さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

2020年07月

550いいね

世の中の動きに遅れていますが、ツイッターやインスタグラムによる発信をしておりませず、
最近になって、FBだけは頑張っています。

あまりにもマイナーですので、どこかで活動をお伝えしなくてはと。

オフィスエルインク発行になってから腰をあげFBページを開設しました。いいねのお願いをするのが、どうにも押し付けがましく思え、なかなかできませんでした。(わたしに変わってお願いしてくれた人がいるようです。応えてくださった方、ありがとうござました)
それからあと1シーズンで3年になります。遅い歩みではありますが、7月末日に550という切りのいい数字になりましたので、残しておきますね。みなさま、ありがとうございます。

はなやか!でもなく、さほど  おしゃれ!でもなく、時流にのってバリバリ!でもないこの雑誌を、それでも「読んでみたい」とお申し込みくださる方に、いつも感謝しています。

わたしたちも、収益を優先せず、じんわりと愛されるよう、
それはつまり、それだけ自然や人にやさしい人でありたいと思う方が増えていくことになると信じて、
こつこつ活動していきますので、今後とも宜しくお願いします。

また、読者・サポーターの方へのお願いですが、もしよろしければ
「こんなマガジンがあるよ」とお伝えいただければ幸いです。

現在の野望としまして、1000を目指しています(^^)達成したら、いっしょに喜んでください。みなさまのおかげです。


また、秋号発刊のときに、正式にお知らせするつもりですが、2021年から名称を「さとびこ」と変更することになりました。代表の阿南セイコが2010年の創刊から参与したさとびごころ。10年継続という目標をクリアしたところで、あらためていい雑誌になるよう決意を固めること、そして、名前を読むときに噛まないようになること、などが理由です(^^)

これにともない、ツイッターでも発信します(FBをしていない人にむけて、情報のシェアが中心になる予定)。おそらく、インスタグラムにも挑戦するでしょう(写真が心配ですが)。
もしかしたら、動画も増やしたいと考えています。HPも改変する予定です。


編集方針は変わりなく、できたらより明確に、さとびらしさという軸をもって
続けていきます。ひきつづき、宜しくお願いします。 

さとびごころのFBページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

お食事処 あきの
奈良で多様な事業を展開されている 市川さんに会いに大宇陀 お食事処 あきの に行きました。

大宇陀温泉あきののゆ館内のレストランです。7月3日にリニューアルオープンされ、たくさんの祝福の花が並んでいました。リーズナブルな価格なので、おさいふにやさしいですね。温泉から出てきた人や地域の方たちで、大変賑わっていました。
 
久しぶりにご夫妻の笑顔が見れて良かったです。さとびごころを読める場所になっていただきました。
これからも宜しくお願いします。

115779742_647139719233094_9056100299582816503_o


113378147_647139819233084_4378837977302625171_o

大宇陀温泉あきのを利用の際は寄ってみてください
市川 真由美 (Itikawa Mayumi)
阿南 誠子 (Seiko Anan)
このエントリーをはてなブックマークに追加

116225508_646845912595808_614647862806667580_o

メンバーは、本誌も運営に関わっている森の学習会つながりの人が多く、何度も顔を合わせるうちに、気心が知れてきて仲良くなったり、初めて会うのに会話が盛り上がったりします。

116016319_646845945929138_5003377345106835185_o
奈良型作業道を学びたい・自伐型林業をやっていきたいという純粋な熱意にあふれる人(山を持たない人)、生態学を学ぶ学生さん、行政の立場で地域の未来のために森づくりに取り組みたい人、手入れの行き届かないことを悩む山林所有者、薪の販売が好調だけど薪不足を感じている販売会社、、、これからの森林と地域の幸福なあり方を望むという意味では、みな同じ心を持つ人たちでした。単に経済的発展だけを追うのではなく、森の持続、山村の活性、人の生き方などなどを包んで考えることのできる人たちが集まっている、そう思いました。

114265403_646845835929149_860413966728737289_o
115823384_646845862595813_7941407241010150294_o

