さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

2020年02月

さとひごころが読める場所   増えました
 
宇陀市榛原にある自然食品のお店、いわせさんに、39号からさとびごころ を置いて頂いています。

IMG_0062

IMG_0060


 
店内に一歩入るといい香り。「これかしら?」と、店主の栗野さんが教えてくれたのは、ストーブの上に置かれたポット。お湯の中に、ご自宅の庭で育った月桂樹の葉が入れてありました。その香りが広がっていたんです。こんな使い方もいいですね。

IMG_0059

たんぽぽのお茶をいただきました。たんぽぽコーヒーしか知らなかったのですが、お茶はコーヒーよりも美味しい!(個人の感想です)。

ふっくらした味わい、香ばしい香り。根っこを細かく刻んだ(そしておそらく焙煎してある)ものをお茶として飲みます。買って帰りたかったのですが品切れ中でした。また次回に。

お茶を飲みながら話していると、次から次へと話題が豊かに広がり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。縄文の話も出てきまして、バックナンバー36号もお求めいただき、さらに、読者登録もしていただけたのです。ありがとうございます。


40号で特集した羽間農園さんのお茶も並んでいました。お近くの方、ぜひお立ち寄りください。

いわせ
〒633-0241 奈良県宇陀市榛原下井足43-5
TEL/FAX 0745-82-0438





後日、店主の栗野さんのお知り合いから定期購読ご希望の方があるとのお知らせが。。。

こんなことは初めてです。とても嬉しく思います。
読者の方から次の読者へと広がっていくのは、広告宣伝による広がりとは違う喜びがあります。
これを励みに、春号づくりも頑張りますね。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部が協力させて頂いております「明日の奈良の森を考える学習会」通称あすならもり。
毎号、あすならもり便りとして、奈良県森林総合監理士会会長の杉本和也さん(さとびごころ のライターでもあります)にレポートを連載して頂いています。
あすならもりの始まりについては、さとびごころ バックナンバー33号に掲載されていますので、よろしければお読みください。下記を含む39号までの便りは、こちらからお読みになれます。

satobi-33-20-21



回を重ねること13回の2月9日、奈良が誇る林業家であり、全国で森づくり・地域づくりの講師として活動されている岡橋清隆氏を満を持してお迎えしました。

岡橋清隆様


杉本さんによる、一足早いレポートが同会のブログにアップされています。

第13回 明日の奈良の森を考える学習会  明日の奈良の森を考える学習会もおかげさまで13回を迎える。今回は、奈良県が誇る「壊れない道づくり」でお馴染みの清光林業相談役の岡橋清隆さんにご講演をお願いした。現在の林業や森林所有者や林業に従事しているものを取り巻く状況、何よりも大切な持続可能な森林の維持。そんな貴重なお話をいただいた。山檀那と呼ばれる家系の岡橋さんが「私の人生も残り少ないが、私はこれから山守になる」と宣言された。日本各地で若い担い手に森を守り森林資源の価値を上げるための道づくりを布教されてきた岡橋さん。本当に心打たれる良いお話が山盛りでした。遠方より多くの方々もご参加いただき本当にありがとうございました。 (杉本)



岡橋清隆さんが元所属されていた清光林業は、奈良県の大規模山林所有者でありながら自社林を管理し(奈良県では山を管理するのは山主から委託を受けた山守が行うものであり、山主自らが森林管理をすることはイノベーティブなことでした)、未来を見据えてヘリコプター集材に頼らない壊れない道づくりに取り組み、やがてその道は奈良型作業道と呼ばれるようになりました。その時から、道づくりの現場に立ち、今では後進の育成にも尽力されているのが岡橋さんです。

岡橋さんの息子さんである一嘉さんも、同じ道を進み、今では起業されています(株式会社アルベロクオーレ)。

さとびごころ が清光林業時代の一嘉さんを取材した記事がこちらです。

道を作るのに支障となる木にも価値を置き、土、水、草を生かし、山を傷めずに、収益を生む林業のあり方に強く共感して取り上げました。
全国的に進んでいる皆伐型の林業とは異なります。

