さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

2020年10月

本誌コラムページで連載している「身の丈しごと研究室」の記事に連動して
今年からリアルでも研究会を立ち上げまして、創設メンバーで学びを進めています。

先日、一区切りを迎え、メンバーでまとめのシェア会のようなことをしました。
自分のしたいことや現状から行動までの 隙間を丁寧に埋めていくような時間でした。
その中で、「今気になる現状」を考える機会がありました。

わたくしが書いたのは
「言葉だけ、知識だけのサスティナブル」


(もうひとつ書いたのですが、それは話がそれますので、また別の機会に。)

言葉だけ、知識だけで広まり、陳腐化していった例を
たくさん見送ってきたように思うのです。
「地球にやさしい」とか
「ロハス」とか
「CO2を出さない」
などなど、概念としては何度も浮かびあがるのですが、
流行してしまい、マーケティングに取り入れられ、流行が終わり、忘れられます。

一番潤ってほしい農や林の現場で汗する人たちよりも
書類を書いて予算を取る人や、流通販売に関係するところが
盛り上がってしまいがちです。


今、、、、、SDGs  サスティナビリティー の認知度が上がってきていることを
わたくしは歓迎しています。
それと同時に、陳腐化しないためには、どうすればいいのだろうという思いもあります。
キャッチコピーをいったん横に置いて、今、この場所で、自分の暮らしにおいて
心地よく、幸せな状態ってどんなんかな???ということを「選んで」いく、
その「行為が生まれる」ことじゃないかな。
体も心も健康であること、心に余裕があり、人の痛みも考えられること。

そのために、そんな心持ちや情報や知識をわかちあうためにも
本誌の編集に努めたいなあと思った次第でございました。
(ちょっと実用的な記事もあっていいかもしれません。)


身の丈しごと研究室のメンバーとも、価値観を共有できる部分があり、
心強く感じています。
例えば、、、「小さいって、大事だ」など。

 

本当に伝えたいからこそ、簡単に言ってしまいたくない気持ちってありますよね。
一番大事な人に、一番大事な気持ちを伝えるとしたら?
それは、「口だけなら簡単に言える言葉」よりも、
違う方法で、すでに現れているはずですよね。

編集もそうでありたいと思っています。
せっかくのローカルマガジン。
この地に根ざして。
 



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころは、そんなにおしゃれ!な雑誌ではありません。
見苦しくないように、読みやすいように、…ということには
心をくだいているつもりですが、おしゃれ、、、というわけではないですよね。

おしゃれとは?

不思議です。なぜか、そう感じてしまう人やモノがありますよね。 

わたくしから見て、おしゃれ!な方は
ミナ ペルホネンがお好きであったりします。

そんな ミナ ペルホネンというカタカナが紙面に載ったことがあるのです。

https://satobigokoro.org/archives/1806

satobi39-12-13


それ以来、ミナペルホネンというカタカナは、ずっと脳内に残っていました。

「買わなくちゃ!」「欲しい!」という衝動にかられるというよりは
このブランドの人気に秘密とは何か、、、、のようなことがずっと気にかかっていたのだと思います。

そんなわたくしに、展覧会のお誘いがやってきましたので、兵庫県立美術館へ行ってきました。

つづく1
 

撮影OKの部分もありました。ルールを守ってスマホ撮影しました。その一部をシェアしますね。

エンタランスでは、わたくしの場合、タペストリーのデザインや取り付け方に目が行ったりします。
つづく2

最初のコーナーでは、タンバリンという有名な刺繍のデザインの誕生から発展までの物語が立体的に展示されておりまして、わたくし、あまりミナに詳しくなかったのですが、この物語を知ることで、大変上品で美しい模様だと思うに至りました。

こんな模様です。
つづく13
 
この刺繍。白い玉が円になって並んでいますが、ひとつひとつは微妙に違う形をしており、ゆらぎがあります。展示の説明を見て、知りました。
これを機械で刺繍(動画がありました)するには、きっと職人さんの努力がすさまじいのではないかと、素人ながらに想像しました。

海外に押されてしまっているはずの、日本の服飾の工場。ミナ ペルホネンが、そんな産業をささえたり、元気づけたりしてるのかもしれません。




つづく3

 圧巻の服の森。

コンセプトごとにコーナーが分かれていて、各コーナーを体験するような展示なので飽きません。

中でも、デザイン画のコーナーが気に入りました。

こんな絵画が部屋に並んでいたら、不思議に心が落ち着きます。幾何学的でない線のあたたかみ。心地よく目に響く色。これらは原画であって、さらにこれがテキスタイルになっていくのです。
非常に手間がかかっており、心に浮かんだことを、どうにかして具現化するための情熱を感じました。

