さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。 http://satobigokoro.org/ https://www.facebook.com/satobico/

2018年08月

さとびごころ23〜29号まで連載された「暮らしの自然療法」をまとめました。

こちらでご覧ください。

なんとなく不調を感じるとき、薬や病院に頼る前に、自然の力や自然治癒力により安らぎや楽しさをもたらしながら癒すホームセラピーを提唱されているクレメンツかおりさんに、誰もが取り入れやすい自然療法について紹介していただきました。



〈なお34号(2018 summer)からは新しい連載「自然の声に耳をすませて」が始まっています。ぜひ紙面でご覧ください〉

sizenryouhou






いつもさとびごころに連載して頂いているクレメンツかおりさん(自然療法森の学校校長)が 上記のイベントで講師として参加されました。 ちなみに、協力者として他には、、、
三谷ファミリークリニック 三谷和男院長(兼 奈良県立医科大学 特任教授)、巽欣子副院長 ポニーの里ファーム保科政秀さん 高取町市尾地区、羽内地区、藤井地区の方々 佐原自動車
このイベントは、早稲田大学 医学を基礎とするまちづくり研究所、奈良県立医科大学、そして日本環境振興会による共同研究課題として取り組んでいるもの。 『薬用作物を用いた園芸療法・農村地域散策を行う農村健康観光ツアーの効果に関する研究』(農林水産政策科学研究委託事業)の一環です。 題して、「薬狩りモニターツアー−夏の宴−」。 かおりさんは、
「県外からわざわざ参加される人がほとんどでした。それほど熱意があり関心の高い人たちだけど、実際に自然に生えているのを見る機会はほとんどないのです。 高取町の自然の中で、実際に生きている薬草を見て感じることで、ものの見方が変わったと感じたという感想を聞くことができました」
と、おっしゃっていました。 「大和当帰」の種取り体験や、草木染め、そしてツアーを通じて複数回測定した参加者の健康状態に関するデータに基づく、医師から参加者への健康アドバイスが実施されたところが肝心ではないかと思います。気持ちで感じるところを、医学的にも数値測定することで、データという客観的な材料ができると多くの人が納得されるのではないでしょうか。

 クレメンツかおりさんには、23号から29号まで、「暮らしの自然療法」を連載していただきました。 34号からは、エッセイ「自然の声に耳をすませて」が始まりました。

さとびごころと、クレメンツさんの思いが共通するところ
 薬草という野草が生息できるような環境がどんどん消えていくことに疑問を感じていること。

それを守ることが、何でもかんでも医療だけに頼らない健康な暮らしや文化を守ることにつながるのだという考えです。

薬草は、開発されて直射日光が降り注ぐような環境よりも、周囲に樹木があるなど少し日陰の環境を好むものが多いそうです。つまり、できるだけ天然の状態にあることが大切です。

薬草だけを栽培することも可能ですが、

本来は、どこにでも自然に生育しているものだのだということ、
自然がわたしたちにプレゼントしてくれているもの

だということを、忘れたくありませんね。


奈良には、まだ、自然の美しいフィールドが残っています。
これからは、それらが財産として観光資源化されていく動きも増していくかもしれません。

それと同じくらい、奈良に住むわたしたち自身が、
薬草が好むような環境を、自分たちの暮らしの一部として
大切にしたいと思うのでした。

さとびごころHPでは、過去の記事をアーカイブして
連載のまとめ読みができるようにしていく予定です。

さとびごころ21〜32号まで連載された「家族野菜のある食卓」は、
こちらです。

「大和伝統野菜」という言葉と概念の普及に大きく貢献された、三浦雅之&陽子夫妻にご協力いただき、小さな農から生まれる家族野菜の物語とおいしい食べ方をご紹介しています。

〈なお34号からはご夫妻による新しい連載が始まっています。ぜひ紙面でご覧ください〉


kazokuyasai-matome


************* これまでのアーカイブ *************

日本ですでに絶滅したとされていた「ニッポンバラタナゴ」が、2005年に奈良県で奇跡的に生き残っていることがわかったことを通して、奈良の文化と生物多様性について、近畿大学の北川忠生先生にわかりやすく伝えていただきました。北川先生、ありがとうございました。