を下の方へドラッグしていただくと、もう少しクリアな記事があります。
 
編集部あなんも、谷林業谷茂則氏のお引き合わせで岡橋さんとご縁をいただき、少しゆっくりとお話させて頂いたことがあります。山主でありつつ森林を直接管理することは、初めの頃は周囲の理解を得られなかったということでした。今では山守の数は激減し、昭和時代のような純然たる山守制度は崩れています。そしてその中で、谷さんのような次世代山主が明日の奈良の森を模索し、答えのない問いに向かって奮闘中なのです(さとびごころ ではこれを見守りたいと、連載して頂いています=十四代目林業家ドタバタイノベーション奮闘記)そして、奈良県森林総合管理士会とともに「明日の奈良の森を考える学習会」をスタート、この取り組みに今少しずつつ共感が広まりつつあります。

次号(vol.41 2020 spring)では、今回のあすならもりのことも取り上げますので
森愛ある皆様、ぜひご注目ください。 







このエントリーをはてなブックマークに追加

下北山村を通過するとき、ブラックバス釣りの人たちの間で有名な池原ダム、そのダム湖の堰堤の真下に予約が取りにくいと評判のキャンプ場がある「下北山スポーツ公園」が目に飛び込んできます。

外に開かれたこの場所から、分かれ道をさらに山の方へ登っていったところには、役場や郵便局などのある村の暮らしの中心地があります。

さとびごころ はいつもこの場所へ出かけます。お泊まりする時よくお世話になるゲストハウス晴々があるのも、このエリア。そして、もう一つ必ず立ち寄る場所が SHIMOKITAYAMA BIYORI  です。

IMG_0057


コワーキングスペースとなっていますが、村の集まりや、村外の人も参加できる楽しいイベントなども行われ、村の内と外をつなぐコミュニティスポットになっているように思います。

そうそう、3月にもこんなイベントがあるそうですよ。

管理人の仲さんは、東京出身で朗らかで明るいキャラクター、今では村の住人です。訪れる人を笑顔で迎えてくれるので、初めての人でも入りやすいところです。最近は、薪ストーブも設置され、寒いこの季節には一層居心地のいい場所になりました。

ここに、さとびごころ を置いていただいています。下北山村へ行かれることがあったら、ぜひお立ち寄りくださいね。

IMG_0056

IMG_0055

先日訪ねたら、とてもわかりやすい場所に置いてくださっていて、嬉しくなりました。
ありがとうございます。誰かが読んでくれますように。

https://www.facebook.com/SHIMOKITAYAMA.BIYORI/

この村で、2019年度事業として行われていた(過去形にするのは早いか)のが魚道の改修です。鮎が遡上しやすいように設計されています。設計を担当されたのは、近自然河川研究所の有川崇さん。次号では、その有川さんにご寄稿いただく予定ですので、「川は生きている」とお考えの方、ぜひ、ぜひ、ぜひお読みくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

パーマカルチャーという言葉、この頃耳にすることはありませんか。
パーマ=いつまでも
カルチャー=文化

*パーマカルチャー:永久の、持続的なと農業及び、文化を合わせた言葉。自然と共生する自立的かつ持続可能な暮らし方、またその仕組みづくりの手法や哲学を表す。農的暮らしを基盤に、農林水産、建築、環境、福祉、健康、地域作りなど、暮らしに関わる多岐の分野を領域とする。


 農山漁村文化協会(農文協)から1993年に こんな本が出版されています。
『パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン』
パーマカルチャー:ビルモリソン他
今から27年前にすでに提唱されていたこのような考え方は、一般化するというより先進的な人たちの間で広まるにとどまっていたように思います。日本はバブルの残像の中にあって、お金に夢中でしたし、農的な暮らしから都会的な暮らしへ塗り替えていくことの方が重要視されていました。
 
けれども、はやり3.11以降でしょうか、多くの人が目を覚ましたように、中でも未来を担う若い人たちが自然の尊さや社会の歪みに気づき始めました。どうすればいいのか?どうありたいのか?その鍵は農的暮らしに?