つづく5

つづく12


つづく8
つづく9

つづく10

 

ところどころで、出会う言葉の前でじっと立ち止まってみたり。

つづく6

つづく11


さとびも、自分たちらしい を磨いていくしかありません。たしかに。


あまり何でも書いてしまうといけないような気がしますので、
このへんにしますけれども、気になる方は兵庫県立美術館へお出かけになってみてはいかがでしょう。

11月8日までです。

詳細は、こちら





 
  
  
このエントリーをはてなブックマークに追加


前回の記事「マーケットに出かけてみる」を体験してきました。

まず、誘われるがままに参加したところ、不明だったことが整理されました。
主催は、「ひのでマーケット」さん。そしてこの日のイベントタイトルは
「ハンパモノ市」ということです。

さとびも、立派なハンパモノ?と認めていただいたようです(^^:)
お誘いいただいたのが、マーケットの運営者でもあり、出店者でもあり、
さとびごころのお取り扱いスポットでもある「まめのんき」さんということで
ご機嫌よろしく行ってまいりました。




あいにくの雨模様からのオープンでしたが、
主催者さんの日ごろの信頼関係のたまものか、一人また一人と
途絶えることなく訪れる人があり、
小さなマーケットは、あたたかい会話が溢れて、賑わいました。
いつしか雨もやみました。

さとびは、陶芸作家の木村あかねさんのとなりに
スペースをいただきました。
ひので2



ひので3

 イベント後は、お店でそのまま販売されるようですので、ぜひのぞいてみてください。

その他のスペースにも、服、コーヒー、雑貨など気になるお店が並んでいましたが、
そっと遠くから見てるだけだったりして、、、次回からはきっと、お話しに行こうと思います。

なんと、さとびを知ってるとおっしゃる方や、お買い求めいただく方もありました。
また、知り合いに偶然出会うこともしばしばで。
きっと、まめのんきさんとさとびはもともと、近しいゾーンに存在しているのかもしれません(^^)

イベントの最後のほうで 羽間農園(vol.40 特集で取り上げさせていただきました)さんもいらしてました。


マルシェといいましてもいろいろな種類があり、大規模なものや長い行列ができるものなどもあります。
今回は、ひのでマーケットさんという小さめの店舗内で行われた小さめのマーケットでした。
そのぶん、口コミで集まった人たちが知り合いが多く、なごやかな空気。
この、人が交流することのほうに意味のあるマーケットなのだと思います。(もちろん、売り上げもあげてほしいんですけども ^^)

高齢化の進む農村地帯に、なごやかな賑わいスポットが生まれようとしています。 

このマーケットは、当面のところ、金土の二日間の開店だそうです。
針インター方面にお出かけの際には、よってみてくださいね。

地図の乗っているイベントチラシを
もう一度、アップしておきましょう。

はんぱもん ひので


PS   さとびごころ編集長 阿南セイコの 阿南家からのお知らせですが、
    11/29 にこちらで、「阿南家食堂」という企画をやります。
    口コミであつまって、食べたり飲んだり、ライブを聞いたりというものです。
    定員に限りがございますが、そんなに人が殺到することはないと思われますので、、(たぶん)
    お近くの方、お時間のある方はどうぞ。
    お問い合わせはまめのんき様まで(HPに問い合わせフォームがあります)。
   
  
このエントリーをはてなブックマークに追加

はんぱもん ひので

さとびのお取り扱いスポットになってくださった 豆のんきさんからのお誘いで、
奈良市針町の豆のんきさんの付近で行われる マーケットに
さとびを持って出かけることにしました。

地域マガジンて、マスコミでもなんでもなくて
流通にも乗らなくて、口コミでしか知ってもらえない宿命がありますけれど
知ってもらう努力も不足していたなあと思います。

企画して編集して印刷して、ネットで「できました」と言うだけでなく
こうした機会があれば、本を並べてみてはどうかしら?という試みです。

売り上げに期待するというより
そこで出会う人に、さとびの「さ」でも見かけてもらえたら
嬉しいな、というスタンスで、行ってきます(^^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころ vol.41 (特集は 自然にも人にもやさしい家)
satobi41_IMG_0289

さとびごころ vol.42 (特集は 美しい森) 
107923462_638955930051473_4193462771033144688_o


おかげさまで、どちらも、残り少なくなってきました。
(少部数発行のためですが、、)

もしも冊子でお手元に置かれたい方がありましたら
お急ぎください。それぞれ、あと20部  前後。。。。です。

少し読みづらいかもしれませんが(すみません)、HPでも公開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン さとびごころ vol.43ができました。

 43表紙

発刊後は、郵送する方、直接お届けに行く方などによって、少しずれがございますが
みなさんのもとへ旅立ちますので、よろしくお願いします。

お配り活動は、FBページでもお伝えしております。
できるだけ編集部の動きをお伝えできたらと思っています。


ありがとうございます!

