さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

2019年01月

やれやれです。

ご迷惑をおかけした皆様、申し訳ございませんでした。
ホームページ、復旧いたしました。

ホームページでは、バックナンバーの公開や
ご購読のお申し込みも受け付けております。

今後ともよろしくお願いいたします。

さとびごころvol.35(2018.autumn)→こちら
特集は、「農がつなぐ人と土」です。

左サイドに定期購読&サポーターのお申し込みフォームがございます。

お申し込み





36号の紹介を始めてしまいました。
始めたからには、やりとげよう。

先日は、みちやすさんの連載を、取材先の磯崎さんが投稿してくださっていました。


これからは、当面特集のご紹介をしていきます。

興味を持っていただけましたら幸いです。(つづく)



農業や林業の世界では、高齢化と後継者不足のことが心配されています。
跡を継ぎたい人がいない。若い人は都会で就職。
その一方で、外部から農業や林業に転じてきた人たちには、
「儲かるから」「安泰だから」という以外の動機で取む人が多いように思います。

大きく儲かることや、安泰であるかどうかを横においても
「これがしたい」という人たち。
険しい道のりでも、乗り越えようとする人たち。
杉浦さんも、その一人です。

取材したことの全てが原稿になるわけではなく、
載せなかったことの中にも心を動かされた部分があります。

なので、さとびごころは杉浦さんや
「杉浦さんのような人たち」にエールを贈りたいと思います。

関心をもつこと。購入すること。人と話すこと。
なんでも、無理なく楽しくできることをやるだけでいいと思う。

当日のメニューには、杉浦農園の野菜がふんだんに取り入れられました。
「これ、すっごいおいしい!」「全然ちがう」の声も会場のあちらこちらで聞こえました。


お酒の会にご来場くださったみなさんに、これきっかけに、
杉浦農園さんのことを知っていただけたら
嬉しく思います。

共催いただいたぷろぼの食堂さん、ありがとうございました。
次は、杉浦農園マルシェ(?)をしましょう(^^)




さとびごころでは現在、読者、サポーターの皆様に
最新のコンテンツをお届けしたいという考えから
HPでの公開はバックナンバーということにしています。

今月、vol.36が発刊されましたので、vol.35のコンテンツを
HPにて公開したしました。

vol.35(2018 autumn)はこんな内容ですsatobi35


初めてさとびごころの名前をお知りになった方のために
「わたしたちは、このようなものを作っています」というご紹介として
公開しています。興味を持って下さる方が、増えたら嬉しいなあ。

さとび読者の方が、ちょっとした空き時間に
読んでくださったりしても、大変嬉しいことです。
さとびライターの方、連載執筆の方、みなさんの記事はとてもおすすめ。
編集している者も、入稿が楽しみなものばかりなのです。



今回から、これまでとは表示方法を変えました。

これまで=特集ページとその他のページに分けて投稿。
     (過去の特集だけを一覧できるようにするため、分けています)

今回から=コンテンツをクリックすると、その記事にジャンプ。
     特集記事だけの投稿も別途用意しており、これからも特集だけを一覧できます)

さとびHPが採用しているシステムの可能な範囲で、
できるだけ読みやすく改善していきますので
これからも宜しくお願いします。


現在のトップページ(上部のみのトリミングです)
ここ1年間のバックナンバーを並べました。
定番のコンテンツをその次に。
各号の内容を(ほぼ)投稿順に並べています。

さとびHP201901

http://satobigokoro.org/

日々のお知らせ等は、このブログやFBで行っており、
HPでは、各号のコンテンツの公開をしています。

さとびごころFBページ
https://www.facebook.com/satobico/



36-


3連休はいかがお過ごしでしたか。

編集部は発送作業やお届けをしているうちに、あっという間に過ぎました。その合間に、みちやすさんの個展へ(お届けをかねて)出かけたりなども。

大和郡山市同泉町の町家物語館1周年企画「町家と本と森のねんどの物語」展示
大好評につき、1月20日まで期間延長されましたので、お出かけになってみては!!
https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/kankou/event/info/005318.html


みちやすさんファンの方と思われるカメラマンの方がさとびを買ってくださり、別の人でライターの方とお会いしましたが、こちらはすでにいつも豊住書店さまで購入してくださっているそうです。

嬉しかったです。

ほんとに、嬉しいです。

まだあと数軒、お世話になった方にお届けにいきます。

さてここで、おそらくこのブログをお読みの方には申しあげるまでもないですが、
さとびごころでは毎号、表紙の裏にみちやすさんの連載を掲載しているほか、
過去に企画記事でヒストリーを紹介しています。なぜなら、みちやすさんは本当に森思いの人だからです。阿南セイコ、何年か交流させていただき、その森思いは演出ではないことを感じ取りましたので応援しています。いえ、応援しなくてもあの作品力はきっと多くの人の心をつかむと思いますが。

「自然にも人にもやさしい  自分たちが暮らす地域」へのアプローチは、アートやクリエイティブや、さとびごころのように読み物を通しても参加できると思っています。そんな思いの通じる人たちの心をつなぐマガジンになりたいと思って、日々企画を考えております。

春号や夏号のことも進めなくては!

36お届け






みなさま、初詣は行かれましたでしょうか。
おけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
編集部のあなんです。

昨年は、さとびのリスタートのことでアタフタしていました。
今年は、少しだけ、落ち着いて新年を迎えています。

さとびごころは、旧編集部時代も今も、ローカルマガジンです。
その間に、「地方創生」が始まり、ローカルということばの語感が変わりました。なんだか流行りの言葉になっていったのです。
そんな流れがあってもなくてもです。東京への対義語ではなくてです。「今自分が暮らしてる場所」を地域と呼び、自然にも人にも思いをもって、ハッピーを自分たちで創りだしたい人たちの「友」になりたいと思っています。そのためには?  つまり具体的には? 編集メンバーも、唯一無二の「正解」を知っているわけではなく、ヒントを嗅ぎつけて、知り得たことを分かち合う、、、腰の低い(?)態度で取り組んでいます。今年も頑張ります。

さて。新年は、今年のことをイメージするいい機会ですね。

2019年、ひとつ考えていますのは、さとびこカフェ(仮称)の開催。

雑誌というのは、作り手と読者さんとは、間接的なつながりになります。
間接的だからこそいい面もあるのです。
見えないほうがいい。見えなくていい。

しかし、、、
たまには直接出会ってみたい、、、という単純な動機によります。

「誰がどんな思いで作っているのか知って買いたい」と、わたしはいつも思っていますし、できるだけそんな買い方をします。作っている人を知ることで買う満足感が増え、いつまでも大切に使うことができるんです。

さとびごころも、どんな人たちが作っているのか知っていただく機会があってもいいのではないかしら。あるいは、さとび読者の方であれば興味を持っていただけそうな(と、同時に わたしが興味があるわけですが)おはなし会も楽しそうだな、、、。

まずは、クチコミでお誘いしていきます。
お誘いがありましたら、ぜひぜひ。
もしかしたら、どこかで告知させていただくかもしれません。
編集長が必ず出席していますので、よろしければお会いしましょう。

昨年の思い出より
発酵文化人類学の著者、小倉ヒラクさんにお会いしました。
こちらの(ヒラクさんの)ブログの、どこかの写真に、編集長がまぎれこんでいます。
ちなみに、発酵や微生物は、昨年お酒の特集(32号2017winter 特集地酒で味わう奈良)をしたように、さとびごころも注目のテーマです。

















↑このページのトップヘ