さとびごころ編集局のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集局からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

2015年12月

みなさま、今年ももうすぐ終わりですね。

新しい年を迎えるにあたって、今どんなことを
お考えでしょうか。

さとびごころでは、あの忘れられない出来事について
取り上げることにしました。
来年で、3・11から5年ですね。
地震、津波、放射能・・・。
関西に暮らすわたしたちも
他人事とは思えない衝撃的な出来事でした。
そして、今も終わることなく
わたしたちに問いを迫り続けています。

この奈良にも、震災により移住してきた人たちがいます。
今回の特集では、避難されてきた方や
受け入れた方を訪ね、
お話を伺いました。

奈良は古の都に選ばれただけあって
災害が少なく、おだやかでいいところです。
避難してこられた方が
奈良での新しい幸せを作っていただけたらと思いますし、
読者のみなさんも応援してくださいませ。

次号の特集は、「3・11と奈良」です。


追伸

今年も一年、さとびごころを応援してくださった皆様、
ほんとうにありがとうございました。








IMG_1844

街は年の瀬ムード。SNSにもパーティーの様子を伝える投稿が増えています。

残り少ない2015年を、さとびごころを作りながら
過ごしております。

年明けには、24号の出稿。

ライターのみなさんから今回も
気持ちのこもった原稿がたくさん集まっています。

こんなマガジンなら読んでみたい、
と思ってくださるような人に一人でも多く
お届けできるようになりたいです。

頑張ります。


次号(24号)は来年1月の発行です。

震災から5年目の新年を迎えるにあたって
震災を機に奈良へ移住してきた人や
受け入れ支援の様子について
お伝えしたいと思います。

新年といえば誰もがおめでたい気持ちになる時。
無病息災を願って手を合わせる時。

それと当時に
何年の歳月が過ぎても
息災ではなかった記憶の重さとともにいる
多くの人たちがいることを
いつまでも忘れないでいたいですね。
この奈良にも、そんな方がちがいます。
その中から、ほんの一部の方とはなりますが
人生を復興しようとする人たちを
地域としてそっと受け入れられたらと
思います。

そして、まさかの時に
制度や行政の力だけでは
うまくいかないところを
助け合えるのは
顔の見える関係であること、
そんな信頼関係を作っていくことが
100年住み続けたい奈良につながることを
お伝えできればと思います。




来年1月に発行する24号の取材のため、
ゲストハウスならまちの安西さんを訪ねました。

安西さんは京終界隈のキーパーソンです。

IMG_1573
取材のために、衣装までばっちり調えてくださった安西さん



京終マップづくりから始まって、
京終サロン、京終玉手箱など、
人の縁をつなぎながら京終界隈ににぎわいを
取り戻す取り組みをされています。

それも、楽しく。

そんな安西さんをご紹介しますよ。
記者は、「読書さんぽナビゲーター」でおなじみの
嶋田さんです。お楽しみに。


取材のあと、編集局の「よりあい処 satobi-co」に行きましたら
嶋田さんの差し入れクッキーがありました。
甘党でないわたくしも、二つ、三つと
頂いてしまいました。甘すぎない手作りの味!
ごちそうさまー。

IMG_1580


よりあい処は、今後、週1回くらいから
定期的にオープンになるそうです。
だんだん増えるといいですね。


http://satobigokoro.org/archives/304

創刊時から「奈良の北と南をもっとつなぎたい」と語っていた大浦編集長。
そして、奈良の自然環境である森と川をもっと大切にしたいと思っていた、わたくし。

そんなわたくしたちにとって、「森とともに生きて」シリーズは
バックナンバーとなった今でも
みなさんに読んでいただきたい記事です。
ご執筆くださった方々にあらためてお礼申し上げます。

「奈良の森について知りたいな」
と、思った方には大変喜んでいただける内容となっております。

古代からの人と森のかかわり、吉野林業の歴史、そして今。
ディープです。

よろしければご訪問ください。

http://satobigokoro.org/archives/304


林業は危機だという声。日本の森は宝の山だという声。
いろいろな意見がありますが、
都市の暮らしは森なくしてはなりたたないということを
忘れないでいたいものです。
そして、森とともに生きる暮らしとは
どんなものか、一人一人が考えてみませんか。


また、これからも少しずつ、バックナンバーとして埋もれてしまうのは
もったいない記事をみなさんとシェアするため、
HPにアップしていく予定です。
よろしければ是非ご訪問ください。



「編集局改装」というカテゴリで
随時お知らせしてきましたが、
さとびごころ編集局のある古民家の、道路に面した一室が
交流スペースとしてお披露目となりました。

まだ不充分な箇所がありますが
一区切りついたところです。

さとび交流室

なんということでしょう。

ビフォーアフターな気持ちです。

たくさんの親切な方のお世話になって
ここまできました。
(わたくしも床はりと壁塗りを手伝いましたー)
さとび交流室3

古い家具もきれいに磨いたら(磨いたのはわたしではないのですが)
なんとレトロで魅力的なものに・・・。
シンデレラです、まさに。

さとび交流室2




11月28・29日は編集関係者や地域の皆さんが
立ち寄ってくださり、交流会をしました。
大浦編集長手づくりのおいしいものと、お酒も。

この場所の名前は「よりあい処」だそうです。
わたくしは、「サトビコ」というニックネームで呼ぶことにしております。
さとび+「コ」。コ=CO  (共に、の意味)で。(勝手ながら・・・)


JR京終駅からも、市内循環バス北京終町からもすぐです。
今のところ不定期オープンですので
お立ち寄りの際は一声おかけください。

そのうち、ランチが始まる予定。
地域の方のよりあい処になったり、レンタルスペースとして
活用されます。

わたしは、、、、おなかが空いたら食べに行こうっと。


追伸 ここから始まりました。
http://satobi.blog.jp/archives/1003644131.html




↑このページのトップヘ