年末にむけて、いろいろと買いためた日本酒を
晩御飯のときに次々と開けては、飲み干しております。

vol.44で紹介した三つの酒蔵(美吉野醸造、倉本酒造、福持酒造場)をはじめ
天理市の稲田酒造、それからさとびごころでも一押しの農家酒屋杉浦農園さんから購入した風の森。

全部おいしくて、毎晩幸せです。

そこに加えて、朗報が。 



 長崎大学はサプリメントとして市販されている「ある物質」が、新型コロナウイルスの増殖を100%阻害するとの研究結果を発表しました。

 8日夜、国際誌に掲載された論文です。タイトルは「5-アミノレブリン酸が新型コロナウイルス感染を阻害」。

 「5-アミノレブリン酸」とは、通称「5-ALA」と呼ばれている天然のアミノ酸です。長崎大学の北潔教授のチームが試験管内で一定量以上の「5-ALA」を投与すると、ウイルスの増殖が抑制されることを確認しました。

 「おそらく効くだろうとは思ってましたけど、ある一定の濃度以上だと本当に100%、増殖を阻害する」(長崎大学 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 北潔教授)

 「5-ALA」は、赤ワインや納豆などの発酵食品に多く含まれているほか、サプリメントとしても市販されるなど、安全性が確認されています。研究では、「5-ALA」が新型コロナウイルスの増殖を抑制することが確認され、感染者の治療に有効である可能性が示されました。

 「これを見つけたからには、(広めることが)我々の義務」(長崎大学 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 北潔教授)

 今月4日からは人への臨床試験も始まっており、新型コロナ患者への治療や予防にも活用されることが期待されています。

奈良の酒蔵さんも嬉しそうです。

こちらは、大手の春鹿醸造元、今西清兵衛商店、今西社長の投稿より。
春鹿さんの投稿より



 そういえば、お茶もいいとの報道がありましたよね。
 

日本酒、お茶、奈良の特産物がコロナ対策にいいとは、嬉しいお話。
アルコール除菌だけでなく、このように体の内側から自分をサポートしましょう。




こんな記事も出てきました。
コロナであろうとインフルエンザであろうと、なんであろうと、
手洗い、うがい、日々気をつけることは大切です。
そのうえで、そろそろ元気を取り戻していきませんか。

日本酒やお茶を楽しみながら!