さとびごころ編集局のblog

奈良の地域マガジン「さとびごころ」の編集局からみなさんへ、取材のエピソードや、お知らせ、ご紹介したいことなどをお送りします。

「さとびごころ」は、「100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン」として、2010年に創刊された非営利ミニコミです。 http://satobigokoro.org/


先日(1月9日)、奈良文化会館小ホールで
「さとにきたらええやん」
という映画の上映会があり、行って来ました。
あらんの家さんは、さとびごころ22号(2115夏)でも紹介させていただいて以来、
ご縁があります。

3回に分けての上映にいずれもたくさんの来場者があり
「居場所」への関心の高まりを感じました。

奈良での居場所づくりは、まだこれからという段階にあると言われています。
でも、その必要性を感じる人たちは増えているのかもしれません。

ここで、居場所つながりのお知らせを。。。


------------------------ --------------------------



さとびごころ発行人の大浦さんには、「奈良介護保険研究会」という
もう一つの活動があります。

そして、大浦さんを交えて最近始まったのが 
奈良「地域の居場所」プロジェクト。

このふたつが共同主催してフォーラムが行われます。

奈良の居場所フォーラム2016
私たちがつくる私たちのサロン

1月15日(祝)13:00〜
東大寺総合文化センター金鐘ホール
前売り500円 当日800円


お問い合わせは、さとびごころメールsatobigokoro@gmail.comでも
受け付け中ですので、ご関心のある方はぜひ。

表

裏

(あ)


パネル展1


さとびごころのコラムでもご紹介した「奈良まちモノ語り調査」。

このたび、その成果が「町家に残された暮らしと文化」として
16枚のパネルに仕上がりました。

パネル展2

パネル展3

パネル展4




1月18~24日、奈良市中新屋町の奈良町物語館で展示されます。
21日午後3時からは報告会も。
問い合わせは奈良まちづくりセンター神野さん(090-7620-4083)へ。




さとびごころ28号でも紹介しています。

gnengasatobi2017


お正月をいかがお過ごしでしょうか。

さとびごころ28号は、最終チェック段階に入っています。

年末に特集用の撮影などをしておりました。
そこで出会ったのは、宇陀市にある「高井の千本杉」。

霊木というにふさわしい存在感に圧倒されました。

IMG_2542

(読めますかしら)


杉というのは、こんなにも枝を張るものなのか!とも、驚きました。


この巨木は今も、祈りの対象として祀られています。
撮影したあと、「ありがとうございました」と声に出して頭をさげている自分がいました。

そのとき感じた清いものが、年があけても
心地よく残っています。



今年も「さとびごころ」・「さとびごころ編集局」を
よろしくお願い申し上げます。

(あ)



↑このページのトップヘ