どちらも、旧編集局時代から続くコラムです。

話言葉で軽やかに綴られた文章が、
雑誌にいい後味を残してくれると感じてます。

これまでの連載(一部)が読めるようになりました。
吉野の会だよりはこちらから
読書さんぽはこちらから
春号が出たら、発売中の35号も加わりますよ。