「簡単にはいかないことだらけ」。そこに向き合って、「だったら、どうすればいいのだろう」と、みんなで考えていこうという動きが感じられ、この出会いから、近い将来のマッチングが生まれることが予想できる1日となりました。
(さとびライターさんも、含まれていますよ。いつか発信していただきましょう)

このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌は、営業において非力でございますが、本望といたしましては
お読みくださった方が、その周りの関心を持っていただけそうな方へ
口コミしていただけたら一番嬉しく思います。

vol.42号が発行になってから、サポーターの方や執筆いただいた方が
SNSでご紹介くださっており、ありがたい限りです。

42号若林さん紹介

42号大川さん紹介


42号佐藤さん紹介

42号休日ダイヤさん


みなさま、ありがとうございます。

また、編集部が直接繋がっていない方によるご紹介もあったことを
教えてくださる方もありました。ありがとうございます。
知らないところで、いつのまにかご紹介いただけていることは、大変ありがたいことだと思います。
 

42号速水さま


編集部は、「自然にも人にも」を考えるとき、森は多くのことを教えてくれると思っています。
読者のほとんどの方は、山間部よりも盆地内の市街地にお住まいかと思いますが、
美しい森や豊かで安心できる自然を望む思いは、山でも街でも、わかちあえるものです。
本誌がそのきっかけの一部にでもなれれば幸いです。



すでに秋号の準備が始まっております。10月の発刊を目指して、頑張ります。


 


このエントリーをはてなブックマークに追加

110146838_646511432629256_6858118921553144844_n
vol.42をお届けに。。。「季節によりそう食養生」を連載していただいている、菜食ごはん休日ダイヤ・三瓶歌奈子さんを訪ねました。

家そのものがショウルームのように美しく住まわれているご自宅は元セカンドハウスとして使われていた古民家。造形作家のご主人の作品やワークスペース、薪ストーブ、食器、建具、家具、キッチンなどなど、見惚れるばかり。今年春まで宇陀市で運営されていたお店の世界観そのままでした。


116060000_646509595962773_306139219359388470_o

写真でお伝えできないのが残念ですが、来年からはこの暮らしの様子ともども、歌奈子さんの美しい写真で発信していただけたら。。。。


116107835_646509575962775_6314641860728948581_o

「何にお金をかけるか、ですね。僕たちは食や暮らしにかけたいです」とのご主人のお言葉、素敵です。贅沢をされているわけではなく、自分たちにとって大切なものを知っている、そんなお二人でした。三瓶さん、また行きますね。

115907094_646509539296112_4672007011997698037_o

このエントリーをはてなブックマークに追加

森のねんど造形作家の岡本みちやすさんの拠点、「森のねんど研究所」にvol.42をお届けしました。
いつも夢を語っているみちやすさん。夢の世界観が本誌とも通じるところがあり、連載をお願いしています。
vol.40(2020.winter)から連載している「森のねんど研究所から」では、日々変化しながら、様々な表情の空間が生まれていく様子をご紹介しています。
この日は、ズーム配信の試み中。いつにもまして、美しく空間コーディネートされていました!
115995956_646249849322081_802518155161230794_n
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前コラムで連載をお願いしていたこともあるメグさんが店主をしてる恵古箱さん。さらに以前には、「PEOPLE」というコーナーでご紹介したことがあるのも、今となっては懐かしいです。

116111161_646243275989405_3031038313931456712_n
109971055_646243195989413_685529043180291627_n
110331976_646243162656083_6314736754096470945_n


今もずっと、さとびを置いていただいています。
ランチは体にやさしくて、前日まで少し疲労していたのが、元気になれました。予約がおすすめ。


109971055_646243075989425_6078983797534455339_n
115848888_646243095989423_228671869139278184_n
110749670_646243122656087_982662558266765572_n


