さとびごころは、ライターの皆様のお志と、
読者の方、サポーターの方に支えられつつ
不足分は発行元が負担して作っています。
まだ、若干赤字です。

これを酔狂と言うのでしょうか(笑)

編集に関わる人たちは、編集長も含めて
本業を持ち、専業の人はいません。

奇跡的に続いております。

儲からないからやらない。
儲かるからやる。
という理屈とは別のところで発行しています。
(しかし、もう少し頑張りたい、、、)

奈良で生まれた人も、奈良に引っ越してきた人も、
奈良を離れた人も、、、
地元を知り、好きになることが
地域づくりの始まりと考え、
そんな気持ちを育めるようなマガジンづくりを
していきたいと思っています。

編集部の失敗もあり、なかなか格好つけることができません。
ありのままをさらしながらですが
一歩ずつでもいいから、進化していきたい所存です。
よろしければ、応援していただければ幸いです。

さとびごころが拾える情報はわずかかもしれませんが
ひとつひとつの記事は
ライターのみなさんが本当に誠意をもって
書いてくださっているものばかりです。
編集部は、その思いを届ける役割をもって
取り組んで参ります。

今年から体制が変化し、まだあたふたしていますが
構想(妄想?)としては、
読者の皆様と直接お会いできる機会を
作っていきたいと思っています。
そのときは、ぜひお目にかかりましょう。

PS

「さとびごころを読んでるんです」
「あら、わたしもですよ」
そんな会話が、生まれるといいなあ。