「奈良の文化と生物多様性」

奈良県の森について理解を深めたいと創刊号から20号まで連載された「森とともに生きて」シリーズをまとめました。

森とともに生きて










さとびづくりは、日頃の行いから(笑)。今すぐの掲載予定がなくても、いろんなところを訪ね、いろんな人に出会う活動がSATOBITABI。
今回は、「やまんなか」のある南山城村を、村在住の楠瀬裕子さんと歩きました。

DSC_0001_HORIZON

「ミッシーのぱん」はイートインできるカフェコーナーがあります。ここでパンとコーヒーをいただきながら、話に花が咲いてしまいました。

DSC_0006
楠瀬さんが制作された「むらさんぽ」夏の号の特集は、「湖底に眠る村」。ダムに沈んだ村の暮らしを発掘しています。その写真展が道の駅で開催中。
現在の高山ダム(昭和44年完成)も見て来ました。


DSC_0005
ダムに沈む前に、記念に撮影されたと思われます。これらの写真は、もと住民の方が保管されていたアルバムからスキャンしたそうです。


DSC_0007
野殿地区の山のてっぺんにある「うえだブルーベリー畑」のうえださん。
300円で入園でき、無農薬のブルーベリーをその場でパクパクしたあとは、グラム150円でお持ち帰りできます。うえださんは、お米づくりも大変評判が高いそうです。


DSC_0015

野殿童仙坊保育園跡をリノベーションした「山のテーブル」は、ひときわおしゃれな空間でした。営業時間外だったため、写真はとりませんでしたが、楠瀬さんに「山のテーブル」で編集された「やまびこ」をいただきましたので、店内の様子が写っているページを開いてみました。
美しいマガジンです。


南山城村は、JR月ケ瀬口が最寄り駅ですが、車のほうがおすすめです。
京都、大阪、奈良へのアクセスがよく、なおかつ自然豊かな田舎の風景が残る村の魅力に惹かれ、移住する人たちの中には、クリエイティブな人が多いとのこと。
4月にオープンしたばかりの道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」では、地域の物産や情報を入手できます。
https://michinoeki.kyoto.jp/

やまんなか_0013

京都府唯一の村、南山城村にの移住交流スペース、「やまんなか」さんに、さとびごころを置いていただくことになりました。情報発信やイベント企画が行われており、村でクラスための入り口を提案する施設とのことです。ふらっと立ちより安い雰囲気で、オフィスキャンプ東吉野を「若干」連想するような空間でした。水、金、土の週3日の開館なので、ご注意を。やまんなかさん、これからもよろしくお願いします。
やまんなか_0014

やまんなか_0012
ブレてしまいました。ごめんなさい!

追伸:道をはさんで向い側にある木造の小学校跡が、なんとも趣深くて、これをもう一度見るために、また訪ねることを誓っています。

京都府相楽郡南山城村村田山上フケ10-4
TEL 0743-94-0666
https://murapura.com/guide/

morinone-2


宇陀市にあるゲストハウス「奈の音(ね)」内にある薬草茶屋「森の音」さんでも、さとびごころを置いていただけることになりました。築120年の空き家を改修して大阪から転居されたご夫妻が運営されています。薬草茶が揃っている自然療法的なカフェです。この日は、スパイスティーとシフォンケーキのセットをいただきました。

IMG_4391


33号の特集「住み継ぐ暮らしとまち」がよく似合いそうです。

〒633-2115 奈良県宇陀市 大宇陀西山91
http://www.nanone.net/

登さん


さとびごころリニューアル初の発刊となった32号の特集で、お世話になった登酒店さん。このたび、さとびごころが読める場所に加わってくださいました。「当店では有名無名に関係なく、自らの舌で『旨い!』と感じるお酒、または造り手との交流の中で心から『応援したい!』と思う商品を中心に扱っております」とのポリシーには、大変共感します。試飲させていただいたり、お酒や酒蔵の物語を聞かせていただけます。天理駅から近いですので、電車で行ってみましょう。

http://www.nobori-sake.com/

高野豆腐伝承館_2503

野迫川村にある高野豆腐伝承館さん。豆腐や厚揚げが買えます。訪ねたその日は、地域の方が買い物ついでにおしゃべりを楽しんでいらっしゃる最中でした。そこに混じっていると、気分は「鶴瓶の家族に乾杯」のような状態に。
高野豆腐伝承館_2505

