さとびごころになぜドイツ?

旧編集局時代からのつながりで継続しています。ドイツは、森づくり川づくりの面で編集部(あなんだけかも)が大変興味のある国です。案外知られていないのは連邦国家だということ。(オリンピックを見ていても、そこまでは伝わってきませんものね。)

それだけに地域自治がしっかりしているそうです。

執筆者 柳原さんの、豊富な知識と、読者の立場に配慮されたわかりやすい文章が人気です。

日本は、今どんどん一元管理化が進んでいるように見えます。その一方で「ローカル」という言葉が人気を集めています。反作用なのかもしれませんね。
地球全体を思いながら、まず自分たちが暮らしているこの場所をちゃんと見ることから、「人にも自然にもやさしい」とは何か?を探していきたいと思います。