さとびこ編集室日記|100年住みたいのは自然にも人にもやさしい地域

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン「さとびごころ」を編集している「さとびこ編集室」からみなさんへ。 編集発行に関するお知らせや情報、編集部の思いなどをお伝えしています。

100年住み続けたい奈良のための地域づくりマガジン-さとびごころ(さとびこ編集室編集/オフィスエルインク発行)
http://satobigokoro.org/
https://www.facebook.com/satobico/
https://satobigokoro.org/contact
https://satobigokoro.org/ご購入


IMG_2929
編集していて、毎号癒されるページです。
食養アドバイザーとしても活動されています「菜食ごはん休日ダイヤ」の三瓶歌奈子さんによる暮らしと食養のエッセイ。いつも、「作ってみたくなる」食養レシピつき。
美しい写真もすべて三瓶さんご自身の撮影によるものです。

(やっぱり写真が美しい!)
 

今回は、ウイルスがもたらしたもとして、家に長くいるようになったことから「ずっとやりたかったこと」を始められたそうです。

三瓶さんは、東吉野村に移住されるまでは関東にお住まいでした。
多忙なお仕事をされているとき、体を壊されたご経験がおありです。そこから食の研究が始まりました。その経験が今、食養生の知識として生かされ、もちまえのセンスがあふれる目にも美しい料理をおつくりになります。

みなさん、お昼や夜に、どんなものを食べますか。
わたし自身のかつての経験でいうと、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜に頼ることが多かったものです。
頭ではわかっているのです。自然に近い食べ物を摂ったほうがいいことを。
なぜできなかったのでしょう。今思うと、精神的に急いでいたからではないかと思います。
仕事のプレッシャーや、頑張ろうとする気持ちから、「ちゃんと食べる」ということが、とても時間のかかることに思えました。
食べること(買い物する、作る、片付ける)の時間を節約したくて、すぐに食べられるものを買ってしまうのです。
もしくは、外食に依存してしまったり。

そんな時代には(書きながら思い出してきました笑)、体調がよくありませんでした。おかげさまで大きな病気にはあまり縁がなかったですが(でも入院2回)、慢性的な立ちくらみ、頭痛、顔をしかめるほどの肩こりや腰痛、時々刺すような腹痛、咳、花粉症のような症状、寝たはずなのに夢の中で仕事をしていたような浅い眠り、、、などなど、今思うと結構しんどかったかな。そうそう、年中行事のように、原因不明の事件が起こりました。突然の貧血や吐き気、全身びっしょりの冷や汗がどっと襲ってきて意識が薄れこのまま死ぬのかな?と思うほど苦しくなるのです(自律神経失調症というんですね、きっと)。
それでも、そんな時代があっての今なので、それはそれでよかったという気持ちもあります。けれど、ある時、直感的に「これ、やめ!」とラインを引いたことがありまして。

その頃、ものの考え方、解釈の仕方が変わりました。例えば、失敗すると自分を責めまくって生きた心地がしなかったものを、「失敗のおかげでひとつ学べる。これを繰り返さないために何ができるだろうか」というふうに考える、といったこと。とにかく否定的な発想をデトックスしていきました。
 
精神的な自由のためにも、一人でゆっくり過ごす時間を意識的に確保しました。

そしてゆとりが生まれるにつれて、今日経済的に食べられることの有り難さ、すべては自然から与えられている食べものに対する有り難さがやっと、本心から感じられるようになっていったように思います。心の中で夜明けが始まったような感覚でした。わたしのような遠回りをしなくても、気づいている人は実行されてますね。
 

精神的な自由があれば、大切にしたいことに本気になることができます。
よくないストレスから解放され(いいストレスもありますよ)、 すでにある幸せにまず気づく。
人間は、特に世界的に断トツに歴史の長い日本人は、「これを食べたら死ぬ」とか「これを食べると治る」とか、先人による数え切れない経験が今に伝えられていますので、本来、人を病気にする食べ物ものはありません。こんな体調のときはこれを食べよう、この季節にはこれを食べるといい、、、そんな知恵の積み重ねが食養生になっています。

