秋号の発送が概ね終わりました。
書店へのお届けは、中継ぎしていただいている所からお届けしているお店もあり
少し、遅くなっているかもしれません。

編集部から 直接お届けしている ふうせんかずらさんに
行ってきました。

DSC_2350

こちらのお店は無人&キャッシュレス書店です。ドアのところに黒いテンキーに、ID番号を入力すると鍵が開きます。
ID番号は、ふうせんかずらさんのサイトから誰でも申し込むことができます。

中に入ると、いつもさとびごころ のバックナンバーが美しく並べられています。
DSC_2351

お取り扱いいただく中でも、こんなにしていただけるのはこのお店ならではで、
いつも頭を下げたくなるくらい有り難く思っています。
ここで、さとびを見つけて、のちにご登録くださった方もありました。

さとびは、バックナンバーになってからでも楽しめる内容ばかりですので
お気に入りの号、興味あるテーマが見つかりましたら
手にとってみてください。

ふうせんかずらさんの、無人ならではの静かな店内は
古民家をリノベーションした落ち着きとともに
とても居心地のいい空間になっています。
店内のどの本棚も、手に取ってみたくなるものばかり。
ぜひ一度、足をお運びになってみてください。

発送が終わってしばらくすると
「届いたよー」と連絡をくださる方があります。
とても嬉しいです。
ありがとうございます。

「100年住み続けたい地域には、人にも自然にもやさしい思想と取り組みがある」
というコンセプトが好きだと言ってくださる方がいらっしゃることに
励まされながら、また冬号に向かって準備を進めてまいります。

地方創生も活性化も、自然と人との幸せな調和なしには
ありえないと編集部は考えています。
 
これからも宜しくお願いいたします。