さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

2020年01月

こんなサイトがあります。

sustainably


http://sustainably.jp

さとびごころ には、「GOMIGEN最前線」という連載があります。執筆していただいているのはフリージャーナリストでごみ減量ネットワーク主宰の北井さん。その北井さんの記事にも登場する『プラスチックフリー生活』という本を翻訳された服部雄一郎さんという方がいます。


服部さんはこんな本も翻訳割れています。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』!
ゼロウエイストホーム

(自前の本なので傷んでいますねーすみません)

服部さんは、北井さんのお知り合いでもあり、つながりを感じる方です。この、服部さんが運営されているサイトが、先述の http://sustainably.jpです。

ごみを減らした方がいいのは、もう誰でも認めていることだと思います。
あとは、それをできるだけ楽しく幸せな気持ちでやれるか。我慢したり罪悪感を感じるのではなくて、
「こっちの方が素敵」と思えるようなアイデアを取り入れられるか。

このサイトは、楽しそうですね。服部さんはセンスのいい方なのでしょうか。写真の撮影に配慮が感じられて、それに導かれるように読んでみたくなります。真似してみたいことから取り入れてみませんか。

(ひのきのお風呂蓋、いいですね。)

サステイナブルな生活は、ミニマリスト的な暮らし方に通じるものが感じられます(イコールとは申しませんが)。ミニマリスト達は、自分にとって本当に必要なもの、大切にしたいものだけを選び、そのほかのものは手放していきます。そして、モノが少ないので掃除がしやすく、整頓され、目にも美しい暮らしを営むのです。ですから、物を選ぶ目がシビアです。結果的にごみのリデュースにつながると思います。

本当に気に入っているものと長く仲良く暮らす。安くてもすぐに気に入らなくなってしまうのでは、お金も資源もかわいそうですね。それには、自分は何を望んでいるのか、という自問が必要で、これがまた心の掃除にすごくいいなあと思います。価値観の棚卸しですね。このあたりのことは、さとびでも取り上げてみたいと構想中です。(構想中だけならたくさんあります!)

GOMIGEN最前線」にも、毎回ワンポイントアイデアが掲載されていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。


あなんの余談

ただいま発売中の40号の「GOMIGEN最前線」では、あの!上勝町の今が伝えられています。
上勝町は 徳島県の中央部に位置する人口約1400人の小さな町です。ごみ焼却場がなかったことから、「ゼロウエイスト(ごみゼロ)宣言」を早くも2003年に表明していましたが、この頃さらに注目率が上がっています。北井さんも2011年の旧さとびごころ(俚志)で上勝町の取り組みを紹介しています。
上勝町では、ごみを徹底的に分別していますが、住民にとってそれは面倒ではないのだそうです。その訳は?さとびごころ40号も読んでみてくださいね。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いしますとご挨拶しているうちに、もうすぐ2月ですね。
今年は暖冬のためか、春の訪れが早いような気がしませんか。


今年から農を考える人たちと交流会を行うことになりました。
すでに満席となっておりまして、皆様にお誘いすることが叶いませんでしたが、 
その第1回目が2月1日に行われます。

編集部はいつも森に関する記事を必ず載せるようにしていますが、
それは「水と緑と土の豊かさを未来へ」という思いがあるからです。
これにはもう一つ農の分野も非常に大切だと考えていますが
まだまだ勉強不足なところ、手薄なところがあると感じていました。


そんな時に、奈良県下の農関係の皆様と集える機会をいただけることは
これからの編集活動にプラスになることと思います。
後日、2月1日に参加してみての報告ができたらと思います。

今考えていることは、「おいしそうなページ」を作りたいということ。
農の活性化のためには、農産物の販売促進を画策する前に、まず、「おいしいもの」を食べる幸せを創り出していくに尽きる!と思いまして。。。

