さとびごころ編集部のblog

奈良のローカルマガジン「さとびごころ」の編集部からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。 http://satobigokoro.org/ https://www.facebook.com/satobico/

「さとびごころ」は、「100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン」です。 http://satobigokoro.org/

先日のこと。
フリージャーナリストで、俚志の編集にも
かかわっていただいている北井さんのお宅へ取材に。

なにしろこの人こそ、農的生活を地でいく人、といいますか。

人もうらやむ古民家暮らしの夢を叶え
ちゃくちゃくとガーデンや畑づくりに邁進されているのです。

IMG_8383

ラフな感じの庭&畑です。おしゃれ女子のガーデニングとは
少し違います。

カラになった鉢が、平気でころがっているところとか・・・。

しかし、生き物への愛が溢れていました。
ほんとに、自然がお好きなんだなあというのがわかります。

IMG_8387

わたしの大好きなハーブもたくさん。
季節の花もたくさん。

特集では欲張って写真をたくさん載せたくなっているところです・・・。

最後にデザートつきのランチ(自家製野菜のパスタ)まで
ごちそうになりました。
もちろん、お手製ですよ。
北井さんは、料理も上手で、いつもごちそうになる、
という話はいつかの記事でもご紹介したとおりです。

IMG_8451

次号の俚志は7月10日ごろ、の発行予定です。
今回は楽しく癒されると思いますよ。
ぜひお手にとってみてください。

農的生活・・・・・あなたもじっとしていられなくなるかも。





お知らせが大変遅くなりましたが、
さとびごころカレンダーを作りました。

年間購読を頂いた方や
サポーターになってくださった方には
すでにお届けしております。

さとびカレンダー1

これまで表紙を飾ってきたイラストが好評なので
バックナンバーをまとめて
一年楽しんでいただけるカレンダーにしました。

さとびカレンダー2

ご希望の方がありましたら
編集局までお問い合わせくださいね。


無料です。

satobigokoro@gmail.com   まで、メールにてお願いいたします!


また、お世話になっている方にも
お渡ししています。
かわいがっていただけたら幸いです。

俚志の発行元である地域研究会俚志が協賛している
京終玉手箱。


その第6回が6月7日、JR京終駅前で開催されました。

だんだんと、人が増えているとのことですよ。
出店したり、ふらりと寄ってみたりされてはいかがでしょうか?

京終玉手箱

玉手箱コーヒー屋


ふだんのJR京終駅内は、静かで落ち着ける場所。
まほろば線は上下ともに1時間に2本くらいしか電車が通りません(笑)

当ブログ管理人はよく利用しています。
発車よりわざと早めに駅について、本を読んだりメールを見たりするのを
なかなか気に入っています。

そういえば、先日ホームにて、こんなものを見つけました・・・。
ベンチに手編み風の座布団が敷いてあるのですが・・・。

IMG_0339


なんだか、にっこり。


↑このページのトップヘ