そんなことを考えているとき、それを本気で実行しようとする若者たちに出会いました。それが小野夫妻です。

信じた通りに行動してみよう、学びながら、自分の手で理想の暮らしを実現してみようとする姿を見て、連載をお願いしたのです。彼らは地域おこし協力隊として下北山村に住むことを決め、一つ一つ、ビジョンを形にして来ました。

ラッキーなことに村からの勧めもあり、ゲストハウスを運営することに。それは 夫妻の名前(ハルマサ&ハルミ)からとって、ハルバルと名付けられました。野菜を育て、鶏を飼い、ゲストハウスの隣接地には、セルフビルドのカフェも(本当にセルフで!)建設しています。

あたらしいあり方を求める二人を受け入れた村の度量にも注目です。

vol. 39で最終回を迎えた連載「今日も晴々小野暮らし」では、世界の各地を旅した経験や村で暮らす日々を綴っています。全回まとめていますので、ぜひお読みください。 


今日も晴々オノ暮らし

そして地域おこし協力隊の任期を過ぎても村を拠点として活動を続ける二人に会いに、ぜひゲストハウスハルバルを訪ねてみてくださいね。

48244229_511045992715893_3933963973237407744_n


小野夫妻
 

オノ暮らしHP
このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナー皆川明氏のブランド 「ミナ ペルホネン」が提案する心地よい暮らしの店が南青山にあるcallです。
そこに奈良の福祉施設が作る「こっから豆腐」が並んでいます。
こっから豆腐




一見つながりにくそうな 二つの要素の隙間を埋めるため、編集長あなんが事と次第を聞いてきました。

社会福祉法人こぶしの会が運営するコミュニティワークこっからの、ありのままでありつつ、一歩前を目指して勇気を出した物語。

常務理事の古木氏とは旧知の仲なので、身内感満載で恐縮ですが、さとびつながりの気のおけなさと思ってお目こぼしください。

法人の名前は「こッから」で、豆腐の名前は「こっから」です。校正のとき、注意しました!
読んでいただけたら嬉しいです。そして、こっから豆腐、美味しいので、お見かけになったら食べてみてくださいね。




取材のとき、豆腐を買いました。豆腐を製造するだけでなく、商品を包んでくれるのも、清算をしてくれるのも、「仲間」です。それはそれはゆっくりと、だけど間違えずに、やってもらいました。
取材でお世話になった職員の田村さんが、それを見守ります。
これは、商売ではないのだなあと思いました。豆腐工房は、ちゃんと商品として認めてもらえてcallさんに並んでいるけれど、製造や、消費者との対面は、「福祉の現場」なのでした。市場(社会)と、福祉の現場をつなげる時に、どうしても必要になってくる部分を職員さんがフォローされています。
豆腐職人になって、美味しい豆腐を届けて、社会とつながり貢献することは、健常な人にとっては就職かもしれないけれど、「仲間」たちにとっては、もっとそれ以前の、、、存在証明。その支援を仕事として選んだ職員さんたちの力は、黒子となっていて表には見えてきませんが、大切な要素です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良で活躍するフォトグラファー、都甲ユウタさん。
全国誌からローカルな媒体まで広く活躍されています。
都甲ユウタさん
(写真はFBページからお借りました!)


淡水魚好きを自称されており、さとびのアーカイブも読んでくださっていたそうです。

「奈良の文化と生物多様性」近畿大学の北村忠生先生に書いて頂いてた連載
(主人公はニッポンバラタナゴ)



そんな都甲さんに、淡水魚愛を書いてもらうと連載をお願いしたところ、相談されたのは「息子のことを書いてみたい」というものでした。
記事にあるように、都甲さんの息子さんには発達障害があります。都甲さん自身は、それを極端に心配したり気に病んでいるのではなく、親としてともに育っていこう、そして愛情を持って見守っていこうという気持ちなのですが、原稿として書くには戸惑いもありました。

発達障害のあることを、今ではオープンにする人も増えてきました。
けれど、隠す親御さんやご本人もいらっしゃいます。
一口に発達障害と言っても、様々なケースがあり、一括りに語ることはできません。
深刻な悩みを抱えている人もいます。
それは、障害の内容や周囲の人との関係性によっても変わってきます。
軽度な場合は、周囲に分かりにくく、それゆえの生きづらさが生まれることもあります。
隠したい人には、その心のままにそっと寄り添いたい。
オープンでいこうと思う人にはそれを肯定し、 理解を深めたい。

さとびごころ は、都甲さんのそのままの気持ちを受け止め、連載していただくことにしました。
美しい写真には、都甲さんの思いが込められているように感じます。

第1回目は、親として現実を認識するところから始まりました。そして

これからの生活で、もしかしたら自分の特性で悩む日が来るかもしれない。
そんな日が来たら、息子に伝えたいことがある。
それをここに書いていきたいと思う。
日々、規格外の成長をする君の写真と一緒にね。 
  

