さとびごころ編集局のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集局からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

2016年01月

24-hyousiw400

毎年この時期になると阪神・淡路大震災のことが思い出されますが、
2011年からは、これに加えて春の訪れを感じる頃には東日本大震災のことを
思わずにはいられなくなりました。

今年は5年を迎えるにあたり、
3.11と奈良について考えてみました。


今回からは、HPで全ページをPDFで公開することになりました。
特集とその他のページに分けてアップしています。


特集をご覧になりたい方はこちらへ。
http://satobigokoro.org/archives/332

その他のページをご覧になりたい方はこちらへ。
http://satobigokoro.org/archives/346

(目次ページもアップしています。ご興味のある記事がありましたら、ぜひ)

今回の目次ページもみちやすさんのハートフルな作品が
飾ってくれています。いつもありがとうございます。





追伸・・・・

「やっぱり冊子で読みたい」方は、編集部にメールください(^^)/









今年は暖冬で、寒さに弱い管理人にとってはありがたいのですが、
それとは別に、冬の朝などの冷たい空気に触れるのは、体が清浄化されるような
すがすがしさがあって、好きであります。

アウドドア遊びは春・夏のイメージが強いものですが
冬は蚊にさされないのが魅力で、昔は極寒キャンプ遊びなど、
よくしたものでした。

雑談ばかりですみません。編集局にお知らせがとどきましたので
ご紹介します。
以前さとびごころでご紹介した地域おこし協力隊の一人、
竹中雅幸さんからの、イベント情報です。

ご興味のある方、参加されてみてはいかがでしょうか?

それでは、どうぞ。


エコツアー in 川上村! 冬のイベント情報

川上村地域おこし協力隊 竹中 雅幸

以前、俚志vol.19特集「地域おこし協力隊活躍中」に掲載していただきました、川上村地域おこし協力隊の竹中と申します。大学山岳部で登山を始め、卒業後は登山ツアー専門旅行社に就職。2014年6月に、着地型の観光に携わりたくて、そして山に住んでみたくて川上村へやってきました。
2015年4月より、川上村においてエコツアー事業に取り組んでいくプロジェクトとして、「川上村エコツアー推進プロジェクト“山遊び塾 ヨイヨイかわかみ”」を始めました。現在はモニターツアー期間中で、毎月違うタイプの様々なエコツアーイベントを行っています。今回は冬の間のイベントをご紹介させていただきます。よければぜひ、川上村に遊びにきてください。

★1月のイベント
「冬の天然洞窟探検ツアー~こうもり観察会と“おくどさん”体験~」

日時:平成28年1月31日(日)
集合:10:00 川上村役場前
解散:15:00頃 川上村役場前
料金:大人5,000円/こども2,500円
対象:小学生以上

観光地化されていない天然の洞窟をご案内。NPO法人東洋蝙蝠研究所理事・細川慎太郎さんをお招きし、洞窟内で越冬するこうもりの生態や観察のマナーについて学びながら洞窟を探検します。その後、創業130年の老舗旅館・朝日館にて、昔ながらの“おくどさん”(カマド)を使った炊飯体験を行います。

★2月のイベント
「氷瀑めぐりツアー」

日時:平成28年2月7日(日)
集合:10:00 川上村役場前
解散:16:00頃 川上村役場前
料金:大人5,000円/こども2,500円
対象:小学生高学年以上

大小さまざまな氷瀑を求めてのスノーハイキング。林業地である川上村ならではの工夫"木蝋"で暖をとったり、ご飯をつくったりもします。昔ながらの生活の知恵を楽しみながら学びましょう。冷え込みの厳しいこの時期ならではの、冬の恵みを楽しみます。

★3月のイベント
「筏場道ハイキング~秘湯の野湯・五色湯を探せ!~」

日時:平成28年3月5日(土)
集合:10:00 川上村役場前
解散:16:00頃 川上村役場前
料金:大人5,000円/こども2,500円
対象:小学生以上

古道「筏場道」をたどるハイキング。筏場道が切り開かれた経緯、大台ヶ原や林業との関連を交えながら、江戸時代の湯治跡「五色湯」を訪ねます。

各ツアーの詳細・お申し込み・お問い合わせは、下記Webサイトをご覧ください。

山遊び塾 ヨイヨイかわかみ Webサイト





定期購読をお申し込みの方へ・・・


お振り込み先をご案内します


ゆうちょ銀行から     14510-16113441  地域研究会「俚志」

他銀行から     店名 四五八   店番458   普通預金
                       口座番号 1611344  地域研究会「俚志」


1年間2000円(送料として別途500円)で
最新号を1年間お送りしています。

メールでお申し込みの場合
1.「さとびごころを( 号)から申し込みます」
2.お名前
3.送付先
4.不着の場合等のご連絡先(携帯番号など)
をお知らせください。

メールアドレスはこちら satobigokoro@gmail.com(さとびごころ編集局)

2016年の京終玉手箱の予定です。

次回は、3月13日(日)。

JR京終駅前で行われる出会いや交流を大切にした
一箱古本市。ブロブ管理人はいつも予定が重なり
まだ行けていませんが、一度覗いてみたいと思っています。
むしろ、古本を売ってみたいかも。

さとびごころの発行元である
地域研究会俚志も協賛しているイベントでもあります。

そして、もうすぐ発行になる次回のさとびごころ24号では
この京終玉手箱の仕掛け人(?)安西さんを紹介していますよ。
もしよかったら、お読みになってくださいね。

京終玉手箱、次回以降の予定をご紹介します。
6月12日(日)
9月11日(日)
12月11日(日)



↑このページのトップヘ