三浦さんと、編集部のあなんとの出会いはある方からのご紹介で、2004年ごろでした。
NPO法人清澄の村を立ち上げられたばかりでしたが、すでにテレビ番組で紹介されておられ、その頃から何か特別な扉が用意されているような夫妻だなと感じていましたが、その後の知名度のアップぶりには目をみはるばかりです。

そんな中でも、忘年会に呼んでいただいたり、いっしょに食事をしたりという交流をさせていただいていましたが。。。

その後。

創刊からメンバーに加わっていたさとびごころの編集を、「これからはあなんさんが、、、」と頼まれたのが2014年、、、。このとき、三浦さんに登場していただけないかなと思い、恐縮しつつも提案してみると「面白い」と言っていただき、ほっとしたものです。

ロゴを変え、気持ちを入れ直して取り組んだ2015年春号、「家族野菜のある食卓」の連載が始まりました。三浦さんは奈良県の伝統野菜のブランド化にも貢献されていますが、本質は流通にのらないような、農家の人が家族の喜ぶ顔がみたくて作り継いでこられた野菜たちが象徴する、その作り手の愛情を未来へつないでいきたいと思われていることにあると考えていましたので、それを「食卓」という言葉にこめました。

2017年、存続が難しくなっていたさとびごころを「もし自分が信じたように作らせてもらえるならば引き継ぎます」と、発行元になって経費を負いました。そのこともお伝えしたうえで、リスタートとなった「2018年からのさとびごころに、新たな連載を」と提案したところ、快く承諾いただき、「さとびごころからの聞き書きという形でいきましょう」ということに。毎回のテーマには、いい意味で悩みながら、取材の時間はとても楽しく貴重に感じています。

連載の3回目となる今回は、以前からゆっくりお聞きしたかったホピの人たちとの日々を伺いました。アメリカ先住民と過ごしたハネムーンのことは、出会ったころからお聞きしていましたが、それがホピ族であったことはさとびの取材を通して知りました。「ホピの予言」で知られるホピ族のメッセージは昔から忘れられずにいました。自然への畏敬を忘れないアメリカ先住民は、今回の特集でとりあげた縄文の人たちに通じるものを感じています。

今、「種」のことが心配されています。子孫を残すことを期待されない種が開発され、一般化している現実があります。でも、命は花咲き種を結び次世代に子孫を残してこそ、その一生の経験が遺伝子に記憶され進化できるはずです。わたしたちの命は、自分の人生だけで終わるのではなく、見えない次元で続いていくのだと思います。だからこそ、自分が死んだ後のことも思うことができ、うまくいったことも、また失敗したこと、二度と繰り返してはならないことも含めて、次世代に希望を託すこともできる。

連載のタイトルを「種生む花」とさせていただきました。三浦さんの活動も、これから沢山の種を結ぶことと思います。