「おいしいもの」は、体も心も喜ぶものでなければ。
どんな記事を作っていけばいいのか、ときめきながら企画していきたい。 

そのためにも、もっともっと地域に密着した情報や知識を蓄えなくてはと思うところです。

関心のある方には、今後の勉強会(&交流会)の情報をご案内しますので
ご連絡ください。席に限りがあり、広く募集することは難しいのですが
さとび読者の方であれば、ぜひ席をご都合したいと思います。

 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバーvol.39(2019 autumn)をアップしました。 


satobi39-表紙


40号がそろそろ行き渡る頃のようです。遅くなってすみませんでした。農的暮らしや安全な食べ物に関心のある方には特にオススメの号になってます。ご興味のあるところだけでも、お読みください。その後は保管していただきますと、今はスルーしているページが後で面白くなったりもいたします(^^)。


最新号は、いち早く定期購読者メンバーの方、サポーターの方へお届けしていますが、バックナンバーは公開しています。昨年秋に発行したvol.392019 autumn)をホームページにアップしております。(表示がおかしかったりしたら、そーっと教えてくださいね)


こちらからご覧になれます。


特集は特集タイトルをクリックで、まとめてご覧いただけます。企画記事や連載は、それぞれジャンプします。連載記事は、バックナンバー掲載分も合わせて読めるようになっていますので、流れがわかりますよ。


光陰矢の如しです。編集部は春号(vol.41)に向けて頑張ります。39-2P

このエントリーをはてなブックマークに追加

コトコト様、清澄の粟様で、お求めいただけるようになりました。


ポニーの里ファームさんでもお求めいただけます。
 

ポニーの里ファームさんは、薬草のメッカ、高取町を中心に農福連携しながら活動されています。トウキの葉の活用、キハダの木部の活用(皮は薬用です)、キハダの苗づくり(天川村の広葉樹の森づくりに)、と薬草関係の活動が幅広い! 


 さとびごころ に度々登場する下北山村では、下記の 山の家ハルバル様のほか、サポートきなり様、BOYORI様で、「読める場所」になっていただいています。

これらの他にも、今月発送したさとびごころ が、「読める場所」やお取り扱いスポットにお目見えしていると思いますので、ご覧になってみてください。

最近、始めてお会いする方に「さとびごころ です」と言いますと
「あ、知ってます」と言われることが増えてきているような気がします。気のせいでしょうか???
販売部数はそれほど増えていないのですが。。。。
どこかで読んでいただけているのなら、嬉しいです。

お取り扱いスポットが非常に少ないですので、お手に入りにくいマガジンです。
気に入ってくださったら毎号新刊が届く読者登録をおススメします。

ホームページのフォームから お問い合わせまたはお申し込みくださいませ。

さとびごころのFBページにも、いいねをいただけますと細々としたお知らせをしております。


  

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月19日の日曜日、のまはら農園様にお誘いいただき、新年会に参加させていただきました。


のまはら農園_2743


蕎麦打ち師匠に教わって、蕎麦打ち初体験もしました。

のまはら農園__2745


のまはら農園_0021

フォローしていただきながら、なんとか、やればできるものですね。


のまはら農園_2749

こちらの座敷でお昼ご飯、と少しお酒も!

のまはら農園_2747

のまはら農園__2750

 

のまはら農園の高橋周介さんは、さとびごころ バックナンバー(24号)でご紹介したご縁です。

vol.24特集 3.11と奈良

vol.24(2016 winter)奈良県被災者の会代表高橋周介さん


3.11を機に奈良に移住され、県内に避難されてきた方のサポートもされました。「みんな落ち着いてきていますよ」と聞いて、少しホッとします。避難された方にもお会いしました(※)。もうすぐまた3月がやってきますね。

のまはら農園様も、着実に発展されています。


高橋さんの作物は奈良コープさんでお取り扱いされています。春からは、のまはら農園特製の味噌の販売がスタートするそうですよ。高橋さんが育てた黒大豆が原料にな理、のまはら農園内に新設された加工場で製造されます。