志賀さんご紹介ありがとうございます

まだまだ、お届けしきれていない方もありますが、もう少しお待ちくださいませ。



奈良市に3箇所あります書店様へもお届けしました。
お店でご購入希望の方は、啓林堂書店奈良店さま、豊住書店さま、ベニヤ書店さまへどうぞ。


奈良市以外にも置かせていただける書店がありましたら
ぜひご紹介いただけないでしょうか。(担当者がすぐに参上します!)
書店が減っています。さみしいことです。
書店の棚で、運命の本と出会う、、、みなさんもご経験ありませんか。
書店は、人生を変える偶然が生まれる素晴らしいところ。
さとびを置かせていただけたらなあ。。。。 



その傍ら、、、冬号の準備も進めています。
また、バックナンバーのHPへのアップも、もうすぐです。

案外、ゆっくりしてる暇はないものですね(^^)



このエントリーをはてなブックマークに追加

連載 季節によりそう食養生 秋

IMG_0521


43号では、玄米のレシピが登場します。

玄米はいいと知りながら、踏み込めなかったり、挫折したことのある人にはぜひ読んでいただきたい内容となっております。


編集部内でも、「やっぱり玄米にする!」という声があがっています。(玄米を食べるなら、はやり有機栽培のものが欲しくなりますね)


今回の紙面では、写真が少し小さめになってしまいましたので、三瓶歌奈子さんに提供いただいたおいしそうな写真を、このージでもお楽しみください。このおにぎり、食べたいですね。天辺に少しだけ黒ごまがついているところが、なんとも美味しそう。玄米と黒ごまは、実によく合いますよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「風は奈良から」で取材したその場で体験したくなってしまった墨のワークショップへ、早速行ってきましたので、ご紹介しますー。 FBよりも、少し詳しくお伝えしますね。
IMG_1725


公式のご案内はHPでチェックなさってください。
https://kinkoen.jp/experience/ 


錦光園さんを訪ねたら、ぜひともチェックしたかったのがこちら。伎楽面をデザインした「香り墨」です。香るインテリアとしての墨ですが、もちろん使えます。使うのがもったいなくなりますが。

IMG_1729


墨は何からできているかご存知ですか。油(松油、菜種油、胡麻油、鉱物油などがあります)を燃やして集めた「煤」、接着剤としての「膠」、「香料」を練り合わせ、固めてじっくりと乾燥させたものが墨になるんですね。 


IMG_1730
 

そんな墨の歴史、製法などのお話をまずお聞きします。墨が伝わったのは飛鳥時代、国内で作られるようになったのは奈良時代だそうです。煤や、煤の集め方、香料などの代表的な種類も教わります。大量生産品は廉価な鉱物性の煤が使われますが、昔ながらの作りでは菜種油からとった煤がよく使われてきました。江戸時代の奈良は菜種油の産地でもありましたよね。

上の写真の中央に、蓋のある器が見えていますよね。この器の中で油を燃やし、蓋に煤をつけて集めるのです。大量に必要ですので、この器を100個くらい並べて煤を集めたのだそうですよ。

握り墨体験では、あらかじめ材料を混ぜたものを用意してくださっています。墨は工芸品でもあるなあと感じるのは、この木型。
IMG_1732
木型を掘る職人さんは、すでにもうあと一人しかいません(涙)。

木型で墨を固めると、このように凹凸が現れます。ねんどはサンプル。
IMG_1733
  

使う木型にあわせて重さを測り
IMG_1737

練った墨を木型にはめて加圧します。
IMG_1738

 
墨匠の手技を目の前で見せてもらったら、ワークショップでは、木型は使わず、自分の手で握ります。
実際に墨を練らせてもらえますし、握って成形し、世界にひとつだけの墨を作って持ち帰ることができます。

IMG_1747


IMG_1749


ここでご注意、持ち帰ってもすぐには使えません。墨づくりは、「じっくりと乾燥」が必要でしたよね。ですから、ちゃんと桐箱に入れてもらえますので、開けず触らずこのまま3ヶ月くらい自宅で保管してから使ってください。使わず記念にしたくなるかもしれませんが!。。。お店では、1年以上をかけて、ゆっくりと乾燥されます。

知的にも楽しく、見て香って触って体験するひととき。少し遠ざかっていた墨との距離が近づき、硯や筆が欲しくなります。興味のあるかたは、ぜひ!

