さとびごころ編集局のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集局からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

2015年06月

先日のこと。
フリージャーナリストで、俚志の編集にも
かかわっていただいている北井さんのお宅へ取材に。

なにしろこの人こそ、農的生活を地でいく人、といいますか。

人もうらやむ古民家暮らしの夢を叶え
ちゃくちゃくとガーデンや畑づくりに邁進されているのです。

IMG_8383

ラフな感じの庭&畑です。おしゃれ女子のガーデニングとは
少し違います。

カラになった鉢が、平気でころがっているところとか・・・。

しかし、生き物への愛が溢れていました。
ほんとに、自然がお好きなんだなあというのがわかります。

IMG_8387

わたしの大好きなハーブもたくさん。
季節の花もたくさん。

特集では欲張って写真をたくさん載せたくなっているところです・・・。

最後にデザートつきのランチ(自家製野菜のパスタ)まで
ごちそうになりました。
もちろん、お手製ですよ。
北井さんは、料理も上手で、いつもごちそうになる、
という話はいつかの記事でもご紹介したとおりです。

IMG_8451

次号の俚志は7月10日ごろ、の発行予定です。
今回は楽しく癒されると思いますよ。
ぜひお手にとってみてください。

農的生活・・・・・あなたもじっとしていられなくなるかも。





お知らせが大変遅くなりましたが、
さとびごころカレンダーを作りました。

年間購読を頂いた方や
サポーターになってくださった方には
すでにお届けしております。

さとびカレンダー1

これまで表紙を飾ってきたイラストが好評なので
バックナンバーをまとめて
一年楽しんでいただけるカレンダーにしました。

さとびカレンダー2

ご希望の方がありましたら
編集局までお問い合わせくださいね。


無料です。

satobigokoro@gmail.com   まで、メールにてお願いいたします!


また、お世話になっている方にも
お渡ししています。
かわいがっていただけたら幸いです。

俚志の発行元である地域研究会俚志が協賛している
京終玉手箱。


その第6回が6月7日、JR京終駅前で開催されました。

だんだんと、人が増えているとのことですよ。
出店したり、ふらりと寄ってみたりされてはいかがでしょうか?

京終玉手箱

玉手箱コーヒー屋


ふだんのJR京終駅内は、静かで落ち着ける場所。
まほろば線は上下ともに1時間に2本くらいしか電車が通りません(笑)

当ブログ管理人はよく利用しています。
発車よりわざと早めに駅について、本を読んだりメールを見たりするのを
なかなか気に入っています。

そういえば、先日ホームにて、こんなものを見つけました・・・。
ベンチに手編み風の座布団が敷いてあるのですが・・・。

IMG_0339


なんだか、にっこり。


編集委員のフリージャーナリスト神野武美さんが編集に関わられた
本が出版されましたのでご紹介します!


ひと・いのち・地域をつなぐ


 兵庫県内で高齢者総合福祉施設を運営する社会福祉法人きらくえんの市川禮子理事長著「ひと・いのち・地域をつなぐ」(A5判・並製・208頁)が5月下旬、居住福祉叢書②として東信堂(Tel03-3818-5521、FAX03-3818-5514)から刊行されました。

「ひと・いのち・地域をつなぐ―高齢者総合福祉施設きらくえんの軌跡」
市川禮子著 
東信堂、1800円+税

【内容のご紹介】

社会福祉法人きらくえんの市川禮子理事長と同法人が運営する施設や事業の30年以上にわたる軌跡を集大成した。

きらくえんは、1982年に開苑した尼崎市の「喜楽苑」をはじめ、兵庫県内5ヵ所の特別養護老人ホームと関連施設を次々に建設し、さらに在宅福祉の充実にも取り組むなど、人権の尊重とノーマライゼーションの理念のもと、日本の高齢者福祉を「施設から住まいへ」と誘導・進化させる先頭に立ってきた。

例えば、特別養護老人ホームを建設するたびに、従来の四人部屋から準個室へ(朝来市・いくの喜楽苑)、さらにユニットケアの個室(尼崎市・けま喜楽苑)へと、入居者の居住環境の改善に取り組み、そのことが国の設置基準の引き上げにもつながった。

一方、1995年1月の阪神淡路大震災では、開設直前の「あしや喜楽苑」(芦屋市)が液状化現象で大きな損傷を受けるという危機的な状況に陥った。しかし、開設準備で新たに採用した職員の“行き場”の確保にも絡め、高齢者や障がい者が安心して避難生活が送れる「ケア付き仮設住宅」を新たに開発して危機を乗り切った。

ほかにも、復興公営住宅での「孤独死」を無くす「24時間見守り」態勢を確立するなど、「地域の防災拠点となる福祉施設」、災害と福祉の関わりも追求している。




【東信堂にメールで直接注文すると新刊特別割引価格で】

東信堂にメールで直接注文すると税込み特価1,500円(税込み定価1944円)で購入できます。送料1冊200円。3冊以上注文した場合は送料を東信堂が負担(海外除く)。代金は書籍到着後、同封請求書にて支払ってください。注文は「チラシを見た」と書き添え、住所・氏名・電話番号、冊数をメール(tk203444@fsinet.or.jp)で送信してください。




↑このページのトップヘ