奈良県葛城市新庄392-3
0745-43-7602
木~土 11:00~17:00 🅿️3台
現在店内飲食営業のみ
奈良めしスタンプラリー参加店
8/8(土)臨時休業致します
LINE公式アカウント始めました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポニーの里ファームさんへ

vol.37のコンテンツ「人工林の皆伐跡地に、広葉樹の森を育てよう『木の恵みと生きる陀羅尼助の郷、天川村の豊かな未来』プロジェクト事業」の記事で、紙面に登場されたポニーの里ファームさん。

この記事がご縁となって、本誌を快くお取り扱いくださるようになり、編集部は大変喜びました。

そして遅まきながら訪ねたのが今年1月。キハダの苗づくりが始まっていました。(詳しくはvol.37 12ページをチェックしてみてください^^)

ポニー2020.01
こちらでご覧いただけます

あれから半年。再び訪ねてみると、ハウスの中で生き生きと、所狭しとキハダが育っていました。

IMG_0946

もう少し根がしっかりと張ってきたら、天川村のプロジェクト予定地に植林されるとのことです。

このプロジェクトのことは、vol.37・38と連続で、奈良県森林総合監理士会代表の杉本さんにご紹介いただいていますが、今も、しゅくしゅくと進行中ですので、またおりを見て、お伝えしたいと思っています。

ポニーの里ファームさんは、薬草の里高取町で薬草の6次産業化、農村健康観光ツーリズム、農福連携をキーワードに、トウキの栽培やキハダプロジェクトに取り組んでいらっしゃいます。薬草はさとびにとっても大切にしたいテーマ。いっしょに企画する記事が、来年にはお伝えできる予定です(さとびの記事は、半年から1年くらいかけて熟成してお届けしております^^;)。どうぞ、お楽しみに。保科さん、お時間をいただき、ありがとうございました。

IMG_0945

追伸:キハダをインテリアプランツとして連れて帰りたくなったのですが、我慢しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加




溝口隼平さんからの便り。

今ここで可能な支援



肥後銀行 田中町支店 店番259
口座番号311701ミゾグチマチコ



スーパーくれくれくんになっています、じゅんぺーくん。
公的なシステムが整うまで、寄付が支えです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびライターの若者と話をしていると、他のライターさんとも会ってみたい、話がしてみたいという声を、時々いただきますので、いつかそんな機会も作ってみたいと思っています。



いつごろ、どこが良いかなあ。。。

IMG_0952
写真は、本文と全然関係ないのですが、編集部でインテリアプランツとして育てている里いもの一種で、味間いも。天理産です。葉っぱがかわいい。朝、なぜか、水滴がついていたのもかわいい。




3年間、編集活動を続ける間に、さとびに執筆してくれる方の幅が広がりました。
まず20代から60代と年齢もいろいろ、本業のある人、プロのライターもいます。

プロフィールでみても、森林関係、  福祉関係、ものづくり、農業関係、地域づくり関係、クリエイター、行政関係、いろいろです。ひとつだけ共通しているのは、本誌の「自然にも人にもやさしい方がいい」というコンセプトに共感してくださっているみなさま方。


お住まいの地域も、実にばらばらなので、どこかに集まるとするとスケジュール調整が難しいと思われますが、まずは有志で飲み会という名の勉強会・交流会ができたらなあ。


と、思っていましたら、再びコロナのことを警戒しないといけないような状況になりました。

人と人が会うにあたっては、わたしは直接会うことの大切さを日々痛感しています。
メールも、SNSも、なくてはならないほどに便利で、実際に依存していますし、ズームという発信手段はこれからもっと当たり前になっていくでしょう。


けれども。わたしたちは、デジタルで伝えきれない、表情や口調や、何より非言語レベルのコミュニケーションをしています。雰囲気。オーラ。リズム。間合い。それも重要なコミュニケーション。やはり、直接会えることの大切さは、失いたくないと思うのです。
ですから、さとびの交流会は、きっとズームではなくて、リアルで行うことになるだろうと思います。 

  


そして、いつかは、「書き手」と「読み手」が出会う場所を作れないかと妄想してしまいます。。。。


そのためには、もうすこし、本誌が成長する必要がありそうです。
そんな日を夢見て、引き続き、編集活動、頑張ります。 



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