援農の受け入れもされているので、一度参加させて頂こうかしら。


※ 実際に避難された方から直接、この10年間のことを伺いました。とてもポジティブな人で、笑顔がキラキラしておられました。が、ホットスポットと知らずに外出していたこと、その髪を洗わずに赤ちゃんを抱いていたこと、買って数年の家を諦めて関西に来てから何度も引越ししたこと、現地に仕事のあるご主人とは別居されていること、お金の面でも精神的にも大変なものを乗り越えてこられたことが伝わってきました。食べ物のこと、化学物質のこと、切実に気を使っていらっしゃいます。今は奈良の人となって、さとびごころ にも大変興味を持ってくださいました。(Nさん、これからも宜しくお願いしますね。)


あなんの余談


高橋さんの新年会で、さとびつながりのゆきちゃんこと田村由貴さんに会いました。vol.19の特集「地域起こし協力隊活躍中!」でわたしが取材した人です。それ以後も、折に触れてご縁があり、ご無沙汰していても、どこかで遭遇する人なのです。

vol.19(2014 autumn)地域おこし協力隊活躍中より

右の方が、当時のゆきちゃん。(左の加納さんとも、以前マルシェでお会いしましたっけ)今も、都祁にしっかりと根を下ろし、お嬢さんは少女に成長され、いろいろあっても前向きで、とても安心しました。実は、40号特集でご紹介した羽間農園さんのお米で、地元の酒蔵倉本酒造さんの醸造による特製の日本酒を販売しているのがゆきちゃんです。

 羽間さんちの天日干し自然栽培米純米酒 結

ゆきちゃんが運営するサイト都祁の自然食品屋 まめのんきさんでも、購入できます。ただいま在庫がほとんどないそうですが、4月からは今年バージョンのお酒が発売されるそうですよ。贅沢な日本酒ですね。ぜひ飲んでみてください。




 

このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびごころ は、編集部から直接お届けするケースと、発送するケースがあります。また、地域研究会俚志 様もお取り扱いどころとして、多数の読者の方に発送されています。

編集部直接お届けのスポットへは、(毎回全箇所とはいきませんが)できるだけ出向くようにしています。40号も、もうすぐ完了です。

この度、新しいお取り扱いスポットが増えました。

これまでも、「さとびごころ が読める場所」となっていただいていたcotocoto様と、清澄の里粟様です。

20200116コトコト

上 の画像は、バックナンバーを閲覧できるように並べていただいておりますcotocoto様。無料でお読みになりたい方は、ぜひどうぞ。

学園前駅から徒歩すぐのアンジュール様にも届けました。
DSC_2728

DSC_2727

アンジュール様は週4日の営業ですので、ご注意くださいね。バックナンバーの閲覧とともに、お買い求めいただけます。



ふうせんかずら様にもお届けしてありますので、お近くの皆様、こちらでのご購入もぜひ宜しくお願いします!!バックナンバーも揃っています。前回お届けした時の写真ですが。。。

DSC_2350
DSC_2351

レトロ感のある静かな空間です。ふうせんかずら様は、無人&キャッシュレス書店。あらかじめネットからID番号を取得すると、鍵開ける番号が届きます。ドアのテンキーを押して、解錠して入店できます。
一般の書店と異なり、出店者さんの本が並んでいます。それだけに、レアな本、ユニークな本が多いですよ。 キャッシュレス制なので、支払いはカードです。

そして、40号限定お取り扱いとして、羽間農園様!!
hamanouen

毎週のようにどこかのマルシェに出店されており、その際に40号をお取り扱いいただけることになりました。羽間農園ファンの皆様、ぜひ40号をお手にとってみてください。羽間農園さんの出店情報はHPで告知されています。

そして編集部は春号へと頭を切り替えなくてはなりません。
1号出したらまた1号。光陰矢の如しです。

新しい出会いがあるとき、さとびごころ に共感していただき読者登録してくださる、ということがあります。何か通じ合うものが感じられるのは、大変嬉しく、ありがたく思います。執筆される方の魂もこもっていますので、一人でも多くの方と分かち合えたらと願っております。