この周辺で原木しいたけを栽培されている方と話がはずみ、「うちのは肉厚で、香りが全然ちがう!」と一押し。「食べてみたいです」「どうぞ食べに来てくだ さい。秋にできます」ということで、秋号ができたら、「野迫川村で原木しいたけを食べる企画」をやることになりそうです。有志を誘って、また訪れたいと思 います。
野迫川村は、和歌山県に隣接する奈良県南西端の村。高野山から製法が伝わり、高野豆腐づくりが広まったのは幕末の頃。大正末期から昭和初期にかけて栄え、当時は村内に130軒もの豆腐工房があったそうですよ。
高野豆腐伝承館_2506


〒637-0423 奈良県吉野郡野迫川村柞原636

TEL 0747-37-2216

定休日月曜日の午後~火曜日(火曜日が祝日の場合は水曜日)

夏の終わりを感じるこのごろです。
お元気ですか。

さて、天川村の地域づくりを紹介したさとびごころ34号。
お読みいただけましたでしょうか。

34号はこんな内容

「さとび的読書散歩」のコーナーを毎回担当してくださっている嶋田さんから、豊住書店さん(奈良市東向北町)に並ぶさとびごころ34号の勇姿が届きました!

ご購読いただける方がありましたら、ぜひ豊住書店さん、啓林堂書店奈良店さん(奈良市西御門町)、ベニヤ書店さん(奈良市花芝町)へどうぞ。と、すすめてあげてくださいね。

豊住さん1


豊住さん2


お取り扱いいただき、ありがとうございます。


【追記】34号の在庫は、編集部に若干ございますので

ご希望の方は、HPのお申し込みフォームからお求めくださいませ。

(一度、在庫ありませんと書きましたが、若干ありますので訂正します!)



まもなく、もうひとつお取り扱い書店が増える予定です。

お店に本が並びましたら、ご案内いたしますので、少しお待ちくださいませ。



今、お取り扱いいただいている書店さんは奈良市だけです。
大和郡山市、天理市、生駒市、橿原市などでも、お取り扱いいただけるスポットが増えたらと希望しています。いいお話がありましたら、ご紹介ください(^^)。










今年の夏はひときわ暑いですね。みなさんは体調を崩されていませんか。

発行月の7月は、ホッとして、グッタリしてから、本のお渡し活動をしていました。8月になり、いよいよ次号にむけて行動を起さなくては、、、と焦り始めた編集部です。

さて、今日は、一年前に発刊した さとびごころ30号(2017.summer)でご紹介した記事に関連するニュースをお届けします。

知的障がい者サッカー日本代表が、スエーデンに到着。もうすぐ、試合なんですよ。(現地8/6)
関係者の話によると、初戦はポーランド。この試合に勝てば、決勝リーグに進めると言われています。侍ブルーのように、勇気をもって勝ち点1をもぎとってほしいですね。

30-20-21

30-22-23

日本知的障害者サッカー連盟で最新情報をチェックしてください。
http://jffid.com/

〈追記〉 もうひとつのW杯2018スウェーデン大会への私たちの挑戦は6位となりました。





さらに、同じ号でご紹介した 奈良発クラフトビールのゴールデンラビットさんも

30-16-17

7月、ジャパンビアフェスティバル大阪2018で大阪府知事賞、大阪市長賞をW受賞され、
醸造所にある樽生ビールが飲める部屋「タップルーム」を立ち上げるべく、ただいまクラウドファンディング挑戦中。

この度、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、醸造所併設の店舗でビールとレコードを楽しむ空間の実現を目指して、再びクラウドファンディングに挑戦致します!

https://www.makuake.com/project/golden2/

今回は、やっと決まったゴールデンラビットビールの醸造所に併設するタップルーム(飲食室)です。

古都・奈良の雰囲気に合うレコードとビールをコンセプトにビアスタイルに合った専用グラスでの提供を考えております。

リターンには、1年間飲み放題の権利や、店員を体験できる権利など、多数ご用意しております。

沢山のご支援、拡散の程、どうかよろしくお願いいたします。

(ゴールデンラビットビールFBページより)

さとびごころが注目した人たちが発展されていくのは嬉しいことです(^^)

それにしても、この暑さ。シニア世代が子どもの頃に経験した夏とは別物です。もう気候が変わってしまっているのでしょうか。学校にクーラーが設置させる動き、大賛成。
クーラーで冷えた体で、ぬるま湯に浸ったような暑さの中を行ったり来たりする日々、自律神経が不調和になるかもしれませんが、そのあたりも気をつけながら、夏を乗り切っていきましょか。




↑このページのトップヘ