俚志を置いてくださっている恵古箱さんへ
行ってきました。
カラーになった俚志を一目見るなり
「あ、すてき」と、言っていただけて
ほっとしています(笑)

2

開店まもない頃、俚志の「ピープル」というコーナーで
オーナーの恵さんの「人」の部分に焦点をあててご紹介したときは
まだランチは限定的なサービスでしたが・・・
1

この日頂いたのはメグさんの手作りランチ。
お値段も500円とお安くて、驚いていると・・・
「うちはレストランではないから、ただ居心地よく過ごしていただきたいということのためにお作りしているだけなので・・・」とおっしゃいます。
でも、ひとつひとつの仕込みが丁寧なのがわかる味わい。
美味しくいただきました。

店のとなりにある空き地には
こんなイベントスペースもできています。
3

ここで、小さなマルシェなども行われているようです。

素敵な場所に「俚志」を置いていただけて
スタッフAとしては、ムズムズとした嬉しさを感じるのでした。

古いものや日々の暮らしを
愛しむようにセレクトされ
コーディネートされたお店は
「おうち」のように安らぎます。
みなさまもぜひ足をお運びください。

http://ekobacouti.exblog.jp/



PS    「俚志」を置いてもいいよ、というお店やスポットがありましたら
   お声かけくださいませ。
   「俚志」は、運営のため500円でお配りしていますが、気軽に無料で閲覧していただける
   スポットを募集しております。