9月30日、さとびごころの30号発刊を記念して
編集関係者、ライター、読者の方など約20人が集まり

フェローシップセンター(奈良市大宮町)のぷろぼの食堂様をお借りして
交流会をしました。

Sさん、写真をお借りします!
0930


創刊からこれまで
発刊にかかる経費を負担してこられた大浦さんをお祝いし
来年から発行を担うオフィスエルインクに引き継ぎました。

編集・発行を含む運営の交替については
32号(2017秋号)でもお知らせしていますが
それを前に、交流会に来られた皆さんにひと足早くご報告いたしました。

ゲストの坂本大祐さんは、毎号「一問一答」を連載してくださる
さとびつながりな方。

編集人阿南セイコが「聞き役」となり、
坂本さんにトークしていただきました。
テーマは「OFFICE CAMP現象」
同じテーマで32号にも掲載していますのでチェックしてみてください。

会場のぷろぼの食堂様は、さとびごころの販売もしてくださり
編集人が普段から大変お世話になっているお店でもあります。
今回も料金面で配慮してくださいました。ありがとうございました。

また、フェローシップセンターの
「僕たちは生身で会って話がしたい」
「僕たちにはそんな仲間(フェロー)が必要だ」
というコンセプトの発案も坂本さんによるものです。
やっぱり、生身で会っていいですよね。
交流会をこの場所でして、よかったと思います。

人というのは、メディアの上での印象と、直接会う印象は
違う場合が多いものです。
メディア上の架空のキャラクターを演じることも、不可能ではないでしょう。
けれども、地域マガジンを作るにあたり、
そんなうわべのことは、すぐに見えてしまいます。
逆に、少し誤解されている人であっても、実際に会ってみると
信念のある人だったということも、あるものです。

ごまかしのない本当の信頼を、
紙面でも、生身で会うことを通じても
さとびごころは積み重ねていこうと、あらためてそう思えた交流会でした。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
そして、またこんな機会がありましたら、
読者のみなさま、ぜひおいでくださいませ。