ただ、食べ物を変えるだけでは、おそらく不十分ではないでしょうか。精神が体に及ぼす影響は、見えないけれど大変大きいものです。精神的な豊かさがあってこそ、食べ物は体の中でいい仕事をしてくれるのだと思います。
精神的な豊かさとは、めずらしくない言葉ですが、やはり「感謝」ではないかと思います。

自然は今日も黙って生命を養ってくれています。
そのしくみに心から感謝して、季節の移り変わりを楽しみ、心と体の調和を保ちましょうね。
この連載が、そのお役にたつと、編集部はとても嬉しいです。

vol.45-コンテンツ




 






  







このエントリーをはてなブックマークに追加

21-0413-ベニヤ書店様
奈良市内周辺の書店様に45号をお届けしました。
写真は、ベニヤ書店様。

お届けの際に、前の号の清算をさせていただくのですが、
44号(特集 地酒で味わう奈良2)は、よく売れたそうです。
ベニヤ書店様、「わたしも一冊欲しい」とおっしゃってくださいました。
ありがとうございます!
やはり、日本酒は人気があるのでしょうか。

人気を狙う柄でもないのですが、、、人気にあやかって
水源地や田んぼのこと、農のことなどに
関心を持っていただけたらというのが編集部の願いです。

今度の特集はどうかな? 
どんな方が興味を持ってくださるのかな?
「のめり込んで読んでしまいました」と、おっしゃってくださる方がありました。
こんな記事を目にする度に、力をいただいています。

45号読者様より

 
  
ぜひ、お手にとってみてください。  

書店様でのご購入は、定期購読でなく、好きな号だけ買いたいという方におすすめです。


啓林堂書店奈良店様(近鉄奈良駅すぐ)
豊住書店様(東向北商店街)
ベニヤ書店様(東向北商店街)

宜しくお願いします。

vol.45はただいま発送の準備中です。
お早く届く方、直接お届けに伺う方、少しお時間をいただく方があると思いますが
月末までには行き渡るようにしますので宜しくお願いします。

(発行日を過ぎてから行き渡るというこの習慣を改善したい。次号こそは改善したい)  






このエントリーをはてなブックマークに追加



IMG_2927
森のねんど造形作家、岡本みちやすさんの連載です。
春らしい作品の写真を できるだけ大きめに扱いました。ファンの皆様、お楽しみください。
このジオラマの中に、自分の分身をもぐりこませて散歩してみましょう。
(実物は意外とミニチュアですので、紙面で想像するのも案外楽しいですよ)

みちやすさんから届いたメッセージが掲載されています。
昔のエピソードや最新の取り組みなど。
みちやすさんも「土に還れることは無駄のない美しい世界だと信じて」ものづくりをされています。
編集部が大切にしたいことと、このあたりが重なります。
連載をお願いする理由です(^^) 

森のねんど研究所は、大和郡山市井戸野地区の地域活性の取り組みの場でもあり、
作家みちやすさんのアトリエでもあり、ギャラリーにもなっており、
いつ行っても、ディスプレーが素敵です。
機会がありましたら、お運びください。

45号のお届けに、わたしも近いうちに訪ねる予定です。
研究所となっている古民家は、みちやすさんがわくわくしながら手入れして、少しずつ今の状態に近づいてきました。
(バックナンバーではそのあたりをお伝えしていました)
そこにいるだけで心が落ち着いてくるような、静かなんだけどエネルギーを感じる場所なんです。
紙面からも、研究所のそんな空気をお伝えできればと思います。

みちやすさんのブック あります
森のねんど研究所で購入できます。
編集部でもお問い合わせいただけます。
IMG_2931
 



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