初夏のような6月だったと思っていましたら
梅雨のような7月を迎えていますね。

夏号が「もうすぐ出ます」と書いたきり、出ましたというお知らせをしないまま
今日に至りましたが、無事に出ております。

FBtopimge-size

編集しながら、川で遊ぶ写真をたくさん見まして、
爽やかな気分になっておりました。
今回協力していただいた山ちゃんこと山下さんには、
記事をお読みいただくと お分かりになると思いますが
「川で遊びつつ、森林と川とのつながりを本気で考えている方」でありまして、
さとび的に「合う!」と、お願いをしました。
美しい川のかけがえのなさをお伝えできればと願っています。
どうぞ川で遊びながら、体で感じてくださいませ。


その他の記事のことも、これから 部分的に 紹介していこうかと考えています。
さとびは、ぼちぼちとお手元に届きますので、それまでの?予習?にでも。
先にお届けできる方、少し遅れて到着する方、 いろいろと、、、ご了承くださいませ。

今月下旬には、書店にも並んでいることと思います。
あえて毎号書店でお買い求めくださる方があるようです。嬉しいです。

啓林堂奈良店さま(近鉄奈良駅すぐ)
豊住書店さま(東向北商店街)
ベニヤ書店さま(東向北商店街)
ふうせんかずらさま(ならまち音声館近く)

その他、さとびごころ をお取り扱い頂いているのは、、、

ダブルマウンドウッドワークさま(奈良市)
喫茶と雑貨アンジュールさま(奈良市)
株式会社HERSさま(奈良市)
地域研究会 俚志さま(奈良市)
ぷろぼの食堂さま(奈良市)
葉音さま(奈良市)
奈良県人権部落研究所さま(奈良市)
森のねんど研究所さま(大和郡山市)
奈良県立医科大学労働組合さま(橿原市)
奈良むつう整体院さま(橿原市)
森ある暮らしラボさま(明日香村)
株式会社総合農林十津川事務所さま (十津川村)

お近くにお取り扱いスポットがありましたら、どうぞお求めください。

さとびごころを「取り扱うよ!」という方は、
5冊(買取り)・10冊(買取りまたは委託)のご希望を添えて
お問い合わせフォームからどうぞ。
宜しくお願いします。

 
「さとびごころ が読める場所」ではお試し読みを。

販売はありませんが、各所に「さとびごころ が読める場所」があります。(ほとんど奈良県内ですが)お見かけになりましたら、お試し読みをどうぞ。

  
カフェやショップ、コミュニテイスポットを運営されている方で
さとびを置いてくださる方からのコンタクトも歓迎です。
まずはお問い合わせフォームからご連絡ください。


バックナンバーはウェブでもお読みいただけます。

最近、春号をアップいたしました。 


編集部から直接いち早く、お届けできる定期購読 のすすめ

書店やお取り扱いスポットが近くにない方、定期購読をご希望の方、さとびをサポートしてくださる方もお問い合わせフォームからご連絡ください。HPのトップページに、申し込みフォームも置いていますので、ご利用ください。



どうぞ宜しくお願いいたします!

追記(あなんより)
今月、熊本県の球磨川へSATOBITABIに行ってきます。日本で初めてダムが撤去された場所へ。帰ってきたら、このブログでも紹介する予定ですが、より詳しく話を聞いてくれる人、話しに行きますので連絡ください。