さとびごころ のお申し込み----HPのトップページにフォームがあります。
読者メンバー 2500円/年
サポーター  5000円/年
毎号5冊買取り 2000円/号 (お取り扱いスポットとしてご販売いただけます)

さとびごころ が読める場所 募集
店舗や待ち合わせスペースなど、誰もが自由に閲覧できる所にさとびごころ を置いてくださる方からのお問い合わせをお待ちしています。 

  


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020初の、2020年代初の、40号ができました。
今年から、表紙にも価格を記載しました。
40-表紙

特集は予定を変更して、羽間農園さんを紹介しています。

さとび40特集-P4-5

特集の取材で、久かたぶりに訪ねた羽間農園。(羽間農園さんへ 冬号(vol.40)の準備中です
地域の先輩方に学び、伝統的な農法を継承する「できるだけ自然に近い」農業を営む羽間一登さんの家族農業を紹介しています。

(まだエルインクの発行ではなく、ホランティア的に編集を手伝っていた頃)さとびごころ のバックナンバーで、自宅のある宇陀市(榛原)から農地(現在の羽間農園がある奈良市の都祁地域)に通って活動していた頃の羽間さん紹介したことがありますが、安定した暮らしを手に入れた今も姿勢はあの頃のままでした。「昔の人がやっていたような、自分の手と目が届く範囲内の農業があっていい」。過酷と思えるほどに、手をかけて食べ物を作っているように見え、「大変じゃないの?」と聞くと「楽しいんですよ!!」と元気な声が返ってきます。

登山の好きな家庭に育ち、自然が好きだった。物心着いた時から農業がしたかった。そして、アトピー体質で食べ物に気を配っていた。それらが合わさって今の羽間農園ができています。山間のあちらこちらに点在する農園を案内してもらいながら、羽間さんの農業は生業である前に、生き方なんだと感じられて、こんなタイトルが生まれました。

農業は、人の命を支える尊い営みであることが痛切に感じられ、心が晴れてくる思いがします。

そのほか、年末まで頑張って編集したオススメの記事がたくさん、です。宜しくお願いします!

40-contents
発送の手配を終えました。しばらく日数がかかると思いますが、読者、サポーターの皆様、さとびごころ が読める場所や、お取扱いスポットになっていただいている方に届きますので、よろしくお願いいたします。

バックナンバーとなった39号も、近日アップいたします。

あなんの余談

できたてのさとび40号を持って、早速羽間農園さんにお届けに行ったら、奥さんの瞳さんが薪ストーブの上にお鍋を乗せて、何やらコトコト煮詰めていました。それが、「塩」だったのです。
海水を煮詰めて、10分の1程度になるまで水分を減らしたら一旦アク(?)を濾過して取り除き、再び煮詰めて(わたしが見せてもらったのはこの段階。シャーベット状になっていました)漉して完成。漉した水分は、苦汁です。ミネラルたっぷり!我が家は塩はもちろん苦汁も購入していますので、羽間家とのレベルの違いにプチ感動。「暮らすこと=しごとすること」に豊かさを感じました。我が家が塩を手作りする日は、いつか来るのでしょうか。。。。
 
(?)=調べてみると、硫酸カルシウム、でした。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年賀

お正月はいかがお過ごしでしたか。

あなんは、高知へ行ってきました。
一つは個人的な楽しみのため。それは冬キャンプです。
あえて寒い戸外で、焚き火をして、美味しいものを食べて、日本酒を飲んで、寝る。
これだけのことですが、大変楽しかった。
(キャンプのいろいろを全て整えてくれた方のおかげなんですけど)
キャンプ場で迎えた朝、海に浮かんだ太陽に挨拶をしました。


DSC_2660


もう一つの目的は、春号の打ち合わせ。
(ただいま冬号の印刷中ですが、その次の号ですね)
この度は、高知県在住のある方に寄稿をお願いしております。

今日からまた編集活動、頑張ります。
今年も宜しくお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