冬号の準備が進行中です。テーマは縄文。

皆さんは橿原考古学研究所附属博物館へは、よく行かれますか?
そうでもないという方、行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

かくいうわたくし(あなん)も、若い頃に取材で何度か行ったことがあるものの
個人的にしばしば訪れるようになったのは近年のこと。
旅へ出ると、必ずといっていいほど、その土地の歴史民俗博物館へ行き、
「へー、なるほど」「へー、なるほど」を内心で連発して喜んでいるわりには、
電車で行く(奈良市在住のため)地元の宝については「また行こう、こんど行こう」と思ったままになりがちでした。かつてのわたくしのような、あなたに。

大変面白い所ですから、おすすめです。まず、すいています。
人ごみはお好きですか?並ぶのはお好きですか?そうではないという方、きっと嬉しいはず。

次に、ボランティアガイドの方がいつでもいらっしゃいます。そして丁寧に説明してくださるのですが、日によって当たる方が違いますので、ガイドさんによってお好きな年代があるようで、何度行っても新しい解説が聞けるのが面白いです。
音声ガイドと違って、その場で話しかけたりできますから、質問したことから話が広がって
ついつい話が盛り上がりそうになってしまうことも。(他の見学者さんがいらっしゃったら迷惑なので控えていますよ!)

「どちらからおいでですか?」と聞かれることがあります。「奈良市からです」というと、「ほー」と、嬉しそう。県外からの来館者のほうが多いそうです。地元の人にこそ興味を持ってほしいと、ガイドの皆様も思っていらっしゃるのでしょうか。

橿原公苑陸上競技場。実は、この下にも縄文遺跡が眠っています。研究所が生まれるきっかけになった遺跡。スポーツ観戦の際には、少し遺跡のことなども思い出していただき、時間を工夫して博物館を見学なさってください。
IMGP2620

IMGP2622

と、ここまでおすすめしておきながら、博物館は工事のため12月末にて長期休館になります。
さとびごころ冬号が発刊された頃には、すでに閉まっているのです。

さとびごころの特集でお伝えできることは、ごくごく限られておりまして、
興味をもっていただくきっかけづくりになれば、、、というものですが、
こちらの博物館は知れば知る程見応えが増す、豊富な資料が揃っています。

一般的に、博物館における縄文の出土品は、最初のほうにちょっとだけ土器や石器が置いてある場合が多いのですが、こちらではたっぷり。
(つまり弥生以後はもっとたっぷり)

ぜひ、年内にお運びください。

橿原考古学研究所附属博物館
http://www.kashikoken.jp/museum/top.html

【追伸】

橿原考古学研究所(橿考研)は、今年(平成30年)、創立80周年!そのきっかけは、1938年(昭和13年) - 「紀元二千六百年記念行事」の橿原神宮外苑整備事業として橿原遺跡の調査が行われ、京都大学の末永雅雄9月13日より現地で調査指揮に当たったことでした。この日が橿原考古学研究所の創立記念日とされています。橿原遺跡から見つかった縄文時代の耳飾りが、研究所のロゴマークになっていたのだということを、編集委員の神野さんから教わりました。そうだったのですね!