先日お伝えした記事の続報です。

自然に近い衣服を考える、次号の特集で、草木染めの服づくりをされているシガセイサクショさんを取材しています。

シガセイサクショさんは、葛城市に所有されている山の中で、草木染めの材料となるクリ、藍、オリーブなどを栽培されています。 
IMG_1538


人工林の多い山道の先に、別世界のようなガーデンが広がっていました。約10年前から移植してきた果樹やオリーブ、もともとあった広葉樹などが美しい景観を作っています。 
今は主にご主人が山の管理を。
そして奥様が、山で採取した植物から染めた服のデザインと縫製をご自宅でされています。

シガセイサクショ4

山の中で最も多く栽培されている樹木、オリーブ。


シガセイサクショ6

これが、あかねです。あかねは根を使って染色しますが、草はあまり知られていません。
もしそこにあっても気がつかないかもしれないほど、さりげない姿ですね。


シガセイサクショ7

畑で藍も育っています。シガさん流の藍染は、伝統的な方法とは少し異なっていて、
さわやかで明るいブルーに染まります。


こうした植物を紹介していただきながら、山を歩いてまわりました。



なぜ森を?
なぜ草木染めの服作りを?
シガさんの物語をうかがいました。
さとひごころ秋号でお伝えしますので、ぜひお読みくださいね。



取材中に、お手製のあんパンや加賀棒茶をいただいたり至福の時間を過ごしました。
 自分たちだけ、こんな思いをしてすいません!

シガセイサクショ1


実際に染色の体験もしました。栗(イガの部分の色を使います)を煮出して、トートバックを染色。

シガセイサクショ2

鉄分を含む水溶液(これが触媒。につけると、黒々とした色に変化しました。
シガセイサクショ3

左の、黒く見えているのが体験したものです(右は志賀さんの作品。同じ栗の液で染めていますが、触媒が変わると、このように全く違った色に仕上がります)。完全に乾いてからみると、いわゆるマロンブラウン色に仕上がっていました。大切にしますね。

シガセイサクショさんの山は非公開ですので、いつもの記事ように「ぜひ行ってみてください」とは言えませんが、編集部のコーディネートでワークショップを企画することは可能です。興味のある方は、お声かけくださいね。