予約制です(錦光園HPからどうぞ)

ここからは、特別に見せていただいた工房の様子です。公開されているユーチューブ動画に出てくるシーンも見せていただきました。ワークショップのある場所の奥に、錦光園の工房があります。みなさんにかわって見てまいりましたので、墨づくりの工程についても興味をもっていただければ嬉しいです。

IMG_1751

これは膠を温めて溶かすところ。膠は動物のゼラチン質。常温ではカチカチです。

IMG_1753
6代目のお父様と、7代目の長野さんが並んで仕事される場所です。墨色に染まった工房は、聖域とも言える場所。身がひきしまりました。
練った墨が冷えると、膠が冷えて固まってしまい、加工しにくくなるため、昔の職人さんは膝と膝の間に墨を挟んで保温しながら、必要な量だけ取り出しては木型にはめる作業をしたそうです。

IMG_1754

IMG_1755

木型から出したばかりの墨は、まだプルンプルンしています。形を崩さないように、水分をとり、乾燥させなくてはなりません。

IMG_1756

木の灰に、新聞紙をしき、墨を並べ、その上にまた新聞紙をしいて灰を置くことで、灰に水分を吸収させます。この灰は使い捨てにはなることはなく、乾燥させて繰り返し使われます。長野さんの灰も、先代から引き継いで使っています。廃業した墨屋さんから譲ってもらった灰も、まだ使わずに置いてあるそうです。

水分をとっただけは、まだまだです。棚に並べて1年以上をかけてゆっくり、じっくりと乾燥。
IMG_1758

上は、乾燥中の墨です。乾燥が終わったら、磨きます。シュロの束のような道具で擦ると、あら不思議と思うほどに艶がでてきます。昔は、磨く専門も職人さんもいたほど。

注目の伎楽面の墨も並んでいました。

IMG_1760

 すっかり墨ファンになってワークショップを終えると、マイ書道セットを揃えたくなり、和紙や筆などを購入しました。実は、、、こちらの墨と硯は長野さんからプレゼントしていただいたものです。ありがとうございます!ここに感謝を表します。

墨、硯、筆、和紙、下敷き、これだけあれば、なんとなかなるかな。(水入れや文鎮は省略)

IMG_1773


これらを、いつでも使えるようにセットして、今わたしの部屋に置いてあります。長野さんのところの墨は、擦るとき硯にあたる感触が柔らかで、墨色が出やすいと感じました。好みの濃さになるまで墨を擦ります。いい香り。心を整えるために墨をする人がいると聞きますが、わかる気がします。

水を多めにして、薄く滲んだ文字にするのも楽しいものです。

なにしろ、書道は全くの苦手ですので、これで年賀状や絵手紙を書こうなどとは到底思っておりませんけれども、これを機に墨の感触、筆の感触を日々の暮らしの中で楽しみたいと思います。

みなさんもいかがでしょう。墨カムバック。

そういえば、もう一人の編集部員も、筆を購入していました。もしや、彼も墨カムバックするのでしょうか。




このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校で習字を習ったとき、墨をすりましたか?それとも墨汁だけ?
 
墨が暮らしから消えつつありますが、奈良では全国の墨の9割以上が生産されており、全国に9つある墨屋さんのうち8つまでが奈良市内にあるのです。錦光園もそのひとつ。
 
vol.43(秋号)の対談連載「風は奈良から」では、ホストの三浦雅之さんからのご紹介で、東京から奈良にもどり錦光園 7代目を継承した長野睦さんをゲストにお迎えし、お父様が一度は廃業を決断されたところから始まった長野さんの取り組みについて、かなり踏み込んで(?)お伺いしました。
 


 
書道には、墨をするという心を整える時間があります。墨でしか叶わないそんな時間を、もう一度取り戻したくなる取材でした。

 


阿南セイコのメモ


実は、長野さんとは別の機会に以前にもお会いしたことがあり「握り墨体験」というワークショップ
も受けさせていただいたことがあったのですが、ゆっくりとお話をうかがうところまではいかずに時が流れておりました。

今回の取材で、奈良墨のことがより一層身近に感じられたこと以上に、長野さんのように思って家を継ぐ人がいるから奈良は続いていくんだということに心を動かされました(ネタばれするのは残念ですので、お読みいただければ!)


そして、あらためてぜひ錦光園という場所で、握り墨のワークショップを受けてみたくなったわたしは後日、錦光園を訪ねるのであります。それは、後の記事でまたお伝えしますね。

取材した場所は、雑誌では触れていませんが、錦光園さんのお隣にあるカフェ コジカさんです。三浦さんと長野さんはどちらもお酒にお強くて、どんどんお代わりをされていました(^^)コジカさん、遅くまで滞在してすみませんでした。おかげさまで取材を無事に終えることができました。
左から阿南、長野さん、三浦さん


 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