さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン-さとびごころ(さとびこ編集室編集/オフィスエルインク発行)
http://satobigokoro.org/
https://www.facebook.com/satobico/
https://satobigokoro.org/contact
https://satobigokoro.org/ご購入


vol.45特集扉

vol.45の特集は、チャレンジ企画でした。
地球の歴史だなんて。地質だなんて。果たして、読んでいただけるのでしょうか??
まだ桜が満開の頃に、編集は佳境を迎えておりました。
執筆してくださったお二人のことなど、こちらの過去記事で書いています。



ぜひ二人の奮闘ぶりをvol.45で、お確かめください。

ちなみに、この企画が生まれたのには、vol.36で縄文特集をしたことが関係しております。
企画中に書いた記事がこちら(縄文好きの人はどうぞ)

 





わたしは、この特集をしてみて、
今までぼんやりと聞いたことがあった断層のことや、「かつて海だった」 痕跡のことや、
奈良県南北の地質の違いなどが理解しやすくなりました。

今日も動いているはずのプレートのうえで
地球史を一年に例えれば「紅白歌合戦が終わりかけ」の時代に生きています。
戸上さんは、うちあわせのとき「地球は今まで5回、生物の大量絶滅を経験してるんですけど、今は第6回目の絶滅の時代と言われているんですよ」と言ってました。
ホモ・サピエンスが原因のようです。
参考記事  
毎日のように通う畑の土も、また一層いみじく感じるようになりました。
絶滅させるのが人間なら、持続させるのもきっと、人間です。 

みなさんにとっても何か視野が広がるような読み物になりましたら幸いです。

 


編集後記より
岩石は治療の道具にも祈りの対象にもなってきました。
昔の人は岩や石に何を感じとったのでしょう。
微かな膜のような土の上に暮らしながら、
時には地球レベルの営みにも意識を向けてみてみたいと思います



追伸
 

今のところ順調に毎日更新できている自分をほめてあげたい。


vol.45-コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さとびの活動は、「さとびのような雑誌を読みたいと意思表示してくださるのは
いったいどんな方なのか?」という謎解きをするかのようです。 
これからは、今まで以上に読者の方、サポーターの方を訪ねて回るようなことにも
力を入れていきたいと思っています。

それができる環境が整いました。
新しい部員の参加です。
 
春からの新入部員

阿南雅昭と申します。まあ、あれですね、身近な人たちには「どこが新しいの?」と言われそうですが、あらためまして、さとび活動を頑張ると所信表明しております。この人が、長距離運転をものともせず、脳内にグーグルマップがしこまれているかのように道がわかり、「ここへ行きたい」と言いますと、ピタリと連れて行ってくれるのです。
(わたくしは、とうとうペーパードライバーのまま終わりそう。運転は全くダメ)

 

新入部員は、春から晴れて自由人となりました。


 

仕事のうえでもさとびのうえでも、一緒に汗をかいてくれます。
相手のプロジェクトには互いに協力する仲間です。
阿南家食堂の隊長です。
釣りバカです。
みなさん、どうぞ宜しくお願いします。


追伸


さとびの話が通じる人が増えたら楽しいなあと常々思っています。
あなたの近くにいらっしゃる「さとび的」な方に、しれっと本誌の口コミしてくださいますようお願い申し上げます。 



  

  




このエントリーをはてなブックマークに追加

vol.45表紙
菜の花をリクエストしました。
表紙は毎号みなさまに喜んでいただいております。
それが実は、絵師さんのご都合によりこの号で最後になります。

表紙絵が変わったら買ってくれる人が減るかもしれません(心配です!)。
さとびごころは13号からずっとこの絵師さんに
表紙絵をお願いしてきました。
いつも締め切りギリギリでないと届かなくてヒヤヒヤさせられました。
もともと頼んだのはわたしですから、そういう癖は知っていたのですが
それでも他の方は考えられず、この人に描いてほしかったのです。
こんなに長い間、ボランティアで絵を描きづつけてくださったことには感謝しかありません。
絵師さんのお願いを受け入れることにしました。

これまでに、読者の方から「便箋はないのか」「ポストカードにしてほしい」などのお声をいただいていますので、この機会にお作りしようと思います。
けれども、たくさんありますので、どれから作るか、読者のみなさんもいっしょに選んでいただけないでしょうか。
 
さとびの裏表紙にバックナンバー(2018〜ですが)が並んでいますので、この中からvol.45も含め、便箋またはポストカードにしてほしいのはどれ?複数返答OK ですのでさとびこ編集室まで、お選びいただいた号をお知らせください。

そのお知らせに、絵師さんはきっと喜んでくれるはずです。出来上がったら、絵師さんにもプレゼントしたく思います。

 
締め切り:2021 年6 月10 日
発表:次号(vol.46 2021 summer)にて

 
 
直接お会いした方は口頭でも。
FBのメッセンジャーで阿南までお寄せいただいても結構です。 
よろしくお願いします!! 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