台風19号の影響で、ギリギリまで開催されるかどうか危ぶまれた「風の森アキツホ特別純米 無農薬の米作り」は、予定通りの10月13日、今年も開催されました。
 

35号特集「農がつなぐ人と土」でご紹介した杉浦農園さんの取り組みです。編集部阿南も参加してきました。


証拠写真↓

阿南

田植えの時の幼かった苗が、株を増やして黄金色にお米を実らせました。ちょうど片手で握れるほどになったところを掴んで、カマでぐさっと刈りますと、ちょっと気持ちいい。でも、手刈りで全てを行うのは、人手のない現代では現実的には無理です。

ただ、こうしてイベントとして体験させてもらえて参加者は楽しく、お酒を楽しみにできますし、

杉浦さんは、ぬかるんだ所はコンバインでは刈りにくいそうで、そこをボランティアがやることで助かるそうです。


途中の写真を撮るのも忘れて、黙々と集中してしまいました。


3枚の田んぼの稲の手刈りは、みんなでやると、ぐんぐん進み、

景色が変わっていきました。


終了後は「風の森と鍋の会食」。前日から杉浦農園さんが準備してくださったイノシシ汁をいただいたり、

油長さんが用意してくださった風の森を、存分に飲ませていただき、参加者はみんな嬉しそうでした。



来年40号からは、杉浦さんのコラムもスタートします。農を通して里山再生に取り組む杉浦さん(写真下)の考察録を、どうぞお楽しみに。


杉浦さん

杉浦さん、油長酒造の皆様、大変お世話になりありがとうございました。


杉浦農園さんや、風の森の特別純米を無農薬で栽培する取り組みを紹介した特集は こちら


なお、こうしている間にも被災され、苦しい思いをされている方々がいらっしゃることに、心からお見舞い申し挙げます。
1日も早く、安らかな生活が取り戻されますことを祈ります。