 エッセイの最後は、このように綴られていました。

これからの連載を、温かく見守ってください。そして、都甲さんの語り口に少しクスッと笑いながら読んでみてください。

No.02は 現在発売中のvol.40で お読みください。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加


編集部あなんは、下北山村へしばしば出かけます。
奈良市から吉野町、川上村、上北山村、そして下北山村と
奈良県を縦断して向かいます。
その途中にある上北山村では、道の駅で休憩することはありますが、

上北位置

村の中まで行ってみることはありませんでした。

目印のあるところが道の駅。(以前、ジビエ特集で紹介したスポット。)
温泉もよく利用します。

上北道の駅


最近、人に勧められて立ち寄ったのが、小学校跡をリフォームして開かれた簡易宿泊施設です。

上北学校跡
統廃合、、、進む一方ですね。。。
懐かしい校舎が潰されずに活用されているのを見るとホッとします。 


最初は、入っていいのかな?と思うほど、誰もいない雰囲気でした。

そこに、たまたま通りかかってくれた若い女性が、2階にある村の教育委員会勤務の方だっため
親切に案内してくれました。 

村民向けの施設(上北山の活性化拠点と村民主役の村づくり推進事業による)とのことで、コミュニテイカフェや村の機関も入っています。

上北コミュニテイxーカフェ
貸切にしたいような、可愛い感じのコミュニティカフェ。イベントなどで使われるそうです。

 

教室の面影の残る宿泊ルームがありました。木製のドアがいい感じです。

上北宿泊ドア

上北宿泊室



キッチンも使っていいそうです。自炊してお泊まりするには、とても良さそう。
登山する人たちの間で人気があるとか。

上北キッチン


いつかは泊まってみたい。誰を誘おうかしら。。。


最後に名刺を出してご挨拶すると、「あ、さとびごころ 、知ってます」と言っていただいたことが嬉しくて、やっぱり泊まりに来ないとあかん、と思いながら帰りました!!

上北山村での調査取材も、もっと進めたいと思います。
さとび的な人がいらっしゃったら、教えてくださいね。 




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本農業新聞に「「農業」健康効果明らかに 各地でリハビリや観光に取り入れ」という記事があります。


あまり時間が経つと、リンクが切れてしまうかもしれませんが。。



2017年に早稲田大学の堀口健治名誉教授らが、農業者は平均寿命が非農業者よりも男性で8.2歳、女性で1.6歳長く、75歳以上の後期高齢者の医療費も農業者の方が約3割少ないとする研究結果を示した。考えながら体を使う農業が健康維持に有効だという。



とのこと。 

これは、さとびごころ でも考えてきたことですが、こうして学者さんが発表してくださると、信頼が増しますね。

記事では、



同研究に参加した、奈良県高取町で薬用作物を生産する(有)ポニーの里ファームは、2015年から健康を意識した体験を受け入れている。臨床心理士を招き、精神的なリフレッシュを目的に企画した観光ツアーには約20人が参加した。



と、ポニーの里ファームさん(さとびごころ お取り扱いスポットでお世話になっています)が紹介されています。 


誰もが、暮らしの中に少し「農的要素」を取り入れるといいのではないでしょうか。
いやいやいや、忙しくて無理。植物のこと、そんなに気にしてられない。。。という方もあるかと思います。とても解ります。

でも、本当は緑のこと、好きじゃありません?

育てても枯らしてしまうに違いない、間違いない!と思う人でも、もし緑が好きだったら、
道端の雑草を積んできて、コップに刺すところからやってみませんか。
しおれてしまっても、もともと雑草なので、惜しくありません(ごめんね雑草)。それだけでも、生活の中に緑があることで、非常に癒されます。切り口を切って水換えしていると根が生えてきて面白いですよ。水挿しなので、水切れだけは絶対にありませんし。

ちょっと楽しかったら、ハーブなど食べられる緑にしてみるといいと思います。スーパーで売っているハーブでも、買ってきてすぐに切って水に挿すとしばらく生きてます。(根が生えたら長生きします)


楽しくなってきたら、いよいよ、苗を買ってきて、無理して植えずに苗のまましばらく「飼って」みてください。安全策としては、水を入れたコップに載せておくのです。ポットの底に水がかすかにつく程度で。
うっかり水やりを忘れても、数日は安全です。長生きすると、ポットの底から根が伸びてきて、水につかるようになるので、そうするとさらに安全です。

