おめでた続きです。

さとびごころの編集会議メンバーでもある住田幸一さんが社長を務める京阪奈情報教育出版が編集・印刷・流通まで手がけられた本が、このたび第18回日本自費出版文化賞(日本グラフィックサービス工業会主催、朝日新聞社など後援)で応募612点の中から大賞を受賞されました。
選ばれたその本とは、『絵双六-その起源と庶民文化』、著者は、桝田静代さん=天理市=です。

info絵双六


住田さんは「おそらくみなさんが知っている絵双六とは違う世界がここにあります。桝田さんの13年におよぶ絵双六収集と研究の集大成。A4判370頁に及ぶ大作。絵双六にみる江戸時代を生きる庶民などをジェンダー視点で描いたことが評価されたようです」と嬉しそうです。

住田さん、著者の桝田さん、おめでとうございました。同書は、京阪奈情報教育出版HPからも購入できます。

発刊日:2014年11月29日
定価:本体価格10,000円+税
http://www.narahon.com/

第18回日本自費出版文化賞の最終結果 より
「ゲームとしての双六”ではなく、古くは仏教の浄土双六に始まるという日本の絵双六が、江戸時代になり、庶民の生き方や価値観を形成するまでになった社会的役割を縦横に論じた「双六の文化誌」。女性や子供に与えた影響なども含めたエコロジー的発想も感じる。」
http://www.jsjapan.net/jssyonews18.htm