしょうね。
みちやすさんの作品が、その夢に寄り添ってくれているような気がします。
ただ懐かしいというだけでなくて、どんな未来がいいと思いますか?と
話を聞いてくれそうです。そう、懐かしい未来、ですね。
 
もし縁あって行かれることがありましたら、さとびごころを置いていただいていますので、閲覧していただくこともできますし、お気に召せばぜひ一冊お求めください。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC01417
写真は、ゼロウエイストセンターの管理運営をされている
株式会社アイ・カンパニーCEOの大塚桃花さん



ごみを減らす取り組みを全国から見つけて紹介していただく連載、
「GOMIGEN(ごみ減)最前線」。
ライターの北井弘さんが、ゼロウエイストの取り組みで有名な
上勝町のゼロ・ウエイストセンターを訪問されました。

上勝町については、バックナンバーでも何度も触れておられまして、
さすがはごみ減量ネットワークの主宰者です。

北井さんから教わったことをシェアしますね。
なぜごみを減らさなくてはならないの?というお話から。。。 

日本では、ごみ減量化が進んでいるものの、最終処分場はあと20年ももたないたないそうです。
最終処分場というのはごみ焼却場の燃えかす、不燃物、粗大ごみなどが埋め立てられる場所。
どう考えてもいつかは限界がきますし、埋め立てた土の中に現代ではどんな成分が混じっているかも心配です。

また、日本人の資源消費量は、すでに地球が生産できる能力を
はるかに超えているとか! 
地球温暖化防止対策にもなり、
SDGs の12番目の目標の中にも盛り込まれています。
 

江戸時代のように、自然素材をとことんリユース、リサイクルする社会をお手本に、
わたしたちも少しでも 「そもそもごみの出にくい暮らし」を 工夫して行きたいものです。
ゼロウエイストに近づこう。


ちなみに、わたくし(あなん)のオススメは野菜ごみのコンポスト。
ほんとに、やってよかったと日々実感しています。
みなさんのごみ減量チャレンジや、アイデアがありましたら
ぜひぜひ、編集部に教えてくださいね!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

連載 大地の再生 その5(最終回)
土砂災害について-2

大地の再生44

44号で、大地の再生の連載が最終回になりました。
前号の「土砂災害について-1」では、
1 山を流れる川、健康な川とは
2 河川の堰堤やコンクリート擁壁の影響
をお伝えしました。これに続く内容となり、土中環境のことなどに触れています。
土中環境といえば、文中で紹介されている高田宏臣さんの著による『土中環境』という本(建築資料研究社)があります。
傷んだ自然環境を再生させることや、土地を傷めない環境への造作などに関心のある人には、とてもオススメかと思います。編集部も遅ればせながら取り寄せました。


この本の「はじめに」の部分を紹介させてください。
「私は2011年の震災以降、これまで積み重ねてきた造園・土木実務を見直し、傷んだ自然環境の再生と、土地を傷めない環境造作、土木技法の実証と指導、普及に取り組んできました。
(略)
被災地の環境の健康具合を調べて回り、昔の人の環境への造作の名残を見ていく中で、土地の豊かさを保ちながら持続的に環境の営みを安定させようとしてきた、かつての素晴らしい智慧と造作にいつも驚かされてきました。」
 
西尾さんが学んでいるのは、大地の再生、この本の著者である高田さんは「地球守」という活動をされています。
よくあるのが、お互いの活動を「あれは違う」と批判しあうこと。
しかし、西尾さんは原稿の中で、別流派の高田さんのことにも触れ、いろんな人の知恵や技で力を合わせて乗り越えていこうと書いていらっしゃる。これは、さとびにふさわしい言葉だと思います。


大地の再生の実践を、著者の西尾さんたちが奈良でも行われていますので、
連載が終わったのちにも、取り組みについてまた報告していただけるような企画を考えていきたいと思っています。

 
西尾さんからのごあいさつ
「いつの日か、この国の河川がいつでも清冽な水を湛えているように。
河川が清冽なら、海も綺麗になり、魚介類はじめ全ての生き物たちが蘇るでしょう。その日が来るまで、ひとつひとつ現場をこなしていきますので、どこかでお会いした時は宜しくお願いいたします」

vol.44で全文をお読みくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