「水をやる」という習慣がない間は、あっというまに日が過ぎて、ポットの中の土がカラカラに乾いてしまうことがあると思います。やはり、枯らしてしまうとやる気がなくなってしまいますね。
この方法だとポットのままでも、かなりの間楽しめます。新しい小さな葉が出て、育っていくのは、愛らしい。
もし面白くなってきたら、土と鉢を買ってきて(ホームセンターまたは100均)植えてみましょう。
初心者は、土を買うのがいいみたいです。ベテランは土から作ると言いますが。。。

日当たりと水さえ気をつけたら、栽培の始まりです。肥料はどうしますか。農薬は使いたいですか。
もし使いたくなかったら、その分、手間をかけて可愛がってみてください。毎日「おはよう」と、声をかけてみてください。苗を買うのが割高だなと感じたら、種を蒔いてみましょう。小松菜が初心者向き。
(袋に植え方の説明あります)発芽したときの、「誕生!」という喜びが最高です。 
小さな小さな農を通して、農業のこと、農家のこと、考えが及ぶかもしれません。

難しいなあ。うまく育たないなあ。その経験も、きっとプロ農家へのリスペクトにつながることでしょう。

そして、いつかは家庭菜園デビュー?

命のあるものを育てて、それを食べてみる。この体験は、とてもいいものです。
庭先でも、ベランダでも、窓際でも、、、できるところから。
失敗してもいいんだと気負わずにやってみると、もしもうまくいったときに嬉しいですよ。
ダメでも、誰にも叱られることはありません。
しばらくしたら、またやってみればいいだけです(^^)

農に近づいて、リフレッシュを。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころ が読める場所 天の川温泉のすぐ近くにある天川弁財天。
あなんはプライベートでも昔からよくお参りする神社ですが、
節分祭に参列したのは初めてでした。
連載(「14代目林業家ドタバタ イノベーション奮闘記」)ライターの谷さんから急にお誘いいただき、貴重な機会を得ました。
(車なしでは行きにくいところであり、運転ができないあなんは、乗せていただけるとあって、『行きます!』と即答でした)さすがは天川弁財天、駐車場には、県外のあちこちのナンバーが並んでいました。スピリチュアリズムに関心の高い人たちに人気がある神社ですが、そんな雰囲気の方もいらっしゃいました。

11時ごろから、宮司さんの挨拶の後、祝詞が奉じられ、 参列者の中から来賓者の玉串奉納。全員で般若心経を読経。そして「鬼は内」「福は内」と唱える豆まき。

「鬼は内」。いいですよね。

このあと、庭で護摩に火がつけられました。


天川弁財天節分祭_2842
 

ヒノキの葉をかぶせてあるので、煙が立ち上ります。

天川弁財天節分祭_2843

それが幻想的で、空を見上げて見とれました。
 
次第に火が大きくなり、護摩木がくべられました。天川弁財天節分祭_2847

「水と緑と土の豊かさを未来へ」わたしが願いを書いた護摩木もその中にあったことでしょう。

お神酒、恵方巻き、ぜんざいの振る舞いもあり、有り難くいただきました。地元の方がお作りになっているようです。とっても美味しかったです。

節分祭の朝の天川村は、いつにもまして清い空気に包まれているように感じました。

さとびごころ には、天川村の森のことはよく登場します。
天の川温泉やみずはの湯では、さとびごころ が閲覧できますので、天川村へ行かれたらお立ち寄りください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころ が読める場所 またまた 増えました。今度は天川村です。

 

天の川温泉


天の川温泉-2

天の川温泉


みずはの湯


みずはの-湯2


みずはの湯

天川村にある兄弟のような温泉に、さとびごころ が並びました。近々、バックナンバーも増えます。


綺麗に、わかりやすく設置していただき、ありがとうございます。


弁財天に近い天の川温泉には、まきボイラーが設置されています(バックナンバーvol.34特集 天川村住民の知恵で村づくり もご覧くださいね)少し奥にあるみずはの湯は、薬草トウキなどを使った生薬配合の薬湯露天風呂。

 

冬の温泉は、一段と気持ちいいですよね。天川村へ行かれたら、ぜひ温泉にお立ち寄りください。そしてのんびりと、さとびごころも読んでいただけたら嬉しいです。

http://yamatoonsen.com/mizuhanoyu/




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